TLA6400シリーズ

TLA6400シリーズは現在ご購入いただけません。代替品として、当社5シリーズ/6シリーズMSOをお勧めします。これらの製品についての詳細は、www.tek.com/oscilloscope/5-series-mso-mixed-signal-oscilloscopeおよびwww.tek.com/oscilloscope/6-series-mso-mixed-signal-oscilloscopeをご覧ください

手頃な価格のTLA6400シリーズ・ロジック・アナライザは、デジタル・システムのデバッグ、評価、機能の最適化に必要な性能を備えています。またTLA6400シリーズは、総合的なシグナル・インテグリティのデバッグ・ツールを装備し、発見が困難な問題をすばやく分離、特定、評価することができます。今日の広範囲なアプリケーションに対応できるため、最新のデジタル回路設計のデバッグ問題に最適なツールです。

特長

利点

タイミング分解能:40ps

MagniVu™アクイジション・モードにより、システム内の信号の関係を正確に観測可能

ステート・アクイジション

最高667 MHzのクロック・レートと最高1,333 Mbpsのデータ・レートで高速同期バスのサンプリングが可能

15型ディスプレイ

大型ディスプレイとオプションのタッチ・スクリーンにより、詳細なデータ観測と効率的な操作が可能

4機種

34/68/102/136チャンネルの選択と、最高64 Mビットのレコード長により、予算に合わせた柔軟なソリューションが実現可能

ドラッグ&ドロップによるトリガ設定

8種類のトリガ・タイプのうちの任意の1つをテーブルから波形上にドラッグするだけで、ロジック・アナライザが自動的にトリガ条件を設定するので、エラーの防止、再現性の向上、時間の節約が可能

ドラッグ&ドロップによる測定

測定ツール・バーからアイコンをドラッグし、目的の信号上にドロップするだけで測定結果のテーブルが表示される。 時間が節約され、操作が簡単になり、正確な測定が可能

グリッチ・トリガとストレージ

潜在的なシグナル・インテグリティの問題のトリガとハイライト表示が可能。 TLA6400シリーズでは問題をトリガできるだけでなく、可能性のある問題を赤でハイライト表示できるため、より詳細に調べる必要のある信号が簡単に特定可能

iCapture

当社独自のiCapture機能により、問題が疑われる信号をTLA6400シリーズのアナログ出力に接続可能。 これにより、オシロスコープのプローブを追加する必要がなく、潜在的な負荷の問題を最小限に抑え、デバッグに必要な時間の短縮が可能

iView

ロジック・アナライザとオシロスコープの両方のデータを時間相関をとりながら表示できるので、デジタル・ドメインとアナログ・ドメインにわたるシグナル・インテグリティの問題を検出可能