お問い合わせ

テクトロニクス担当者とライブ・チャット: 午前6時~午後4時30分 PST

-

- 1-800-833-9200

全社でリモートワークをしております。 お問い合わせは右記お問い合わせ窓口(Web)をご利用ください。

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

フィードバック

ナポリ大学での導入事例

学生の好奇心を呼び覚ます

ナポリ大学の学生 

教育への投資こそイノベーションの未来への鍵です。テクトロニクスは、世界中の大学のエンジニアリング・プログラムが、学生や教員に未来を切り開くために必要なツールを提供できるよう支援しています。

導入事例をダウンロードする

顧客事例

ナポリ大学の工学教授であるミケーレ・リッチョ氏は、彼が「エンジニアリング哲学」と呼ぶべきものを学生に伝えることに情熱を注いでいます。彼は、好奇心と学習意欲がエンジニアリング分野で成功するためには欠かせないと考えています。

彼が教授として直面している課題の一つは、学生が電気工学を理解するのが難しいと感じることが多いということです。純粋に理論的な話ばかりでは技術は身につかないのです。回路内で起きていることを想像するのが困難なため、学習を継続するモチベーションを維持できないようでした。<p>

しかし、実際に回路の中の信号を見ながら、その信号の問題点を観察する作業に取り組んでもらえば、学生たちの情熱と好奇心に火をつけることができます。高確度で、簡単に使えて、信頼性の高い試験/計測機器は、学生の学習意欲に火つけるための最高のツールになります。

ソリューション

エンジニアでもあるミケーレは、テクトロニクスのオシロスコープを何十年も愛用しています。それまでの経験から、テクトロニクスのオシロスコープは信頼性が高く効率的です。そのため、学生たちにもテクトロニクスの機器を使ってもらいたいと考えていました。

ナポリ大学が5シリーズ・ミックスド・シグナル・オシロスコープを導入したことで、ミケーレと学生は、目の前の実験に集中して取り組むことができるようになりました。どんなツールを使用すればいいのか試行錯誤する日々は終わったのです。

設計回路内部で何が起こっているのかを視覚化できるようになったという点で、ミケーレはテクトロニクスのオシロスコープのビット深度と、アナログおよびデジタルのチャンネル数の多さを高く評価しています。彼は、工学系の学生にとって重要なのは、最も革新的な試験/計測技術を最大限利用できる環境を作ることだ、と考えています。最先端のツールを駆使して解析を行うエンジニアリング最前線で仕事をしたい、そういう思いが彼らの知識に対する情熱の糧となるのです。

エンジニアリングに興味を持った理由

ミケーレ・リッチョ教授は若い頃、日曜日にお父さんとお兄さんと一緒にオレンジ色のラジオでサッカーを聴いていたそうです。ある日、ラジオが機能しなくなり、父親が店で新しいものを買おうとしたにもかかわらず、ミケーレはどこが壊れているのかを知りたいという気持ちを抑えられませんでした。

彼は不思議に思いました。「こんな小さな箱なのに、離れた場所でサッカー中継を聴けるなんてすごいことだ。内部はどうなっているんだろう?でも、どうして鳴らなくなったんだろう?」

そこで、はんだごての代わりにドライバーとロウソクを使ってラジオを分解すると、緑色の基板が入っており、1本のワイヤーが切れているのを発見しました。彼はなんとか修理しようと悪戦苦闘しました。ここで重要なのは、この一件が口火となり、彼の中でエンジニアリングへの情熱となって成長し続けたことです。

私の個人的な経験では、テクトロニクスのオシロスコープを使用した際に、常に際立っていたのは、信頼性と効率性という2つの要素でした。どちらの要素も、モニタリングに使用するツール自体に煩わされることなく、問題になっている実験に集中して取り組むために欠かせないものです。これらは研究現場での仕事には実際不可欠なものなのです。

ミケーレ・リッチョ教授

関連製品、ソフトウェア、サービス

ベンチ構成

ハードウェア 概要
ナポリ大学に導入されたMSO5シリーズ MSO5シリーズとパワー・プローブ
スイッチング損失や安全動作領域の測定、ボード線図、電源除去比、またはインサーキット・インダクタやトランスの測定など、5シリーズMSOは、電源装置の測定、設計、および解析に不可欠なツールです。
ナポリ大学に導入されたTekScopeソフトウェア TekScopeソフトウェア
数々の受賞に輝く優れたオシロスコープの解析機能をPCで利用できます。いつでもどこでも波形を解析できます。

その他の教育分野向けリソース