TLA7SA00シリーズ

PCI Expressロジック・プロトコル・アナライザ
このデータ・シートの製品は、テクトロニクスでは販売終了となっています。

オンラインで読む:

特長

  • リンク幅×1~×16、8.0GT/sまでのアクイジション・レートのプロトコル解析から物理レイヤ解析を含む、PCIExpress Gen1からGen3をサポート
  • Midbus、スロット・インターポーザ、ソルダダウン・プローブなど、PCI Expressの包括的なプロービング・ソリューション
    • OpenEYEテクノロジーにより減衰した信号からも優れた信号再生を実現。自動チューニング・イコライゼーション回路により、回路長60cm [24in.]、2コネクタまでのチャンネルのどの部分にもプロービングでき、PCIExpressシステムのデータを正確に取込むことが可能
    • ワンクリック校正プロセスによるアナライザ、プローブとターゲットBERの校正が可能、セッションごとにアナライザとプローブを組み合せた校正結果が呼び出される
    • ScopePHY機能により、PCI Express Midbusプローブ、スロット・インターポーザ、またはソルダダウン・プローブを高性能オシロスコープにすばやく接続でき、PHYレイヤの詳細なアナログ観測が可能
  • テスト・システムのセットアップ時間を短縮
    • リンク・スピード、シンボル・ロック、リンク・アクティビティなどの状態が前面パネルのLEDで確認可能
    • ロジック・プロトコル・アナライザ・システムのオートコンフィギュア・セットアップ機能により、迅速なデータ取込みが可能
    • FastSYNC機能により、リンクのL0sなど、ASPMのパワー・ステータスのトランジション・イン、トランジション・アウトによるエレクトリック・アイドル期間に関係なくトラック可能
    • リアルタイム統計ビューにより、時間とともに変化するリンクの状態、挙動が観測可能
  • 強力なトリガステート・マシンにより、プロトコルのすべてのレイヤをサポート
    • ステート(8)
    • パケット・リコグナイザ(8)
    • シンボル・シーケンス・リコグナイザ(4)
    • カウンタ/タイマ(4)
    • イベント・フラグ(4)
    • コンディショナル・ストレージ
    • リアルタイム・フィルタリング
  • 業界トップクラスの8Gバイト/モジュール(16Gバイト・メモリ、×16リンク幅)のメモリにより、エラーおよびエラーの原因となる障害を取込む確率が上がる
  • ハードウェアによるサーチ/データ表示により、レコード長に関係なくただちにデータが観測可能
  • 迅速なデータ解析のための豊富なデータ表示
    • トランザクション・ウィンドウにより、パケットやトランザクション・レベルにおけるプロトコルに含まれた物理レイヤ・アクティビティも観測可能
    • 革新的なバード・アイ・ビュー機能により、フロー制御などのシステム問題を視覚化
    • サマリ・プロファイル・ウィンドウにより、システムの健全性が確認でき、エラー、TLP、DLLP、オーダ・セットなどの特定のパターンが検出可能
  • システムレベルのデバッグのためのマルチバス観測機能
    • 1台のメインフレーム、1つのディスプレイで時間相関のとれたマルチバス表示が可能で、優れたシステム動作解析が可能。例:PCI ExpressからDDRメモリへのメモリ・アクセスのトレース、またはPCIeスイッチの複数のPCIeリンクのモニタ
    • クロス・トリガと一般的なグローバル・タイムスタンプにより、あるバスと関連するバスの特定の時間における関連性が把握でき、正確で効率的なデバッグが可能

アプリケーション

  • PCI Expressのプロトコル・レイヤから物理レイヤまでのデバッグ
    • 半導体の検証
    • コンピュータ・システムの検証
    • 組込みシステムのデバッグと検証
  • プロセッサ/バスのデバッグと検証
  • 組込みソフトウェアの統合、デバッグ、バリデーション

優れたハードウェアによる物理レイヤからトランザクション・レイヤまでのPCI Expressデバッグ/解析

Thumbnail

リンクの接続状態がすばやく確認できる、TLA7SAシリーズ・ロジック・プロトコル・アナライザのセットアップ・ウィンドウ

Thumbnail

TLA7SA16型
 

PCI Express 3.0規格の発表により、検証はますます難しくなっています。製品の早期市場投入を求められているエンジニアは、問題を迅速に特定できるソリューションを求めています。TLA7SAシリーズ・シリアル・アナライザ・モジュールは、物理レイヤからトランザクション・レイヤまでのすべてのプロトコル・レイヤにおけるPCI Expressの革新的な検証を可能にします。

業界トップクラスのハードウェア性能による高速なディスプレイ更新により、16Gバイトのロング・メモリもわずか数秒で検索できます。

オートトレーニング機能、オートトラッキング機能、前面パネルのLEDレーン・ステータス表示などの機能により、テスト・システムを構築するのに要する時間を短縮することができ、確実なテスト・システムを構築することができます。

強力なトリガ機能により、すべてのプロトコル・レイヤで特定のパターンにすばやくトリガできます。リアルタイム・フィルタリングは不要なデータをフィルタリングできます。特定のトランザクションのみ保存できるため、アクイジション・メモリを有効に使用できます。

また、FastSYNC機能により、エレクトリック・アイドル状態からの遷移にまつわる、やっかいなパワー・ステート異常や、L0s からL0 などのASPM(Active State PowerManagement)のステート遷移に対処でき、エレクトリック・アイドル時間の長さに関係なく、PCI Express FTSオーダ・セットでロジック・プロトコル・アナライザをすばやく再同期できます。2μs未満のエレクトリック・アイドル時間のときでしかL0sからL0に同期できないようなソリューションとは大きく異なる、ユニークな機能です。

Thumbnail

サマリ・プロファイル・ウィンドウ

Thumbnail

リスト・ウィンドウでは、パケットの詳細、レーンごとのシンボル・デコードが表示される

Thumbnail

トランザクション・ウィンドウとバード・アイ・ビューの例

Thumbnail

波形ウィンドウでは、アナログ波形と相関のとれた個々のレーンの動きが表示される
 

革新的なデータ表示による迅速な情報

新しいPCI Expressソフトウェアには、階層形式で情報量の多い表示方法が装備されています。プロトコル情報は、展開したり、折り畳むこともできるため、必要に応じてすばやく情報を表示、非表示にすることができます。

サマリ・プロファイル・ウィンドウの統計サマリとデータ・グラフによりシステムの健全性がすばやく確認でき、エラー、特定のトランザクション、オーダ・セットなどの特定のパターンを検出することができます。統計サマリには、平均トランザクション・レイテンシ、トータル転送バイト数、バス利用などの情報が含まれています。

プロトコルの様子は、パケット・レベル、トランザクション・レベルで物理レイヤの動きと共に独自のトランザクション・ウィンドウにまとめて表示されます。トランザクションの相互関係を示すトランザクション・ビュー(拡張Feynmanダイアグラム)には、パケットが問題なくトランザクションを完了したか、完了できずにエラーになったかが図式で表示されます。パケットのカラー・コード、複数のデータ・ウィンドウ間のカーソル・ロック、トランザクション・ウィンドウに統合された独自のバード・アイ・ビューにより、フロー制御などのシステム問題を表示することができます。

リスト・ウィンドウではパケットの詳細、レーンごとのシンボル・デコードが表示されるため、物理レイヤを詳細に観測できます。さらに、波形ウィンドウにより、レーンごとの動作は広帯域オシロスコープのアナログ波形と相関をとって表示することができます。

これらの機能は当社ロジック・アナライザに統合されるため、ハードウェア設計エンジニア、ハードウェア/ソフトウェア・インテグレータ、組込みシステムの設計エンジニアにとって最適なソリューションとなります。時間相関をとりながら表示され、1つのディスプレイでマルチバス解析できるため、システムの相関関係を容易に把握することができます。クロス・トリガと共通なグローバル・タイムスタンプにより、あるバスと関連するバスの特定の時間における関連性が把握でき、正確で効率的なデバッグが可能になります。

差動アプリケーションのための
高性能PCI Expressプロービング・ソリューション

Thumbnail

P67SA01SD型-1チャンネル差動入力PCI Expressソルダダウン・プローブ(Opt. 1Pパワー・アダプタ付)

Thumbnail

P67SA16S型-×16 PCI Expressスロット・インターポーザ(×8、×4、×1スロット・インターポーザもあり)

Thumbnail

P67SA16-×8 PCI Express Midbusプローブ/ アクセサリ( ×4Midbusプローブもあり)

Thumbnail

P67UHDSMA型-P67SAシリーズ・プローブをオシロスコープに接続するための×2 PCI Expressプローブ・リードセット
 

P67SAシリーズ・プローブには、ミッドバス、スロット・インターポーザ、はんだ付けコネクタなど、さまざまなPCIExpressプロービング・ソリューションが用意されています。最長60.9cm(24インチ)、2コネクタのトレース長のPCIExpress Gen3に対応し、OpenEYE技術により小さな電気的負荷と優れた信号忠実度、アクティブ・イコライゼーションにより、閉じたアイを正確にリカバリすることができます。P67SAシリーズ・プローブは、グラフィカル・ユーザ・インタフェースを使って接続を自由に変更でき、さまざまな回路基板レイアウトにも柔軟に対応できます。

ScopePHY機能により、P67UHDSMA型プローブ・リードセットを使用することで、任意のプローブ・コネクタ出力をオシロスコープに接続することができるため、物理レイヤの詳細を観測することができます。テクトロニクスから提供されるプローブとモジュールのSパラメータにより、テクトロニクスのオシロスコープのDSPフィルタを設定して、プローブ・チップの先端でPCI Expressのリンク・データのアイを確認することができます。

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top