有線通信

自動化およびデバッグ機能を含む、PCIe、SAS、SATAテストの効率化を進めます。PAM4テストで400G製品の開発スピードアップし、技術の進歩を効率的に検証します。Type-Cデバイスでコンプライアンス・テストに最短で合格します。

400G PAM4のテスト

  • 400G製品の開発期間の短縮
  • 検証の効率化と歩留まりの向上

コヒーレント光

  • トライアル・アンド・エラー不要
  • 自動化により、校正時間を短縮し、正確に測定

PCIe、SAS、SATA
テストおよびデバッグ

  • 自動校正
  • ループバック・デバッグの効率化
  • 優れたシグナル・インテグリティとデバッグ機能

タイプC以上のコンシューマ規格

  • 次世代USB、DisplayPort、HDMIのコンプライアンス・テストに最短で合格
  • 信頼性の高いマージン・テストの実施
  • 過大設計の無駄をなくす

有線通信のアプリケーションの増加

有線通信のトレンド

コネクテッド・デバイスおよび使用するデータのタイプによって、データにアクセスし、これを保存および移動する方法が変化しています。データセンタおよび有線通信市場を形成する広範なトレンドの詳細について確認してください。

「これがすぐに取得する必要があるホット・データです。サービスを提供する場所に近い、小規模なデータセンタも必要になると思われます。」

Sarah Boen、テクトロニクス

詳細
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top