JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

トグル・メニュー
JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

お問い合わせ

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

テクトロニクス、ソニーと協業し、「IPライブプロダクション」システムをサポート


報道発表資料翻訳
2015年4月9日

ソニーの「IPライブプロダクション」システムを他の業界リーダ企業と共にサポートし、UHD/4K採用を促進

 

[2015年4月7日] 米国オレゴン州ビーバートン発
テクトロニクスは、ソニーの「IPライブプロダクション」システムのサポートを含むVoIP戦略でソニーと協業することを発表しました。このシステムにより、放送局はHD、4Kビデオ・フォーマットをIPインフラで使用することが可能になり、放送局のSDIインフラからIPベースのインフラへの移行をサポートします。

4K、Ultra HDの採用は、広く普及しているHD-SDIインタフェースで利用可能な帯域幅で制限されています。現在、UHD/4Kの帯域幅では4本のHD-SDIケーブルが必要であり、配線、搬送上の問題となる場合があります。

この制約を克服するため、「IPライブプロダクション」システムではAV over IPインタフェースでIPベースのネットワーキングを提供し、低いレイテンシによるUHD/4Kのビデオ/オーディオ/リファレンス/メタデータ/制御データの伝送を可能にします。LLVC(Low Latency Video Codec)技術により、1本の10G Ethernetケーブルで4K信号の伝送が可能になり、効率が改善し、コストを抑えることができます。

テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのCharlie Dunnは、次のように述べています。「テクトロニクスは、ソニーの『IPライブプロダクション』システムが広く業界で採用されるようにサポートできることをうれしく思います。この構想においてソニーと協業することで、当社のお客様がIPインフラおよびUHD/4Kへとスムーズに移行できるようにサポートすることが可能になります」

ソニー、ジェネラル・マネージャの岩本 哲也氏は、次のように述べています。「業界トップクラスの豊富なビデオ・テスト/ネットワーク・モニタリング・ソリューションを提供しているテクトロニクスのような業界リーダのサポートは、この新しい技術が、業界内において優れたインターオペラビリティで展開されていく上で非常に重要になります。ソニーは、引き続きテクトロニクスと協業し、VoIPネットワークの技術革新を強化していきます」

発表資料原文はこちら
/node/98476

テクトロニクスについて

テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開しています。詳しくはウェブ・サイト(jp.tektronix.com)をご覧ください。

テクトロニクスの最新情報はこちらから

お客さまからのお問合せ先

テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com

Tektronix、テクトロニクスは Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。