電源の測定と解析

オシロスコープ、電流プローブ、電圧プローブによる電源測定

電源の測定と解析

 

 

今日の効率的なパワー・コンバータでは、出力電力に対して少ない入力電力を求められていますが、電源測定でも数多くの要求事項があります。配線の引き回しはより複雑になり、寄生成分はあちこちに見られるので、シミュレーションと測定結果を慎重に比較することが必要になります。スイッチング周波数が高くなると、EMIの制御がより難しくなります。そして、システムは低ノイズで高速応答の、さまざまな電源を必要とします。 

スイッチング損失の測定と解析

スイッチング損失は、スイッチング電源における全損失において大きな割合を占めています。動作状態での測定方法を学びましょう。

  • ターンオン、導通、ターンオフ時のスイッチング損失の定義
  • 測定のセットアップ方法
  • 手動セットアップと演算を使用したスイッチング損失の測定
  • 自動パワー解析オプションを使用したスイッチング損失の測定
電圧と電流を掛け算することでMOSFETの瞬時電力が求められます。平均的な電力損失はスイッチング損失です。

スイッチング・サイクルにおける瞬時電力の測定

インサーキット・インダクタとトランスの損失測定

オシロスコープによるB-H曲線とインダクタンス測定

リアルタイムの電圧と電流の解析によるインダクタンスとB-Hの曲線

インダクタンス、損失、B-H曲線を含む、磁気コンポーネントのオシロスコープによるインサーキット測定方法を調べましょう。

  • 実用磁気学の復習
  • 動作状態でのインダクタンス測定
  • インダクタとトランスの損失測定

GaN、SiCのスイッチング・デバイス測定

高速スイッチングとコモン・モード電圧は、測定の際の課題です。どのように対処すればよいかを学びましょう。

  • 大きなコモン・モード電圧の克服
  • 複数の制御信号とタイミング信号の同時測定
  • 高速自動測定の実現
  • プリコンプライアンスEMCチェックの実行
ハーフブリッジ電源スイッチングFETのハイサイドとローサイドのゲート・ドライブの駆動信号

ゲート駆動信号を見る鍵はアイソレーション(絶縁)

トランジスタの安全動作領域(SOA)

MOSFETのドレイン・ソース間の電圧と電流が測定でき、コンポーネントのデータシートにある安全動作領域と比較できます。

SOAマスクに対して測定されたドレイン・ソース間の電圧と電流

測定により、FET、IGBT、BJTがデータシートに指定された安全動作領域内で動作していることを確認します。

  • 電圧と電流のスポット・チェック
  • リミット・テストで過電圧、過電流を探す
  • 自動マスク・テスト
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード: