オーバラップFFT処理の基礎


時間とともに高速に変動するRF信号が一般的に使用され始めたた め、テクトロニクスはフレームをオーバラップ(重複)させた離 散時間フーリエ変換機能をRSA(リアルタイム・スペクトラム・ アナライザ)に搭載することにより、非常に短時間のイベントや 短時間で変化する信号の観測に対応しました。
この入門書では、オーバラップ技術の必要性とその特長および動 作原理、また時間とともに変動するRF信号がどのように効率的に 観測できるかについて分かりやすく説明します。

ダウンロード・ファイル

ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top