JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

トグル・メニュー
JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

お問い合わせ

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

信号生成手法について


電子的なテストや測定では、多くの場合、内部的に生成できない信号を生成するための信号源が必要になります。

信号源は、「既知の正しい」信号を生成したり、生成された信号に対して既知の再現可能な量やタイプの歪み(または異常)を付加したりできます。この特性は信号源の最も有用な点の1つです。回路だけでは、必要な時と場所に合わせて、予想される歪みを正確に生成することはほとんど不可能であるためです。信号源は、設計検証から特性評価に至るまで、さらにストレス試験やマージン・テストから適合性テストに至るまで、多数のアプリケーションで使用されます。信号源のアーキテクチャにはさまざまな選択肢があり、それぞれに特定のアプリケーションに対する長所、機能、およびコスト効果があります。以下で、任意波形/ファンクション・ジェネレータおよび任意波形ジェネレータで使用される、2種類の信号生成アーキテクチャを比較します。どちらを選択するかは、アプリケーションに依存して異なります(以下、信号源とジェネレータは同じ意味です)