コネクテッド・カー

車載用EthernetのPHYデザイン検証、デバッギング、コンプライアンス・テストを迅速化します。CANやCAN FDのような重要な規格の自動プロトコル解析により、ECUの検証、デバッグに要する時間短縮します。

CANバスのトラブルシューティング

  • 自動デコード&トリガによるECUのデバッギング
  • デコードされたプロトコルのデバッグ
  • 信号障害のトラブルシューティング
  • 複数のチャンネル/センサ/アクチュエータの視覚化

車載用Ethernetのテスト

  • 信頼性、相互運用性の実現
  • 設計検証
  • デバッギングとトラブルシューティングによる高速化
  • コンプライアンス対策も万全

電力変換設計の市場投入までの時間を短縮

  • 高コモン・モード電圧の克服
  • 複数の制御信号とタイミング信号の同時測定
  • 高速自動パワー測定
  • コンプライアンス不合格を回避

EMI/EMC

  • EMI/EMCのテスト不合格を回避
  • 市場投入までの時間の遅延を回避

コネクテッド・カーのトレンド

現在の自動車は、エレクトロニクスの急速な進歩により、単なる機械装置から車輪の付いたミニデータセンタへと急速な変化を遂げています。

「ワイヤレスRFは大きな問題です。何かが干渉を起こした場合、その結果をどのように緩和したらよいのでしょうか?何かが動作を停止してしまうと、致命的な障害が発生してしまわないでしょうか?」

Chris Martinez、テクトロニクス

詳細
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top