DDRメモリの最新トレンドと規格から測定・デバッグまでの勘所 テクトロニクス高速シリアル・セミナDAYS (Day2-2)

Start Date:
End Date:

Location:

概要

ADASに代表される膨大な画像処理システムを実現させるために、最先端のメモリが注目されています。用途によっては旧世代のメモリも多くの製品に使用されています。メモリ・インタフェースは同時スイッチングによるトラブル要素が多く、その信号品質の確証が必要です。指標とする規格は、JEDECがメモリ端子で定義していますが、如何に測定するか課題です。本セッションでは、DDRメモリのトレンドや規格を踏まえ、開発者にとって有意義な測定やデバッグ手法をご紹介します。

詳細を見る

すべてのイベントの表示
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top