レーダ/防衛関係

レーダ/防衛関係

電子対抗手段、脅威解析、および
環境生成

環境の正確なシミュレーションとECM技術の測定

業界のリーダとして、テクトロニクスは現場で直面する物理/電磁環境を正確に再現するのに役立つ統合型測定ツールを提供することで、防衛当局者の活動を強力に支援します。

今日、電磁スペクトラムにはさまざまなエミッタ、ジャマー、干渉源に由来する動的な輻輳が含まれているため、現実的な脅威を見極め、的確に危険を回避するためには、高度な電子防衛システムを構築しなければなりません。そのために必要なテストを十分に行うために、実環境を正確に再現できる高性能な機器が求められています。

物理/電磁環境による影響の正確な再現が可能

実験環境で優れた性能を発揮しても、現場で役に立つとは限りません。そのため、システム開発中にテストされた主要な性能パラメータや研究室で開発された手法を検証するにあたっては、環境的/電磁的な影響を考慮しながら波形シナリオを生成しなければなりません。テクトロニクスは、優れた信号品質を備えた波形ジェネレータのほか、マルチパスの生成、高パルス密度環境や減衰制御に対応した強力なソフトウェアを提供しており、雨、霧、その他による電磁的影響も再現できます。

テクトロニクスの機器を使用することで、以下のような環境を正確に再現できます。

  • 物理的位置による影響
  • 物理的/大気的影響(雨、霧、砂塵嵐)
  • 電磁的影響(クラッタ、マルチパス)

被測定システムが実際にさらされる可能性のある電磁環境を視覚的にシミュレートできる

マルチドメイン解析により、リアルタイムのECMの検証が可能

テスト・イベントの開発や長時間のチャンバ試験はコストがかかります。最初の試行で正しいデータを取り込めれば効率的です。状況の変化をリアルタイムに観測できれば、テスト・イベントを中断することなく電子対抗手段を検証できます。ただし、時間領域と周波数領域の両方の遷移を検証するには、高分解能の取込み機能が必要です。

高精度なRSAシリーズ・スペクトラム・アナライザがあれば、すべて対応できます。テクトロニクスのRSAシリーズがあれば、複雑な環境も簡単に再現できます。

  • 実世界に可能な限り近い無線信号の再現
  • 複雑な信号環境の構築

DPX技術を装備しており、パルス・パラメータを測定してストリーミング・データをRAIDに保存するのと同時に、脅威に対するECMの対応状況をリアルタイムで観測できます。

防衛/航空宇宙アプリケーションの問題にお悩みですか?

ライブラリ

Title
Emission Control, Radiation Hazards, and the Value of Intelligent RF Sensing for These Applications

In this whitepaper, we will discuss electromagnetic radiation, EMCON and the three forms of RADHAZ. We’ll conclude with a discussion of how incorporating a USB Real-Time Spectrum Analyzer, such as Tektronix’ RSA500 series, can assist in identifying EMCON violations and mitigating RADHAZ risks.

Learn how 5 and 6 Series MSO Mixed-Signal Oscilloscopes and the optional embedded…

3:14

Generating signals to recreate complex environments can feel…

1:34
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top