ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

TTR500

ベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)は、既知の連続波(CW)信号を使用する電気テスト装置であり、設計と製造の両方で、無線周波数(RF)およびマイクロ波コンポーネント、システム、およびサブシステムの振幅および位相応答を測定します。これは、無線デバイスを使用可能にするための重要なテスト機器です。

テクトロニクスのTTR500シリーズ2ポート2パス・ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用して、RF設計および検証エンジニア、教育プロフェッショナル、および製造組織は、プロトタイプの繰り返しを減らし、日常の測定を正確かつ信頼できるものにすることで、市場投入までの時間を短縮することができます。

モデル

最高6 GHz

ダイナミック・レンジ

122dB以上

トレース・ノイズ

0.008dBrms未満

出力電力

-50~+7dBm

ベクトル・ネットワーク・アナライザの利点

Thumbnail

VNAを使用すると、反射係数、インピーダンス、アドミタンス、リターン・ロス、インサーション・ロス、ゲイン、分離などの複雑な単位を、他のテスト機器では不可能な方法で測定できます。

パワー・メータ、スペクトラム・アナライザ、オシロスコープなどの従来のテスト機器では、通常、被測定デバイス(DUT)によって放射または生成された信号を測定するために使用するレシーバは1つしかありません。これに対して、VNAには受信機のソースおよびセットの両方が備わっており、DUTによって生じるスティミュラスの変化を判別するために使用できます。スティミュラス・ベースのテスト手法により、VNAは非常に小さな反射やスティミュラスの変化を測定でき、実際の環境やテスト条件でRFコンポーネントを正確に評価することができます。

どなたがベクトル・ネットワーク・アナライザを使用しますか?

Thumbnail

RF設計および検証エンジニアは、VNAを使用して設計シミュレーションを検証します。

製造エンジニアは、特定の仕様セットに基づいてRFコンポーネントとデバイスをアセンブルしてテストします。ベクトル・ネットワーク・アナライザは、RFコンポーネントおよびデバイスの性能を迅速かつ正確に検証するために使用されます。

教育業界のプロフェッショナルは、業界標準のテスト機器を使用して次世代のエンジニアを育成します。

VNAアプリケーションの例:

  • アンテナのマッチングとチューニング
  • フィルタ測定
  • 増幅器測定
  • 無線周波数(RF)およびコネクタ測定
  • 75Ω特性インピーダンス
  • 自動製造テスト

最新技術によるコスト削減と小型化

Thumbnail

TTR500シリーズVNAでは、6つのRFレシーバと2つのRFソースが、1つのASICに完全に統合されています。 革新的なアーキテクチャと特許技術により、TTR500シリーズVNAは、競合製品と比べて40%も低い価格と、7分の1のサイズと質量で、ベンチトップ型に匹敵する性能を実現しています。

特長

  • 周波数レンジ:100kHz~6GHz
  • ダイナミック・レンジ:110dB以上
  • トレース・ノイズ:0.012dBrms未満
  • 出力電力:-50~+7dBm
  • どちらのポートにも搭載されている内蔵バイアス・ティーにより、アクティブ・デバイスへのバイアス電圧の印加が可能

誰でもすぐに使える。簡単な操作

Thumbnail

あまりの簡単さに驚かれるはずです。 標準的なインタフェースの採用により、短時間で操作を習得できるため、実際のテストにより多くの時間を割り当てることができます。 VectorVu-PCソフトウェアは、Windows PCやラップトップの使い慣れたインタフェースを使用して、簡単に機器の制御や調整が行えます。 自動テスト・システムも、プログラム機能のサポートにより、従来からの一般的なVNAに対応できるため、既存のテスト・システムに簡単に統合できます。

特長

  • VectorVu-PCをオフラインで実行することで、保存データの解析が可能
  • 一般的なEDAシミュレーション・ツールとの互換性を持つ出力ファイル・フォーマット
  • 従来からのVNAとの互換性を持つSCPIコマンド

 

型名 周波数レンジ ポート数 ダイナミック・レンジ 価格
TTR503A 100kHz~3GHz 2ポート、Type-Nコネクタ(fe) 122dB以上 US $9,900
構成と見積り
TTR506A 100kHz~6GHz 2ポート、Type-Nコネクタ(fe) 122dB以上 US $13,200
構成と見積り
型名 周波数レンジ ポート数 ダイナミック・レンジ 価格
TTR503A 100kHz~3GHz 2ポート、Type-Nコネクタ(fe) 122dB以上 US $9,900
構成と見積り
TTR506A 100kHz~6GHz 2ポート、Type-Nコネクタ(fe) 122dB以上 US $13,200
構成と見積り
  Tektronix
TTR500
Keysight ENA
E5063
Anritsu Shockline
MS46122B
Rohde & Schwarz
ZVL6
モデル 100kHz~3.0GHz 100kHz~3.0GHz 1MHz~8.0GHz 9kHz~6.0GHz
100kHz~6.0GHz 100kHz~6.5GHz
ダイナミック・レンジ(dB) >122 117 100 > 115
トレース・ノイズ(dBrms) 0.005 0.006
出力電力 -50~+7dBm -20~0dBm -20~-3dBm -50~0dBm
バイアス・ティー(内蔵) × × ×
質量(ポンド) 3.5 24 4.8 15.4

 

アンテナのマッチングとチューニング

Thumbnail

アンテナとトランシーバを製作しました。そして、それがどのように動作するかを確認したいと考えています。TTR500シリーズ VNAを使用してシステムにおけるインピーダンスのミスマッチや不連続性をテストすることで、信号反射による悪影響が最小に抑えられ、信号範囲が最大化されます。TTR500シリーズはUSBデザインと使いやすいインタフェースが特長であり、マッチング・ネットワークをシームレスかつ容易に設計できるように、スミス・チャート上のインピーダンスまたはアドミタンスを分析し、Sパラメータ・ファイルを保存します。

特長

  • ログ振幅、位相、SWR、インピーダンス、アドミタンスの各形式でSパラメータを測定
  • スミス・チャートのマーカ機能(インピーダンス、アドミタンス、位相、実数部、虚数部)
  • Touchstone(.sNp)ファイル形式のSパラメータ・ファイルを簡単にPCに直接インポート/エクスポートできる
  • 実際の結果と比較するためトレースをメモリに保存

フィルタ測定

Thumbnail

テストするフィルタがあり、正しい周波数で低損失と高除去を実行したいと考えています。他のタイプのテスト機器では全体的な性能を測定できますが、VNAを使用すると、希望する動作周波数と電力レベル内でフィルタを完全に評価でき、設計シミュレーションと完全に比較することができます。TTR500シリーズ VNAは、リターン・ロス、インサーション・ロス、グループ遅延などを測定し、フィルタ性能のチューニングと検証の両方を行うことができます。

特長

  • リターン・ロス、インサーション・ロス、グループ遅延などを測定してフィルタをチューニングおよび評価する
  • 自動帯域幅とノッチ測定を利用してテスト手順を簡素化する
  • IFBWを10Hzから300kHzに調整してダイナミック・レンジと測定速度を最適化する
  • TTR500シリーズの122dBを超えるダイナミック・レンジを使用して高ダイナミック・レンジ・キャビティ・フィルタを測定する

増幅器測定

Thumbnail

増幅器はレシーバに感度を供給することに加え、出力としてハイパワーを供給しなければなりません。TTR500シリーズを使用することにより、増幅器のパフォーマンスを完全に評価し、設計シミュレーションと比較することができます。内蔵バイアス・ティー(どちらのモデルも標準装備)を使用することで、外部回路を使用せずに、アクティブ・デバイスにDCバイアスを印可できるため、コストを削減し、作業を簡易化できます。他のUSBベースのVNAとは異なり、TTR500シリーズVNAは、中〜低電力増幅器を含むパッシブ・デバイスとアクティブ・デバイスの両方を測定することができます。

特長

  • 増幅器インピーダンスのマッチング、ゲイン、位相、グループ遅延、分離の測定
  • どちらのポートにも搭載されている内蔵バイアス・ティーにより、アクティブ・デバイスへのバイアス電圧の便利な印加が可能
  • P1dB圧縮ポイントを決定するための幅広い出力パワー・レベルが可能
  • より正確なパワー測定のためのソースおよびレシーバ校正

RFケーブルおよびコネクタ測定

Thumbnail

数多くのケーブルやコネクタがあり、それらのSパラメータの特性を把握したい場合や、単にそれらのケーブルやコネクタが役に立つかどうかだけを知りたい場合にはTTR500シリーズVNAを使用することができます。最大40dBのリターン・ロスを測定可能なTTR500シリーズVNAは、これらの重要なRFコンポーネントを適切に評価するために必要な校正と測定性能を備えています。

特長

  • 40dBのリターン・ロスでRFケーブルとコネクタを評価する
  • 1回校正を行い、1週間測定します:90時間以上で0.1 dB未満のドリフト
  • ポート・エクステンションなどの内蔵機能により、校正面で適切にダイヤルすることが可能
  • 校正状態のファイルの保存と呼び出しによるテスト手順の簡略化

自動製造テスト

Thumbnail

迅速、正確、かつ安定したネットワークの読み値が必要です。DUTの測定プロセスを自動化して、正しく構築されているかどうかを確認し、そうでない場合はそれを調整します。またはテスト・フィクスチャの損失を評価して測定から除外します。TTR500シリーズVNAは、同様のパフォーマンスを持つVNAの競合他社と比較して、所有コストを大幅に抑えながら、性能、確度、信頼性を提供します。さらに、他の従来のベンチトップVNAと同様に、TTR500シリーズVNAはSCPIコードと互換性があり、既存のVNAテスト・コードを移行することができます。

特長

  • 競合他社と比較して所有コストが非常に低い
  • 安定性に優れたSCPIコマンド・インタフェース(現行VNAモデルとの互換性を確保)により、自動制御プログラムの移行が容易
  • C/C++、Python、MatLab、LabViewなどでSCPIコードを使用してTekVISAまたはNI VISAでプログラム可能
  • 別々に使用できるラックマウント・キットには、1つのラックに1台または2台を収納可能

教育現場に最適

Thumbnail

小型・軽量でも優れた機能を備えています。堅牢な筐体、業界標準のユーザ・インタフェース、122dB以上のダイナミック・レンジと最高6GHzの周波数レンジを備えたTTR500シリーズVNAは、未来のエンジニアの育成にも最適です。また、低コストで導入できるため、多くの学生が実際の計測器を手に取って、実習を行うことができます。

特長

  • 2ポート2パスVNA機能を完備
  • 馴染みのある業界標準のインタフェース
  • Touchstone(.sNp)ファイル・フォーマットでのSパラメータのインポート/エクスポート
  • 宿題にも最適なオフライン・モード

 

VectorVu-PCソフトウェア:TTR500シリーズVNAにベンチトップの機能を提供

TTR500シリーズは、テクトロニクスのベクトル・ネットワーク・アナライザを支える強力なソフトウェアであるVectorVu-PCの機能を活用して動作します。ソフトウェアはベクトル・ネットワーク・アナライザの取込を制御し、ユーザの指示に従って測定し、連続的に表示を更新します。

VectorVu-PC(無償でダウンロードが可能)は、業界標準のインタフェースを備えており、誰でも簡単に操作できるため、被測定デバイスのテストに多くの時間を割り当てることができます。

特長

  • 従来のVNAの操作感を継承しながら、装置の制御と校正のための機能をすべてWindows PCまたはタブレットから利用可能
  • タッチスクリーン向けに最適化
  • SCPIプログラム・インタフェースを介して、C/C++/C#、Python、MATLAB、LabViewなどでプログラムが可能で、従来からの一般的なVNAとの互換性を確保
  • LabViewドライバを利用可能

豊富でお求めやすい価格のアクセサリ

Thumbnail

テクトロニクスは、さまざまな高品位なアクセサリを提供しており、ご購入いただくだけで、簡単にVNAソリューションを構築できます。 キャリング・ケース、ラック・マウント・キット、堅牢な位相安定ケーブル、アッテネータ、アダプタ、校正キットなど、豊富なアクセサリをご利用になれます。

特長

  • さまざまな種類の校正キット
  • 堅牢な位相安定ケーブル(豊富なサイズと種類に対応)
  • アダプタ(同軸、50Ω、さまざまなサイズおよび種類のコネクタ)