TDP7000シリーズTriModeプローブ

TriMode™プローブ・ファミリ

オンラインで読む:

TDP7700シリーズTriModeプローブは、リアルタイム・オシロスコープに最適な優れた信号忠実度を実現しています。さらに、チップ先端からわずか数ミリの位置にプローブの入力バッファが取り付けられた、はんだ付け用チップなど革新的な接続性能を備えたTDP7700シリーズ・プローブは、難度の高い接続が求められる最新の電子設計においても、優れた操作性を発揮します。

主な特長
  • 広帯域による優れた信号忠実度
    • 8GHz(TDP7708型)
    • 6GHz(TDP7706型)
    • 4GHz(TDP7704型)
  • デバイスへの影響を低減
    • 柔軟性に優れた薄型のはんだ付け用チップ
    • 軽量で柔軟性のあるプローブ・ケーブル
    • アクティブ・バッファ・チップ設計によるプローブ負荷の低減
  • TekFlex™コネクタ技術により接続が容易
    • 使いやすいクリップ式のアクセサリ・コネクタ
    • はんだ付けチップ、オプションのハンドヘルド/プロービング・アーム用ブラウザ・チップ、同軸入力(SMAアダプタ)など、さまざまな接続形態に対応
    • P7700シリーズのチップ・アクセサリとの相互互換性を確保
    • 8GHzまでの周波数帯域をサポート
    • 広範な動作温度範囲に対応したプローブ・ケーブルとはんだ付けチップ
  • プローブ/チップ固有のSパラメータ
    • プローブ/チップの信号経路における、固有のSパラメータ・モデルに基づいたAC補正機能
    • 各プローブ、チップに対して固有のDSPフィルタを生成可能
  • FlexChannel®インタフェースによるオシロスコープ/プローブ制御と優れた操作性
    • プローブ・ボタンまたはオシロスコープのメニューから直接制御が可能
    • オシロスコープによるプローブ設定の自動制御
    • オシロスコープに接続するだけでプローブ/チップを自動認識

TDP7700シリーズTriModeプローブ

TriModeプロービングでは、一度セットアップするだけで、差動、シングルエンド、コモンモードの測定を確実に実施できます。この独自の機能を使用して、プローブの接続ポイントをつなぎ変えることなく、差動測定、シングルエンド測定、コモン・モード測定を切り替えながら、より効果的、効率的に作業を進めることができます。

TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet

TekFlexコネクタ技術

TDP7700シリーズTriModeプローブには、TekFlexコネクタ技術が使用されています。この技術では、高速信号経路とアクティブ・バッファ・チップ用のパワーおよび通信サポートが1つに統合されており、アクセサリ・コネクタとの接続が簡単に行えます。TekFlexコネクタはクリップ式になっており、開いた状態では、必要最小限の力を加えるだけでアクセサリ・チップを取り付けることができます。TekFlexコネクタを閉じると、アクセサリはしっかりと固定されるため、コネクタが外れてしまうという事故を防止できます。

TekFlexコネクタにより、TDP7700シリーズ・プローブでは、入力接続部からわずか数ミリの位置にバッファ増幅器を備えた、アクティブ・プローブ・チップが利用できます。アクティブ・チップにより信号経路が短くできるため、信号品質が向上し、高入力インピーダンスでの測定が可能になります。また、信号ロス、キャパシタンス、加法性ノイズも抑えられます。

TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet

P77STFLXA型はんだ付け用、フレックス回路アクセサリはチップ上にアクティブ・バッファ増幅器を装備


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77STFLXB型はんだ付け用、フレックス回路アクセサリは、Nexus社のXHシリーズ・インターポーザを使用することで、DDR4/LPDDR4の電気検証用プロービング・ソリューションとして使用可能


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77STCABL型はんだ付け用アクセサリは、リーチの長い、柔軟なケーブルを持ち、チップ上にアクティブ・バッファ増幅器を備えている

ハンドヘルド・プロービング用ブラウザ・アクセサリ

すばやく測定、デバッグする必要がある場合、TDP7700シリーズのブラウザ・アクセサリを使用すれば、簡単に対応できます。P77BRWSR 型手持ちブラウザ・アクセサリは、手またはプローブ・アームによるプロービングが行えます。精密に設計されたチップを備えており、位置を確認しやすく、正確な位置合わせが可能です。ファインピッチ・コンポーネント、0.2mmという狭い間隔での差動トレースにも最適です。

TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77BRWSR 手持ちブラウザ・アクセサリは、チップ間隔の調整機能を持ち、手またはプローブ・アームを使用したプロービングが可能。

ブラウザのチップはさまざまな測定に対応でき、便利なサム・ホイールを使用することでチップの間隔を調整できます。チップにはヘッドライトが装備されており、プローブ・ポイントの見やすくなります。ブラウザ・チップには、強度の高いベリリウム銅とスーパーセラミック抵抗器が使用されています1。P77BRWSR 型手持ちブラウザ・アクセサリは、手またはプローブ・アームによるプロービングが可能で、優れた信号忠実度と利便性を備えています。


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77BRWSR 型手持ちブラウザ・アクセサリは、手またはプローブ・アームによるプロービングが可能。ヘッドライトにより、プローブ・ポイントの見やすさが飛躍的に向上

1特許申請中のピン技術

同軸入力(SMA)アダプタ

テスト・フィクスチャやプロトタイプ基板では、SMAなどのRF/同軸コネクタがよく使用されています。SAMアダプタを使用することで、基板上のコネクタにTDP7700シリーズ・プローブをを簡単に接続できます。P77C292MM型アダプタを使用すれば、フル帯域幅を生かしながらも、低ノイズで2.92mm/3.5mm/SMAコネクタに接続できます。P77C292MM型アダプタはTriMode機能を備えており、1回の接続で差動、シングルエンド、コモン・モード測定が行えます。

終端電圧は手動で設定することも、またはTDP7700シリーズ・プローブの電圧センス回路を使用して、自動的に設定することもできます(範囲は±2.5V)。

TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


同軸コネクタとの接続に使用するP77C292MM型SMA-2.92mmアダプタ

仕様

すべての仕様は、特に断りのないかぎり、保証値を示します。すべての仕様は、特に断りのないかぎり、すべての機種に適用されます。

特性 概要
周波数帯域(代表値)
TDP7704型
TDP7706型
TDP7708型

4GHz
6GHz
8GHz
動作電圧範囲、AおよびB入力 ±4V(2.92mmチップ)
±5.25V(アクティブ・チップ)
±10V(ブラウザ・チップ)
差動入力レンジ ±2V(2.92mmチップ)
±5V(アクティブ・チップ)
±12V(ブラウザ・チップ)
DC入力抵抗(差動) 50Ω(P77C292MM型チップ)
100kΩ(アクティブ・チップ)
144kΩ(ブラウザ・チップ)
DC確度 ±2%
TriMode機能
差動のみ(ブラウザ・チップ)
電気特性
減衰比
はんだ付け用チップ
4:1 
ブラウザ
10:1 
同軸入力(SMA)アダプタ
0.7:1/1.3:1/2.7:1/5:1/10:1 
DCゲイン確度、代表値
±2.0%
出力ゼロ、代表値
±4mV
直線性(代表値)
±1%
入力感度電圧確度、代表値
Vin ±30 mV(2.92mmアダプタ・チップの動作電圧範囲に対して)
終端電圧範囲、代表値
±2.5mV
過負荷インジケータの範囲、代表値
プローブ入力が電流制限を受けているとき、または入力に過電圧が生じているときに、過負荷インジケータがアクティブになります。
CMRR、代表値
DC
34dB
50MHz
34dB
1GHz
24dB
10GHz
14dB
20GHz
10dB
時間遅延、代表値

5.05ns ± 0.1ns

微小信号の立上り時間、代表値
立上り時間(10~90%)
プローブ立上り時間
TDP7708型55ps未満
TDP7706型65ps未満
TDP7704型100ps未満
立上り時間(20~80%)
プローブ立上り時間
TDP7708型38ps未満
TDP7706型46ps未満
TDP7704型72ps未満
微小信号の周波数応答、代表値
プローブ 周波数応答
TDP7708型 8GHz以上
TDP7706型 6GHz以上
TDP7704型 4GHz以上
システム・ノイズ、代表値、P77STCABL型チップを使用したプローブ
システム・ノイズ
プローブA、BモードCモードDモード
TDP7708型3.3mVrms以下2.6mVrms以下3.8mVrms以下
TDP7706型3.0mVrms以下2.5mVrms以下3.7mVrms以下
TDP7704型2.7mVrms以下2.3mVrms以下3.2mVrms以下
DC入力抵抗(、代表値)
チップ/アダプタ 差動
P77C292MM型 100Ω
P77STFLXA型、P77STCABL型 100kΩ
P77BRWSR型 144kΩ ±20%
低周波入力容量(差動、代表値)
はんだ付け用チップ
0.4pF
ブラウザ

0.23pF(間隔:50ミル)

0.22pF(間隔:200ミル)

動作電圧範囲、代表値
はんだ付けチップ
±5.25V
ブラウザ
±10V
SMAアダプタ
±4 V
DCゲイン確度、代表値
±2.0%
入力オフセット電圧範囲(代表値)
はんだ付け用チップ
-4V~+4V
ブラウザ
-10V~+10V
SMAアダプタ
-4V~+4V
非破壊入力レンジ(代表値)
はんだ付け用チップ、ブラウザ
-15V~+15V
SMAアダプタ
-5 V~+5 V
入力スルー・レート、代表値
30V/ns以上、シングルエンド、両方の入力
入力レンジ、代表値
はんだ付けチップ
シングルエンド差動
2.5Vpp5.0Vpp
ブラウザ
シングルエンド差動
6.0Vpp12.0Vpp
SMAアダプタ
シングルエンド差動
1.2Vpp2.0Vpp
SMAアダプタの終端電圧範囲
-4V~+4V
インピーダンスのグラフ

TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77STCABL型の差動インピーダンス


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77STCABL型のSEインピーダンス


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77STFLXA型の差動インピーダンス


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


PST77FLXA型のSEインピーダンス


TDP7700-Series-TriMode-Probes-Datasheet


P77BRWSR型の差動インピーダンス

公称特性
質量
プローブ・ケーブルおよびヘッド
99.22g
プローブ(補正ボックス、ケーブルおよびヘッド)
272.16g
ケーブル長
1.21m
オシロスコープ・インタフェース
TekVPI ®
アクセサリ・コネクタ
TekFlex
環境条件
温度範囲
補正ボックスおよびブラウザ
動作時:0℃~+50℃

非動作時:-20℃~+60℃

ケーブルおよびはんだ付けチップ
動作時:ー35℃~85℃

非動作時:-35℃~85℃

SMAアダプタ
動作時:ー35℃~85℃

非動作時:-35℃~85℃

高度(非動作時)
12,000m
湿度、補正ボックス
動作時
相対湿度(RH)5~90%(+40℃まで)、5~55%(+40℃~+50℃)、結露なきこと
非動作時
相対湿度(RH)5~90%(+40℃まで)、5~55%(+40℃~+60℃)、結露なきこと
互換性
対応オシロスコープ

TDP7700シリーズ・プローブは以下のオシロスコープに対応しています。

MSO6シリーズ

ご発注の際は、以下の型名をご使用ください。

TDP7700シリーズの型名
TDP7708
8GHz TriModeプローブ(TekFlexコネクタ対応)
TDP7706
6GHz TriModeプローブ(TekFlexコネクタ対応)
TDP7704
4GHz TriModeプローブ(TekFlexコネクタ対応)
スタンダード・アクセサリ

すべてのプローブには以下のアクセサリ/サービスが標準で付属しています。 マニュアル、ハンダ付け用チップ×2、校正証明書、試験成績書、1年保証

サービス・オプション
Opt.C3
3年標準校正(納品後2回実施)
Opt.C5
5年標準校正(納品後4回実施)
Opt.D3
3年試験成績書(Opt. C3と同時発注)
Opt.D5
5 年試験成績書(Opt. C5 と同時発注)
Opt.G3
3年間ゴールド・サービス・プラン
Opt.G5
5年間ゴールド・サービス・プラン
Opt. R3
3年保証期間
Opt. R3DW

製品保証期間1年+2年の延長保証 (製品購入時に3年保証開始)

Opt.R5
5年保証期間
Opt. R5DW

製品保証期間1年+4年の延長保証 (製品購入時に5年保証開始)

推奨アクセサリ
Last Modified: 2019-10-09 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top