車載EthernetのTx/Rx信号分離によるPAM3解析とプロトコル・デコード手法(WEBセミナ)

Start Date:
End Date:

Location:

日本
108-6106
東京都  
  
テクトロニクス

概要

自動運転、コネクティビティなどCASE/CHASEの実用化に向け、車載Ethernetの採用が進みつつあります。また車載用の新しい各種シリアル通信規格も検討されています。車載用Ethernetは全二重通信のため、Tx/Rxの分離が課題となります。従来の方向性結合器を使用する方法は、SMAコネクタと車載コネクタの変換やその設置スペースなど実車評価では課題があります。
本セッションでは、こういったトレンドの紹介と車載Ethernetの新しいTx/Rx分離手法を含めた評価方法について説明いたします。

お申込みはこちら

すべてのイベントの表示
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top