ライブIPメディアの解析

ライブIPメディアの解析

ライブIPビデオ制作のためのソリューション

コンテンツを配信するために使用するインフラストラクチャは、従来のポイントツーポイント・シリアル・デジタル・インタフェース(SDI)ベースのインフラストラクチャからインターネット・プロトコル(IP)インフラストラクチャに移行中であり、新しいワークフローとソリューションを必要としています。 SDIを快適に使用するビデオ・エンジニアからIPに精通しているネットワーク・エンジニアにいたるまで、ドメイン内のこうした混乱により、この新しいハイブリッドSDI/IP環境での問題をトラブルシューティングするために放送エンジニアとITエキスパートとのコラボレーションを促進する架け橋を必要としています

テクトロニクスはお客様のニーズを理解するとともに、確かな専門知識と包括的なソリューションをお届けすることで、これらの問題点に取り組むお客様をサポートします。

IP環境での障害診断

IPベースのインフラストラクチャへの移行は、コンテンツに対する洞察なしに達成することはできません。放送技術者は、ネットワーク上のコンテンツを把握し、障害発生時には診断できなければなりません。IPを利用するようになったことで、PTPのセットアップや確度、冗長パスのテスト、パケット損失やジッタといった問題のほか、さらに複数のオーディオ/データ・ストリームが単一のビデオ・アセットに関連付けられたことなどから、放送環境で新しいタイプの障害に直面する場面が増えてきました。技術者は、品質基準を満たした正しいコンテンツを確実に配信するための従来からのツールに加えて、ネットワークで起きていることを把握できるように、各種の新しい表示機能およびツールを導入する必要があります。

SDIからIPへの移行を管理するためのテクトロニクスのソリューションは、従来からのSDI測定の機能を補完する包括的なIP測定ツールを導入することで、これらの新しい信号に対する優れたインサイトを提供し、エンジニアがコンテンツの問題をすばやく解決できるようにします。

12G-SDI Eye pattern display with Automatic measurements

有益でカスタマイズ可能なタイル表示により、より迅速な解析と相関性チェックが可能

IPにおけるシステム同期

SMPTE 2022-7 monitoring for robust IP broadcast operation

見やすいPTPグラフによるセッション詳細とタイミングの解析

初期のIP設備はSMPTE ST2022-6規格に基づいていたため、コンテンツのビデオ/オーディオ/データ・エッセンスが、単一のUDP/RTPストリームにカプセル化されていました。つまり、コンテンツは基本的に同期されるものでした。そのため、そうした放送施設のエンジニアは、PTPでも、あるいはブラック・バーストや3値シンクでも、任意の同期機構を選択することができました。SMPTE ST2110の登場によって、従来からの同期の設計が一変しました。この規格では、ビデオ、オーディオ、データが別々のエッセンス・ストリームで搬送されるため、精度に優れたPTPをネットワークの同期機構として使用することが不可欠となりました。

テクトロニクスのツールでは、PTPを含む複数のタイミング・リファレンスにロックできるため、これらの信号に対して包括的な解析/測定を行うことができます。そのため、エンジニアはPTPの設定やネットワーク配信に関連するシステムの問題をすばやく発見し、解決できます。

ますます狭くなる作業空間への対応

狭い編集室や移動中継車に限らず、快適な作業空間の確保が急務となりつつあります。

高性能なツールやモニタリング・ソリューションが必要なのはもちろんですが、操作性も軽視すべきではありません。PRISMでは、作業空間の最適化に役立つ革新的なアクセサリを提供しています。デュアル・ディスプレイ・アクセサリを使用すれば、別にもう1台の機器を設置する必要がなくなり、映像編集技術者の作業スペースを圧迫せずに済みます。ビデオだけでなく、オーディオのモニタも万全です。1RU MPX2には、高品位なスピーカが内蔵されているため、すばやくオーディオ・チャンネルを選択するだけで、1台の機器でオーディオや波形をモニタリングできます。拡張ディスプレイを使用すれば、オーディオとビデオが完全に統合された、わずか4Rサイズのモニタリング・システムを構築できます。IP放送システムに携わる方にも最適です。PRISMをゲートウェイとして使用して、SDIリファレンス・ピクチャ・モニタを駆動できます。AUX SDI出力は、IPであれSDIであれ選択された入力信号に従い、エンベデッド・オーディオに対応しています。制御システムが簡略化され、ケーブルやIPポートの数も最小限にできます。SDI/IP解析に大きな変化をもたらした当社のソリューションにぜひご注目ください。

Unique, slim form factor, dual screen format and optional speakers increases your monitoring capabilities

独自のスリム・サイズとデュアル・スクリーン、オプションのスピーカによりモニタリング機能の拡張が可能

次世代メディア・アプリケーションの問題にお悩みですか?

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top