お問い合わせ

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

TSG4100AシリーズRF信号発生器

TSG4100AシリーズRF信号発生器は、ミッドレンジのRF性能と最高200MHzの超広帯域変調性能を、エントリ・レベルの無線周波数信号発生器の価格で提供します。 オンサイトでのソフトウェア・アップグレードが可能で、エンジニアはアナログからより高度なベクトル/デジタル変調機能へと機器を簡単に移行できるため、あらゆる場面に適応できる汎用性を備えながら、設備投資のコストを大幅に削減できます。

RF信号発生器をベンチに追加

TSG4100Aシリーズは、USBベースのRSA306型スペクトラム・アナライザ3シリーズMDOミックスド・ドメイン・オシロスコープ4シリーズMSOミックスド・シグナル・オシロスコープ5シリーズMSOミックスド・ドメイン・オシロスコープなど、当社の他の主要なミッドレンジRFテスト・ソリューションを補完します。

信号発生器の詳細を見る »

10/8/2020 - 3:24 に編集
基本価格
US $10,200 - US $19,500
購入/見積り ご質問は、今すぐチャットで。

アナログ/デジタル・アプリケーションに最適なRF信号発生器

TSG4100AシリーズRF信号発生器は、お求めやすい価格でありながら、アナログはもちろん、高度なベクトル/デジタル変調機能にも対応しています。エンジニアは、アナログ信号からベクトル信号へと簡単に移行することができるため、あらゆる場面に適応できる汎用性を備えながら、設備投資のコストを大幅に削減できます。これらの低コストな信号発生器は、ASK、QPSK、DQPSK、π/4 DQPSK、8PSK、FSK、CPM、QAM(4~256)、8VSB、16VSBなど、一般的なベクトル変調方式を標準でサポートしています。

Most common vector modulation schemes examples
I/Q Constellation Screen image

最高6MHzの帯域幅に対応したRF信号発生器

操作性に優れたTSG4100Aシリーズは、I/Q変調のための革新的なアーキテクチャを備えており、すばやい波形生成と高純度なデジタル・データの再生をサポートします。デジタル・シンボルを最高6MHzのシンボル・レートで選択したI/Qコンスタレーションに自動的にマッピングし、その結果を選択したパルス形状フィルタを通して渡し、125MHzでリアルタイムに更新しながら最終的な波形を生成します。このベースバンド信号は、標準IQ変調方式を使用して、RFキャリアに変調されます。

RF信号発生機による優れたOCXOタイムベース

TSG4100Aシリーズは、オーブン制御SCカット発振器のタイムベースを使用しており、TCXOタイムベースを使用する測定器と比較して、安定性が100倍(<±0.002ppm)向上し、クローズ時の位相ノイズが100倍減少しています。また、優れたエージング特性(<±0.05ppm)を備えているため、研究開発アプリケーションに最適です。

OCXO Time-base on RF Signal Generator
AFG31000 Arbitrary Function Generator to drive the IQ inputs on the TSG

TSG4100AシリーズRF信号発生器によるRF信号の再生

TSG4100AシリーズRF信号発生器には、外部IQ信号を使用するオプションが用意されており、400MHzを超える高いキャリア周波数に対しても、200MHz以上の無線周波数変調帯域幅を提供することができます。RSAを使用して取り込んだRF信号の使用法、SourceXpressアプリケーションによるベースバンドIQ信号のフォーマット、さらにAFG31000シリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータをセットアップして、TSGのIQ入力を駆動する方法をご紹介します。

AFG31000シリーズを使用して、TSG4100Aシリーズで取り込んだRF信号を再生する方法

RF信号発生器に関するFAQ

RF信号発生器とは何に使用するものですか?

RF信号発生器を使用して信号をテストするエンジニア

RF(Radio Frequency)信号発生器は、主に通信機器の回路設計をテストする際に、既知の特性を持つ連続した高周波信号を作り出すために使用されます。RF信号発生器は、それ自体では何の測定も行わず、他の機器が被測定デバイスを測定するための条件を整える役割を果たします。

RF信号発生機の仕組みは?

RF信号発生器は、通常、無線通信や携帯電話通信、レーダ、電子戦などのRF通信のために開発された回路のテストに使用される信号源です。エンジニアは、システム・コントロールを使用して、振幅、周波数を設定し、信号に変調を加えることができます。

RF周波数はどのようにして発生させるのですか?

RF周波数を生成する最も簡単な方法は、TSG4100AシリーズRF信号発生器の前面パネルを使用することです。RF信号発生器を被測定デバイス(DUT)に接続する前に、周波数、振幅、変調など、さまざまな信号特性を簡単に設定できます。

信号発生器とファンクション・ジェネレータはどう違うのですか?

信号発生器は、電子信号を発生させる装置です。ベクトル信号発生器は、QAM、QPSK、FSK、BPSK、OFDMなどの、アナログ/デジタル変調方式のRF信号の生成に特化された装置です。ベクトル信号発生器は、レシーバ感度テストによく使われます。

ファンクション・ジェネレータには、再生可能な波形やパターンがあらかじめ用意されています。オペレータは、再生速度や振幅、オフセットなどの波形パラメータを変更したり、基本的な歪みや変調を加えたりすることができます。

信号発生器にはどのような種類のものがありますか?

ファンクション・ジェネレータ、任意波形ジェネレータ、ベクトル信号発生器など、さまざまな種類の信号生成器があります。

それぞれの違いについては、以下の図をご覧ください。

信号発生器 アナログ/デジタル電子信号源の一般的なカテゴリ名
ファンクション・ジェネレータ 信号発生器は、一般に、正弦波、波形、三角波などの一般的な波形が必要な場合に使用される
任意波形/ファンクション・ジェネレータ ファンクション・ジェネレータは、コンパイルされた任意波形を生成できる
任意波形ジェネレータ 任意波形ジェネレータは、あらかじめ用意された一般的な波形ではなく、コンパイルされたカスタム波形を必要とする場合に多く使用される
RF信号発生機 RF信号発生器は、無線アプリケーションに使用され、通常のアナログ変調(AM、FM、PMなど)を提供する
(RF)ベクトル信号発生器 RFベクトル信号発生器は、デジタル通信アプリケーションのためのRFキャリア上でのアナログとベクトルの両方の変調をサポートする
型名 フィールド・アップグレード可能なオプション 周波数範囲 価格
TSG4102A 基本ベクトル変調、GSM、EDGE、P25、W-CDMA、DECT、NADC、PDC、TETRA、オーディオ解析、外部IQ変調

2 GHz

US $10,200
構成と見積り
TSG4104A 基本ベクトル変調、GSM、EDGE、P25、W-CDMA、DECT、NADC、PDC、TETRA、オーディオ解析、外部IQ変調

4GHz

US $13,200
構成と見積り
TSG4106A 基本ベクトル変調、GSM、EDGE、P25、W-CDMA、DECT、NADC、PDC、TETRA、オーディオ解析、外部IQ変調

6GHz

US $19,500
構成と見積り
型名 フィールド・アップグレード可能なオプション 周波数範囲 価格
TSG4102A 基本ベクトル変調、GSM、EDGE、P25、W-CDMA、DECT、NADC、PDC、TETRA、オーディオ解析、外部IQ変調

2 GHz

US $10,200
構成と見積り
TSG4104A 基本ベクトル変調、GSM、EDGE、P25、W-CDMA、DECT、NADC、PDC、TETRA、オーディオ解析、外部IQ変調

4GHz

US $13,200
構成と見積り
TSG4106A 基本ベクトル変調、GSM、EDGE、P25、W-CDMA、DECT、NADC、PDC、TETRA、オーディオ解析、外部IQ変調

6GHz

US $19,500
構成と見積り