ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

SerialXpress

SerialXpressとAWG5000/AWG7000シリーズ任意波形ジェネレータの組み合わせは、唯一のワンボックスによるレシーバ・テスト・ソリューションです。

高速シリアル・データ信号は複雑度を増す一方です。 SerialXpressとAWGを使用すると、信号生成とジッタのシミュレーションが容易になり、開発時間とテスト時間を短縮できます。 このソフトウェアは、設計検証、マージン・テスト、特性評価、適合性テスト全般で繰り返し必要となる波形を生成することができます。 SerialXpressの使いやすいグラフィカル・ユーザ・インタフェースにより、テスト信号にISI(シンボル間干渉)、DCD(デューティ・サイクル歪み)、SSC(スペクトラム拡散クロッキング)、プリエンファシス、ノイズなど、さまざまなストレス信号を組み合わせることができます。

SerialXpressソフトウェアのダウンロード »

特長

利点

優れた柔軟性 柔軟性のあるジッタ生成機能により、Pj、Rj、ISI、ノイズなどのジッタ・パラメータの変更や組み合わせが自由に行えます。
容易な複製 テスト信号をデジタル合成し、他の任意のAWGですべてのセットアップを呼び出して複製することが数秒でできる
優れた操作性 SerialXpressの使いやすいグラフィカル・ユーザ・インタフェースにより、テスト信号にISI(シンボル間干渉)、DCD(デューティ・サイクル歪み)、SSC(スペクトラム拡散クロッキング)、プリエンファシス、ノイズなど、さまざまなストレス信号を組み合わせることができ、セットアップとテストの所要時間を短縮できる
テスト・セットアップが簡単なワンボックス・テスト・ソリューション プリエンファシス/ディエンファシスまたは任意のディストーション信号の生成が数値で設定できるため、ほとんど無限に近い種類の信号生成が可能。 パワー・コンバイナ、パワー・デバイダなどの外部機器が不要
Sパラメータ・フィルタによるチャンネル・エミュレーション さまざまな条件をエミュレーションすることで、テスト/開発時間を短縮。 Touchstone形式のファイルをインポートしてケーブル・エミュレータの動作をシミュレーションできる。また、ジッタなどのパラメータを加えて調整することもできる。 インポートしたTouchstoneファイル・データを編集してISIを調整しながらレシーバの応答を観測することもできる。 Inverse Filteringオプションを選択することで、チャンネルの特性を打ち消すこともできる。 適度なプリエンファシスを加えたり、立上り時間を変化させたりすることで、閉じたアイを開くことができる
ISIの直接入力 ISIが簡単に、直接入力可能。 不便なFR4配線などを使用する必要がなく、切り換え時の校正も不要
各種規格に対応 適切な任意波形ジェネレータ(AWG)と組み合わせることにより、500kbps~8Gbpsの規格の信号を生成できる