パワーレール・プローブ

パワー・インテグリティの測定に最適化されたこれらのプローブは、低ノイズ、最大60VのDCオフセット、広帯域、低負荷という優れた性能を備えているだけでなく、幅広い接続方式に対応しています。

Power Rail Probes

受動/差動プローブではなく、パワーレール・プローブを使用する理由

power rail probe vs passive probe. Cleaner signals with power rail probe

配電回路網の測定では、パワーレール・プローブを使用することで、従来からの受動プローブよりもはるかに正確な解析が可能になる

従来、パワー・インテグリティ・アプリケーションでは、パワーレールの測定において受動プローブまたは差動プローブが使用されてきました。しかし、近年のめざましい技術革新により、非常に高速なトランジションのリップルを高い確度で測定する必要があり、周波数帯域は数GHzレンジにもなります。こうした新たな設計上の課題に対応するには、計測器からのノイズを抑え、信号の成分をより詳細に観測するための広帯域を実現した、新しい計測器が必要になります。TPR1000/4000型パワーレール・プローブは、特に高感度測定において、低負荷による優れた確度、優れた低ノイズ性能を発揮するほか、広帯域に対応した機種も用意されています。

より多くのデータ、高速な信号に対応

clean accurate ripple measurements with power rail probe

上図は、パワーレール・プローブを使用した3.3Vでのリップル測定の例を示しています。6シリーズ・オシロスコープ、20MHzの帯域制限で使用しています。パワーレール・プローブによるクリーンで精度の高い波形を示しています。

typical measurements you would see with a passive probe

上図は、受動プローブを使用した3.3Vでのリップル測定の例を示しています。受動プローブを使用すると、多くの場合、この例と同じような波形が表示されます。

新しいレール・プローブを使用することで、最高4GHzのパワーレールのトランジェント・トランジェント・イベントを取込み、±60Vのオフセット電圧レンジにも対応できるため、集積回路のピンに供給される電力をより正確に測定できます。ダイナミック・レンジも±1Vと広いため、電圧の高いレールにおいても、ライン上のドループ、負荷やトランジェントによって生じる大きな電流を観測できます。適切なオシロスコープと組み合わせて使用することで、観測しているノイズがテスト機器に由来するものなのか、あるいは本来はシステムに存在するはずがないアグレッサであるのか、判断に迷うこともなくなります。

接続に関連する問題点の克服

y-leads with clamp and new browser
lock-snap connectors for TPR
connecting to micro-components for power rail measurements

デバイスの小型化/集積化が進むなかで、電力エンジニアは電力効率の問題に直面しています。特に車載用デバイスや産業機器/家電製品の開発に携わるエンジニアにとってはきわめて重要な問題です。これらのアプリケーションでは、他の信号と並行して複数のレールにプロービングプローブして動作検証しなければなりません。狭いスペース、埋め込まれた信号、コンポーネントの小型化により、信号へのアクセスが困難になるなど、接続に新たな制約が発生しています。

パワーレール・プローブには、モジュラ化された接続オプションが用意されているため、ほとんどの接続に対応できます。パワーレールに接続された表面実装部品にはんだ付けする場合、スナップロック方式のMMCXコネクタを利用できるため、テスト・セットアップも効率的に行えます。

パワーレール測定に最適なオシロスコープ

Tektronix mid-range scopes

どの産業分野においても、パワー・インテグリティの要件はますます厳しさを増しており、1つの設計に使用されるパワーレールの数も増加の一途をたどっています。広い周波数帯域のニーズに対応するため、当社はパワーレール・プローブと組み合わせて使用するのに最適な各種のオシロスコープを取り揃えています。

マイクロプロセッサ、メモリ・コンポーネント、FPGA、ストレージ・デバイス、イメージ・センサなどの高速デバイスのパワー・インテグリティの問題に取り組み、2~4GHzレンジでトランジションやリップルを高い確度で測定するエンジニアの場合、最高8GHzの周波数帯域に対応した6シリーズMSOオシロスコープが最良の選択であるといえます。それほど高い周波数帯域が必要でなくても、増え続けるDC電源で正確にリップルを測定する場合、最大8チャンネルの5シリーズMSOが使用できます。1GHz未満の周波数帯域での従来のリップル測定であれば、ベンチタイプのMDO3000/MDO4000Cシリーズも優れた選択肢となります。

型名 減衰比 周波数帯域 ダイナミック・レンジ DC Offset 価格
TPR1000

1.25:1

1GHz

±1V

±60V

US $4,390
構成と見積り
TPR4000

1.25:1

4GHz

±1V

±60V

US $6,590
構成と見積り
型名 減衰比 周波数帯域 ダイナミック・レンジ DC Offset 価格
TPR1000

1.25:1

1GHz

±1V

±60V

US $4,390
構成と見積り
TPR4000

1.25:1

4GHz

±1V

±60V

US $6,590
構成と見積り