AFG3000Cシリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータ

AFG3000Cシリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータ

ファンクション・ジェネレータは、クラス最高の性能で正確に信号を再生します。 大型ディスプレイと25種類のショートカット・キーを備え、優れた操作性を実現しています。 また標準で12種類の波形に対応し、任意波形生成機能に加え、 ストレス信号のオプションもあり、1台でさまざまなアプリケーションに対応します。

AFG3000シリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータ

特長

利点

2チャンネル機種も用意 1台で同期した2本の信号か、完全に独立した2本の信号を生成。2台の信号発生器を置き換えて、コストと作業スペースを節約
最高サンプル・レート:2GS/s 精細なタイミング分解能で波形を生成
最大振幅20V
p-p
(AFG3011型、50Ω負荷)
外付けのアンプなしに高出力電圧信号が出力できるため、コストを抑え、セットアップ時間を短縮することが可能
25種類のショートカット・キー 頻繁に設定する機能やパラメータは直接設定できるため、セットアップや検証の時間が短縮可能
5.6型(142 mm)大型カラー・ディスプレイ すべての波形パラメータと波形形状を一目で確認できるため、信号の設定内容をしっかりと確認した上で、必要な作業に集中できる
奥行きわずか168 mm 貴重な作業スペースを有効利用できる
ArbExpress™ソフトウェア テクトロニクス・オシロスコープから直接波形をインポートしたり、等式エディタ、フリー・ハンド、ポイント・ドロー、波形演算式などで自在に波形を生成、編集したりすることが可能

 

型名

型名 アナログ・チャンネル数 出力周波数 レコード長(ポイント) サンプル・レート 垂直軸分解能 価格
AFG3021C

1 25MHz 128 kポイント 2~128 k:250 MS/s 14ビット ¥ 215,000

構成/見積り
AFG3022C

2 25MHz 128 kポイント 2~128 k:250 MS/s 14ビット ¥ 318,000

構成/見積り
AFG3051C

1 50MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s

14ビット ¥ 325,000

構成/見積り
AFG3101C

1 100MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s

14ビット ¥ 470,000

構成/見積り
AFG3052C

2 50MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s

14ビット ¥ 481,000

構成/見積り
AFG3011C

1 10MHz 128 kポイント 2~128 k:250 MS/s 14ビット ¥ 524,000

構成/見積り
AFG3151C

1 150MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s

14ビット ¥ 553,000

構成/見積り
AFG3102C

2 100MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s

14ビット ¥ 674,000

構成/見積り
AFG3152C

2 150MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s

14ビット ¥ 790,000

構成/見積り
型名AFG3021C
価格¥ 215,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
125MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~128 k:250 MS/s14ビット
型名AFG3022C
価格¥ 318,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
225MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~128 k:250 MS/s14ビット
型名AFG3051C
価格¥ 325,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
150MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s
14ビット
型名AFG3101C
価格¥ 470,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
1100MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s
14ビット
型名AFG3052C
価格¥ 481,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
250MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s
14ビット
型名AFG3011C
価格¥ 524,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
110MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~128 k:250 MS/s14ビット
型名AFG3151C
価格¥ 553,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
1150MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s
14ビット
型名AFG3102C
価格¥ 674,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
2100MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s
14ビット
型名AFG3152C
価格¥ 790,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
2150MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s
14ビット
型名 アナログ・チャンネル数 出力周波数 レコード長(ポイント) サンプル・レート 垂直軸分解能 価格
AFG3021C 1 25MHz 128 kポイント 2~128 k:250 MS/s 14ビット ¥ 215,000
構成/見積り
AFG3022C 2 25MHz 128 kポイント 2~128 k:250 MS/s 14ビット ¥ 318,000
構成/見積り
AFG3051C 1 50MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット ¥ 325,000
構成/見積り
AFG3101C 1 100MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット ¥ 470,000
構成/見積り
AFG3052C 2 50MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット ¥ 481,000
構成/見積り
AFG3011C 1 10MHz 128 kポイント 2~128 k:250 MS/s 14ビット ¥ 524,000
構成/見積り
AFG3151C
1 150MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット ¥ 553,000
構成/見積り
AFG3102C 2 100MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット ¥ 674,000
構成/見積り
AFG3152C
2 150MHz 128 kポイント 2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット ¥ 790,000
構成/見積り
型名AFG3021C
価格¥ 215,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
125MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~128 k:250 MS/s14ビット
型名AFG3022C
価格¥ 318,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
225MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~128 k:250 MS/s14ビット
型名AFG3051C
価格¥ 325,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
150MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット
型名AFG3101C
価格¥ 470,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
1100MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット
型名AFG3052C
価格¥ 481,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
250MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット
型名AFG3011C
価格¥ 524,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
110MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~128 k:250 MS/s14ビット
型名AFG3151C
価格¥ 553,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
1150MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット
型名AFG3102C
価格¥ 674,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
2100MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット
型名AFG3152C
価格¥ 790,000
アナログ・チャンネル数出力周波数レコード長(ポイント)
2150MHz128 kポイント
サンプル・レート垂直軸分解能
2~16k:1GS/s、16k~128k:250MS/s 14ビット

サービス・オプション(延長保証)

 
データ・シート プラン 概要 詳細を見る
データシート R5

シルバー・サービス・パッケージ:5年間(保証期間を含む)

詳細を見る
データシート SILV200またはSILV400(製品によって異なる)

シルバー・サービス・パッケージ:5年(保証期間を含む)

詳細を見る

 

データ・シートアクセサリ説明
011004902 ターミネーション、BNC; 同軸、2W、BNC(Ma)-(Fe)フィードスルー・ターミネーション(50Ω)
012048200 ケーブル・アセンブリ、RF、同軸、RFD、50Ω、(175-1455-00)、長さ91.4 cm、BNCオス-BNCオス、ストレイン・リリーフ・ブーツ
159045400 ヒューズ、ワイヤ・リード、3 EA SET、0.125 A、125 V、高速溶断、安全制御、R251.125、小型ヒューズ、リード・カット
RM3100 ラックマウント・キット
タイトルタイプ日付
任意波形/ファンクション・ジェネレータ
AFG3011型・AFG3021B型・AFG3022B型・AFG3101型・AFG3102型・AFG3251型・AFG3252型Arbitrary Function Generators
Literature number: 76Z-18656-3
データシート 03 Apr 2018
AFG3000 シリーズ
このマニュアルでは、AFG3000 シリーズ任意波形ファンクション・ゼネレータの設置と操作について説明します。
Part number: 077096101
主要ユーザ 28 Aug 2017
AFG3000C シリーズ・ジェネレータ
This document contains compliance and safety information for the AFG3000C Arbitrary Function Generators.
Part number: 071333601
User 28 Aug 2017
AFG3000シリーズ クイック・スタート・ユーザ・マニュアル
This document is targeted to product users and explains operation and/or installation procedures. It may also provide information about features and functions, applications and troubleshooting.
Part number: 071163403
User 28 Aug 2017
USB-TX - DPO-DSA-MSO70000-B-C - Win XP - Win7 V4.0.4

Part number: 066111411
アプリケーション 14 Aug 2017
この革新が標準になる
エンジニアの声が創り上げた新世代ジェネレータ
Literature number: 76Z-18655-4
ファクト・シート 08 Aug 2017
任意波形/ファンクション・ジェネレータをパルス・ジェネレータとして使う

Literature number: 75Z-20272-0
ホワイトペーパー 08 Aug 2017
任意波形/ファンクション・ゼネレータで実環境信号を再現
This application note will guide you through the steps required to replicate real world signals using the Tektronix AFG3000 Series and ArbExpress software.
Literature number: 76Z-18661-1
アプリケーション・ノート 08 Aug 2017
任意波形/ファンクション・ゼネレータで実環境信号を再現
This application note will guide you through the steps required to replicate real world signals using the Tektronix AFG3000 Series and ArbExpress software.
Literature number: 76W-18661-2
アプリケーション・ノート 05 Jun 2017
AFG3000Cシリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータ・データ・シート
AFG3000Cシリーズ・データ・シートAFG3000Cシリーズは、優れた性能、汎用性、直感的な操作
Literature number: 75Z-28281-7
データシート 17 Apr 2017
テクトロニクス、価格を抑え、性能を強化した信号発生器の新製品を発表
任意波形/ファンクション・ジェネレータAFG3000Cシリーズに150MHz機種を追加し、優れた価格・性能比を持った製品ラインアップを強化任意波形/ファンクション・ジェネレータAFG3000Cシリーズに150MHz機種を追加し、優れた価格・性能比を持った製品ラインアップを強化
プレス・リリース 10 Feb 2016
汎用パルス・ジェネレーション・ソリューションによるテスト
This application note describes several applications in which modern general-purpose arbitrary/function generators (AFGs) can present a flexible, versatile and more affordable alternative solution to dedicated pulse generators.
Literature number: 75W-21097-0
アプリケーション・ノート 27 May 2014
USB-TX - DPO-DSA-MSO70000-C-D - Win7, V5.0.1

Part number: 066155402
アプリケーション 08 May 2014
USB-TX - DPO-DSA-MSO70000-C-D - Win7, V5.0.0

Part number: 066155400
アプリケーション 08 May 2014
USB-TX - DPO-DSA-MSO70000-B-C - Win XP - Win7 V4.1.0

Part number: 066111412
アプリケーション 08 May 2014
AFG3000 シリーズ
In diesem Handbuch werden Installation und Betrieb der Arbiträrsignal-Funktionsgeneratoren der AFG3000-Serie beschrieben.
Part number: 077096100
主要ユーザ 11 Feb 2014
AFG3000 シリーズ クイック・スタート・ユーザ・マニュアル
このマニュアルでは、AFG3000 シリーズ任意波形ファンクション・ゼネレータの設置と操作について説明します。
Part number: 071163407
主要ユーザ 02 Nov 2013
多チャンネル出力を行うために2台以上のAFGを同期させたい。
以下に周波数のドリフトやチャネル間のディレイを取り除く接続を示します。接続:トリガ源からの信号をAFGに入れます。このときそれぞれのケーブルの長さをそろえることでトリガによるディレイを最小にします。AFG3101, AFG3102, AFG3251, AFG3252は、10MHzのRef出力を持っていますので、一方のRefOutを他方のRefInに接続します。(図1)もし、RefOutのないAFGを使っている場合、10MHzの基準信号出力源を用意して、それぞれのAFGに入力します。(図2)図 1: Ref…
FAQ ID: 66046 20 Sep 2013
AFG3000の任意波形データをUBSメモリーにセーブする方法は?
Save/Recallメニューから、波形をセーブすることはできません。Editメニューから波形データ書き込みを選択し、USBメモリを選択します。波形データをセーブすると、その拡張子は、TFWとなります。また、4つまでの波形ならば内部メモリに書き込むこともできます。 
FAQ ID: 68031 20 Sep 2013
ノイズを付加すると、出力振幅が半分以下になってしまいます。
AFG3000は、内部でパワースプリッタを通して信号にノイズを付加します。ノイズを付加したときには、AFGの電圧設定を最大にしていても電圧レベルは下がります。これは、論理的に出力電圧の半分のレベルのノイズが信号にのるからです。ノイズはガウシャン形状ですので、設定した電圧レベルに達することはほとんどありませんのでオシロスコープでPeakPeak測定をしても必ずしも設定電圧と同じ振幅になるわけではありません。 
FAQ ID: 65966 20 Sep 2013
AFG3000の負荷インピーダンスの設定を行うと、AFGの出力インピーダンスが変化しますか?
変化しません。AFG3000シリーズの出力インピーダンスは常に50オームです。接続するデバイスのインピーダンスを基準に、出力電圧を計算して表示と一致するように調整します。例えば、ソース側が50オームのインピーダンスでロード側がハイインピーダンスの場合、1Vppの設定で、実際の出力電圧は、2Vpp程度になります。ここで、AFGの負荷インピーダンスの設定をHi-zにすると、出力電圧の表示は、2Vppに変化します。これは、実際に出力されている電圧と一致します。50オームのソースに25オームのロードを接続した場合…
FAQ ID: 65881 20 Sep 2013
AFG、AWGのクロックの確度は?
AFG310/320 50 ppm (25 °C) 校正後1年間AFG3000 series 1 ppm (25 °C) 校正後1年間AWG400 series 1 ppm (25 °C) 校正後1年間AWG510/520 1 ppm (25 °C) 校正後1年間AWG610 1 ppm (25 °C) 校正後1年間AWG615/710/710B 1 ppm (25 °C) 校正後1年間
FAQ ID: 65886 20 Sep 2013
AFG3000シリーズにフロントカバーはありますか。
AFG3000シリーズにフロントカバーはありません。  
FAQ ID: 67741 20 Sep 2013
AFG3000シリーズのトリガ出力とシンク出力との違いは?
トリガ出力とシンク出力はほとんど同じです。違いはバースト・モードでInf- サイクルを選択したときにのみ現れます。 図1:  トリガ出力モード オシロスコープCH1 →AFG のCH1 オシロスコープCH2 →AFG のトリガ出力 オシロスコープCH3 →AFG のトリガ入力(T コネクタにて両方にトリガ・パルスを入力) トリガ出力信号は毎サイクル出力されます。 図2:  シンク出力モード オシロスコープCH1 →AFG のCH1 オシロスコープCH2 →AFG のシンク出力 オシロスコープCH3 →…
FAQ ID: 65956 20 Sep 2013
AFG/AWGシリーズで作成できる波形の最小波形ポイント数は?
AFG310/320 10ポイントAFG3000 series 10 ポイントAWG400 series 64 ポイントAWG510/520 256 ポイントAWG610 512 ポイントAWG615/710/710B 960 ポイント
FAQ ID: 67731 20 Sep 2013
AFG3000でUSBメモリは認識するが、ファイルが何も見えません。
USBメモリーはFAT32形式でフォーマットしている必要があります。NTFSのようなフォーマットは認識しません。   
FAQ ID: 67736 20 Sep 2013
オシロスコープに直接接続して、データを転送したいのですが。
ArbExpressを経由したデータ転送をサポートしています。また、ASCII形式でデータを保存した後、ArbExpressでAFG3000形式のファイルにすることも可能です。直接転送はできません。   
FAQ ID: 67701 20 Sep 2013
マウスを使ってAFG3000を操作(波形の作成時)したいのですが。
AFG3000はマウスやタッチパネルでの操作をサポートしておりません。ArbExpressをお使いください。   
FAQ ID: 67706 20 Sep 2013
日本語のユーザマニュアルはありますか。
あります。そのほかにも、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、スペイン語、中国語(簡体字 繁体字)、ロシア語のマニュアルを用意しています。  
FAQ ID: 67711 20 Sep 2013
AFG3000:トリガ入力機能はありますか
TRIG IN端子が前面パネルにあります。
FAQ ID: 67521 20 Sep 2013
AFG3000:ホワイトノイズを発生できますか。
ホワイトノイズは発生できません。
FAQ ID: 67526 20 Sep 2013
AFG3000:信号にジッタを付加することはできますか。
ジッタを付加する機能はありません。
FAQ ID: 67531 20 Sep 2013
AFG3000:サンプルするクロックを機器内部ではなく、外部から入力する機能はありますか。
EXT CLOCK INの機能はありません。     
FAQ ID: 67516 20 Sep 2013
AFG3000を自分のPCにUSBケーブルで始めて接続したとき、ドライバのインストールを求められましたが、どうすればよいでしょうか?
TekVISAの古いバージョンにはWindowsで言うところの署名されたドライバが入っていないものがあり、その場合は手動でドライバのインストールをする必要があります。最新のTekVISAではそのようなことがありません。もしもドライバのインストールをするようフォルダの場所を指定するメッセージが表示されるようでしたら、TekVISAの最新版をダウンロードし、インストールしてください。
FAQ ID: 67496 20 Sep 2013
AFG3000:2chの位相は数値で設定できますか。
可能です。位相の設定範囲(DC、ノイズ、パルスを除く) ?180.00 °~ +180.00 °位相の分解能: 0.01° ( サイン波), 0.1° ( その他すべての標準波形)   
FAQ ID: 67501 20 Sep 2013
AFG3000:USB端子が前面パネルと後面パネルにありますが、使い方に違いはありますか。
AFG3000のリモートコントロールはUSB経由でできますか

(1).フロントパネルのUSB端子はUSB1.1でUSBメモリ専用です。これは設定の保存用です。リモートコントロールはできません。(2).リアパネルのUSB端子はコントロール専用です。添付ソフトのArbExpressで作成した波形をUSB経由で転送します。または、お客様が作成したTekVISAによるプログラムにより、リモートコンコントロールが可能です。
FAQ ID: 67506 20 Sep 2013
AFG3000:カタログ記載の「その他」の波形の周波数とはなんですか
ランプ波、Sin(x)/x、Gaussian、Lorenz、指数立ち上がり、指数立下り、Haversineなどの波形のことです。     
FAQ ID: 67511 20 Sep 2013
2台以上のAFG3000の信号出力の位相を同期させることができますか。
はい、2台以上の同期運転は一台のAFG310x、またはAFG325xをマスター・ユニットとして、その他のAFG3000をスレーブ・ユニットとして動作させることにより可能です。この場合、マスターのリファレンス・クロック出力とトリガ出力をそれぞれスレーブのリファレンス・クロック入力とトリガ入力に接続します。接続ケーブルにより発生した信号の遅延はトリガ・ディレイ機能により補正することが可能です。   
FAQ ID: 67486 20 Sep 2013
<p>AFG320でAM変調波を作成しています。<br />
・CH1(変調する信号波、100Hz)<br />
・CH2(搬送波、10kHz)<br />
・CH2の出力を50Ωケーブルで、後面パネルAM入力端子に接続<br />
・CH1をAM変調モードにする<br />
この場合には、CH1とCH2の2つチャンネルを占有しなければなりません。<br />
AFG3000ではCH1だけでAM変調波を出力できますか。<br />
</p>

AFG3000はCH1だけで発生可能です。CH1(変調する信号波)とCH2(搬送波)の2つのチャンネルを占有しません。また、AFG320と同様な接続をしても、AM変調波を出力できます。
FAQ ID: 67491 20 Sep 2013
波形メモリのサイズはバイトまたはワードやロング・ワードで指定するのでしょうか?また波形メモリ・サイズと波形ポイントとはどのような関係でしょうか?
AFG やAWG の波形メモリ・サイズは波形ポイントで指定されます。従いましてメモリ・サイズがたとえば16,000 とか32,400,000 とあった場合、一つの波形ファイルに16,000 や32,400,000 の波形ポイントの波形を収めることができます。
FAQ ID: 65871 20 Sep 2013
AFG3000の二つの出力チャンネルから違う信号波形を違う周波数で出力することができますか?



はい、DDS方式により、選択した出力チャンネルからは他の出力チャンネルとは完全に独立した波形、周波数設定で出力されます。   
FAQ ID: 67381 20 Sep 2013
AFG/AWGシリーズは切替可能な出力フィルタが内蔵されていますか?
出力フィルタについては下記の通りです。The AFG300シリーズ - フィルタ無しThe AFG3000シリーズ - フィルタ無しThe AWG400シリーズ - 1 MHz, 5 MHz, 20 MHz, 50 MHzから選択可能The AWG510/520 - 10 MHz, 20 MHz, 50 MHz, 100 MHzから選択可能The AWG610/615 - 20 MHz, 50 MHz, 100 MHz, 200 MHzから選択可能The AWG710/710B - 20 MHz, 50…
FAQ ID: 67371 20 Sep 2013
AFG3000に4波形よりも更に多くの任意波形を保存できませんか?
AFG3000のフロントパネルにあるUSBポートにUSBメモリを装着すれば可能です。またAFG3000に添付しているArbExpress V2.0をPCにインストールし、AFG3000と接続、PCに波形を保存することも可能です。   
FAQ ID: 67376 20 Sep 2013
AFG/AWGシリーズの製品で出力できる最大電圧は?
下記リストの通りです。信号発生器出力は50Ω終端されているものとします。AFG300シリーズ 10 V p-p Max. (50Ω負荷)AFG3011 20 V p-p Max. (50Ω負荷)AFG302xシリーズ 10 V p-p Max. (50Ω負荷)AFG310xシリーズ 10 V p-p Max. (50Ω負荷)AFG325xシリーズ 5 V p-p Max. (50Ω負荷)AWG410, AWG420, AWG430スタンダード 2 V p-p Max. (50Ω負荷)AWG410,…
FAQ ID: 65696 20 Sep 2013
AFG/AWGシリーズのアナログ出力、マーカ出力のチャンネル数は?
AFG/AWGアナログ出力マーカ出力AFG31010AFG32020AFG3xx110AFG3xx220AWG41012AWG42024AWG43036AWG51012AWG52024AWG61012AWG61512AWG71012AWG710B12 
FAQ ID: 67356 20 Sep 2013
AFG/AWGシリーズの信号出力のコネクタはどのタイプのものですか?
製品 アナログ出力. マーカ出力 AFG300シリーズBNC 無し AFG3000シリーズ BNC 無し AWG410, AWG420, AWG430 BNC BNC AWG510, AWG520 BNC SMB AWG610, AWG615 SMASMA AWG710, AWG710B SMA SMA 
FAQ ID: 67361 20 Sep 2013
AFG/AWGの出力電圧を実際にオシロスコープやDMMで測定するとAFG/AWGで設定した電圧の2倍になってしまうのはなぜですか?
全てのAWGシリーズは50Ωで正しく終端したときに何Vp-pと指定した電圧を出力するように作られています。このときにAWGはベスト・パフォーマンスで動作いたします。AWGシリーズの出力回路には50Ωの直列抵抗が入っています。ですから出力が50Ωで終端されたときAWGの出力コネクタにおいて、この内部の直列50Ωと終端抵抗の50Ωとで電圧が半分に分圧されるようになっています。つまり50Ω終端のとき、Vp-pで指定した電圧がゼネレータの内部で発生させている電圧の半分になるようになっています。…
FAQ ID: 67351 20 Sep 2013
AFG3000シリーズで、10KHzで200nSのパルス出力をしたいのですが。出力電圧は、Low=0V,High=10V。2チャンネルです。
パルスの設定については問題ありませんが、AFG3012Bでは0~10V出力(50Ω負荷時)できません。10Vpp(-5V~ +5V)は可能です。0-10V出力を行いたい場合は、AFG3102をお使いください。
FAQ ID: 66961 20 Sep 2013
AFG3000シリーズのゲート入力の最小インターバルは。
仕様はございません。実測値で400ns程度です。
FAQ ID: 66966 20 Sep 2013
AFG3021のメモリ長はいくつですか。128kポイントのデータを作ることはできますか。
AFG3021(nonB)のメモリ長64kポイントですので、128kポイントのデータは作れません。AFG3021Bから128kに拡張されました。後からメモリ長を増設することはできません。
FAQ ID: 66971 20 Sep 2013
AFG3000のTFSとTFWファイルの違いはなんですか?
TFSこれは機器の設定ファイルです。これにはファンクション、ランモード、振幅、オフセットが含まれていますが、サンプルデータまたはGPIBの設定のような情報は含まれません。すべてのデフォルト設定を読み込んで変更される機器設定は、TFSファイル経由で保存され、読み出すことができます。AFG3000プログラマーズマニュアル AppendixDに詳細が記載されています。ASCIIファイルではありますが、3rdパーティのアプリケーションSWによって作成、編集することに関しては、サポートしておりませんし、…
FAQ ID: 66656 20 Sep 2013
AFG3000用ArbExpressでtfwファイルで保存する。このとき、垂直軸の電圧値が所望の値にならない。
tfwファイル生成時は電圧データはノーマライズされます。つまり、ADコンバータの垂直方向のフルスケールになるように数値が最適化されます。この機能をOFFにできません。 必要な出力電圧はAFG3000シリーズ本体の、Amplitudeにより手動で設定してください。
FAQ ID: 66661 20 Sep 2013
AFG3000シリーズはソケット通信のサポートをしていますか?
いいえ、AFG3000はソケット通信のサポートをしていません。AFG3000はVXI-11 TCP/IPのイーサネット接続のみをサポートしています。追加の情報はVXIプロトコルのドキュメンテーションを参照ください。Documentation on the VXI protocol
FAQ ID: 66286 20 Sep 2013
任意波形発生器(AWG)の基本原理が分かる資料はありませんか?
AWGとAFGの基本的な動作原理と、2,3の事例を収めた「信号発生器のすべて」はこちらからダウンロードまたは印刷物のお申し込みができます
FAQ ID: 66266 20 Sep 2013
AFG3000C Series
This document describes specifications and performance verification procedures for the AFG3000 Series function generators.
Part number: 077069100
性能検査 02 May 2013
AFG3000 Series
このマニュアルは、AFG3000 シリーズの機器の取付けと操作の方法について説明します。本マニュアルでは基本的な操作方法と概念について説明します。
Part number: 071163405
主要ユーザ 17 Feb 2012
AFG3000シリーズ クイック・スタート・ユーザ・マニュアル

Part number: 071163404
User 31 Aug 2011
How do I use the programmer manual for my instrument?
TekVISA Download Link: TEKVISA CONNECTIVITY SOFTWARE Hello and welcome to Tektronix, today I’m presenting the last part in the 3-part series on using TekVISA. I’ll be giving a basic overview of programmer manuals and how to use them to find the correct…
FAQ ID: 69186 17 May 2018
Arbitrary/Function Generator AFG3000 Series (replaced by AFG3000C)
AFG 3011 / 3021B / 3022B / 3101 / 3102 / 3251 / 3252 (replaced by AFG3000C)With the AFG3000 Series Arbitrary/Function Generators, users can choose from 12 different standard waveforms. Arbitrary waveforms can be generated up to 128 K in length at high sampling rates. The included ArbExpress PC software allows waveforms to be…
Literature number: 76W-18656-5
データシート 03 Apr 2018
AFG3000B and AFG3000C differences
There at two differences. 1. The AFG3000C models the display was changed to TFT LCD which has a better viewing angle and brighter display. 2. And two new models were added. AFG3051C and AFG3052C.
FAQ ID: 468371 28 Mar 2018
Differences in the AFG1022 and AFG3022C
1. AFG1022 channel 2 is a continues signal only no modulation, burst, or sweep.  AFG3022C has full function on both channels. 2. AFG1022 Phasing of channel 1 and 2 is only available on for Sine wave below 1 MHz.  AFG3022C has phase control on any signal…
FAQ ID: 468361 28 Mar 2018
Does Tektronix have PC based Software which will allow me to generate+ manage+ and load waveforms into an ARB?
Yes, ArbExpress will allow you to perform these functions. It allows you to generate basic and advanced waveforms. You may also define equations to describe the waveform. These may then be downloaded into the Arb through its communication link. Here is…
FAQ ID: 58181 29 Dec 2017
AFG3000C and AFG3000 Series Arbitary Function Generators Specifications and Performance Verification
This document describes specifications and performance verification procedures for the AFG3000 Series Arbitrary Function Generators.
Part number: 077069102
Performance Verification 01 Dec 2017
Can I phase synchronize the signal outputs of two or more AFG3000 instruments?
Yes. Waveforms from two or more generators can be synchronized by operating one AFG310x, AFG302xB, AFG3011, or AFG325x as "Master Unit" and any of the AFG3000 Series instruments as "Slave Units." In this configuration, the master's Reference Clock and…
FAQ ID: 56401 30 Oct 2017
VISACMD - Command line Utility for instrument communication
VISACMD.EXE is a command-line utility that will read/write instrument commands to/from stdout (the console) and then exit. This allows command-line scripting (batch files) handle things like event processing, looping, waits, and file IO. It offers very…
Part number: 066123900
Utility 03 Oct 2017
What is TekVISA and how can I use it to communicate with and control my instrument?
VISA is an acronym that stands for Virtual Instrument Software Architecture. In a nutshell, VISA handles the communications between your computer’s OS and the instrument.  You may be familiar with TekVISA, which is Tektronix’s own brand of VISA. Agilent…
FAQ ID: 69176 26 Sep 2017
AFG3000 Series Firmware Update - V3.2.4
The AFG3000 Series Firmware Update - V3.2.4 includes all features from previous versions and optimizes output signal in phase modulation mode.
Part number: 066072814
Firmware 07 Sep 2017
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top