WVR5200型

マルチスタンダード/マルチフォーマット・コンパクト波形ラスタライザ

オンラインで読む:

特長

  • コンパクト・サイズ(高さ:1RU、幅:ハーフラック、奥行:14cm)-スペースに制約がある環境に最適
  • XLR 4ピン電源入力のACアダプタ、AC/DC電源で動作可能
  • マルチフォーマット、マルチスタンダード対応の4SDI信号入力
    • HD/SD-SDIおよび各種デュアル・リンク・ビデオ・フォーマットの自動検出機能を標準で装備
    • マルチ入力モードにより、最大4つまでのSDI信号の同時観測に対応し、カメラ調整アプリケーションに有効(Opt. CAM)
    • アップグレード・キーにより、3G-SDI(レベルA、レベルB)対応に拡張可能(Opt. 3G)
    • 16チャンネルのエンベデッド・オーディオのモニタリング・サポートとマルチチャンネル・サラウンド・サウンド*1表示、およびリサージュ表示(Opt. AUD)
    • ITU-R BS.1770-1/1771、EBU R 128、ATSCA/85に準拠したオーディオ・ラウドネス・モニタリング機能(Opt. LOUD、Opt. AUDが必要)
  • 当社独自のダイアモンド表示、アローヘッド表示によるカラー・ガマットの適合性モニタリング
  • 当社独自の最新スピアヘッド表示およびLQV™(LumaQualified Vector)表示により、ポストプロダクション・アプリケーションの正確なカラー調整が可能(Opt. PROD)
  • 包括的なデータ・モニタリング機能により、コンテンツの品 質、信頼性問題をすばやく解決(Opt. DATA)
    • CEA708/608のクローズド・キャプション・モニタリング、テレテキスト、OP47サブタイトルの同時モニタリング
    • AFD、WSS、ビデオ・インデックス、TSID、V-Chip、放送フラグ/CGMS-A、VITC、LTC、ANC TCなどのANCデータの検出とデコード
    • ARIB STD-B35/B37/B39、TR-B22、TR-B23 に対応
    • ANCデータ・インスペクタとSDIデータ解析表示による、ANCデータとSDIデータ問題のトラブルシュート
  • 3G/HD/SDカラー・バーとパソロジカル信号ゼネレータ(Opt.GEN)による信号パスと機器のトラブルシュート(3G-SDI信号出力にはOpt. 3Gが必要)
  • さまざまなモニタリング表示
    • 当社独自のタイミング/ライトニング表示により、インターチャネル(各コンポーネント)間のタイミング測定が容易に
    • 外部リファレンス(ブラック・バーストまたは3値シンク)に対応した波形表示
    • ブラック・ピクチャおよびテクトロニクス独自のフリー ズ・ピクチャの検出
    • アラーム、ステータス・レポート、10,000イベントのエラー・ロギング機能により、エラー検出が容易
    • 電圧/タイミング・カーソルによる正確な測定
    • ユーザ定義のセーフ・エリア目盛、AFD目盛により、編集やフォーマット変換作業を効率化
  • 多彩な表示機能
    • 使いやすい4タイル表示により、さまざまなアプリケーションで作業効率が向上
    • TandemVu®表示により、カメラの効率的なルミナンス、クロミナンス調整が可能
    • フル・スクリーン・モードにより、最大のディスプレイ・サイズで正確な調整が可能
  • 優れた操作性
    • 32種類のプリセット機能により、カラリスト、エディタ、オペレータごとにすばやく設定を呼び出し可能
    • 前面パネルのUSBポートにより、プリセット、スクリーンショット、エラー・ログを簡単に保存可能
    • オーディオ・チャンネルのモニタリングを簡単に行える前面パネルのヘッドホン出力端子を装備
    • 直感的なメニュー構造と状況に対応したヘルプ表示
    • SNMPやEthernetのリモート・インタフェースとGPI制御により、集中型のモニタリングと制御を実現
    • デジタルまたはアナログXGAディスプレイとの接続が容易なDVI-I外部モニタ出力端子
    • ポータブル/バッテリ動作対応のための超軽量、低消費電力設計

アプリケーション

  • 中継車、制作スタジオの調整室におけるカメラ調整
  • カラー・コレクション
  • コンテンツの編集と特殊効果
  • 制作およびポスト・プロダクションでのコンテンツ品質管理
  • 現場での制作セットアップとトラブルシュート
  • 配信および放送サービスなどの適合性検証

*1オーディオ・サラウンド・サウンド表示は、Radio Technische Werksütten GmbH and Co.KG(RTW)からライセンス供与されたものです。

WVR5200型

Thumbnail

現場のアプリケーションに最適なポータブル・モニタリング機器であるWVR5200型

Thumbnail

配信、放送アプリケーションでのWVR5200型による適合性チェック
 

WVR5200型は、基本的なビデオおよびオーディオ・モニタリング(Opt. AUD)に最適な波形ラスタライザです。1RU、ハーフラック幅、ショートサイズ(奥行)により、中継車のような設置スペースに制限のある場所での使用にも最適です。12VDC対応のため、バッテリまたは100~240VACの電源アダプタで動作します。

HD-SDI(SMPTE 292)、SD-SDI(ITU-R BT.601)、デュアル・リンク(SMPTE 372)の信号フォーマットに標準で対応します。4入力時の3G/HD/SD-SDIに対しても自動的にフォーマットを検出します。Opt. 3Gでは、レベルA、レベルBのSMPTE 425/424フォーマットにも対応できます。

オプションのオーディオ・モニタリング機能(Opt. AUD)は、16チャンネルのエンベデッド・オーディオをサポートしており、さまざまなオーディオ・レベル・バーによるモニタリング、マルチチャンネルのサラウンド・サウンド表示*1、リサージュ表示が可能です。前面パネルにヘッドフォン端子を装備しているため、追加機器なしにデジタル・オーディオの適合性を簡単に検証できます。

WVR5200型は、コンパクトな筐体で、当社の波形ラスタライザ・ファミリと同様な高品質モニタリング機能を実現しています。当社独自のガマット表示、ピクチャのサムネイル表示、表示フリーズ機能、コンテンツの適合性検証を効果的に行える10,000イベントのエラー・ログなど、モニタリングに必要な基本機能を備えています。

  • ビデオ・モニタリングの規格とフォーマット
    • 3G-SDI(レベルA、レベルB)-Opt. 3G
    • HD SDI-標準
    • SD SDI-標準
    • デュアル・リンク(4:2:2、4:4:4、アルファ・チャンネル、10ビット、12ビット)-標準
    • マルチ入力モード(Opt. CAM)による最大4入力信号の同時表示
  • カラー・ガマット・モニタリング
    • アローヘッド表示-標準
    • ダイアモンド/スプリット・ダイアモンド表示-標準
    • スピアヘッド表示-Opt. PROD
    • LQVTM(Luma Qualified Vector)表示-Opt. PROD
  • オーディオ・モニタリング
    • 16チャンネルのエンベデッド・オーディオ- Opt. AUD
    • ITU-R BS.1770-1に準拠したオーディオ・ラウドネス・モニタリング-Opt. LOUD
  • 測定/解析機能
    • CEA708/608のクローズド・キャプション・モニタリング、テレテキスト、OP47サブタイトルの同時モニタリング-Opt. DATA
    • SDIデジタル・データ解析-Opt. DATA
    • ANCデータ・インスペクタ-Opt. DATA
    • カラー・バー、パソロジカル信号出力-Opt. GEN

使いやすさ

自照ボタンやオンライン・ヘルプを備えた直感的なユーザ・インタフェースを採用しています。32個のプリセットにより、繰り返し使用する設定をすばやく呼び出すことができます。プリセットは前面パネルのポートからUSBメモリに転送し、他のユニット(同モデル)で利用することができます。また、Ethernetポートにより、スクリーンショットやエラー・ログを簡単にダウンロードできます。

テクトロニクス独自のSee and Solve表示機能

Thumbnail

アラーム・ステータス、エラー・ログ、ビデオおよびオーディオ・セッションの4タイル表示
 

"See and Solve"表示は、キャリブレーション、エラー検出、コンテンツ検証などのビデオ・モニタリング作業を容易にするだけでなく、エラーを一目で見つけられるため迅速なトラブルシューティングが行えます。

SD/HD/3G-SDIビデオ波形を、RGB、YPbPr、YRGBまたは擬似コンポジットの見慣れたビデオ波形として表示できます。SD/HD/3G-SDI信号成分は、パレードまたはオーバーレイ・モードのいずれでも表示できます。波形表示でカーソルを使用することで、電圧、時間を正確に測定できます。ベクトル表示では、波形目盛、ターゲット・カラー(75%または100%)、カラー軸などが選択できます。

掃引速度の選択、垂直/水平拡大機能などにより、ビデオ波形パラメータを効果的にモニタし、測定できます。

ステータス表示画面には、コンテンツに関するアラーム、セッションおよびステータスがまとめて表示されます。また、この多機能表示画面はビデオ・ステータスも表示でき、エラー統計、信号フォーマット、補助データの有無などをまとめて表示します。重要なコンテンツ情報が一目で分かる当社独自のセッション/ステータス表示画面により、モニタリング作業が容易になります。

ブラック/フリーズ・フレーム検出により、配信チェインで問題が起こった場合にオペレータに知らせることができます。これらのエラーはエラー・ログに自動的に記録され、レポートが作成されます。

アラーム、品質統計、ロギング-詳細なコンテンツ検証をすばやく

WVR5200型には、画面下に常に表示されるステータス・バーのほかに、一目でステータスを確認できるさまざまな表示方法が用意されています。

ビデオ・コンテンツ・ステータス・サマリは、ビデオ・セッション画面に表示されます。この画面では時間情報も含めてステータスが表示されるので、コンテンツのスクリーニング後に適合性の結果を確認するのに最適です。入力フォーマットおよびセッション・タイムの情報は、EDH/CRCエラー検出およびガマット・エラー検出の統計データとともに表示されます。

アラーム・ステータス画面では、測定器の現在のモニタ条件下でのステータス情報が表示されます。

無人サイトでのモニタリング、QCアプリケーションをサポートするエラー・ログ機能を備えています。10,000イベントのログを記録できるため、障害の履歴を確認でき、迅速な障害の復旧に役立ちます。ログには日付、時刻、タイム・コード(VITC、LTC、ANC)が記録されます。エラー・ログはテキストまたはHTMLフォーマットでUSBメモリまたはネットワーク経由で取り出せ、表計算やデータベース・ソフトウェアで簡単に処理できます。

ピクチャ・モニタ表示-コンテンツをすばやく目視確認

Thumbnail

セーフ・エリア目盛とAFD情報によるピクチャ表示
 

コンテンツの品質確認のために、フル・スクリーン表示のフルカラー・ピクチャ・モニタ機能が備わっています。この表示はすべての入力フォーマットに対応しており、アスペクト比や有効ライン数の自動調整機能もサポートしています。

ピクチャ表示では、RGBまたはコンポジット・ガマットのエラー箇所を示す「ブライトアップ」表示を行うことができます。また、ライン選択モードでは、選択されているラインをピクチャ・モニタ上で容易に確認できます。

プリセットされたセーフ・アクション/セーフ・タイトル目盛を選択しピクチャ・モニタ上に表示できるので、グラフィックやタイトルまたはロゴなどの位置が適切であるかどうかを簡単に確認できます。

目盛の選択には、SMPTE RP218、ITUおよびARIB規格で規定されているセーフ・アクション/セーフ・タイトル目盛、さらにユーザが設定できる2種類の目盛があります。これらの目盛により編集作業や、フォーマット変換などの作業を軽減します。

当社独自のガマット表示-ガマット検証を容易に

Thumbnail

スピアヘッド表示とダイアモンド・ガマット表示
 

当社独自のダイアモンド表示、スプリット・ダイアモンド表示、アローヘッド表示により、コンテンツのガマット適合性検証のプロセスが簡単になりコンテンツのRGBガマットまたはコンポジット・ガマットの適合性を一目で確認できます。さらに、ガマット・エラーのあるコンポーネントを簡単に特定できるように設計されています。アナログのコンポジット・システムを対象とするSDIコンポーネント・コンテンツの場合、エンコーダを別途用意しなくても、当社独自のアローヘッド表示でコンポジット・ガマットの適合性をモニタできます。

この表示は、ルミナンスのガマットの上限と下限を個別に設定でき、これらの表示では、ガマットのスレショルドを任意に設定できるため、目的に合わせてリミット値を適切に設定できます。また、EBU-R103のプリセットも含んでいます。ピクチャ表示では、ガマット・エラー箇所を示すブライトアップ表示を行うことができます。また、WVR5200型には、アラーム・ロギング機能とアラーム・レポート機能も組込まれています。

WVR5200型には、当社独自のLQV™(Luma QualifiedVector)表示、スピアヘッド表示を含む、新しいオプションによる拡張カラー・ガマット・モニタリング機能(Opt.PROD)があり、当社独自のダイアモンド表示、スプリット・ダイアモンド・ガマット表示と組み合わせることにより、正確なカラー・ガマット調整のための包括的なカラー・ガマット・モニタリング機能が得られます。

4タイル表示-アプリケーションに適した柔軟性のあるモニタリング構成

Thumbnail

4タイル表示により、複数の表示を同時に観測
 

当社は、さまざまなアプリケーションに合わせてカスタマイズ可能な数多くの表示方法を用意しています。4タイル表示を使用すると、1台の波形ラスタライザで異なった4種類の表示を組み合わせることができます。2つまでの波形またはベクトルと、ピクチャ、ステータス、オーディオ・バーから選択することができ、プリセットとして保存できるため、すばやく簡単に呼び出すことができます。上図のように、波形パレード、ベクトル、ピクチャ、オーディオ・バーを4タイルで表示することで、オーディオとビデオの信号を同時にモニタすることができます。表示形式の組み合わせがあらかじめ設定されている計測器とは異なり、4タイル表示は測定のニーズ、作業方法などによって独自に設定することができます。各タイルは、アラームとステータス画面、セーフ・エリア目盛および各タイル表示のカーソルなど個別に設定可能で、信号解析や監視を容易に行えるようにタイルを配置、設定することができます。

TandemVuTM表示-波形表示とベクトル表示を自在に設定

Thumbnail

TandemVu®によるフル・スクリーン表示でのカメラのルミナンスとクロミナンス調整
 

TandemVu表示では、波形とベクトルまたはライトニングを同時に表示できます。使用用途に合わせ、個々に拡大率や表示位置を設定することができます。

TandemVuによる同時表示を用いることで、放送局のオペレータは、制作スタジオや野外(中継車)におけるカメラ調整やバランス取りを効率よく実行することができます。

ライン選択を簡単に行えるライン・マーカが、フル・スクリーンおよびサムネイル・ピクチャ・モードに装備されています。

ベクトル表示では、75%と100%カラー・バー信号用の目盛を選択できます。

各表示画面は、入力信号に応じて適切な目盛を自動的に選択して表示します。

マルチ入力同時表示モード-複数カメラ調整用途(Opt. CAM)

Thumbnail

マルチ入力モードによる4つのルミナンス信号、複数台のカメラのバランス調整に最適
 

マルチ入力同時表示(Opt. CAM)は、中継車または制作スタジオにおける複数のカメラ入力のモニタリングに適しています。オペレータは最大で4台のカメラ入力を比較し、オーバーレイまたはパレード・モードでシーンからシーンの4つのルミナンス・レベルが合うように調整することができます。さまざまな表示方法でビデオ入力が比較でき、ベクトル、ライトニング、ダイアモンド、スプリット・ダイアモンド、アローヘッドなどの表示モードで複数の入力信号を重ねることができます。前面パネルの入力ボタンで4つの入力を組み合わせることができ、フル・スクリーン・モードの波形表示内で入力を観測することができます。入力が簡単に識別できるようにラベルを設定することができ、Yパレードの波形トレースの下に表示させることができます。

デジタル・オーディオとビデオ・モニタリング機能を1台に統合(Opt. AUD)

Thumbnail

サラウンド・サウンドとラウドネス・モニタリング機能を持つオーディオ表示
 

WVR5200型(Opt. AUD)には高品質のデジタル・フィルタ機能とオーバーサンプリング機能が備わっており、正確で再現性の高いオーディオ測定が行えます。16チャンネルのエンベデッド・デジタル・オーディオ・モニタリングとオーディオ・バー、リサージュ波形表示、サラウンド・サウンド表示*1をサポートし、ヘッドフォンによるモニタを簡単に行えるよう出力端子を前面に備えています。このため、機器を別途用意することなくビデオとオーディオのモニタリングを1台で簡単に行うことができます。エンベデッド・オーディオ入力をオーディオ・バー表示にマッピングできるため、複数のステレオ信号からサラウンド/ステレオ・サポートまで、さまざまなオーディオ・ミックスに対応することができます。

サラウンド・サウンド*1表示を備えた包括的なオーディオ・モニタ機能は、サラウンド・サウンドのチャンネル間相互の関係を分りやすくグラフィック表示します。バー表示では、障害インジケータ、オーディオ・レベルおよびDolbyフォーマット情報が表示されます。柔軟性の高いリサージュ表示では、任意の2つのオーディオ・チャンネルを選択できます。

ラウドネス測定は、ITU-R BS.1770-1/1771、EBU R128、ATSC A/85に準拠しています。ラウドネス・メータ(Opt. LOUD)はオーディオ表示内で利用でき、ショートタームおよびロングタームのラウドネス測定が行えます。ラウドネス・セッション表示では、90秒から30時間までのラウドネス測定をグラフ表示します。ラウドネス測定はネットワーク経由またはUSBメモリに保存でき、後から詳細に解析できます。

専用のオーディオ表示により信号を詳細に観測できるため、WVR5200型は総合的な波形/オーディオ観測が行えます。各チャンネルの信号レベル、各種障害およびアクティブ・ビット数がサマリ表示されます。さらにオーディオ・コントロール・パケット表示やチャンネル・ステータス表示ができます。

Dolbyステータス表示には、SMPTE 2020規格に準拠したVANC Dolbyメタデータの詳細が表示されます。

*1オーディオ・サラウンド・サウンド表示は、Radio Technische Werksütten GmbH and Co.KG(RTW)からライセンス供与されたものです。

各種タイミング(位相差)を簡単に測定

Thumbnail

タイミング検証を容易にするタイミング/ライトニング表示
 

同期は、ビデオ設備において最も基本的で、重要なものの一つです。システム内の各装置は、ビデオ画像とオーディオ情報が問題なく制作され、伝送され、ビデオ画像とオーディオ情報が受信されるよう、同期をとる必要があります。直感的なタイミング表示により、リファレンスに対するHD信号とSD信号の間のタイミング・オフセットをわかりやすく表示します。

当社独自のタイミング表示では、シンプルなグラフィカル表示により、入力信号のリファレンス信号(または保存されたオフセット・リファレンス)に対する相対タイミングを縦・横2軸の四角枠内で表示でき、設備のシステム・タイミング調整、確認を簡単に行えます。丸印がディスプレイの中央にくるようにタイミングを調整することにより、垂直オフセットをライン数で、水平オフセットをμsで正確に、直接測定できます。

ライトニング表示にはルミナンスとクロミナンス振幅が表示され、カラー・バー信号を使用してコンポーネントのタイミング(位相差)を確認できます。当社独自のボータイ表示は、ライトニング表示のタイミング測定機能をサポートします。コンポーネント・フォーマットの特殊なボータイ・テスト信号を使用すると、チャンネル間の振幅とタイミング差を正確に測定できます。

信号パスのトラブルシュート

Opt. GENのシンプル・テスト信号はSDI出力から生成され、100%または75%のカラー・バーとパソロジカル・テスト信号を出力します。この信号は、別途ゼネレータを追加しないで機器の信号パスをトラブルシュートする際に役立ちます。

エンジニアおよびオペレータ向けの優れたデータ解析機能(Opt. DATA)

Thumbnail

ANCデータ・インスペクタによるコンテンツの詳細解析
 

ANCデータ・インスペクタは、直感的なANCデータ表示から、必要なVANCデータがすべてあること、また正しく設定されていることを簡単、正確に確認できる画期的なソリューションです。

他のソリューションに比べて、すばやく、簡単にVANCデータを確認できます。エラーが検出されるとより詳細なデータ・パケットが表示でき、詳細に解析することができます。

CEA708/608クローズド・キャプションとテレテキスト・サブタイトルは同時にデコードされ、ピクチャ表示内で個別に表示できます。テレテキスト・サブタイトル・ページは、WSTまたはOP47フォーマットのいずれかでデコードすることが可能です。

Thumbnail

データリスト表示によるピクセルごとの詳細情報
 

アスペクト・レシオ、ワイド・スクリーン・シグナリング(WSS)、V-Chip、TSID、CGMS-A、放送フラグ、CEA708/608のクローズド・キャプション、テレテキスト、タイムコードなどの詳細なメタデータが表示されます。

今日では、プロセス・チェインを経由してさまざまなメタデータがさまざまな機器に送られています。このメタデータをモニタリングすることは、プロセス機器がこの信号を正しくハンドリングしていることを確認する上で重要になります。例えば、AFDのフォーマットが適切であることを確認すれば、表示のアスペクト・レシオも正しいことが確認できます。また、WVR5200型のピクチャ表示の自動AFD目盛表示、バイナリ・データ、テキスト表示も利用できます。

Thumbnail

データリスト表示によるピクセルごとの詳細情報
 

データリスト表示には、HD/SD SDIおよび3G-SDI(Opt.3G)入力信号の実際のデータ値に関する詳細情報が表示されます。また、この表示機能を使用して、入力信号のプロトコル・エラーを特定することができます。

表示の右側には、16進数、10進数または2進数フォーマットのデータ値が示され、以下のカラー・コーディングを使用して、データ・タイプおよびエラーを簡単に識別できます。

  • グリーン-アクティブ・ビデオ・データ
  • ブルー-水平/垂直ブランキング・インターバルのデータ
  • ホワイト-EAV、SAV、およびLN、CRC
  • イエロー-通常許容値以外のデータ
  • レッド-不正値を持つデータ

表示の左側には、サンプル番号に対応した補間のないデジタル波形が示されます。ビデオ・モードまたはデータ・モードのいずれかに合わせて表示を設定できます。

ビデオ・モードでは、Y、Cb、Cr波形が時間的に整列されて表示されます。波形表示のように、Y、Cb、Cr成分を個別に表示のオン/オフを設定できます。

対応フォーマット(ビデオ入力および外部リファレンス)

 SD
(標準)
HD
(標準)
外部リファレンス入力
2値Sync3値720p3値1080p3値1080i1080 sf
NTSCPAL50 Hz59.94 Hz60 Hz23.98 Hz24 Hz50 Hz59.94 Hz60 Hz23.98 Hz24 Hz

幅広い信号フォーマットの自動検出

WVR5200型波形ラスタライザは、さまざまな入力信号フォーマットと外部リファレンスに対応しています。信号フォーマットは自動的に検出され、適切な表示になるように自動的に設定されます。

BT601 483i, 59.94 Hz (525)                              
BT601 576i, 50 Hz (625)                              
296M 720p, 23.98 Hz                        
296M 720p, 24 Hz                           
296M 720p, 25 Hz                              
296M 720p, 29.97 Hz                              
296M 720p, 30 Hz                                 
296M 720p, 50 Hz                              
296M 720p, 59.94 Hz                           
296M 720p, 60 Hz                           
240M 1035i, 59.94 Hz                              
240M 1035i, 60 Hz                           
274M 1080i, 50 Hz                              
274M 1080i, 59.94 Hz                              
274M 1080i, 60 Hz                           
274M 1080p, 23.98 Hz                        
274M 1080p, 24 Hz                           
274M 1080p, 25 Hz                              
274M 1080p, 29.9 Hz                              
274M 1080p, 30 Hz                                 
274M 1080sf, 23.9 Hz                        
274M 1080sf, 24 Hz                           
274M 1080sf, 25 Hz                              
274M 1080sf, 29.9 Hz                              
274M 1080sf, 30 Hz                                 

 

対応フォーマット(デュアル・リンク)

フォーマットサンプル構造フレーム/フィールド・レート
デュアル・リンク
1920 × 10804:2:2 YCbCr 10 ビット60、60/1.001、and 50 プログレッシブ

4:4:4 RGB

4:4:4:4 RGB +A 10 ビット

30、30/1.001、25、24 および 24/1.001 プログレッシブ、PsF 60、60/1.001、および 50 フィールド・インタレース
4:4:4 RGB 12 ビット

4:4:4 YCbCr 10 ビット

4:4:4:4 YCbCr +A 10 ビット

4:4:4 YCbCr 12 ビット

4:2:2 YCbCr 12 ビット

4:2:2:4 YCbCr +A 12 ビット

2048 × 1080

4:4:4 RGB

4:4:4:4 RGB +A 10 ビット

30、30/1.001、25、24、および 24/1.001 プログレッシブ、PsF
4:4:4 RGB 12 ビット

4:4:4 YCbCr 10 ビット

4:4:4:4 YCbCr +A 10 ビット

4:4:4 YCbCr 12 ビット

4:2:2 YCbCr 12 ビット

4:2:2:4 YCbCr +A 12 ビット

4:4:4 XYZ 12 ビット

 

対応するフォーマット(3Gシングル・リンク)

フォーマットサンプル構造フレーム/フィールド・レート
3G-SDIフォーマット
シングル・リンク
1920 × 1080

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level A and Level B

50、59.94、60 プログレッシブ

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level B

23.98、23.98sF、24、24sF、25、25sF 29.97、29.97sF、30、30sF プログレッシブ 50、59.94、60 インタレース

4:4:4 YCbCr 10 ビット

4:4:4:4 YCbCrA 10 ビット

Level B

4:4:4 RGB 10 ビット

4:4:4:4 RGB +A 10 ビット

Level B

4:4:4 RGB 12 ビット

Level B

4:2:2 YCbCr 12 ビット

4:2:2:4 YCbCrA 12 ビット

Level B

4:4:4 YCbCr 12 ビット

Level B

2048 × 1080

4:4:4 RGB 12 ビット

Level B

23.98、23.98sF、24、24sF、25、25sF、29.97、29.97sF、30、30sF プログレッシブ

4:4:4 XYZ 12 ビット

Level B

2 × HD

1920 × 1080

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level B

23.98、23.98sF、24、24sF、25、25sF、29.97、29.97sF、30、30sF プログレッシブ 50、59.94、60 インタレース

2 × HD

1280 × 720

4:2:2 YCbCr 10 ビット

Level B

23.98、24、25、29.97、30、50、59.94、60 プログレッシブ
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top