リアルタイム・スペクトラム・アナライザにおけるデジタル・フォスファ技術の基礎

当社RTSA(リアルタイム・スペクトラム・アナライザ)に標準で搭載されている、当社特許のデジタル・フォスファ(DPX®)技術により、従来のスペクトラム・アナライザ、ベクトル・シグナル・アナライザでは見落としていた信号の詳細を捕捉し観測することが可能になります。フルモーションで表示可能なDPXライブ・スペクトラム表示により、今まで観測できなかった信号を直ちに表示し、検出、評価に要する時間を大幅に短縮することができます。DPXは、当社のすべてのリアルタイム・スペクトラム・アナライザ(RTSA)に標準で装備されている機能です。

この入門書では、DPXライブ・スペクトラム表示の概要と、突発的、間欠的に発生する、複雑で同時発生するような信号を測定する手法について説明します。また、以下のような仕様を達成するための技術手法についても説明します。

  • 最小10.3μsの信号検出、測定が可能
  • 毎秒290,000回以上のスペクトラム変換を実行し、従来のスペクトラム表示では見逃しやすい信号も表示
  • 大きな信号に埋もれた微小信号など、複雑なRF信号にトリガ

ダウンロード・ファイル

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top