レーダ解析入門

Moder最新のレーダ設計では、測定が非常に難しい複雑なパルスを使用しています。測定範囲、分解能、耐干渉性の改善には、広帯域特性を持った位相変調パルス、周波数チャープ・パルスや非常にパルス幅の狭いナロー・パルスを必要とします。

当社は、レーダ・パルスの測定に最適なテスト機器を多数取り揃えています。その中には特殊なパルスの測定や20GHzまでの測定帯域を持った機器、また10GHz帯域近くまでのレーダ・パルス合成機能を持った信号ジェネレータなどがあります。

ここで説明するレーダ測定は、すべてパルス測定について述べています。ドップラに代表されるような連続伝送方式のレーダもありますが、ほとんどのレーダはパルス方式です。ここで説明する機器とソフトウェア・ソリューションは、柔軟性のある高性能な測定に最適です。

この入門書ではパルスの生成と測定および自動測定の必要性について説明し、また自動測定についてはどのように測定が行われ、どのようにパルスを生成するのかについても説明しています。

ダウンロード・ファイル

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top