オフラインでの共有、測定、解析、文書化

TekScope Anywhere™ PCオフライン解析ソフトウェア・データ・シート

オンラインで読む:

TekScope Anywhere™は、強力なオシロスコープ解析環境をPC上に実現します。実験室の外でも、臨機応変にタイミング/アイ/ジッタ解析などの解析業務を行えるようになりました。当社のDPO/MSO5000シリーズ、DPO7000Cシリーズ、DPO/MSO70000C/D/DX/SXシリーズのオシロスコープの波形データとセットアップ、さらにDPO/MDO3000シリーズおよびDPO/MDO4000シリーズの波形データをチーム間やリモート・サイト間ですばやく共有できるため、作業効率が飛躍的に向上します。

主な特長
  • 共同作業

    • PC上で実行可能なTekScope Anywhere™ - 時間とリソースを有効活用。オシロスコープを利用できない場所でも、実験室で捕捉したデータの表示、測定、解析が可能
    • 複合ファイルの保存/呼び出し - テクトロニクスのDPO/MSO5000シリーズ、DPO7000Cシリーズ、またはDPO/MSO70000C/D/DX/SXシリーズ・オシロスコープの機器設定データと波形データの両方を保存可能な複合ファイルの保存/呼び出しが可能なため、より正確で再現性の高い結果が得られる
    • 共通フォーマットによる波形ファイルの保存/呼び出しに対応 - 特定のアクイジション・ハードウェアに依存しない汎用性の高い解析ツール。テクトロニクス、レクロイ、キーサイトなどのオシロスコープのフォーマットに対応
  • 解析

    • 50種類以上のパラメトリック測定およびカーソル測定 - 信頼性の高い測定結果
    • ご使用のテクトロニクス・オシロスコープと共通の測定ライブラリにより、結果の相関チェックが可能
    • ジッタ分離(拡張ジッタ解析バージョンが必要)- 問題解決までの時間を短縮。移動中でも、実験室や顧客のサイトでも、PCを使用してジッタ解析を実施し、DPOJETで結果の相関チェックを行える
    • ズーム機能に対応 - ズーム機能などのインタラクティブ・プロットにより、DUTのスペクトラム成分やジッタなどの動作を分離可能
    • カーソル機能に対応 - アイの高さや幅を測定するなど、カーソルを使用したDUTの性能評価が可能
    • 任意フィルタ - SDLAビジュアライザで作成されたフィルタを使用して、ケーブル、フィクスチャ、ケーブル・モデルのディエンベッドおよびエンベッドが可能
  • ドキュメント

    • 波形/プロット・アノテーション - 詳細な解析結果の共有。測定値、異常、重要ポイントなどを今後の参考にしたり、サプライヤとの連携やチームとの情報交換に利用可能
    • レポート - 詳細なテスト・レポートにより測定結果や設定の詳細を簡単に文書化
    • カスタム表示設定 - プロットを複数の設定にグループ化し、スタックまたはオーバーレイで表示可能
アプリケーション
  • コンプライアンス・テストおよび特性評価 - 高速シリアル・インタフェースのパラメトリック測定およびジッタ解析
  • デバッグ - 波形、測定値、および詳細設定などを離れた場所にいるチーム・メンバやサプライヤと共有しながら、障害の根本原因を調査することが可能
  • シミュレーション - ラボでの測定結果と、一般測定による結果およびデータ可視化表示を使用したシミュレーション結果とをすばやく比較可能
SidebySide

TekScope-Anywhere-Datasheet


TekScope-Anywhere-Datasheet


TekScope Anywhere™の概要

システムの複雑化にともない、実験室の外でも簡単に使用することができ、また場所を選ばずに、さまざまな人々と共同作業を行えるソリューションが必要とされるようになりました。そうしたニーズには、データを簡単に共有する方法から、ラボの外部で測定を実行する機能、さらに測定結果とシミュレーション結果を相関させる手法に至るまでさまざまなものがあります。

共同作業

Anywhere™はPCで動作し、取り込まれたデータを自分の実験室で解析できます。セッションはテクトロニクスのオシロスコープに簡単に保存し、呼び出せます。さらに、.wfm、.isf、.csv、.h5、および.tr0など、テクトロニクスの計測器以外のファイル・フォーマットもサポートされているので、比較検証の作業も簡単に行えます。

解析

測定結果では、ご使用のテクトロニクス・オシロスコープと共通の測定ライブラリが使用されているため、結果の相関チェックが可能です。TekScope Anywhere™では、パラメトリック、ジッタ、アイなどのさまざまな測定機能がサポートされています。カスタマイズが可能なプロットは、ズーム/カーソル・コントロールを使用したインタラクティブな操作に対応しており、カスタム表示を作成して共有することができます。

ドキュメント

結果および表示をセッション・ファイルとして保存し、アーカイブを作成することにより、後で使用したり、同僚やサプライヤに送って、デバッグ・セッションに役立てることができます。あるいは、レポート・ジェネレータを使用して、.pdfまたは.mhtフォーマットで保存することもできます。レポートでは、設定の詳細、測定結果、プロットなど、表示したい内容をカスタマイズできます。プロットや測定データも.csvフォーマット・ファイルに保存できるため、アーカイブの作成や外部アプリケーションでのデータ解析に活用できます。

共同作業およびセットアップの共有

TekScopeのセッション・エクスポート・ユーティリティとTekScope Anywhere™ PC解析ソフトウェアを使用すれば、オシロスコープで取り込んだデータを共有し、オフライン解析を行うことも簡単です。リモートでのデバッグ・セッションのためにデータを共有したり、後で使用するためにアーカイブを作成するときは、多くの場合、測定設定を始めとするオシロスコープの設定と波形データをすべて保存する必要があります。ご使用のテクトロニクスのDPO/MSO5000シリーズ、DPO7000Cシリーズ、またはDPO/MSO70000C/D/DX/SXシリーズ・オシロスコープでセッション・エクスポート・ユーティリティを使用することで、TekScope Anywhere™を使用して解析を行うのに必要なセットアップの再構築に必要な情報がすべて格納された単一のファイルを作成できます。


TekScope-Anywhere-Datasheet


エクスポート・セッション・ユーティリティにより、テクトロニクスのDPO/MSO5000シリーズ、DPO7000Cシリーズ、またはDPO/MSO70000C/D/DX/SXシリーズ・オシロスコープの機器の状態を保存できる


TekScope-Anywhere-Datasheet



TekScope-Anywhere-Datasheet


TekScope Anywhere™上に呼び出されたオシロスコープのセットアップ

データ・アーカイブ用レポート

解析が完了したらレポートを生成して、共有したり、アーカイブを作成できます。オプションを使用して、レポートの対象とするプロットや詳細設定を選択することで、ユーザはレポートに記載される情報を指定できます。レポートは.mhtまたは.pdfファイルとしてアーカイブされます。


TekScope-Anywhere-Datasheet


セットアップ詳細、測定設定と結果、およびプロットが表示された包括的なテスト・レポート

ラボでの結果とシミュレーション結果の比較を支援

実験室で測定を行うときによく問題になるのが、計測結果とシミュレーション結果の相関性です。結果に違いが生じる原因の1つは、測定アルゴリズムの違いにあります。TekScope Anywhere™を使用することで、.wfm、.csv、.bin、.trc、および.tr0 など、複数の波形フォーマットをインポートできるため、各種の解析ツールを利用できるようになり、解析ツールの違いによる測定結果のばらつきを解消できます。たとえば、ラボで取り込まれた波形と、別のオシロスコープで取り込まれた波形のアイ開口を同時に表示して、比較することができます。


TekScope-Anywhere-Datasheet


実験室の結果とシミュレーション結果を1つの画面に並べて表示して解析

カスタマイズ可能な表示

波形解析はオシロスコープの1つの表示画面だけには限定されません。TekScope Anywhere™を使用すると、解析環境をユーザ自身で管理することができます。

波形表示では、オーバーレイ・モード(左側の図を参照)またはスタック・モード(下の図を参照)のいずれかのオプションを利用できます。ユーザは目的に応じて、2つのモードを切り替えながら解析を行えます。たとえば、2つのデータ信号のエッジの交差を観測したいときには、オーバーレイ・モードが適しています。一般的には、波形の数が多くなると、スタック・モードの方が使いやすくなります。

他のケースでは、たとえば、波形とアイ・ダイアグラム、スペクトラム、バスタブ曲線、またはヒストグラムなどのプロット・データを評価しなければならない場合があります。プロットは波形と同じウィンドウ内に表示することもできますが、表示するスペースが足りない場合には、プロットのグループを作成して、2台目のモニタに表示することもできます。プロットのグループの内部では、ユーザは表示領域内のプロットをドラッグ&ドロップするだけで、レイアウトを自由にカスタマイズできます。たとえば、波形のジッタ・スペクトラムまたはFFTを表示するときは、次の図のように、スタック表示が適しています。または、並列表示を使用することもできます。

TekScope-Anywhere-Datasheet

時間ドメイン波形とジッタ・スペクトラムのスタック表示


TekScope-Anywhere-Datasheet


アイ・ダイアグラムと波形を個別に並列表示

必要なプロットを1つのディスプレイだけで十分に表示できなくなった場合には、即座にグループ化して、2台目のモニタに表示先を移すことができます。グループ化しておけば、ユーザは自由にレイアウトをカスタマイズし、タブまたはグリッドのいずれかのモードでプロットを表示できます。タブ・モードを使用すると、個々のプロットが表示される領域が最大になります。ユーザはタブをクリックして、表示するプロットを切り替えることができます。グリッド・モードを使用すると、グループのすべてのプロットが1つの画面に表示されます。次の2つの図は、同じプロットのグループを表示したものですが、上の図ではタブ・モード、下の図ではグリッド・モードが使用されています。ユーザはグループ・ツールバーのアイコンを使用して、2つのモードを切り替えながら解析できます。


TekScope-Anywhere-Datasheet


アイ・ダイアグラム、スペクトラム、ヒストグラムのプロット・グループのタブ表示


TekScope-Anywhere-Datasheet


アイ・ダイアグラム、スペクトラム、ヒストグラムのプロット・グループのグリッド表示

波形ズームおよびカーソル

ズームおよびカーソルを使用したインタラクティブ・プロット

プロットを活用することで、システムの動作を深いレベルまで把握できます。 アイ・ダイアグラムの特定の位置で正確に測定を行いたい場合や、特定周波数でのジッタを観測したい場合などに、正確な位置にカーソルを置けるように、プロット・データをズーム表示したいときがあります。 今日の多くの高速シリアル・インタフェースでは、スペクトラム拡散クロック(SSC)が使用されているために、33kHz付近で低周波ジッタが発生します。 デフォルトでは、スペクトラム・プロットには信号のジッタ成分全体が表示されますが、スペクトラム成分の特定の範囲について詳細に調査したい場合もあります。 ズーム機能を使用すれば、プロットの特に注目したい部分を正確に表示することができます。 ズーム表示を行っていても、概要ウィンドウを見れば、拡大された領域がプロット全体のどの部分であるかを一目で把握できます。

プロットおよび波形ではカーソルがサポートされているため、より詳細な測定データを利用できます。 たとえば、カーソルを使用すれば、アイの高さや幅を測定できます。または、バスタブ・プロットを評価することにより、特定のBERレベルでのアイ開口を測定することもできます。


TekScope-Anywhere-Datasheet


リードアウトの特徴的な部分に対してカーソル測定を行なうことにより、プロットおよび波形データの両方の結果をすばやく確認できる

ディエンベッド、エンベッド、およびイコライズ

今日の高速シリアル・インタフェースでは、測定を開始する前に、取り込まれた波形に対して後処理を実行しなければならない場合があります。 通常、近端側やトランスミッタ出力部で測定を行なうときは、測定回路による影響をディエンベッドします。 テクトロニクスの70000シリーズ・オシロスコープでSDLA Visualizerを使用すれば、ディエンベッド・フィルタを作成して、TekScope Anywhere™で使用できます。

同様に、遠端側やレシーバで測定を行なうときには、イコライゼーションを適用したり、場合によっては、チャンネルの特性をエンベッドする必要があります。 SDLAビジュアライザによって作成されたCTLEイコライゼーション・フィルタを使用すれば、TekScope Anywhere™で閉じたアイを開くことができます。

主な機能

TekScope Anywhereには、基本バージョンと拡張ジッタ解析バージョンの2種類の製品があります。以下の表は各バージョンの機能を簡単に比較したものです。

機能 基本バージョン 拡張ジッタ解析バージョン
波形とプロットを上限なく表示/注釈
波形とプロットのズーム
セッションの共有
レポートの生成
50種類以上の統計付きの振幅およびタイミング測定機能
測定ゲート
アイ・ダイアグラムおよびクロック・リカバリ
プロット・データの.csvファイルへのエクスポート
TIEタイム・トレンド/ヒストグラム・プロット
RJ/DJ分離  
ジッタ・スペクトラムおよびバスタブ・プロット  

拡張ジッタ解析機能付きのTekScope Anywhereでは、当社オシロスコープで利用可能な測定フレームワークであるDPOJETが使用されています。総合的なジッタ/アイ・ダイアグラム解析と分離アルゴリズムにより、今日の高速シリアル、デジタル/通信システム設計におけるシグナル・インテグリティやジッタの問題検出が容易になります。


TekScope-Anywhere-Datasheet


PCI Express Gen3 リンクでのジッタ/アイ解析

仕様

一般
時間測定
周期、周波数、立上り時間、立下り時間、立上りスルー・レート、立下りスルー・レート、ハイ時間、ロー時間、正のパルス幅、負のパルス幅、セットアップ、ホールド、スキュー、N周期、正のデューティ・サイクル、負のデューティ・サイクル、サイクル・サイクル周期、正のサイクル・サイクル・デューティ比、負のサイクル・サイクル・デューティ比、SSCプロファイル、SSC周波数偏差、SSC周波数偏差の最小値、SSC周波数偏差の最大値、SSC変調レート、レベル外の時間
振幅測定
振幅、最大、最小、ハイ、ロー、DCコモンモード、ACコモンモード、サイクル・オーバーシュート、サイクル・アンダーシュート、ピーク・ピーク、実効値、AC実効値、サイクル実効値、正のオーバーシュート、負のオーバーシュート、平均値、サイクル平均値、サイクル最小値、サイクル最大値、差動クロスオーバ、サイクル・ピーク、T/nT比、ビット・ハイ、ビット・ロー、ビット振幅
ジッタ測定
TIE、位相ノイズ
ジッタ測定(拡張ジッタ解析バージョン)
TIE、RJ、RJdd、[email protected]、DJ、DJdd、PJ、DDJ、DCD、J2、J9、SRJ、F/N
アイ測定(拡張ジッタ解析バージョン)
幅、幅@BER、高さ、高さ@BER、アイ・ハイ、アイ・ロー、Qファクタ
プロット

ヒストグラム、スペクトラム*、アイ・ダイアグラム、バスタブ*、時間トレンド

(*のプロットは拡張ジッタ解析バージョンでのみ利用可能)

サポートされる演算機能

+、-、*、/、積分、微分、Arbfilt、振幅/位相FFT

拡張演算機能

^、<、<=、>、>=、==、!=、反転、(, )、タイム・ポイント・ゲーティング(GATE {y1,y2}式)、log、ln、Exp、Sqrt、Floor、Ceil、Fabs、Sin、Cos、Tan、Asin、Acos、Atan、Sinh、Cosh、Tanh、Intg、Diff、Min、Max、Avg、-(negate)

サポートされる波形タイプ

.wfm、.isf(テクトロニクス)

.bin(キーサイト)

.trc(レクロイ)

.tr0(SPICE)

.h5(シミュレーション)

.csv(汎用)

波形のコントロール
ズーム
水平軸、または水平軸と垂直軸
カーソル
波形またはスクリーン
プロットのコントロール
ズーム
水平軸、または水平軸と垂直軸
カーソル
波形またはスクリーン
表示数
波形表示数
1(スタック・モードまたはオーバーレイ・モードに構成する機能)。 同時に表示可能な波形の最大数:12 
出力機能
レポート
包括的レポート(測定結果、プロット、およびシステム設定詳細。.pdfまたは.mhtフォーマットを利用可能)
複合ファイル
波形、測定結果、設定詳細を1つのファイルに保存
プロットおよび測定データ
プロットおよび測定データは.csvフォーマットでエクスポートが可能
最小システム構成
システム要件

Intel® Pentium® 4またはAMD Athlon® 64プロセッサ(2GHz以上)

64ビットWindows 7 SP1、Windows 8、またはWindows 8.1 

RAM容量:4GB(8GBを推奨)

ハードディスク空き容量:5GB(10GBを推奨)、正確な容量は波形の数およびサイズにより異なる

1366×768ディスプレイ(1920×1080を推奨)

OpenGL® 2.0、32ビット・カラー、および1GBのVRAM

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

TekScope Anywhere ™ソフトウェアは、http://www.tek.com/oscilloscope/tekscope-anywhere-waveform-analysis-softwareからダウンロードしていただけます。ソフトウェアを有効にするには、ライセンス・ファイルが必要です。基本バージョンはノードロック・ライセンスでご利用になれます。拡張ジッタ解析バージョンはノードロック・ライセンスおよびフローティング・ライセンスでご利用になれます。ノードロック・ライセンスは特定のPCに関連付けられます。フローティング・ライセンスは複数のPCで共有できます。

基本バージョン
型名 概要
TekScopeNL-BAS TekScope Anywhere™ PC波形解析ソフトウェア(固定ライセンス)
TekScopeFL-BAS TekScope Anywhere™ PC波形解析ソフトウェア(フローティング・ライセンス)
拡張ジッタ解析バージョン
型名 概要
TekScopeNL-DJA 拡張ジッタ解析機能を搭載したTekScope Anywhere PC波形解析ソフトウェア固定ライセンス
TekScopeFL-DJA 拡張ジッタ解析機能を搭載したTekScope Anywhere PC波形解析・ソフトウェア フローティング・ライセンス
ご使用中のDPO/DSA/MSO70000C/D/DXシリーズ、DPO7000Cシリーズ、またはDPO/MSO5000シリーズ・オシロスコープとTekScope Anywhere™の間でフローティング・ライセンスを共有したいユーザ向け
型名 概要
DPOFL-DJA DPOJETジッタ/アイ解析フローティング・ライセンス(TekScope Anywhere™またはDPO/DSA/MSO70000C/D/DX/SXシリーズ、DPO7000Cシリーズ、またはDPO/MSO5000オシロスコープ用)
注: PC上でライセンスを使用するときは、TekScopeNL-BASが必要
Last Modified: 2018-04-06 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top