シリアル・デジタル信号の物理レイヤ・テスト方法

HDTV方式への移行をスムーズに進めるには、システム設備導入の初期段階での基本的な技術的検証が重要です。適正に機器を設置するには、HD-SDI信号の高速データ転送に適したケーブルを選択することが不可欠です。ケーブルの変形(クリンピング)不良やねじれ、屈曲などのストレスがないように注意して敷設すれば、HD-SDI信号をポイントAからポイントBへ適切に伝送することが可能になります。ケーブル敷設中に簡易テストや測定を行い、接続部の性能および機器の動作が仕様どおりであることを確認することも重要です。アイ・パターン表示およびジッタ測定機能を装備した波形モニタは、HDおよびSD-SDI信号に生じる物理レイヤの問題を解決するのに最適なツールです。

ダウンロード・ファイル

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top