コヒーレント光

コヒーレント光

 

光コヒーレント・デバイスの最適化とテストの自動化

ますます増加するデジタル情報の需要により、グローバルなデータセンタの拡大が急速に進んでいます。IPトラフィックは年間20%以上増加しており、消費者やビジネスのニーズを満たすために、継続的なネットワーク技術の革新が求められています。

次世代のメトロ・データ・センタ相互接続ソリューションは、信号率を2倍にして、インフラへの実質的な投資を行わずに、ビット/ラック/エネルギー消費量に対するコストを削減します。必要なもの完全に校正されたエンドツーエンドのコヒーレント・テスト・ソリューション:複数の光変調アナライザ(OMA)を自動的に制御、校正し、測定エラーを軽減し、製品設計サイクルを加速します。

イコライゼーションのトライアル・アンド・エラー方式を回避

最適な性能のために光コヒーレント・トランスミッタを微調整するには、インパルス応答の情報を把握する必要があります。多くのソリューションがトライアル・アンド・エラー方式に基づいてイコライゼーションを調整するのに対し、デバイスの特性に基づいて調整を行った場合、時間を節約し、パフォーマンスを向上させることができます。

テクトロニクスは、エンドツーエンドの自動光コヒーレント・デバイスの最適化とテスト・ソリューションを提供して、被測定デバイスの特性を解析し、最適な設定パラメータを指定し、最短時間で最高の性能と最高の歩留まりを実現します。

自動化により、校正時間を短縮し、正確に測定

マルチ光変調アナライザのテスト・システムのマルチチャネル研究は課題が多く、困難です。同期と位相コヒーレントのアクイジションは重要ですが、外部や内部の要因の影響を受ける可能性があります。光コヒーレント・システムで測定を行うための鍵は、これらの要因を修正、調整し、既知で再現可能な、クリーンなテスト信号を提供する能力にあります。

テクトロニクスのOMAソフトウェアは、複数のOMAシステムを自動的に制御かつ完全に校正することにより、測定エラーを減らし、分析の信頼性を高めます。

ライブラリ

Title
Automating Bit Error Rate Measurements of Complex Modulated Optical Signals

Common to all digital communications systems is the need to characterize bit error rates (BER). In this application note, you will learn how the Tektronix OM4225/4245 Coherent Lightwave Signal Analyzer enables access to the complete set of variables for characterizing complex optical signals on fiber.

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top