TriMode™プローブ・アーキテクチャ

広く普及している高速シリアル・データ信号の多くは、大きなコモン・モード電圧に重畳した、小さなロジック・レベルの電圧スイングを使用しています。この方法を使用する主な理由としては、一つの電源でドライバとレシーバに電源を供給できることが挙げられます。また、差動シグナリングにより、高いデータ・レートで動作する場合でも、低ノイズで小さなロジック電圧スイングを実現することが可能になります。差動信号を使用しているため、シリアル・データ規格では、差動モード、シングルエンド・モード、コモン・モードのそれぞれの測定においてコンプライアンス・テストが必要になります。特性評価や規格適合性でこのような測定が必要となる、最新の物理的なシリアル・データ規格としては、HDMI、SATA、PCI-Expressなどがあります。

 

ダウンロード・ファイル

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top