ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

高速デジタイザとは

高速デジタイザは、ロー・プロファイル・デジタイザ、ロー・プロファイル・オシロスコープ、PXI、AXI、マルチチャンネル・データ・アクイジション・システムなど、さまざまな名前で呼ばれていますが、これらはすべて、さまざまな形状(一般的にはよりコンパクトなもの)のアクイジション・システムの別称です。これらは、オシロスコープと同様の電気波形をアナログ-デジタル変換器(ADC)を介して取り込み、高速DDRメモリに保存し、最終的な分析のためにCPUまたはFGPA上のローカライズされた測定システム/ユーザ・インタフェースで処理するように構成されています。高速デジタイザを使用した一般的なアプリケーションには、以下のようなものがあります。

大規模物理研究、アンプ、および防衛研究施設

  • パルス電力
  • 核物理学
  • 指向性エネルギー/リモート・テスト
  • 凝縮物質
  • 原子/分子/光物理学

自動試験装置/システム

  • 製造/修理
  • 車載レーダ
  • 半導体
  • 5G、WiFi 6、mmWave, UWBなど

ロー・プロファイル・デジタイザは、2Uラック高のオシロスコープです。同じグラフィカル・インタフェースと性能で、自動化が容易になりました。研究開発やコンパクトなテスト・ラックには、同じクラスの製品を使用してください。

全チャンネルで高性能を実現

5シリーズおよび6シリーズは、12ビットADC、ノンインターリーブ・サンプル・レート(最大25GS/s)、高い有効ビット数(ENOB)、全入力チャンネルにわたる低ノイズを実現しています。

従来のPXI/AXIフォーム・ファクタと同等のサンプル・レート、周波数帯域、ユーザ・インタフェース、使いやすいリモート機能を持った、新しいソリューションが登場しました。

高い垂直分解能により、さらに正確な測定を実現

高速データ転送によるプログラム統合の簡素化

プログラマブル・インタフェースは、プラグアンドプレイまたはIVIスタイルのドライバを使用してテスト・ラックを自動化できるコマンドで、NI LabVIEW、MATLAB、Python、C/C#/C+、.NETなどの環境に対応しています。カスタム・ドライバを導入することで、VOSS Scientific DAAACソフトウェアに統合することも可能です。

エンジニアが作成した各種サンプルについてはGithubをご覧ください。

Easy Programmatic Integration with Fast Data Transfers

マルチチャンネルの同期/リモート制御

最大4台の機器を同期させながら表示/解析できます。リモートPCやTekScopeのマルチスコープ・ソフトウェアを使用します。複数の機器のデータを同じコンピュータに表示し、解析できます。ローカルEthernetを介した高速接続で快適に操作できます。

e*Scopeを使用することで、ブラウザ・アクセスの機能も利用できます。IPアドレスをブラウザに入力し、機器をライブ・コントロールできます。従来のモニタ、キーボード、マウスによるコントロールにも対応しています。

TekScope Tekcloud

Low Profile Digitizer - Rack and Monitor