4K HDRビデオのテスト/モニタリング

4K HDRビデオのテスト/モニタリング

4K HDRコンテンツの制作/配信における問題点への対処

Netflix、Google、Amazonといった新世代のメディア会社は、コンテンツ作成者が優れた表示体験を提供し、差別化するための1つの方法として、4K/UHDテクノロジの迅速な採用を進めています。HDRを備えた4K/UHDでのコンテンツ配信は、ビデオ表示体験においてこの10年以上の間で最も大きな変更の1つであり、この変更に伴い、新たなツールや技術が必要とされています。4Kへの移行は、ビデオ・ワークフローのすべてのポイントに影響します。エンジニア、オペレータ、エディタ、 カラリストなどは、コンテンツの作成方法や配信方法について記載された最新および最先端の規格に合わせる必要があります。

UHDでの取り込み

カメラ・オペレータは、4Kへの移行に関連した最初の課題に直面します。HDR制作では、 SDR制作の場合よりもアクイジション時にさらに注意しなければならないためです。撮影対象がライブのUHDコンテンツであれ、TVシリーズのようなエピソード形式のUHDコンテンツであれ、テクトロニクスが提供する使い慣れた測定ツール、拡張解析が用意されています。テクトロニクス特許のStop表示では、カメラのタイプ(SDR、HDR、またはその両方)にかかわらず、ダイナミック・レンジの撮影を素早くチェックすることができます。 これにより、さまざまなカメラ・ガンマおよびHDR仕様(ST2084 PQおよびHLGなど)をモニタするプロセスが簡略化されます。

コンテンツ制作/配信に最適な卓越した測定/モニタリング性能

新しい色域への適応

テクトロニクス独自のSee and Solve表示機能

カラリストも、新しい色域およびHDR規格に適応するという問題に直面します。カラリストは、さまざまなカラー空間(ST2020、709、およびDCI P3)に加え、さまざまなダイナミック・レンジ(SDR、HDR、およびカメラ・ログ)に適応する必要があります。テクトロニクスは、こうした問題を解決するために必要なツール、つまり、広範囲のパラメータをチェックし、エディタがカラー・マッチ、ルミナンス・レベルの設定、異なるカラー・ガマット間でのスキン・トーンの調整を実施するためのツールを用意しています。テクトロニクスが提供する、 さまざまなカラー空間から709ガンマおよび709カラリメトリへと変換する優れた機能により、ベクトルまたはダイヤモンドを使用して、使い慣れた方法でピクチャ表示し、トレースをモニタできます。

品質とコンプライアンスのチェックの単純化

ポストQCエンジニアは、求められる独創的な外観を実現するためにコンテンツをマスタし、配信要件や規制要件を満たすためにそのコンテンツを複数のフォーマットで配信する必要があります。テクトロニクスでは、ビデオ・ガマット、オーディオ・レベル、クローズド・キャプションなど、マスタリングおよびポストプロダクション向けのQCソリューションを提供しています。テクトロニクスの自動化されたQCシステムであるAuroraを外部のワークフローツールと統合して、NetflixやiTunesなどの配信仕様に対するコンプライアンスなど、何時間ものビデオ・コンテンツをすばやくチェックできます。

テクトロニクスのAuroraは、4KのJPEG 2000ビデオを使用するIMFパッケージを含む、ファイル・ベース・ビデオ向けの自動化されたQCソリューションです。

次世代メディア・アプリケーションの問題にお悩みですか?

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top