H500型・SA2500型ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザ

トラブルシュートが困難だった干渉の問題に

DPX™テクノロジを搭載したSA2500型ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザを使用すれば、混雑しつつある今日の無線スペクトラム環境でも、干渉の防止や困難がともなう信号発生源の特定を簡単かつ迅速に行えます。

特長

利点

DPX®ライブ・スペクトラム表示
125μs以上のイベントを100%の確立(POI)で検出
DPXスペクトラム・マスク
自動生成および任意編集が可能なスペクトラム・マスクにより、特定の信号を簡単に取込み、アクションを起こすことが可能
マッピング機能を内蔵
内蔵のGPSレシーバと自動GPSマッピング機能により、地図上の特定の信号の測定結果を集計。干渉波の位置を容易に三角測量可能
信号識別とオープン・シグナル・データベース
信号データベースを使用し、未知の信号から既知の信号をすばやく識別可能。オープン・データベース・アーキテクチャにより、必要に応じて簡単に新しい信号の種類を追加することもできる
汎用性の高いフィールド測定機能を内蔵
スペクトラム、スペクトログラム、電界強度、信号強度、チャンネル・パワー、OBW、音声など、代表的なテスト項目をすばやく測定
通常の作業を自動化するツール
マクロ機能とプログラム・インタフェースによってフィールドでのレシーバ・エミュレーションなどの作業を自動化
フィールドでの使用を考えた堅牢な設計
過酷な環境での使用を考慮し、MIL-PRF-28800Fに準拠した設計
長寿命バッテリ
追加バッテリにより最長5時間にわたってテスト可能、業界唯一のホット・スワップ対応により、バッテリ動作での連続測定が可能
複数の計測器のリモート測定
LANインタフェースで複数の計測器を接続して複数個所をモニタできるため、リモート制御、無人モニタ局によるスペクトラム観測が可能

 

タイトルタイプ
リアルタイム・スペクトラム・アナライザを使用したワイドバンドRFシステムのトラブルシューティングと特性評価

無線機器の急増と絶え間ない高いデータ・レートの要求は、割り当てられた無線周波数(RF)スペクトラムにとって非常に厳しい状況になっています。 RFコンポーネントやシステムの帯域に対する要求が強まるにつれ、利用可能なスペクトラムは深刻な状況になりつつあります。システム・オペレータは可能な限りRFスペクトラムの周波数を効率良く使用するよう努めますが、以前にも増して近傍の信号と干渉を起こさないように常に注意を払うことも必要になります。当然のことながら、これらを迅速に、かつ少ない予算で実行する必要があるため、エンジニアにとってはジレンマとなっています。

アプリケーション・ノート
SA2500 Field Spectrum Management

Learn how to easily avoid interference and quickly find troublesome signal emitters in the increasingly crowded radio spectrum environment with Tektronix’ SA2500 handheld spectrum analyzer with DPX™ technology.

How-to Guide
Five Common Field and Remote Applications

Discover how to classify and locate signals of interest either from the field or in a remote/offline environment.

How-to Guide
H500/SA2500 Handheld Spectrum Analyzer Fact SheetFact Sheet
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top