RFXpress

RF信号はますます複雑になり、RF設計エンジニアにとっては、設計に対するコンフォーマンス・テスト(適合性試験)やマージン・テストに必要な精度の高い信号を生成することがますます困難になっています。 RFXpressはデジタル的に変調されたベースバンド信号、IF信号、RF/マイクロ波信号を合成し、さまざまな変調形式に対応します。 RFXpressを使用することで、波形生成が容易になります。

RFXpressソフトウェアのダウンロード »

特長

利点

AWGシリーズでベースバンド・アナログ/デジタルIQ/IF/RF/マイクロ波信号を生成 取り込んだ信号またはシミュレートした信号をインポート、または直接合成。 直交エラー、不均衡、非直線性、干渉、マルチパスを追加した波形を生成し、 任意の周波数または出力レベルで再生することができる
レーダ・シンセシス・プラグイン コヒーレントまたは非コヒーレント・パルス列を有するシングル/マルチ・パルス・グループを生成。 周波数および振幅のインター/イントラ・ホッピング・パターンを定義。 定義したレーダ・パルスをスペクトラム表示でグラフィカルに表示可能
WiMedia UWBシンセシス・プラグイン すべてのWiMedia UWBバンド・グループ(BG1~BG6)および時間周波数コード(TFC1~10)のダイレクトRF生成が可能。 標準またはカスタムのMACおよび物理層の包括的なWiMedia UWB信号生成をサポート。 WiMedia UWBの物理層コンプライアンス・テストおよびインターオペラビリティ・レシーバ・テストに必要な信号を生成できる