お問い合わせ

テクトロニクス担当者とライブ・チャット: 午前6時~午後4時30分 PST

-

- 1-800-833-9200

全社でリモートワークをしております。 お問い合わせは右記お問い合わせ窓口(Web)をご利用ください。

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

シリアル・トリガ/解析

3シリーズMDO、4/5/6シリーズMSOアプリケーション・データ・シート

オンラインで読む:

シリアル・バスでは、1つの信号にアドレス、コントロール、データ、クロック情報が含まれているため、イベントの分離は難しくなっています。オプションのシリアル・アプリケーションを使用すれば、I2C、SPI、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、100BASE-T1、SENT、RS-232/422/485/UART、USB 2.0(LS、FS、HS)、Ethernet、I3C、SPMI、SpaceWire、8B/10B、NRZ、MIL-STD-1553、ARINC 429、I2S、LJ、RJ、PSI5、DPHY、TDMの自動デコード/解析が可能になり、オシロスコープはシリアル・バスをデバッグするための強力なツールになります。

主な特長

  • I2C、SPI、I3C5、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、5SENT、RS-232/422/485、UART、USB 2.0、Ethernet5、SPMI5、MIL-STD-1553、ARINC429、I2S、LJ、RJ、PSI5、DPHY、およびTDMの自動シリアル・デコード/解析オプション

  • アドレス、データなど、シリアル・バスの測定に不可欠なすべての要素にトリガ可能
  • 各メッセージの重要な要素すべてをデコード。1、0を数える必要なし
  • 検索条件を定義することで、長いメモリ長からでも特定のメッセージを検索可能。
  • デコードされたシリアル・バス動作をタイムスタンプ付のフォーマットでイベント・テーブルに表示できるため、システム動作をすばやく把握できる

シリアル・トリガ/解析アプリケーション

シリアル・アプリケーションは、I2C、SPI、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、100BASE-T1、SENT、RS-232/422/485、UART、USB 2.0(LS、FS、HS)、Ethernet、I3C、SPMI、SpaceWire、8B/10B、NRZ、MIL-STD-1553、ARINC429、I2S、LJ、RJ、PSI5、TDMバスの自動トリガ/デコード機能を提供しており、目的のイベントを効率的に検出、解析、デバッグできます。

シリアル・トリガ

I2C、SPI、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、SENT、RS-232/422/485、UART、USB 2.0、Ethernet、SPMI、MIL-STD-1553、ARINC429、I2S、LJ、RJ、PSI5、TDMなどのシリアル・バスにおいて、パケットの開始、特定のアドレス、特定のデータ内容、ユニーク識別子などのパケット内容にトリガすることができます。

バス表示

バス表示により、バスを構成するClock、Data、Chip Enableなどの個々の信号に沿ってわかりやすく表示でき、パケットの開始と終了、アドレス、データ、エラーなどのサブパケット・コンポーネントを簡単に識別できる

バス・デコード

波形からクロック数を数えて各ビットが1か0かを判定したり、各ビットをまとめてHex表示したりすることも面倒な作業です。

ご使用のオシロスコープにシリアル・アプリケーションを装備すれば、作業が非常に楽になります。バスの各パケットを自動的にデコードし、Hex、バイナリ、ASCII、または10進(特定のバスのみ)で表示することができます。

測定結果表

デコードされたパケット・データがバス波形上で見えるだけでなく、取込んだすべてのパケットを、ロジック・アナライザのようにリスト形式で見ることができます。パケットにはタイムスタンプが付き、アドレス、データなど、コンポーネントごとにカラムとして連続にリスト表示される

Wave Inspector®によるサーチ

シリアル・トリガは特定のイベントを検出するのに非常に便利な機能ですが、取込んだ後、そのイベントの周辺のデータまでは解析できません。

従来は波形をマニュアルでスクロールし、ビットを数え変換して、イベントの原因を探しました。シリアル・アプリケーションをインストールすると、シリアル・パケットの内容を定義すれば、取込んだ後でも自動的にデータを検索することができます。検出されたイベントには検索マークが付きます。オシロスコープ前面パネルや検索バッジの矢印((←)ボタンや(→))ボタンを押すだけで、各マーク間をすばやく移動することができます。3シリーズMDOでは、検索バッジの矢印を使用して移動します。

性能

I2Cの特性

バス設定オプション
特性 概要

I2Cのソース

(クロックとデータ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル6

アクティブなリファレンス・チャンネル6

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定
推奨プローブ シングルエンド
アドレスのリード/ライトを含む YesまたはNo
利用可能なアドレス/データ・フォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

開始

繰り返し開始

停止

Ackなし

アドレス(7または10ビット)

データ(1~5バイト)

アドレスとデータ

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高10Mbps(自動選択)
デコード表示

スタート(緑のバー)

アドレス(黄色のパケット)

データ(シアンのパケット)

Ackなし(赤のボックスの中に"!"マーク)

ストップ(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
色分けされたI2Cバス表示の例。Hex(16進)フォーマットで表示されている
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
I2Cバスの特定のアドレス値にトリガした例

SPIの特性

バス設定オプション
特性 概要
SPIのソース

(クロック、データ、スレーブ・セレクト)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル7

アクティブなリファレンス・チャンネル7

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定
推奨プローブ シングルエンド
デコード設定:

フレーム

クロック

スレーブ・セレクト

データ

ワード・サイズ

ビット順序

スレーブ・セレクト(3線SPI)、アイドル時間(2線SPI)

立上りまたは立下りエッジ

アクティブ・ハイまたはアクティブ・ロー

アクティブ・ハイまたはアクティブ・ロー

4~32ビット

最上位ビット(MSB)から、最下位ビット(LSB)から

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

SSアクティブ( 3線SPI)

フレームの開始(2線SPI)

データ(1~16バイト)

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高10Mbps(自動選択)
デコード表示

スタート(緑のバー)

データ(シアンのパケット)

ストップ(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デジタル・チャンネルで取り込まれたSPIバスの例。デコードされたSPIバスのデータが色分けされ、バイナリ形式で表示されている
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
SPIバスの特定のデータ値にトリガした例

I3Cの特性8

バス設定オプション
特性 概要

I3Cのソース

(クロックとデータ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとのスレッショルド設定

速度

ハイスピード(480Mbps)

フルスピード(12Mbps)

ロースピード(1.5Mbps)

推奨プローブ

シングルエンド

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

開始

繰り返し開始

アドレス

データ

I3C SDRダイレクト・メッセージ

I3C SDRブロードキャスト・メッセージ

I3C DDRメッセージ

エラー

Hot-Join

ダイレクト・メッセージ終了

停止

HDR再開

HDR終了

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高12.5Mbps(自動選択)
デコード表示

スタート(緑のバー)

アドレス(黄色のパケット)

コマンド(シアンのパケット)

データ(シアンのパケット)

パリティ(紫のパケット)

ストップ(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。I3Cバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
I3Cバスで特定のデータ・パターンでサーチした例。シンクで自動的にサーチされている

RS-232/RS-422/RS-485/UARTの特性

バス設定オプション
特性 概要
ソース(RS-232、UART)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル9

アクティブなリファレンス・チャンネル9

ソース(RS-422、RS-485)

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル1

アクティブなリファレンス・チャンネル1

極性

ノーマル(RS-232)

反転(UART、RS-422、RS-485)

パリティ

なし

奇数

偶数

推奨プローブ(RS-232、UART) シングルエンド
推奨プローブ(RS-422、RS-485) 差動
ビット数 7~9
利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ASCII

パケット表示

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

開始

パケットの終了

データ(1~10バイト)

パリティ・エラー

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高15Mbps

3シリーズMDO:最高10Mbps

ビット・レートの選択

300bps

1,200bps

2,400bps

9,600bps

19,200bps

38,400bps

115,200bps

921,600bps

カスタム(3シリーズMDOを除く):50bps~15Mbps

カスタム(3シリーズMDO):50bps~10Mbps

デコード表示

開始(緑のパケット)

データ(シアンのパケット)

パリティ(紫のパケット)

パリティ・エラー(赤のパケット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
RS-232バス設定とASCII表示の例。ソース信号の割り当て、デジタル・チャンネルのスレッショルド、および極性が表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
RS-232バスをパケット表示フォーマットで表示した例。Wave Inspectorにより、"Tek"というデータ文字列が自動的にサーチされている

CANの特性

バス設定オプション
特性 概要
CAN_H、CAN_L、Rx、またはTx(シングルエンド・プロービング)のソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル10

アクティブなリファレンス・チャンネル10

Diff

(差動プロービング)

のソース

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル10

アクティブなリファレンス・チャンネル10

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定
推奨プローブ:

CAN_H、CAN_L、Rx、Tx

Diff

シングルエンド

差動

ビット・レートの選択:

あらかじめリストされているレート

カスタム

10kbps~1Mbps

全機種(3シリーズMDOを除く):1kbps~1Mbps

3シリーズMDO:10kbps~1Mbps

サンプル・ポイント

全機種(3シリーズMDOを除く):UIのビット周期の0%~100%

3シリーズMDO:UIのビット周期の5%~95%

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

シンボル(.dbc)10

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要

トリガ/サーチ条件

フレームの開始

フレームの種類(データ、リモート、エラー、オーバーロード)

識別子(標準または拡張)

データ(バイト数:1~8、トリガ/サーチ条件:=、≠、<、≤、>、≥)

識別子とデータ

EOF

Ackなし

ビット・スタッフィング・エラー

バス検索オプション(シンボル)
特性 概要

メッセージ

.dbcファイルで定義10

メッセージと信号

.dbcファイルで定義10

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高1Mbps(自動選択)
デコード表示

フレームの開始(緑のバー)

識別子(黄色のパケット)

データ長コントロール(紫のパケット)

データ(シアンのパケット)

CRC(紫のパケット)

フレームの終了(赤のバー)

エラー(赤のパケット)

プロトコルのデコード結果表の例。CANバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
CANバスの特定の拡張識別子の値にトリガした例

CAN FD(ISOおよび非ISO)の特性

バス設定オプション
特性 概要

CAN_H、CAN_L、Rx、またはTxのソース

(シングルエンド・プロービング)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル11

アクティブなリファレンス・チャンネル11

Diffのソース

(差動プロービング)

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル1

アクティブなリファレンス・チャンネル1

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定

推奨プローブ:

CAN_H、CAN_L、Rx、またはTx

Diff

シングルエンド

差動

バージョン

ISO

非ISO

SDビット・レートの選択:

あらかじめリストされているレート

カスタム

10kbps~1Mbps

全機種(3シリーズMDOを除く):50kbps~10Mbps

3シリーズMDO:10kbps~1Mbps

FDビット・レートの選択:

あらかじめリストされているレート

カスタム

全機種(3シリーズMDOを除く):1Mbps~16Mbps

3シリーズMDO:1Mbps~7Mbps

全機種(3シリーズMDOを除く):500kbps~16Mbps

3シリーズMDO:500kbps~7Mbps

サンプル・ポイント

全機種(3シリーズMDOを除く):UIのビット周期の55%~95%

3シリーズMDO:UIのビット周期の15%~95%

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

シンボル(.dbc)1

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要

トリガ/サーチ条件

フレームの開始

フレームの種類(データ、リモート、エラー、オーバーロード)

FDビット(ビット・レート・スイッチ・ビット、エラー状態インジケータ・ビット)

識別子(標準または拡張)

データ(1~8バイト、トリガ/サーチ条件:=、≠、<、≦、>、≧)

識別子とデータ

フレームの終了

エラー(Ackなし、ビット・スタッフ・エラー、FDフォーム・エラー、任意のエラー)

バス検索オプション(シンボル)
特性 概要

メッセージ

.dbcファイルで定義1

メッセージと信号

.dbcファイルで定義1

バス・デコード
特性 概要

デコード表示

フレームの開始(緑のバー)

識別子(黄色のパケット)

データ長コントロール(紫のパケット)

データ(シアンのパケット)

CRC(紫のパケット)

フレームの終了(赤のバー)

エラー(赤のパケット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。CAN FDバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
CAN FDバスで特定の識別子の値およびデータ・パターンにトリガした例。同じデータ・パターンが自動的にサーチされている

LINの特性

バス設定オプション
特性 概要
LINのソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル12

アクティブなリファレンス・チャンネル12

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定
推奨プローブ シングルエンド
極性

ノーマル

反転

ビット・レートの選択:

あらかじめリストされているレート

カスタム

1.2kbps~19.2kbps

全機種(3シリーズMDOを除く):1kbps~100kbps

3シリーズMDO:800bps~100kbps

サンプル・ポイント

全機種(3シリーズMDOを除く):UIのビット周期の0%~100%

3シリーズMDO:UIのビット周期の10%~90%

LIN規格

V 1.x

V 2.x

両方

パリティ・ビットとIDを含む

×

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックス

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

シンク

識別子

データ(バイト数:1~8、トリガ/サーチ条件:=、≠、<、≤、>、≥、範囲内、範囲外)

IDとデータ

ウェイクアップ・フレーム

スリープ・フレーム

エラー(シンク、IDパリティ、チェックサム)

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最大100kbps、最大20kbpsのLIN設定(自動バス・デコードの場合)
デコード表示

フレームの開始(緑のバー)

シンク

識別子(黄色のパケット)

データ(シアンのパケット)

CRC(紫のパケット)

エラー(赤のパケット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。取り込まれたすべてのLINパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
複数バス(LINとCAN)の表示例。バス間のタイミングも表示されている

FlexRayの特性

バス設定オプション
特性 概要
差動プロービングのソース(Bdiff)

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル13

アクティブなリファレンス・チャンネル13

シングルエンド・プロービングのソース(BP、BM)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル1

アクティブなリファレンス・チャンネル1

シングルエンド・プロービングのソース(Tx、Rx)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル1

アクティブなリファレンス・チャンネル1

スレッショルド:

Bdiff

BP、BM(アナログ・チャンネル)

BP、BM(デジタル・チャンネル)

Tx、Rx

ハイ、ローのスレッショルド

ハイ、ローのスレッショルド

シングルエンドのスレッショルド

シングルエンドのスレッショルド

推奨プローブ:

Bdiff、BP、BM

Tx、Rx

差動

シングルエンド

チャンネル・タイプ

A

B

ビット・レートの選択:

あらかじめリストされているレート

カスタム

2.5Mbps、5Mbps、10Mbps

1Mbps~10Mbps

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex(10進:ID、Len、およびカウント; Hex:データとCRC)

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

フレームの開始

インジケータ・ビット(ノーマル、ペイロード、シンク、スタートアップ)

サイクル・カウント(=、≠、<、≦、>、≧)

ヘッダ・フィールド(インジケータ・ビット、識別子、ペイロード長、ヘッダCRC、サイクル・カウント)

識別子(=、≠、<、≦、>、≧)

データ(=、≠、<、>、≦、≧)

識別子とデータ

フレームの終了(スタティック、ダイナミック)

エラー(ヘッダCRC、トレーラCRC、ヌル・フレーム(スタティック)、NULLフレーム(ダイナミック)、同期フレーム(ダイナミック)、開始フレームの同期はずれ)

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高10Mbps(バスの自動デコードの場合)
デコード表示

TTS(紫のボックス)

開始(緑のブラケット)

フレームID(黄色のボックス)

ペイロード長(紫のボックス)

ヘッダ(紫のボックス)

サイクル・カウント(黄色のボックス)

データ(シアンのボックス)

CRC、DTS、CID(紫のボックス)

終了(赤のブラケット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デコードされたFlexRayバスの例。指定された識別子の値にトリガし、取込みが行われている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デコードされたFlexRayバスの例。指定範囲のすべてのデータ値がピンクのブラケットでマークされている

SENTの特性14

バス設定オプション
特性 概要
SENTソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定
推奨プローブ シングルエンド
極性

ノーマル

反転

クロックTick 1μs~300μs
Tickの許容範囲 1%~30%
高速データ・チャンネル 1または2
データ・ニブル

(高速データ・チャンネル1)

3、4、または6ニブル
チャンネル幅(C1/C2)

(高速データ・チャンネル2)

12/12、14/10、または16/8ビット
ポーズ・パルス

×

低速チャンネル

なし

拡張(4ビットID)

拡張(8ビットID)

ショート

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

バイナリ(2進)

Hex(16進)

ミックスド10進

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・トリガ・オプション
特性 概要
トリガ

パケットの開始

Fast Channel(ステータス/通信、データ)

Slow Channel(メッセージID、データ)

CRCエラー(Fast Channel、Slow Channel)

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

パケットの開始

Fast Channel(ステータス/通信、データ)

Slow Channel(メッセージID、データ)

ポーズ・パルス(Tickの数)

エラー(フレーム長、Fast Channel CRC、Slow Channel CRC)

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高10Mbps(バスの自動デコードの場合)
デコード表示

シンク(緑のパケット)

Fast Channelのステータス(紫のパケット)

Slow ChannelのメッセージID(黄色のパケット)

データ(シアンのパケット)

CRC(紫のパケット)

ポーズ(紫のパケット)

エラー(赤のパケット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。SENTバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
SENTバスで特定のFast Channelステータスおよびデータ・パターンにトリガした例。同じデータ・パターンが自動的にサーチされている

MIL-STD-1553の特性

バス設定オプション
特性 概要
MIL-STD-1553のソース

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

極性

ノーマル

反転

スレッショルド

シングルエンド:チャンネルごとに設定可能

差動:ハイ、ローのスレッショルド

推奨プローブ シングルエンドまたは差動
ビット・レート 規格につき1Mbps
応答時間 2µs~100µs
利用可能なフォーマット

ミックスドHex

ミックスドASCII

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

シンク

コマンド(送受信ビット、パリティ、サブアドレス/モード、ワード・カウント/モード・カウント、RTアドレス(=、≠、<、≦、>、≧、範囲内、範囲外))

ステータス(パリティ、

ビット9 - メッセージ・エラー、

ビット10 - インストゥルメンテーション、

ビット11 - サービス・リクエスト、

ビット15 - ブロードキャスト・コマンド・レシーブ、

ビット16 - ビジー、

ビット17 - サブシステム・フラグ、

ビット18 - ダイナミック・バス・コントロール・アクセプタンス(DBCA)、

ビット19 - ターミナル・フラグ、

およびデータ(=、≠、<、≦、>、≧、

範囲内、範囲外))

データ(パリティ、およびデータ(=、≠、<、≦、>、≧、

範囲内、範囲外))

時間(RT/IMG)(最長以上、最短以下、範囲内、範囲外)

エラー(パリティ・エラー、シンク・エラー、マンチェスター・エラ(トリガのみ)、非連続データ)

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高1Mbps(バスの自動デコードの場合)
デコード表示

スタート(緑のバー)

シンク(紫のパケット、ワード・タイプの識別)

アドレス(黄色のパケット)

R/T(紫のパケット)

ワード・カウント(紫のパケット)

データ(シアンのパケット)

パリティ(紫のパケット)

エラー(赤のパケット)

ストップ(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。取り込まれたすべてのMIL-STD-1553パケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
MIL-STD-1553バスで特定のコマンド・パターンにトリガした例。同じパターンが自動的にサーチされている

ARINC 429の特性

バス設定オプション
特性 概要
ARINC 429のソース

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

信号の種類

差動

極性

ノーマル

反転

スレッショルド

ハイ、ローのスレッショルド

推奨プローブ

差動

ビット・レートの選択:

あらかじめリストされているレート

カスタム

12.5kbps、100kbps

10kbps~1Mbps

データ・フォーマット

データ (19ビット)

SDI+データ (21ビット)

SDI+データ+SSM (23ビット)

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要
トリガ/サーチ条件

ワード開始

ラベル(=、≠、<、≦、>、≧、範囲内、範囲外)

データ(=、≠、<、≦、>、≧、範囲内、範囲外)

ラベル/データ(ラベル値/データの条件:=、≠、<、≦、>、≧、範囲内、範囲外)

ワード終了

エラー(任意のエラー、パリティ・エラー、ワード・エラー、ギャップ・エラー)

バス・デコード
特性 概要
デコード表示

開始(緑のブラケット)

ラベル(黄色のボックス)

送信元/送信先識別子(黄色のボックス)

データ(シアンのボックス)

SSM(Sign/Status Matrix)(紫のボックス)

パリティ(紫のボックス)

終了(赤のブラケット)

エラー(赤のボックス)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デコードされたARINC 429バスの例。指定されたラベルの値にトリガし、取込みが行われている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デコードされた ARINC 429バスの例。指定範囲のすべてのデータ値がピンクのブラケットでマークされている

オーディオ特性

バス設定オプション
特性 概要

オーディオ・ソース(ビット・クロック、ワード・セレクト、データ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル15

アクティブなリファレンス・チャンネル15

スレッショルド

チャンネルごとのスレッショルド設定

ビット・クロックの極性

立上りエッジ

立下りエッジ

ワード・セレクトの極性

ノーマル

反転

データの極性

アクティブ・ハイ

アクティブ・ロー

ワード・サイズ

4~32ビット

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

符号付き10進

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バスのトリガ/サーチ・オプション
特性 概要

トリガ/サーチ条件

ワード・セレクト(I2S、LJ、RJのみ)

フレーム・シンク(TDMのみ)

データ(=、≠、<、>、≦、≧、範囲内、範囲外、左/右ワードまたはいずれかのワード)

バス・デコード
特性 概要

最大クロック/データ・レート

全機種(3シリーズMDOを除く):最高10Mbps(バスの自動デコードの場合)

3シリーズMDO:最高12.5Mbps(I2S/LJ/RJバスの自動デコードの場合)

3シリーズMDO:最高25Mbps(TDMバスの自動デコードの場合)

デコード表示

左側のチャンネル・データ(I2S、LJ、RJ)(黄色のボックス)

右側のチャンネル・データ(I2S、LJ、RJ)(シアンのボックス)

チャンネル1のデータ(TDM)(黄色のボックス)

チャンネル2~Nのデータ(TDM)(シアンのボックス)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デコードされたI2Sバスの例。データ値が符号付き10進数で表示されており、MSOは特定のデータ値でトリガしている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
デコードされたI2Sバスの例。データ値が測定結果表にHex(16進)で表示されており、Wave Inspectorの自動サーチ機能により、データ値が0X(HEX)のデータがすべてマークされている

USB 2.0の特性

バス設定オプション
特性 概要
USB 2.0のソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル(シングルエンド)

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド チャンネルごとのスレッショルド設定
速度

ハイスピード(480Mbps)

フルスピード(12Mbps)

ロースピード(1.5Mbps)

推奨プローブ(LSおよびFS) シングルエンド
推奨プローブ(HS) 差動
利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドASCII

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・トリガ・オプション
特性 概要
トリガ

シンク

リセット

スリープ・モード

レジューム

パケットの終了

トークン(アドレス)パケット

データ・パケット

ハンドシェイク・パケット: ACK、NAK、STALL、NYET(HSのみ)

スペシャル・パケット:PRE(FSのみ)、ERR、SPLIT、PING、リザーブ

エラー:PIDチェック、CRC5またはCRC16、ビット・スタッフィング(LSとFSのみ)

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

シンク

リセット

スリープ・モード

レジューム

パケットの終了

トークン(アドレス)パケット

データ・パケット

ハンドシェイク・パケット: ACK、NAK、STALL、NYET(HSのみ)

スペシャル・パケット:PRE(FSのみ)、ERR、SPLIT、PING、リザーブ

エラー:PIDチェック、CRC5またはCRC16、ビット・スタッフィング(LSとFSのみ)

バス・デコード
特性 概要
デコード表示

パケットの開始(緑のバー)

シンク(緑のパケット)

PID(黄色のパケット)

トークン(アドレス)(黄色のパケット)

データ(シアンのパケット)

CRC(紫のパケット)

エラー(赤のパケット)

パケットの終了(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。USBバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
USB 2.0バスで特定のデータ・パターンにトリガした例。シンクで自動的にサーチされている

Ethernetの特性16

バス設定オプション
特性 概要

Ethernetのソース

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとのスレッショルド設定

速度

10BASE-T

100BASE-TX

推奨プローブ

差動

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドASCII

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・トリガ・オプション
特性 概要

トリガ

SFD(Start Frame Delimiter)

MACアドレス

Qタグ・コントロール情報

MAC長/タイプ

IPV4ヘッダ

TCPヘッダ

MACデータ

TCP/IPv4クライアント・データ

アイドル

パケットの終了

フレーム・チェック・シーケンス(CRC)エラー

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

SFD(Start Frame Delimiter)

MACアドレス

Qタグ・コントロール情報

MAC長/タイプ

IPV4ヘッダ

TCPヘッダ

MACデータ

TCP/IPv4クライアント・データ

アイドル

パケットの終了

フレーム・チェック・シーケンス(CRC)エラー

バス・デコード
特性 概要

デコード表示

パケットの開始(緑のバー)

プリアンブル(紫のパケット)

SFD(紫のパケット)

アドレス(黄色のパケット)

タイプ(黄色のパケット)

IPパケット(紫のパケット)

データ(シアンのパケット)

IPv4パケット(ピンクのパケット)

TCPパケット(白のパケット)

フレーム・チェック・シーケンス(黄色のパケット)

エラー(赤のパケット)

パケットの終了(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。10BASE-T Ethernetバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
100BASE-TX Ethernetバスにトリガし、自動的にサーチされている

SPMIの特性17

バス設定オプション
特性 概要

SPMIのソース(クロックとデータ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとのスレッショルド設定

推奨プローブ

シングルエンド

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・トリガ・オプション
特性 概要

トリガ

シーケンス開始条件(SSC)

リセット

スリープ

シャットダウン

ウェイクアップ

認証

マスタ・リード

マスタ・ライト

レジスタ・リード

レジスタ・ライト

拡張レジスタ・リード

拡張レジスタ・ライト

拡張レジスタ・リード・ロング

拡張レジスタ・ライト・ロング

デバイス・ディスクリプタ・ブロック・マスタ・リード

デバイス・ディスクリプタ・ブロック・スレーブ・リード

レジスタ0ライト

バス所有権の転送

パリティ・エラー

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

シーケンス開始条件(SSC)

リセット

スリープ

シャットダウン

ウェイクアップ

認証

マスタ・リード

マスタ・ライト

レジスタ・リード

レジスタ・ライト

拡張レジスタ・リード

拡張レジスタ・ライト

拡張レジスタ・リード・ロング

拡張レジスタ・ライト・ロング

デバイス・ディスクリプタ・ブロック・マスタ・リード

デバイス・ディスクリプタ・ブロック・スレーブ・リード

レジスタ0ライト

バス所有権の転送

パリティ・エラー

バス・デコード
特性 概要

デコード表示

調停開始(黄色のバー)

コネクト・ビット(紫のパケット)

マスタID(紫のパケット)

アラート・ビット(黄色のパケット)

スレーブ・リクエスト・ビット(黄色のパケット)

マスタ・プライオリティ・レベル(灰色のパケット)

SSC(緑のバー)

コマンド・フレーム、バイト・カウントを含む18

アドレス(黄色のパケット)

データ(シアンのパケット)

パリティ(紫のパケット)

Ack/Nack(紫のパケット)

パリティ・エラー(赤のパケット)

パケットの終了(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。SPMIバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
Transfer Bus OwnershipコマンドでSPMIバスが自動的にサーチされている

SpaceWireの特性

バス設定オプション
特性 概要

SpaceWireのソース

(ストローブとデータ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとに設定可能

推奨プローブ

差動

利用可能なアドレス/データ・フォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

同期

コントロール・コード

コントロール文字

データ

エラー

バス・デコード
特性 概要

最大クロック/データ・レート

2Mbps~200Mbps

デコード表示

なし

コントロール文字

コントロール・コード

FCT

タイムコード

パリティ

データコントロール・フラグ

データ

パケットの終了

パケットの終了エラー

シングル・シーケンス

エスケープ・エラー

開始FCT

開始NULL

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
SpaceWireバスで特定のデータ・パターンでサーチした例。シンクで自動的にサーチされている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。SpaceWireバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

車載用Ethernet(100BASE-T1)の特性

バス設定オプション
特性 概要

Ethernetのソース

アナログ・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとに設定可能

速度

100Mbps

推奨プローブ

差動

利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドASCII

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

フレームの開始

SFD(Start Frame Delimiter)

MACアドレス

Qタグ・コントロール情報

MAC長/タイプ

IPV4ヘッダ

TCPヘッダ

MACデータ

TCP/IPv4クライアント・データ

パケットの終了

フレーム・チェック・シーケンス(CRC)エラー

バス・デコード
特性 概要

最大クロック/データ・レート

100Mbps

デコード表示

パケットの開始(緑のバー)

プリアンブル(紫のパケット)

SFD(紫のパケット)

アドレス(黄色のパケット)

タイプ(黄色のパケット)

IPパケット(紫のパケット)

データ(シアンのパケット)

IPv4パケット(ピンクのパケット)

TCPパケット(白のパケット)

フレーム・チェック・シーケンス(黄色のパケット)

エラー(赤のパケット)

パケットの終了(赤のバー)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。車載用Ethernet(100BASE-T1)バスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
車載用Ethernet(100BASE-T1)バスで特定のデータ・パターンでサーチした例。フレームの開始で自動的にサーチされている

8B/10Bの特性

バス設定オプション
特性 概要

8B/10Bのソース

(ストローブとデータ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとに設定可能

推奨プローブ

差動

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

シンボル

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

シンボル(フォーマット:8ビット、10ビットおよびシンボル)

エラー

バス・デコード
特性 概要

最大クロック/データ・レート

1Tbps

デコード表示

コントロール・シンボル(黄色のパケット)

データ・シンボル(シアンのパケット)

エラー処理

無効なシンボル

ランニング・ディスパリティ(6ビットと4ビット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
8B/10Bバスのシンボル・フォーマットの特定のデータ・シンボルで検索

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。8B/10Bバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

NRZの特性

バス設定オプション
特性 概要

NRZのソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとに設定可能

推奨プローブ

差動

ビット順序

MSBファースト

LSBファースト

極性

ノーマル

反転

利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス検索オプション
特性 概要

検索対象

データ・バイト(最大5)

バス・デコード
特性 概要

最大クロック/データ・レート

1Gbps

デコード表示

データ(シアンのパケット)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
NRZバスのシンボル・フォーマットの特定のデータ・シンボルで検索

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。NRZバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

PSI5の特性

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
PSI5(センサ-ECU)のコンフィグレーション

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
PSI5(ECU-センサ)のコンフィグレーション

バス設定オプション
特性 概要

PSI5のソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド

チャンネルごとのスレッショルド設定

推奨プローブ

センサ-ECU

電流プローブ(最小定格電流50mA未満)- TCP2020型、TCP202A型

ECU-センサ

差動電圧プローブ - TDP1000型、TDP1500型、TAP1500型

方向

ECU-センサ

センサ-ECU

方向 - センサ→ECU

モード

低速(83.3kbps)

標準(125kbps)

高速(189kbps)

データA

10~24ビット

データB

0~12ビット

フレーム・コントロール

0~4ビット

ステータス

0~3ビット

方向 - ECU→センサ

シンク・ビット周期

1μs~300s

シンク・モード

パルス幅

トゥース・ギャップ

データ・フォーマット

ニブル

バイト

デコード・フォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex

表示モード
特性 概要

バス

バスのみ

バスと波形

バス波形とデジタル波形の同時表示

測定結果表

デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス検索オプション
特性 概要

マーク対象

方向 - センサ→ECU

開始(パケットの開始)

ステータス

データ(領域Bと領域A)

ブロックID

センサ・ステータス(5種類のステータス)

エラー(パリティCRCおよび任意)

方向 - ECU→センサ

開始(パケットの開始)

ステータス

データ(4ビットまたは8ビット)

ファンクション・コード

センサ・アドレス

レジスタ・アドレス

CRCエラー

バス検索のオプションは、バス・コンフィグレーションの方向の設定によって異なります。

バス・デコード
特性 概要
デコード表示 方向 - センサ→ECUのパケット

メッセージ・フィールド(黄色のフィールド)

ステータス(黄色のフィールド)

フレーム・コントロール(黄色のフィールド)

データB(シアンのフィールド)

データA(シアンのフィールド)

パリティまたはCRC(紫のフィールド)

方向 - ECU→センサのパケット

センサ・アドレス(黄色のフィールド)

ファンクション・コード(黄色のフィールド)

レジスタ・アドレス(黄色のフィールド)

データ(シアンのフィールド)

CRC(紫のフィールド)

エラー・タイプ

パリティ

CRC

応答コード(センサ→ECU)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
PSI5の検索コンフィグレーション

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
PSI5の測定結果表

MDIOの特性

バス設定オプション
特性 概要
MDIOのソース(クロック、データ)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド チャンネルごとに設定可能
推奨プローブ シングルエンド
利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
バス・コンフィグレーション

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

開始パケット

OpCode

物理アドレス

レジスタ・アドレス

データ

エラー:任意、OpCodeエラー、デバイス・タイプ・エラー

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
検索コンフィグレーション

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高周波数(最高2.5MHz)
デコード表示

開始パケット(緑)

Clause(緑)

OpCode(黄色)

物理アドレス(黄色)

レジスタ・アドレス(黄色)

デバイスの種類

データ/アドレス(シアン)

エラー:任意、OpCodeエラー、

デバイス・タイプ・エラー(赤)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9

SVIDの特性

バス設定オプション
特性 概要
SVIDのソース(クロック、データ、アラート)

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド チャンネルごとに設定可能
推奨プローブ シングルエンド
利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
バス・コンフィグレーション

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

開始

スレーブ・アドレス

コマンド

ペイロード:マスタ、スレーブ、いずれか

エラー:任意、Ackなし、パリティ

終了

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
検索コンフィグレーション

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形 バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表 デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート 最高周波数(最高26.25MHz)
デコード表示

開始(緑)

スレーブ・アドレス(黄色)

コマンド(黄色)

マスタ・ペイロード(シアン)

マスタ・パリティ(紫)

終了(紫)

ターンアラウンド(紫)

Ack(紫)

スレーブ・ペイロード(シアン)

スレーブ・パリティ(紫)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9

e-USB2

バス設定オプション
特性 概要
ソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル(シングルエンド)

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド チャンネルごとに設定可能
速度

ハイスピード(480Mbps)

フルスピード(12Mbps)

ロースピード(1.5Mbps)

推奨プローブ(HS、LS、FS) シングルエンド(TAP1500型シングルエンド・アクティブ)
利用可能なフォーマット

ミックスドHex

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドASCII

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
バス・コンフィグレーション

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

特性の説明

シンクで検索

リセット

スリープ・モード

レジューム/ウェイク

接続

コントロール・メッセージ

ポート・リセット

ポート・コンフィグレーション

デバイス・チャープ

ホスト・チャープ

パケットの終了

トークン(アドレス)パケット

データ・パケット

ハンドシェイク・パケット: ACK、NAK、STALL、NYET(HSのみ)

スペシャル・パケット:PRE(FSのみ)、ERR、SPLIT、PING

予約

エラー:PIDチェック、CRC5またはCRC16、ビット・スタッフィング(LSとFSのみ)

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
検索コンフィグレーション

バス・デコード
特性 概要
デコード表示

パケットの開始(緑のバー)

シンク(緑のパケット)

PID(黄色のパケット)

トークン(アドレス)(黄色のパケット)

データ(シアンのパケット)

CRC(紫のパケット)

エラー(赤のパケット)

パケットの終了(赤のバー)

コントロール・メッセージ(黄色のパケット)

ゼロ(青のパケット)

Ack(紫のパケット)

ポート・リセット(赤のバー)

ポート・コンフィグレーション(緑のバー)

接続(緑のバー)

レジューム/ウェイク(緑のバー)

デバイス・チャープ(緑のバー)

ホスト・チャープ(緑のバー)

リセットの終了(赤のバー)

結果表示およびその他の機能
特性 概要

表形式の表示

*機種によって異なる

10,000*ポイント以上

保存 測定結果表をCSVで保存
セッション プロトコル・セットアップ・セッションの保存

バスの同時測定

*機種によって異なる

複数のバスを同時にロード*
今後追加予定の機能 プロトコルのタイミング測定
検索テーブル 検索ヒット数をヒット間の経過時間とともに表示

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
測定結果表(デコードされた波形付き)

マンチェスターの特性

バス設定オプション
特性 概要
マンチェスターのソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル(シングルエンド)

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

バス・セットアップ:許容度「0」のスレッショルド・アイドル・ビットの遷移
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
推奨プローブ 差動/シングルエンド
利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

パケット表示
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

特性の説明

シンクで検索

リセット

スリープ・モード

レジューム/ウェイク

接続

コントロール・メッセージ

ポート・リセット

ポート・コンフィグレーション

デバイス・チャープ

ホスト・チャープ

パケットの終了

トークン(アドレス)パケット

データ・パケット

ハンドシェイク・パケット: ACK、NAK、STALL、NYET(HSのみ)

スペシャル・パケット:PRE(FSのみ)、ERR、SPLIT、PING

予約

エラー:PIDチェック、CRC5またはCRC16、ビット・スタッフィング(LSとFSのみ)

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表デコードされたパケット・データを表形式で表示(以下の列を含む):

シンク・パターン

パケット・ヘッダ

パケット・データ

パケット・トレーラ

エラー

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート1Gbps
デコード表示

コントロール・フィールド(黄色のパケット)

ペイロード・フィールド(シアンのパケット)

エラー処理

パリティ

マンチェスター

検索対象

パケット表示のオンのとき

シンク・ビット

ヘッダ

データ

トレーラ

エラー

パケット表示がオフのとき

データ

エラー

バス検索オプション
特性 概要
検索対象(パケット表示がオン)

シンク・ビット

ヘッダ

データ

トレーラ

エラー
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
検索対象(パケット表示がオフ)

データ

エラー
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9

結果表示およびその他の機能
特性 概要
表形式の表示

*機種によって異なる

10,000*ポイント以上
保存測定結果表をCSVで保存
測定結果表セッション
バスの同時測定

*機種によって異なる

複数のバスを同時にロード*
今後追加予定の機能プロトコルのタイミング測定
検索テーブル検索ヒット数をヒット間の経過時間とともに表示

DPHY(DSI2.0/CSI2.0)の特性

バス設定オプション
特性 概要
DPHYのソース

アナログ・チャンネル

演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

主な機能

CSI/DSIプロトコルのデコード機能

エスケープ・モードのデコード機能

高速バースト・モードのデコード機能

8b9bライン・エンコーディング(LPDT/HSモード)のデコード機能

SoT/EoTの検索機能

ロング/ショート・パケットの検索機能

エスケープ・モードの検索機能

ECC、CRC、任意のエラーの検索機能

バスのセットアップ:
MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
推奨プローブ

クロック – シングルエンド/差動クロック

データ – シングルエンド
利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex

8b9bエンコーディング・モード encoding modeLPDT/HSモードのライン・エンコーディングを選択

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
バスと波形バス波形とデジタル波形の同時表示
測定結果表デコードされたパケット・データを表形式で表示(以下の列を含む):

モード

データ・タイプ

仮想識別子

ECC

データ

CRC

終了

エラー

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート2.5Gbps
デコード表示

コントロール・フィールド(黄色)

ECC/CRC(緑)

ピクセル・フィールド(赤、緑、青、黄色)

データ・シンボル(シアン)

RAWフィールド(シアン)
エラー処理

ECC

CRC

SOTシンク

バス検索オプション
特性概要
検索対象(CSI/DSI)

SoT – HSモードの各伝送のSoTを検索

EoT – HSモードの各伝送のEoTを検索

データ – データ検索(HS/LP)

スクランブル – スクランブル・モード・コマンドを検索

圧縮 - 圧縮モード・コマンドを検索

**パケット – ショート/ロング・パケットを検索

エスケープ – エスケープ・モード(エントリ)を検索

停止 – エスケープ・モード(終了)を検索

エラー – CRC/ECCエラーを検索

**標準パケット名のリストから選択可能

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
バス検索オプション

結果表示およびその他の機能
特性 概要

表形式の表示

*機種によって異なる
10,000*ポイント以上
保存 測定結果表をCSVで保存
セッション プロトコル・セットアップ・セッションの保存

バスの同時測定

*機種によって異なる
複数のバスを同時にロード*
今後追加予定の機能プロトコルのタイミング測定
検索テーブル検索ヒット数をヒット間の経過時間とともに表示

SDLCの特性

バス設定オプション
特性 概要
SDLCのソース

アナログ・チャンネル

デジタル・チャンネル

アクティブな演算チャンネル

アクティブなリファレンス・チャンネル

スレッショルド チャンネルごとに設定可能
推奨プローブ 差動
モジュロ

8(8ビットのコントロール・ワード)

128(16ビットのコントロール・ワード)

エンコーディング不連続伝送(NRZ)、ゼロで反転(NRZI)
利用可能なフォーマット

Hex(16進)

バイナリ(2進)

ミックスドHex

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9

表示モード
特性 概要
バス バスのみ
測定結果表デコードされたパケット・データを表形式で表示

バス・デコード
特性 概要
最大クロック/データ・レート1Gbps
デコード表示

開始(緑の垂直ライン)

アドレス(黄色のフィールド)

フレーム・タイプ(黄色のフィールド)

コード(黄色のフィールド)

Ns(黄色のフィールド)(シーケンス番号送信)

Nr(黄色のフィールド)(シーケンス番号受信)

ポール/ファイナル(黄色のフィールド)

データ(シアンのフィールド)

FCS(紫のフィールド)

中止(赤の垂直ライン)

エラー処理FCS(フレーム・チェック・シーケンス・エラー)

バス検索オプション
特性 概要
検索対象

開始(開始イベントの検索)

データ(ペイロード・データの検索)

中止(中止の検索)

アドレス

ブロードキャスト(ブロードキャスト・パケット)

ステーションなし(2次に該当しないパケット)

ステーション(有効なステーション・アドレス)

アンナンバード

コマンド(プライマリ・コマンドの検索)

応答(2次応答の検索)

両方の情報(情報フレームの検索)

スーパーバイザリ(異なるレシーバ・ステータスの検索)

Frame Readyの受信

Frame Not Readyの受信

拒絶フレーム

エラー

FCS(フレーム・チェック・シーケンス・エラーの検索)

順序(番号)の乱れ(このフレームを検索)

停止

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
バス検索オプション

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
プロトコルのデコード結果表の例。SDLCバスで取り込まれたすべてのパケットが、タイムスタンプ付きの表形式で表示されている

MSO3 4 5 6 SerialBusAnalysisApps JA JP 61Z 61101 9
SDLCバスのステーション・アドレスで検索

53 シリーズMDO では使用できません。

63 シリーズMDO では使用できません。

73 シリーズMDO では使用できません。

8I3C は3 シリーズMDO では使用できません。

93 シリーズMDO では使用できません。

103 シリーズMDO では使用できません。

113 シリーズMDO では使用できません。

123 シリーズMDO では使用できません。

133 シリーズMDO では使用できません。

14SENT は3 シリーズMDO では使用できません。

153 シリーズMDO では使用できません。

16Ethernet は3 シリーズMDO では使用できません。

17SPMI は3 シリーズMDO では使用できません。

18実際の10 進数のバイト・カウントはミックスドHex フォーマットで表示されますが、RAW 値についてはバイナリ/Hex フォーマットで表示され ます。

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

プロトコル・バンドル

お客様の設計/検証のニーズに合わせて、1年更新ライセンスと永続ライセンスのSWバンドルを特別に設計しました。

30を超えるテクノロジに対応した業界標準のシリアル解析ソフトウェアを使用して、プロトコルを検証できます。

シリアル解析チームのためのマスタ・バンドル:当社の高度な専門知識と統合型プロトコル・デコーダが、お客様をサポートします。設計サイクルを短縮し、チームとしての生産性が向上することによって、新製品/サービスをいち早く市場に投入することができます。

シリアル・デコード概要4シリーズMSO5シリーズMSO6シリーズMSO
4-RL-1レコード長を100万サンプル・ポイントに拡張
5-RL-125Mレコード長を1億2,500万サンプル・ポイントに拡張
6-RL-2レコード長を200万サンプル・ポイントに拡張
SRAUDIOオーディオ・シリアル・トリガ/解析(I2S、LI、RJ、TDM)。シリアル・オーディオ・バスのパケット・レベル情報でのトリガを可能にします。
SRAUTO車載用シリアル・トリガ/解析(CAN、CAN FD、LIN、FlexRay)。CAN/CAN FD/LIN/FlexRayのパケット・レベル情報でのトリガを可能にします。
SRNETEthernetシリアル・トリガ/解析(10BASE-Tおよび100BASE-T)。Ethernetバスでのデコード/解析が可能。
SRI3CI3Cシリアル・デコード/解析。MPI I3Cのパケット・レベル情報でのデコード/検索が可能。
SRNRZNRZシリアル・デコード/解析。ビット順序(MSBまたはLSBファースト)を持つ正極性および反転のNRZをサポート
SRPMパワー・マネジメント・シリアル・トリガ/解析。SPMIバスのパケット・レベル情報でのトリガを可能にします。
SRUSB2USB 2.0シリアル・トリガ/解析(LS、FS、HS)。USB 2.0バスのパケット・レベル情報でのトリガを可能にします。
SRMDIOMDIOプロトコル・デコーダ/検索。拡張検索オプション。
SRSVIDSVIDプロトコル・デコーダ/検索。バージョンrev.1.92をサポート。拡張検索オプション。
SR8B10B8B/10Bシリアル・デコード/解析。8B/10Bの10ビットのシンボルの4ビットまたは6ビットにパリティ・エラーがある場合に検出して表示。
1年更新ライセンス4-PRO-MILGOV-1Y5-PRO-MILGOV-1Y6-PRO-MILGOV-1Y
永続ライセンス4-PRO-MILGOV-PER5-PRO-MILGOV-PER6-PRO-MILGOV-PER

防衛/航空分野の設計者用のマスタ・バンドル:当社のソフトウェア設計ツールを使用することで、設計サイクルを短縮し、チームとしての生産性が向上することによって、新製品/サービスをいち早く市場に投入することができます。

シリアル・デコード概要4シリーズMSO5シリーズMSO6シリーズMSO
4-RL-1レコード長を100万サンプル・ポイントに拡張
5-Rl-125Mレコード長を100万サンプル・ポイントに拡張
6-RL-2レコード長を200万サンプル・ポイントに拡張
SRAERO航空・宇宙通信用シリアル・トリガ/解析(MIL-STD-1553、ARINC429)。パケット・レベル情報でのトリガを可能にします。
SRSPACEWIRESpaceWireシリアル解析。SpaceWireバスでのデコード/解析が可能。
MTM
SRNRZNRZシリアル・デコード/解析。ビット順序(MSBまたはLSBファースト)を持つ正極性および反転のNRZをサポート
DJATIE、アイ・ダイアグラム、ヒストグラム、その他の高度な解析測定を含むジッタ解析パッケージ。
1年更新ライセンス

永続ライセンス

4-PRO-MILGOV-1Y5-PRO-MILGOV-1Y6-PRO-MILGOV-1Y
4-PRO-MILGOV-PER5-PRO-MILGOV-PER6-PRO-MILGOV-PER

購入時に追加する場合
シリアル・バス・タイプ 3シリーズMDOのOpt. 4シリーズMSOのOpt. 5シリーズMSOのOpt. 6シリーズMSOのOpt. 概要

MIL-STD-1553、ARINC 429

3-SRAERO

4-SRAERO

5-SRAERO

6-SRAERO

航空・宇宙通信用シリアル・トリガ/解析(MIL-STD-1553、ARINC 429)。MIL-STD-1553/ARINC 429バスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示、バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付パケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

I2S、LJ、RJ、TDM

3-SRAUDIO

4-SRAUDIO

5-SRAUDIO

6-SRAUDIO

オーディオ・シリアル・トリガ/解析(I2S、LJ、RJ、TDM)。シリアル・オーディオ・バスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付パケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

8B/10B

5-SR8B10B

5-SR8B10B

8B/10Bシリアル・デコード/解析。バスにおけるパケット・レベルでのデコード/サーチが可能で、信号のデジタル表示、バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。8B/10Bの10ビットのシンボルの4ビットまたは6ビットにパリティ・エラーがある場合に検出して表示。

NRZ

4-SRNRZ

5-SRNRZ

6-SRNRZ

NRZシリアル・デコード/解析。バスにおけるパケット・レベルでのデコード/サーチが可能で、信号のデジタル表示、バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。NRZ-I、NRZ-M、NRZ-S、NRZ-Cなどのバリアントは現在未サポート。ビット順序(MSBまたはLSBファースト)を持つ正極性および反転のNRZのみをサポート。

CAN、CAN FD、LIN、FlexRay

3-SRAUTO

4-SRAUTO

5-SRAUTO

6-SRAUTO

車載用シリアル・トリガ/解析(CAN、CAN FD、LIN、FlexRay)。CAN/CAN FD/LIN/FlexRayバスのパケットレベルの情報にトリガ、信号のデジタル表示、バス表示、パケット・デコード、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールも含む。

Automotive 100BASE-T1

5-SRAUTOEN1

6-SRAUTOEN1

100BASE-T1車載用Ethernetシリアル解析

SENT

4-SRAUTOSEN

5-SRAUTOSEN

6-SRAUTOSEN

車載用センサ・シリアル・トリガ/解析モジュール(SENT)。SENTバスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付パケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

RS-232/422/485、UART

3-SRCOMP

4-SRCOMP

5-SRCOMP

6-SRCOMP

コンピュータ・シリアル・トリガ/解析(RS-232、RS-422、RS-485、UART)。RS-232/422/485、およびUARTバスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付パケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

I 2C、SPI

3-SREMBD

4-SREMBD

5-SREMBD

6-SREMBD

組込み・シリアル・トリガ/解析(I2C、SPI)。I2C、SPIバスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示、バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

Ethernet

4-SRENET

5-SRENET

6-SRENET

Ethernetシリアル・トリガ/解析(10BASE-Tおよび100BASE-T)。Ethernetバスのパケットレベルの情報にトリガ、信号のデジタル表示、バス表示、パケット・デコード、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールも含む。

I3C

4-SRI3C

5-SRI3C

6-SRI3C

I3Cシリアル・デコード/解析。MIPI I3Cバスにおけるパケット・レベルでのデコード/サーチが可能で、信号のデジタル表示、バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

SPMI

4-SRPM

5-SRPM

6-SRPM

パワー・マネジメント・シリアル・トリガ/解析(SPMI)。SPMIバスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付パケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

SpaceWire

4-SRSPACEWIRE

5-SRSPACEWIRE

6-SRSPACEWIRE

SpaceWireシリアル解析SpaceWireバスでのデコード/解析が可能。

USB 2.0

3-SRUSB2

4-SRUSB2

5-SRUSB2

6-SRUSB2

USB 2.0シリアル・トリガ/解析(LS、FS、HS)。USB 2.0バスにおけるパケット・レベルでのトリガが可能で、信号のデジタル表示バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付パケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

シリアル・オプション・バンドル 3-BND

機器で利用可能なすべてのシリアル解析オプションとパワー解析オプション。
PSI5

4-SRPSI5 5-SRPSI5 6-SRPSI5

PSI5シリアル・デコード(v1.3および2.1)/解析パケット・レベルでのデコード/サーチが可能で、信号のデジタル表示、バスの観測、パケット・デコーディング、検索ツール、タイムスタンプ付きパケット・デコード・テーブルなどの解析ツールを提供。

MDIO

LIC4-SRMDIO LIC5-SRMDIO LIC6-SRMDIO ライセンス; MDIOプロトコル・デコーダ/サーチ、ハードウェア・トリガなし; ノードロック
SVID

LIC4-SRSVID LIC5-SRSVID LIC6-SRSVID ライセンス; SVIDプロトコル・デコーダ/サーチ、ハードウェア・トリガなし; ノードロック
e-USB2

LIC4-SREUSB2 LIC5-SREUSB2 LIC6-SREUSB2

ライセンス; eUSB2プロトコル・デコーダ/サーチ; ノード・ロック

DPHY5- SRDPY6- SRDPY

DPHY CSI/DSI(DSI2.0 /CSI2.0プロトコル・デコーダ)HSデータ伝送バーストおよびエスケープ・モード機能をサポート。

データ伝送は、8ビットのRAWデータ、または8B/9Bでエンコードされたシンボルを使用可能。

マンチェスター4-SRMANCH5-SRMANCH6-SRMANCH一般的なマンチェスター・デコードをサポート。パケット構造の定義に従ってパケットをデコード。シンク、パリティ、マンチェスターなどのエラーのデコード
SDLC4-SRSDLC5-SRSDLC6-SRSDLCSDLCデコーダ/サーチ。取込み波形に対するアンナンバード、スーパーバイザリ、アドレスといった拡張検索オプション

機器を購入後にアップグレードする場合
シリアル・バス193シリーズMDOノード・ロック・ライセンス204シリーズMSOノード・ロック/フローティング・ライセンス 5シリーズMSOノード・ロック/フローティング・ライセンス 6シリーズMSOノード・ロック/フローティング・ライセンス
MIL-STD-1553、ARINC 429 SUP3 SRAERO SUP4-SRAERO

SUP4-SRAERO-FL

SUP5-SRAERO

SUP5-SRAERO-FL

SUP6-SRAERO

SUP6-SRAERO-FL

I2S、LJ、RJ、TDM SUP3 SRAUDIO SUP4-SRAUDIO

SUP4-SRAUDIO-FL

SUP5-SRAUDIO

SUP5-SRAUDIO-FL

SUP6-SRAUDIO

SUP6-SRAUDIO-FL

CAN、CAN FD、LIN、FlexRay SUP3 SRAUTO SUP4-SRAUTO

SUP4-SRAUTO-FL

SUP5-SRAUTO

SUP5-SRAUTO-FL

SUP6-SRAUTO

SUP6-SRAUTO-FL

8B/10B

SUP5-SR8B10B

SUP5-SR8B10B-FL

SUP6-SR8B10B

SUP6-SR8B10B-FL

NRZ

SUP4-SRNRZ

SUP4-SRNRZ-FL

SUP5-SRNRZ

SUP5-SRNRZ-FL

SUP6-SRNRZ

SUP6-SRNRZ-FL

100BASE-T1車載用Ethernet

SUP5-SRAUTOEN1

SUP5-SRAUTOEN1-FL

SUP6-SRAUTOEN1

SUP6-SRAUTOEN1-FL

SENT

SUP4-SRAUTOSEN

SUP4-SRAUTOSEN-FL

SUP5-SRAUTOSEN

SUP5-SRAUTOSEN-FL

SUP6-SRAUTOSEN

SUP6-SRAUTOSEN-FL

RS-232/422/485、UART SUP3 SRCOMP SUP4-SRCOMP

SUP4-SRCOMP-FL

SUP5-SRCOMP

SUP5-SRCOMP-FL

SUP6-SRCOMP

SUP6-SRCOMP-FL

I2C、SPI SUP3 SREMBD SUP4-SREMBD

SUP4-SREMBD-FL

SUP5-SREMBD

SUP5-SREMBD-FL

SUP6-SREMBD

SUP6-SREMBD-FL

Ethernet

SUP4-SRENET

SUP4-SRENET-FL

SUP5-SRENET

SUP5-SRENET-FL

SUP6-SRENET

SUP6-SRENET-FL

I3C SUP4-SRI3C

SUP4-SRI3C-FL

SUP5-SRI3C

SUP5-SRI3C-FL

SUP6-SRI3C

SUP6-SRI3C-FL

SPMI

SUP4-SRPM

SUP4-SRPM-FL

SUP5-SRPM

SUP5-SRPM-FL

SUP6-SRPM

SUP6-SRPM-FL

SpaceWire

SUP4-SRSPACEWIRE

SUP4-SRSPACEWIRE

SUP5-SRSPACEWIRE

SUP5-SRSPACEWIRE-FL

SUP6-SRSPACEWIRE

SUP6-SRSPACEWIRE-FL

USB 2.0 SUP3 SRUSB2 SUP4-SRUSB2

SUP4-SRUSB2-FL

SUP5-SRUSB2

SUP5-SRUSB2-FL

SUP6-SRUSB2

SUP6-SRUSB2-FL

シリアル解析バンドル21SUP3 BND

PSI5

SUP4-SRPSI5

SUP4-SRPSI5-FL

SUP5-SRPSI5

SUP5-SRPSI5-FL

SUP6-SRPSI5

SUP6-SRPSI5-FL

MDIO

SUP4-SRMDIO

SUP4-SRMDIO-FL

SUP5-SRMDIO

SUP5-SRMDIO-FL

SUP6-SRMDIO

SUP6-SRMDIO-FL

SVID

SUP4-SRSVID

SUP4-SRSVID-FL

SUP5-SRSVID

SUP5-SRSVID-FL

SUP6-SRSVID

SUP6-SRSVID-FL

e-USB2

SUP4-SREUSB2

SUP4-SREUSB2-FL

SUP5-SREUSB2

SUP5-SREUSB2-FL

SUP6-SREUSB2

SUP6-SREUSB2-FL

DPHY

SUP5-SRDPHY

SUP5-SRDPHY -FL

SUP6-SRDPHY

SUP6-SRDPHY-FL

マンチェスター

SUP4-SRMANCH

SUP4-SRMANCH-FL

SUP5-SRMANCH

SUP5-SRMANCH-FL

SUP6- SRMANCH SUP6- SRMANCH -FL
SDLC

SUP4-SRSDLC

SUP4- SRSDLC -FL

SUP5- SRSDLC

SUP5- SRSDLC -FL

SUP6- SRSDLC

SUP6- SRSDLC -FL

推奨プローブ
推奨プローブ、必要なプローブ・アダプタの詳細については、当社ウェブ・ サイト( www.tek.com/probes)をご参照ください。

パートナ製品をご注文の際は以下の型名をご使用ください。

パートナの概要
購入時に追加する場合(Windowsオプションのサポート)
シリアル・バス・タイプ 最小周波数帯域 推奨プローブ 5シリーズMSOのOpt. 6/6BシリーズMSOのOpt.概要
PGY-eMMC(Windowsオプションのみ)2GHz5/6シリーズMSOの標準プローブPGY-eMMCPGY-eMMC eMMCおよびSD(UHS-I)の電気測定/プロトコル・デコード・ソフトウェアは、eMMCバージョン4.41、4.51、5.0、5.1仕様に準拠しています。電気測定およびプロトコルでは、ブート、SDR、DDR、HS200、HS400モードをサポートします。
PGY-SDIO(Windowsオプションのみ)2GHz5/6シリーズMSOの標準プローブPGY-I2C PGY-I2CI2C電気的検証/プロトコル・デコード・ソフトウェア
PGY-QSPI(Windowsオプションのみ)500MHz5/6シリーズMSOの標準プローブPGY-SPIPGY-SPIQSPI仕様で規定されている電気測定のコンプライアンス・テストとプロトコル・デコーディング。Ext SPI、Dual SPI、Quad SPIのシングル/デュアル転送レート(STR/DTR)、電気測定とコンプライアンス・テストをサポート。コマンド・インデックスおよびS#立下りエッジでのトリガをサポート。当社MSOシリーズのアナログ/デジタル・チャンネルをサポート

MSO シリーズでサポートされているプロトコルおよび参考販売の一覧表(注意:Windows のみ)

MSOシリーズでサポートされているプロトコルおよび参考販売の一覧表(注意:Windowsのみ)
シリアル・バス・タイプ 最小周波数帯域 推奨プローブ 注文5シリーズMSOのOpt. 6/6BシリーズMSOのOpt.概要
RFFE500MHz 5/6シリーズMSOの標準プローブ 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-RFFE PGY-RFFE

RFFEプロトコル・トリガ/デコード解析ソフトウェア。

PGY-RFFEソフトウェアは、ハードウェア・ベースのリアルタイムRFFEプロトコル・アウェア・トリガにより、最大125MBという長い取込みレコード長によるプロトコル解析が可能なため、ボタンを押すだけで、信頼性の高いRFFEプロトコル解析結果が得られます。

I2S500MHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:[email protected]PGY-I2SPGY-I2SI2S電気/オーディオ/プロトコル・テスト・ソフトウェア
I2C500MHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-I2C PGY-I2C I2C電気的検証/プロトコル・デコード・ソフトウェア
SPI 500MHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-SPIPGY-SPISPI電気的検証/プロトコル・デコード・ソフトウェア
I3C 500MHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-I3CPGY-I3CI3C気的検証/プロトコル・トリガ/デコード・ソフトウェア
JTAG500MHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-JTAG PGY-JTAGJTAGプロトコル・デコード・ソフトウェア
ONFI

4GHz以上

Prodigy社までお問合せください参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-ONFIPGY-ONFIONFI電気タイミング解析ソリューション
SPMI500MHz以上標準プローブ 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-SPMIPGY-SPMISPMIプロトコル・デコード・ソフトウェア
MPHY16GHz以上 Prodigy社までお問合せください参考販売。お問合せ先:http://[email protected]

PGY-UPRO

PGY-LLI

PGY-UFS(PGY-UPROが必要)

PGY-UPRO

PGY-LLI

PGY-UFS(PGY-UPROが必要)

MIPI MPHY -UniPro/LLI/UFSプロトコル・デコード・ソフトウェア
USB 2.0

2GHz

Prodigy社までお問合せください参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-USBPGY-USBUSB 2.0プロトコル・デコード・ソフトウェア
USB-PD 500MHz以上 標準プローブ 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-PD PGY-PD USB PD(CC)プロトコル解析ソフトウェア
UART500MHz以上 標準プローブ 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-UART PGY-UART UART電気的検証/プロトコル・デコード・ソフトウェア
KX/KR

12GHz以上

Prodigy社までお問合せください 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-NEGO PGY-NEGOKX/KR DME/ライン・トレーニング解析ソフトウェア
100Base-T1 2GHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-100Base T1 PGY-100Base T1 100 Base-T1プロトコル・デコード・ソフトウェア
SVID 500MHz以上

標準プローブ

参考販売。お問合せ先:http://[email protected]

PGY-SVID

PGY-SVIDSVIDプロトコル・デコード・ソフトウェア
USB3 Gen 1

23GHz以上

Prodigy社までお問合せください 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-USB3 Gen1 PGY-USB3 Gen1 USB3 Gen 1 5Gbpsプロトコル・デコード・ソフトウェア
USB3 Gen 2

23GHz以上

Prodigy社までお問合せください 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-USB3 Gen1 PGY-USB3 Gen1USB3 Gen 2プロトコル・デコード・ソフトウェア
8B/10B

4GHz以上

Prodigy社までお問合せください 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-8B10B PGY-8B10B8B/10Bプロトコル・デコード・ソフトウェア
1000T1-LT

4GHz以上

Prodigy社までお問合せください 参考販売。お問合せ先:http://[email protected]PGY-1000T1-LT PGY-1000T1-LT 1000BaseT1ライン・トレーニング・デコード・ソフトウェア
契約条項
リード・タイム:受注後2~3週間

19ソフトウェアは機器本体のファームウェアを通じて提供されます。最新版のファームウェアをいつでもダウンロード、インストールできます。 オプションのマニュアルはアプリケーションのHelp に含まれます。

203 シリーズMDO のオプション・ライセンス名には、オプション番号のダッシュがありません。

21機器で利用可能なすべてのシリアル・バスと電力解析のオプション。