スピアヘッド表示

WFM8300型の発表と共に、テクトロニクスはスピアヘッド(輝度、彩度、明度)、LQV(Luminance Qualified Vector)という、2種類の新しい表示方法を発表しました。この新しい表示方法は既存の表示方法に代わるものではなく、ポストプロダクションにおいて正確なカラー調整を効率的に行うことができます。

ダウンロード・ファイル

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top