RFセンサ・アプリケーション

RFセンサ・アプリケーション

リアルタイム・スペクトラム・オペレーション

RFスペクトラムの問題を解決

混雑したスペクトラムから重要な目的信号(SOI)を識別して検知することは、防衛当局者にとって、ますます難度の高い技術となりつつあります。電波環境を正確に把握する必要があっても、スペクトル密度が高くなるにしたがって、その作業は複雑化する傾向があります。これは、価格の低下などの理由により、RFトランシーバが入手し易くなり、一般に広く普及したためです。バックグランド信号の特性評価や脅威応答の要件に対応するため、現場ではスペクトラム全域を高い精度で測定できなければなりません。従来からのRFアクイジション・システムで対応しようとすると、高い費用がかかるばかりか、システムの効率も低下します。

優れた信号品質の取込みによるRFスペクトラムのモニタリング

RFモニタリングにより、状況をリアルタイムで把握する能力が強化されると、違法通信、LPIレーダ、規制が必要な危険な電力や放射、その他の重要信号など、さまざまな違反活動をすばやく識別し、監視できます。リアルタイム・モニタリングは、動的スペクトラムの経時変化を注視できるだけでなく、スペクトラムの変化の背後に潜むフォレンジックの収集にも役立ちます。

従来からのスペクトラム監視装置や手法では、今日のRF環境には対応できません。最新のシグナリング技術が突きつけるさまざまな問題に対処するには、より精度の高い手法が必要です。これらの問題を解決するために、当社のリアルタイム・スペクトラム・アナライザは、第6世代のDPX技術、強力なトリガ・エンジン、内蔵データ・ストリーミング機能を使用することで、クラス最高のリアルタイム性能を実現しています。従来は検出が困難または不可能だった信号もすばやく、正確に検出/取込み/解析が行えます。

分散型RFセンサの戦略的配備により、高密度のスペクトラム監視ネットワークを構築できます。

統合、配備、拡張が容易で、プロジェクトのリスクも軽減

戦場で配備するにせよ、あるいはラボで調査や解析に使用するにせよ、RFセンサ/アナライザは、RF環境やミッションの性質に適した技術的能力を提供できなければなりません。適応力と統合の容易さもきわめて重要です。テクトロニクスは、スペクトラム監視や脅威検知システムの根幹となる、豊富なソリューションを提供しています。小型・軽量でポータブルでありながら堅牢なRSA306型スペクトラム・アナライザは、ソフトウェアによる定義が可能な無線センサとしても利用できるため、遠隔地の戦場から都市部までどのような場所にも配備でき、システムの開発からRFスペクトラムのモニタ、追跡、記録に至るまで、あらゆる場面で活用していただけます。

ハードウェアを販売するだけでなく、テクトロニクスは、テスト/計測器クラスの校正サービスも提供しており、最高度の信号品質を保証します。また、すべての製品でインタフェースが統一されているため、システム統合の時間が短縮され、ソリューションの遠隔配備にも対応できます。

低SWaP(サイズ/質量/消費電力)でありながら優れたRF性能を備えており、従来は見逃されてきたスペクトラムも観測できます。

防衛/航空宇宙アプリケーションの問題にお悩みですか?

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top