お問い合わせ

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

ケースレー2281Sシリーズ・バッテリ・シミュレータ

2281S-20-6型ダイナミック・バッテリ・シミュレータは、バッテリ・モデルを使用して、さまざまな充電状態におけるバッテリの応答をエミュレートできます。モデルは、バッテリが電力を供給する製品の平均消費電流に基づいており、バッテリ寿命の推定に使用できるほか、異なる充電状態における製品の性能も解析できます。すべてのDC電源を見る »

 

keithley-logo

 

最大電圧

20V

最大電流

6A

保存可能なモデルの数

14

最大出力抵抗

100Ω

ケースレー2281Sシリーズ・バッテリ・シミュレータ

製品のバッテリ動作時間の推測

サムネイル

2281S-20-6型でバッテリ・モデルを使用し、製品に電力を供給することで、製品の動作時間を検証できます。

特長

  • 充電状態の関数として使用される、オープン回路電圧と内部抵抗を含む101ポイントのモデル
  • 製品の平均消費電流に基づいたモデルの作成が可能

バッテリ放電過程のどのような段階でもすばやく、再現可能なテストが可能

サムネイル

バッテリ・シミュレータをプログラムすることで、完全に放電される直前の状態など、あらゆるバッテリ充電状態を再現できるため、低バッテリ状態における製品の動作確認や、低バッテリによるシャットオフ電圧の検証などが行えます。

特長

  • オープン回路電圧(Voc)をプログラムする場合は、他のすべてのモデル・パラメータはオープン回路電圧設定に対応して変化
  • または、充電状態(SOC)をプログラムする場合は、他のすべてのモデル・パラメータはSOC設定に対応して変化

 

バッテリの状態が刻々と表示される独自のGUI

サムネイル

オープン回路電圧、内部抵抗、残り容量、SOCなど、バッテリ・モデルの主要パラメータが表示されます。

特長

  • 右側のバッテリ・アイコンにオープン回路電圧、測定された端子電圧、負荷電流を表示
  • 左側のバッテリ・アイコンには、SOC、残り容量(アンペア・アワー)、内部抵抗を表示

 

型名 概要 出力数 最大電圧 最大電流 価格
2281S-20-6
1 20V 6A US $3,650
構成と見積り
型名 概要 出力数 最大電圧 最大電流 価格
2281S-20-6
1 20V 6A US $3,650
構成と見積り

複数バッテリの性能評価

サムネイル

2281S-20-6型は、複数のモデルを読み込み、それぞれのモデルを使用して、製品に電力を供給することで、その製品に最適なタイプのバッテリを判断できます。

特長

  • 最大14のモデルを2281S-20-6型に読み込み可能
  • 最高20Vのバッテリ電圧に対応
  • 最高100Ωの内部抵抗に対応

製品の消費電流に基づいてバッテリのモデルを作成

サムネイル

電子負荷として、ケースレーの2450型または2460型ソース・メジャー・ユニットを使用することで、バッテリの放電や、2281S-20-6型用のバッテリ・モデルの作成が行えます。 2450型または2460型は、非常に小さな電流(1nA未満)、放電状態のバッテリをシミュレートできます。

特長

  • バッテリ・メーカのデータに基づいてバッテリ・モデルを作成することも可能
  • バッテリ・モデルは直列・並列のどちらの構成にも対応

 

高精度電源としても使用可能なバッテリ・シミュレータ

サムネイル

2281Sシリーズ・バッテリ・シミュレータは、 0.02%のソース設定確度、リモート・センシング機能、0.05%の電流測定確度を備えた、高精度電源としても使用できます。

特長

  • 電圧の設定分解能:1mV
  • 最小電流レンジにおける分解能:10nA

 

PCから機器を操作

KickStartソフトウェアを使用すると、テストや測定が高速化され、イノベーションが促進されます。PC用の機器制御ソフトウェアであるKickStartを使用すれば、テストのセットアップ、テストの実行、データの可視化を素早く簡単に行うことができます。KickStartがデータを直ちにプロットし、読み値テーブルのデータの統計概要がすぐに表示されます。解析結果をすばやく集めて、必要な意思決定をすぐに下すことができます。

  • 複数のタイプ機器で個別にまたは同時にテストを実行可能
  • 長期的な記録に役立つデータの自動エクスポート
  • 保存されたテスト設定を利用してすばやくテストを再現
  • 内蔵のプロット/比較/統計ツールを使用して、測定値の異常や傾向をすばやく発見することができます。
  • シミュレーションした機器を使用してテストを設定し、実際の機器が使用可能になった後、切り替えが可能
詳細を見る