TDS1000C-EDUシリーズ・データ・シート

デジタル・ストレージ・オシロスコープ
このデータ・シートの製品は、テクトロニクスでは販売終了となっています。

オンラインで読む:

TDS1000C-EDUシリーズ・デジタル・オシロスコープは、今日の教育機関のニーズに特化した設計になっています。その筐体に詰め込まれた機能とツールは覚えやすく、また簡単に操作でき、オシロスコープに初めて触れるユーザや学生にとってTDS1000C-EDUは理想の1台です。ユーザインタフェースは当社製TDSオシロスコープ・ファミリのものを踏襲しており、学生は世界で50万台もの販売実績を有するオシロスコープ・プラットフォームの操作方法を習得することになります。

主な仕様
  • 100MHz、60MHz、および40MHz帯域機種
  • 全機種とも2チャンネル
  • 最高サンプル・レート: 1GS/s(全チャンネル)
  • レコード長: 2.5kポイント(全チャンネル)
  • 拡張トリガ(パルス幅トリガ、ライン選択可能なビデオ・トリガなど)
主な特長
  • 16項目の自動測定、FFTによる波形解析
  • オートセットおよび信号のオートレンジ
  • プローブ・チェック・ウィザード
  • 11言語対応のユーザ・インタフェースとコンテキスト・ヘルプ
  • 144mm(5.7型)アクティブTFTカラー・ディスプレイ
  • 小型・軽量。奥行わずか124mm、質量2kg
  • 前面パネルのUSB 2.0ホスト・ポート経由で、データを容易に保存可能
  • USB 2.0デバイス・ポートを後部パネルに装備。PCとの接続およびPictBridge®互換プリンタへの直接印刷が可能
  • 3年保証

性能と価格

既存のカリキュラムと容易に統合できるよう、TDS1000C-EDUシリーズには、学生にオシロスコープの操作方法を指導するのに役立つ教育リソースCDが付属しています。TDS1000C-EDUシリーズでは、必要なツールとパフォーマンスを高コスト効率で利用できます。

デジタル精度で高確度の測定を実現

最高100 MHzの周波数帯域で最大1GS/sのサンプル・レートを達成。これをこの価格帯で実現できるデジタル・ストレージ・オシロスコープは他にありません。当社独自のサンプリング技術により、全チャンネルでリアルタイム・サンプリング(最小10倍のオーバーサンプリング)を実行し、信号を常に高確度で取り込むことができます。複数のチャンネルを使用している時でもサンプリング性能が低下することはありません。

デバイスのトラブルシューティングに不可欠のツール

拡張トリガ(立上り/立下りエッジ・トリガ、パルス幅トリガ、ビデオ・トリガ)により、目的の信号を短時間で識別できます。取り込んだ波形は、拡張演算機能と自動測定機能により高速で解析されます。波形のFFT、加算、減算、乗算を高速で実行できます。16項目の自動測定機能により、周波数や立上り時間など、信号の主要特性を迅速かつ正確に計算できます。

Thumbnail

波形をすばやく簡単に取り込むことが可能

操作性を考慮した設計

TDS1000C-EDUシリーズ・オシロスコープは、当社製品ならではの高い利便性と操作性を踏襲した設計になっています。

直観的操作

直感的なユーザ・インタフェース、チャンネル別の垂直軸操作、オートセットアップ、オートレンジにより、これらの機器は操作が容易であり、訓練時間の短縮と効率性アップにつながります。

必要なときにヘルプを参照可能

オシロスコープの諸機能に関しては、ヘルプ・メニューから重要な情報を参照することができます。ヘルプは、ユーザ・インタフェースと同じ言語で表示されます。

プローブ・チェック・ウィザード

測定前のプローブ補正をボタン操作1つだけで開始。迅速かつ容易に手順を実行することができます。

柔軟性の高いデータ転送

前面パネルのUSBホスト・ポート経由で、機器の設定、スクリーンショット、波形データをフラッシュ・メモリに保存することができます。

PC接続が容易

リアパネルのUSBデバイス・ポートからPCに接続し、付属のOpenChoice® PC接続ソフトウェアを使用すると、PCを使用して測定結果を取得、保存、または解析することができます。波形イメージや波形データは、スタンドアロンのデスクトップ・アプリケーションや Microsoft Word、Excel に簡単に取り込めます。また、PCを経由せず、波形イメージをPictBridge®対応プリンタに直接出力することもできます。

Thumbnail

OpenChoice PC通信ソフトウェアにより、測定結果を簡単に取り込み、保存し、解析することが可能

充実のパフォーマンス保証

TDS1000C-EDUシリーズ・オシロスコープは全機種とも、業界トップクラスのサービスとサポートに加えて、3年保証が標準で付いています。

教育リソース

TDS1000C-EDUシリーズは全機種とも教育リソースCDが付属しています。このCDには学生がオシロスコープの操作方法をマスターするのに役立つツールや、2セットのStudent Lab、インストラクター向けガイド、2冊の入門書が収録されています。オシロスコープ入門 学生向けラボとインストラクター向けガイド。学生にハンズオン・エクスペリエンスを提供し、オシロスコープ操作の基本を説明します。オシロスコープ・プローブ入門 学生向けラボとインストラクター向けガイド。ブローブ操作の基本と、プローブが測定品質に及ぼす影響について説明します。入門書としては、当社の入門書の中で最も人気があり多く使用されている『XYZs of Oscilloscopes』と『ABCs of Probes』の2冊をご用意しています。

Thumbnail

同梱の教育リソースCDには、学生がオシロスコープの操作方法を習得するのに役立つツールが収録されています。

仕様

すべての仕様は、特に断らないかぎり、保証値を表します。すべての仕様は、特に断らないかぎり、すべての機種に適用されます。

概要
  TDS1001C-EDU型 TDS1002C-EDU型 TDS1012C-EDU型
ディスプレイ(QVGA、LCD) TFT(全機種)
周波数帯域 40MHz 60MHz 100MHz
チャンネル数 全機種とも2チャンネル
外部トリガ入力 全機種
各チャンネルのサンプル・レート 500MS/s 1.0GS/s 1.0GS/s
垂直軸システム
レコード長
2.5kポイント(全機種、全時間軸設定)
垂直軸分解能
8ビット
垂直軸感度
2mV~5V/div(全機種共通、校正された微調節機能付)
DC垂直軸確度
±3%(全機種)
垂直軸ズーム
ライブ波形や停止波形の垂直軸方向の拡大縮小が可能
最大入力電圧
300Vrms CAT II、20dB/decade(100kHz超)で、13Vpp AC(3MHz)に低下
ポジション・レンジ

2~200mV/div+2V

>200mV~5V/div+50V

帯域リミット
20MHz(全機種)
入力インピーダンス
1MΩ(並列に20pF)
入力カップリング
AC、DC、GND(全機種)
水平軸システム
時間軸確度
50ppm
水平軸ズーム
ライブ波形や停止波形の水平軸方向の拡大縮小が可能
トリガ・システム
トリガ・モード
Auto、Normal、Single Sequence
トリガの種類
エッジ(立上り/立下り)
レベル検出トリガ。任意のチャンネルの立上りまたは立下りスロープ。カップリングの選択項目: AC、DC、ノイズ除去、HF除去、LF除去
ビデオ
全ラインまたは任意のライン、コンポジット・ビデオの奇数/偶数/全フィールド、または放送規格(NTSC、PAL、SECAM)でトリガ
パルス幅(またはグリッチ)
設定したパルス幅(33ns~10s)と比較して、小さい、大きい、等しい、または等しくない場合にトリガ
トリガ・ソース
CH1、CH2、Ext、Ext/5、ACライン
トリガ信号表示
Trigger Viewボタンを押下している間だけトリガ信号が表示される
トリガ信号周波数のリードアウト
トリガ・ソース信号の周波数がリードアウト表示される
アクイジション・システム
アクイジション・モード
ピーク・ディテクト
高周波およびランダム・グリッチの取り込み。アクイジション・ハードウェアを5μs/div~50s/divの全時間軸設定で使用して、最小12ns(代表値)のグリッチまで取込み可能
サンプル
サンプル・データのみ
アベレージ
波形アベレージング回数: 4、16、64、128から選択
シングル・シーケンス
Single Sequenceボタンを押すたびに、トリガ・アクイジション・シーケンスが1回取り込まれる
ロール・モード
時間軸設定が100ms/div超の場合に有効
波形測定
自動波形測定
周期、周波数、+幅、-幅、立上り時間、立下り時間、最大、最小、P-P、平均値、RMS、サイクルRMS、カーソルRMS、デューティ・サイクル、位相、遅延
カーソル
タイプ
振幅および時間
測定
ΔT、1/ΔT(周波数)、ΔV
波形演算
演算子
加算、減算、乗算、FFT
ソース
CH1-CH2、CH2-CH1、CH1+CH2、CH1×CH2
FFT

窓: ハニング、フラット・トップ、矩形

2,048サンプル・ポイント

オートセット・メニュー

1回のボタン操作で、すべてのチャンネルの垂直軸、水平軸、トリガを自動的に設定できる(オートセットはアンドゥ可能)

オートセットメニューで選択可能な信号タイプは次のとおり

方形波
1サイクル、複数サイクル、立上りエッジ、立下りエッジ
正弦波
1サイクル、複数サイクル、FFTスペクトラム
ビデオ(NTSC、PAL、SECAM)

フィールド: すべて、奇数、または偶数

ライン:すべてまたは任意のライン番号

オートレンジ
プローブを別のテスト・ポイントに移動した場合や、信号が大きく変動した場合、オシロスコープの垂直軸と水平軸を自動調節する
表示特性
ディスプレイ
QVGAカラーTFT
補間方式
Sin(x)/x
表示方式
ドット、ベクトル
パーシスタンス
オフ、1秒、2秒、5秒、無限
フォーマット
YTおよびXY
入出力インタフェース
USBポート

USB 2.0ポート×2

前面パネルのUSBホスト・ポートにUSBフラッシュ・メモリを挿入可能

後部パネルのUSBデバイス・ポートから、PCおよびすべてのPictBridge対応プリンタに接続可能

GPIB
オプション
不揮発性ストレージ
リファレンス波形表示
2.5kポイント・リファレンス波形(×2)
波形ストレージ(USBフラッシュ・メモリなし)
2.5kポイント(全機種)×2 
最大USBフラッシュ・メモリ容量
64GB
波形ストレージ(USBフラッシュ・メモリあり)
8MBあたり96以上のリファレンス波形
USBフラッシュ・メモリなしのセットアップ
前面パネルのセットアップ(×10)
USBフラッシュ・メモリありのセットアップ
8MBあたり4,000以上の前面パネル・セットアップ
スクリーン・イメージをUSBフラッシュ・メモリに保存

8MBあたり128以上のスクリーン・イメージ

実際に保存可能なスクリーン数は選択したフォーマットに依存

USBフラッシュ・メモリにすべてを保存

8MBあたり12以上またはすべての項目を保存

1回のSave All(すべて保存)動作で3~9のファイル(セットアップ、イメージ、表示波形ごとに1ファイル)を生成

電源
電源
ソース電圧
フル・レンジ: 100~240VAC RMS±10%、Installation Category II(90~264VACをカバー)
消費電力
消費電力: 30W未満(85~275VAC入力)
寸法/質量
機器の寸法
高さ
158.0mm
326.3mm
奥行
124.2mm
質量
機器単体
2.0kg
アクセサリ装着時
2.2kg
出荷時寸法
高さ
266.7mm
476.2mm
奥行
228.6mm
RM2000型ラックマウント寸法
高さ
177.8mm
482.6mm
奥行
108.0mm
EMC(電磁適合性)および安全性
温度
動作時
0~+50℃
非動作時
-40~+71℃
湿度
動作時

相対湿度: 80%以下(+40℃以下)

相対湿度: 45%以下(+50℃以下)

非動作時

相対湿度: 80%以下(+40℃以下)

相対湿度: 45%以下(+50℃以下)

高度
動作時
最高3,000m
非動作時
最高3,000m
EMC適合性
指令2004/108/EC、EN 61326-2-1クラスA、オーストラリアEMCフレームワークに準拠
安全性
UL61010-1:2004、CSA22.2 No. 61010-1:2004、EN61010-1:2001、IEC61010-1:2001、EU低電圧指令2006/95/EC
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top