ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

ポスト・プロダクションおよび放送: ファイル・ベース・コンテンツに対するオーディオ・ラウドネス補正

Cerify_jobs_in_monitor_tiny-web
オーディオ・エッセンスにおけるオーディオ・ラウドネスの自動補正により、オーディオ・チェックの領域を超えた機能を提供します。 さまざまなコンテナ・タイプに対応しており、エッセンスの持続期間の全域にオーディオ・レベルの補正を適用することができ、EBU R128またはITU-1770-3オーディオ・ラウドネス勧告に違反することでトリガされます。 自動ラウドネス補正は、Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby-E、PCM オーディオの各フォーマットに対応しています。

ソリューションの詳細を見る »

放送業務: オーディオ・ラウドネス規格への対処法

LoudSessionnew-web
オーディオ・ラウドネスの測定および制御に関する規格である、ITU-R BS.1770-3が新たに変更されたことにより、オペレータやエンジニアは、プログラムのオーディオ・ラウドネスをより簡単にモニタできるようになりました。 これらの重要な変更点についての詳細は、このウェビナーをご覧ください。

パート1では、規格に関する基本情報について説明します。

ウェビナーのパート1を見る »

パート2では、テクトロニクスの波形モニタ/ラスタライザを使用して、オーディオ・ラウドネスを測定/監視する方法について説明します。

ウェビナーのパート2を見る »

ケーブル・モニタリング: 「嵐を静める」-コマーシャル中の音量を下げる

Tek-Sentry-Assure-2-web
ケーブル・オペレータの前には、きつい仕事が山積みになっています。 彼らはコマーシャル中の音量を監視しなければなりません。しかも、監視対象のチャンネルは1つだけではありません。また、過剰なラウドネスを制御するために必要な手順が、確実に実行されていることを確認する必要もあります。 これらは骨の折れる作業ですが、幸いにも支援策が用意されています。 Sentyビデオ・コンテンツ・モニタを使用することで、そのプロセスが自動化されるだけでなく、24時間体勢で記録を残すことができます。 詳細はこのアプリケーション・ノートをダウンロードしてください。

アプリケーション・ノートを読んで、今すぐ実行してください »

放送業務: 優れた信頼性で中断なくオーディオ・ラウドネスを監視

Tek-SentryEdge-web
CALM Actのコンプライアンス要件には、夜間休業という概念はありません。もちろん、オーディオ・ラウドネス・モニタリング・システムも同様です。 Sentry Edgeには、オーディオ・ラウドネスの統計情報に関する60日間のサマリーの可視化、カスタム・アラートや技術者への連絡の定義など、豊富な機能が用意されています。 Sentry Edgeでは、アラート・フラッディングに悩まされることもありません。 詳細情報をご覧ください。

製品のデモ・ビデオを見る »

放送業務: 波形モニタ/ラスタライザをラウドネスのコンプライアンスに活用

092092-019a1-web
オーディオ・ラウドネスは簡単に確認できますが、制御するのは困難です。 そのための最初のステップは、必要な機能を備えた波形モニタ/ラスタライザで、オーディオ・ラウドネス・コンプライアンス測定を実施することです。 新しいハウツー・ガイドでは、テクトロニクスのモニタを使用して、ITU-R BS.1770-3やその他の該当する規格に対するコンプライアンスを検証するときに、理解しておく必要があるテクニックについて説明しています

ガイドを読んで、今すぐ実行してください »

ケーブルのトラブルシューティング: VQS1000ビデオ/オーディオ品質解析ソフトウェアによるQoSおよびQoEに関するトラブルシューティングおよび診断

118103-005_600-web
高性能なVQS1000ソフトウェアにより、オーディオ・ラウドネス・コンプライアンスを、取込んだストリーム上で、リアルタイムに解析できます。 MTS4000型MPEGアナライザと合わせて使用することで、このソフトウェアはQoEの問題をQoSソースに関連付けることができます。 VQS1000ビデオ/オーディオ品質解析ソフトウェアを使用した、この強力なMPEGアナライザの機能の概要をご覧ください。

製品のデモ・ビデオを見る »