クラウド・ビデオ配信の品質管理

クラウド・ビデオ配信の品質管理

自動ライブ・ストリーム・モニタリング

クラウドベースの配信ネットワーク上でのライブ・ビデオ・ストリーミングは、どこにいてもデバイス上でコンテンツを視聴したいという視聴者の期待に応えます。 ビデオOTTクラウド・ネットワークにより、複雑性と可視性という新たな課題が発生するため、高品質の配信を保証するためにクラウドベースの監視が必要になります。

テクノロジ・パートナ:
メンバ:

OTT環境での品質維持

OTTコンテンツへの切り替える際の最大の問題の1つは、複数のソースからのコンテンツが適切にエンコードされていることを確認する必要があるということです。 ライブ・クラウドのOTTワークフローを複数のプロファイルを持つ個々のデバイスに配信するため、従来の汎用TVと比べて、非常に複雑になります。 つまり、過圧縮、フレームのミスアライメント、構文法の問題、パケットのドロップ、マーカとメタデータの消失、コンプライアンスの問題などをチェックする必要があります。これらの問題はどれも、好ましくない顧客体験と高い顧客解約率につながる可能性があります。

テクトロニクスは、この問題を解決するために、ビデオ・ワークフローを通してエンドツーエンドでコンテンツの品質を確認し、1,000のプログラムにスケーリングします。これにより、エンドツーエンド・システムの任意の場所で、ログの記録、アラームの発生、ステータスの報告、問題の通知を行うことができます。 これにより、顧客に影響を及ぼす前に問題を迅速に解決することができます。

Cloud Video Delivery Quality Control Workflow

複数のポイント/ネットワークの情報を関連付けながらモニタリングすることが可能

プロアクティブ自動モニタリング

OTT配信では、すべてのプロファイルのすべてのアセットが期待されるフォーマットで利用可能であることと、エンド・カスタマに配信するために必要な品質であることを確認するという別の課題もあります。 これには、さまざまなプロファイルのアセットの検証が含まれますが、ワークフロー内のどこで問題が発生しているかを特定するツールがないと難しい場合があります。

テクトロニクスは、あらゆるフォーマットのあらゆるアセットを、リアルタイムでプロアクティブ自動モニタリングし、イベントの履歴を記録します。 このソリューションをワークフローの任意のポイントに配置し、問題のある領域を特定して解決までの時間を短縮することができます。 また、これを1つのビューに統合し、問題が発生した場合にそれがどこで発生しているかを正確に特定することもできます。

Tektronix TekMOS Automated Picture Quality Control

テクトロニクス固有の非参照TekMOS測定は、満足できるビデオ品質のしきい値を満たしていないコンテンツを迅速に特定するのに役立ちます。

暗号化されたネットワークの可視化

コンテンツ・ストリーミングおよびOTT配信におけるもう1つの問題は、コンテンツがDRMで暗号化されていることに起因します。 カスタマが期待しているコンテンツ品質に本当に達しているかどうかが確認できなければ、プロバイダは是正措置を実施して顧客満足度を維持することはできません。 こうなると、顧客の解約が進み、コンプライアンス報告も行えなくなります。

テクトロニクスは、パッケージャから離れたときからアセットをモニタし、複数のCDNにまたがってクラウドとの間で配信されるコンテンツをチェックすることで、この問題に対処しています。 これにより、プロバイダはどこにいても一貫したビュー体験を提供し、顧客満足度と業界のコンプライアンスを確実に維持することができます。

次世代メディア・アプリケーションの問題にお悩みですか?

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top