JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

トグル・メニュー
JP
現在の営業区域
×
JP

地域を選択して、エクスペリエンスをカスタマイズします:

お問い合わせ

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

iCubロボット、テクトロニクスのオシロスコープ、電圧/電流プローブを利用してバッテリ電源を搭載


イタリア工科大学(Instituto Italiano Di Tecnologia、IIT)の開発エンジニアは、4 歳児の大きさのオープンソース認知人間型ロボット・プラットフォームである iCub ロボットの新しいバックパック型電源システムを検証/トラブルシュートする必要がありました。そこでIITは、テクトロニクスの MSO4104B 型オシロスコープ、TDP1000 型差動プローブ、TCP0030 型電流プローブ、4 本のTPP1000 型プローブ、デコーダ・モジュールを使用し、アナログ信号、電源特性、バス通信を測定しました。これによりIIT のエンジニアは問題点を効率的に特定し、起動時の電力スパイクを管理し、バッテリの放電特性を評価することができました。