SPECMONシリーズ・スペクトラム・アナライザ

フィールドでの高速で汎用性の高い干渉特定ソリューション

テクトロニクスのSPECMONシリーズは、フィールドにおける障害イベントをすばやく検出し、取込み、解析するスペクトラム・アナライザです。当社特許のDPX掃引技術、拡張トリガ機能、広帯域な取込帯域、3つのドメインでの信号解析機能を備えており、最小0.43 μsのイベント信号を100%のPOI(Probability Of Intercept、捕捉確率)で検出し、取込むことができるため、迅速なトラブルシュートが可能になります。


各種の内蔵機能により、市場の他のソリューションより低コストでありながら、マッピングの時間短縮、干渉ロケーター、信号変調やフィールド測定の自動化など、あらゆる スペクトラム管理 アプリケーションをさらに簡略化できます。 すばやい操作、わかりやすいインタフェースによる障害検出が行えるのはテクトロニクスだけです。

SPECMON3B
周波数レンジ
リアルタイム周波数帯域
最小イベント継続時間、100% POI
SFDR (代表値)

1Hz~3GHz

25 MHz、40 MHz、80 MHz、125 MHz、および165 MHz

0.434 μs

-80dBc

SPECMON6B
周波数レンジ
リアルタイム周波数帯域
最小イベント継続時間、100% POI
SFDR (代表値)

1Hz~6.2GHz

25 MHz、40 MHz、80 MHz、125 MHz、および165 MHz

0.434 μs

-80dBc

SPECMON26B
周波数レンジ
リアルタイム周波数帯域
最小イベント継続時間、100% POI
SFDR (代表値)

1Hz~26.5GHz

25 MHz、40 MHz、80 MHz、125 MHz、および165 MHz

0.434 μs

-80dBc

特長

利点

DPX掃引機能 すべての周波数範囲をリアルタイムに、自動的にスキャンし、間欠信号による干渉を検出
最高165MHzのリアルタイム取込帯域 0.43 μs以上のイベントを100%の確立(POI)で検出し、取り込む
拡張トリガと優れたデータ取込み機能 当社特許のDPX Densityトリガと周波数マスク・トリガにより、間欠的な信号/ノイズも確実に捕捉。Save On Trigger機能により、特定のイベントのみを保存
最大4 GBのアクイジション・メモリ 大容量のリアルタイム・メモリに最長12年間分のデータ・ログを保存可能
マッピング機能を内蔵 汎用のGPSレシーバをUSBまたはBluetoothで接続することにより、手動または自動でのドライブ・テストが簡単に実行可能。 内蔵のマップ・ドローイング・ツールにより、干渉波の発信場所を三角法で特定
信号復調 オプションのソフトウェア・パッケージにより、AM/FM復調、OFDM信号解析など、20種類以上の汎用アナログ/デジタル変調の信号復調が可能
マルチドメイン信号解析 さまざまなドメイン間の問題を時間相関をもって解析できるため、トラブルシュートが短時間に実行できる。 取込んだデータを、相関関係を持ったマーカを使用して、時間、周波数、変調のドメインで解析可能
汎用性の高いフィールド測定機能を内蔵 パルス、電界強度、信号強度、EMIテスト、チャンネル電力、ACPR、OBW、スプリアス・サーチなど、代表的な電界テスト・パラメータがすばやく測定可能
サードパーティ・ソフトウェアをサポート 取込んだIQデータをMATLABなどのソフトウェア解析ツールで解析し、マッピング結果をGoogle EarthまたはMapInfoなどのフォーマットでエクスポートして、さらに解析することが可能。 Windows 7 Ultimateの採用により、市販の製品、アプリケーションもサポート
10.4型大型タッチ・スクリーンLCD マウス、キーボードが不要

 

データ・シートアクセサリ説明
RTPA2A リアルタイム・スペクトラム・アナライザTekConnectプローブ・アダプタ
データ・シートソフトウェア・パッケージ/ソフトウェア・オプション説明構成/見積り
Opt. 23

WLAN解析(802.11a/b/g/j/p)

お問い合わせ
Opt. 24

WLAN解析(802.11n)

お問い合わせ
Opt. 25

WLAN解析(802.11ac)

お問い合わせ
Opt. 10 (RSA5K/6K/SPECMON)

AM/FM/PM変調とオーディオ測定

お問い合わせ
Opt. 11 位相ノイズ/ジッタ測定 お問い合わせ
Opt. 12 セトリング時間測定 お問い合わせ
Opt. 14

ノイズ・フィギュア。

お問い合わせ
Opt. 21 デジタル変調解析機能(GP変調解析、RFID、信号ソース) お問い合わせ
Opt. 22 OFDM解析 お問い合わせ
Opt. 26

APCO P25測定

お問い合わせ
タイトルタイプ
リアルタイム・スペクトラム・アナライザを使用したワイドバンドRFシステムのトラブルシューティングと特性評価

無線機器の急増と絶え間ない高いデータ・レートの要求は、割り当てられた無線周波数(RF)スペクトラムにとって非常に厳しい状況になっています。 RFコンポーネントやシステムの帯域に対する要求が強まるにつれ、利用可能なスペクトラムは深刻な状況になりつつあります。システム・オペレータは可能な限りRFスペクトラムの周波数を効率良く使用するよう努めますが、以前にも増して近傍の信号と干渉を起こさないように常に注意を払うことも必要になります。当然のことながら、これらを迅速に、かつ少ない予算で実行する必要があるため、エンジニアにとってはジレンマとなっています。

アプリケーション・ノート
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top