JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

トグル・メニュー
JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

お問い合わせ

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

ロードプル測定の新手法 ~アクティブ・ロードプルとウェーブフォーム・  エンジニアリング技術によるノンリニアRFデバイス測定~


すべての無線通信、すべての周波数レンジにおいて、効率の良い、低コストな設計が求められています。これは特にパワー・アンプの性能に密接に関係し、広い動作帯域における電力付加効率(PAE、Power Added Efficiency)を改善することができれば、少ない部品点数でマルチバンド設計が可能になります。既存の計測器を使用した設計では、期待値と実際の値の相関関係がとれないため、設計と検証実験を数多く繰り返す必要があります。最新の複雑な無線通信フォーマットでは、デバイスをノンリニア領域で動作させることにより最適な効率が実現できます。この領域では、通常のデバイス歪みは高調波成分で表すことができます。目的の性能を達成するためには、より高い次数の高調波を正確に把握する最新の計測器が求められています。