ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

TLA7000シリーズ

TLA7000シリーズは現在ご購入いただけません。代替品として、当社5シリーズ/6シリーズMSOをお勧めします。これらの製品についての詳細は、www.tek.com/oscilloscope/5-series-mso-mixed-signal-oscilloscopeおよびwww.tek.com/oscilloscope/6-series-mso-mixed-signal-oscilloscopeをご覧ください

モジュラ・タイプのTLA7000シリーズ・ロジック・アナライザは、最新の高速マイクロプロセッサ/メモリ設計における詳細なロジック信号の取込みに必要なスピードと柔軟性を備えています。 大型で見やすいディスプレイ、高速なデータ・スループット、1本のプローブでのアナログ信号とデジタル信号の時間相関をとった表示などにより、発見の難しいエラーの原因を特定し、必要に応じた表示を行うことができます。

特長

利点

MagniVu™アクイジション 全チャンネルでの高いサンプリング分解能(最高20 ps)により、タイミング/ステート取込みモードにおいてイベントを失うことなく高速取込みが可能
iCapture®のマルチプレクサ機能 1つのロジック・アナライザ・プローブで、同時にデジタルとアナログの信号取込みが可能
グリッチの検出 グリッチの発生箇所を時間とチャンネルの両方で表示できる独自の機能により、全チャンネルの手動での検索が不要
TS/TH違反トリガ 間欠的に発生するセットアップ/ホールド時間違反をリアルタイムにトリガして自動的に取込むので、複雑で時間のかかる回路出力のモニタリング作業から開放される
iView®表示 1つの画面上に時間相関のとれたアナログ・データとデジタル・データを統合して表示するので、システムの全体像が把握できる
iVerify®解析 オシロスコープから生成されるアイ・ダイアグラムを使用したマルチチャンネル・バス解析により、シグナル・インテグリティの問題をすばやく検出
自動測定 周波数、周期、パルス幅、デューティ・サイクル、エッジ・カウントなどの高度な測定機能により、設計性能を容易に把握可能。
ドラッグ&ドロップによるトリガ設定 簡単で直感的なトリガ設定により、イベントをすばやく特定可能。 トリガ:チャンネル・エッジ、チャンネルの値、バスの値、マルチグループの値、グリッチ、セットアップ/ホールド時間違反、任意のトリガ。