RSA3303B • RSA3308B • RSA3408B

スペクトラム・アナライザ RSA3000Bシリーズ データ・シート
このデータ・シートの製品は、テクトロニクスでは販売終了となっています。

オンラインで読む:

特長

Discover(検出)
  • DPX™ ライブRFスペクトラム表示により、時間に伴って変化 するRF信号を、カラー輝度階調によって発生頻度をわかり やすく表示
  • 革新的なDPX技術により、毎秒48,000回以上のスペクト ラム測定を実行し、RF信号トランジェントを表示
Trigger(トリガ)
  • 当社独自の周波数マスク・トリガ(FMT)により、周波数領域の任意の変化でトリガをかけ、RF信号トランジェントを容易に取込むことが可能
Capture(キャプチャ)
  • 周波数レンジ:DC~8GHz
  • 最大36MHzスパンですべての信号をメモリに取込み
  • 最大36MHzスパンで最長1.28秒、1回の取込みですべての 解析が可能
  • すべての取込帯域において優れたダイナミック・レンジと イメージフリーを実現
  • TekConnect®プローブにより、RF回路のプロービングが可能
  • 差動IQ入力が可能
Analyze(アナライズ)
  • 時間相関の取れたベクトル/スペクトラム解析機能。時間、 周波数、位相、および振幅領域のマルチドメイン解析機能に より、トラブルシューティングにおける原因と結果を容易に 理解
  • 電力測定と信号統計により、コンポーネントやシステムの 特性を評価可能。ACLR(隣接チャンネル漏洩電力比)、電力 対時間、CCDF(累積分布関数)、PDF、ユーザ定義のスペ クトラム・エミッション・マスクによるリアルタイム・スペ クトラム・エミッション測定
  • パルス幅、デューティ・サイクル、パルス間位相などのパルス 測定が可能
  • RSAVuソフトウェアによりオフライン解析が可能
  • ベースバンド、AM、FM、PM測定を含む、アナログ復調解析
  • リアルタイム・スペクトログラムと高調波、スプリアスのグ ラフィカル表示による、ベースバンド、AM、FMのオーディオ 歪み解析。ローパス・フィルタ、ハイパス・フィルタ、バン ドパス・フィルタ、ディエンファシスなどが設定可能

アプリケーション

  • RFコンポーネント、モジュール、システムのトラブルシュー ティング
  • スペクトラムのモニタリングや監視における障害電波や未知 の信号の検出
  • 規格に沿ったシステムおよび他の無線システムの時間変化に 伴う動作解析
  • 無線トランシーバ測定
  • レーダおよびその他のRF信号パルスの特性評価
  • 強力なベクトル信号解析機能、シグナル・ソース解析、 RFID規格への対応
  • オプション機能およびオフライン・ソフトウェアにより、RFID、3GPP、3GPP2、LTE(RSALTEを使用)、WiMAX(RSA-IQWIMAXを使用)、WLANシステムなどの広範囲な規格に対応した解析が可能
  • 無線、ソナー・システムのための総合的なアナログ復調測定とオーディオ歪み測定

時間とともに複雑に変化する信号の振る舞いを検出

RSA3000Bシリーズは、従来のシグナル・アナライザでは見落としてしまう設計上の問題を容易に検出するスペクトラム・アナライザです。革新的なDPXライブRFスペクトラム表示機能により、周波数領域において時間とともに変化する信号をカラー表示し、設計の安定性を確認でき、障害が発生した場合もただちに表示することができます。従来のシグナル・アナライザでは、このようなライブ・スペクトラム表示は不可能です。DPX表示機能により問題点が検出されたならば、スペクトラム・アナライザは問題のイベントにトリガをかけるよう設定し、変化するRFイベントを時間的かつ連続的に取込み、すべてのドメインにおいて時間相関のとれた解析を可能にします。ベクトル・シグナル・アナライザや広帯域スペクトラム・アナライザの機能に加え、ユニークな「検出/トリガ/キャプチャ/アナライズ」機能を1つのパッケージとして実現しました。

Thumbnail

革新的なDPXスペクトラム表示機能により、従来のシグナル・アナライザでは見落としてしまう信号を容易に発見。この例では、大きな干渉波によって干渉を受けている周波数ホッピング信号を捉えている

特長

Discover(検出)

当社特許のDPX波形イメージ・プロセッシング・エンジンにより、トランジェント・イベントのライブ解析機能が、当社ミッドレンジ・スペクトラム・アナライザに加わります。1秒間に48,000回以上の周波数変換を実行し、最小31μsのトランジェントを周波数ドメインで表示します。これは、従来の掃引解析技術に比べて1000倍もの改善となっています。イベントは発生頻度によって色分けされたビットマップ表示となり、詳細なトランジェント信号解析が可能になります。

Trigger(トリガ)

周波数マスク・トリガ(FMT)機能により、周波数ドメインの信号に簡単にトリガし、最高36MHzのトランジェント信号を取込むことができます。FMTはマウスを使用して簡単に設定でき、取込帯域内の周波数占有期間におけるすべての信号の変化を監視します。時間領域、あるいはどのような取込帯域でも機能するパワー・トリガにより、ある瞬間においてユーザが設定したレベルを超えているかどうかを監視することが可能になります。外部トリガは、システム・イベントをテストする際、同期のために使用できます。

Thumbnail

高速にホッピングしている信号をFMTとスペクトログラムで捉えた例。画面左にはユーザ定義されたFMT(周波数マスク・トリガ)、画面右には取込んだ信号のホッピング・パターンがスペクトログラムで表示されている

Capture (キャプチャ)

多くのSA/VSAの組合せとは異なり、RSA3000Bシリーズはすべての取込帯域と周波数の組合せにおいて、スプリアスとイメージを除去するよう、すべての時間において完全にプリセレクトされています。最大73dBのスプリアスフリー・ダイナミック・レンジ(SFDR)とすべての取込帯域における業界トップクラスのイメージ除去機能により、大きな信号に埋もれた小さな信号を取込むことができます。1回のシームレスな取込みにより、複数回の異なる測定が実行できます。レコード長は選択した取込帯域によって異なり、オプション02(FMT/ロング・メモリ)の場合、36MHzで最長1.28秒、15MHzで最長2.56秒、1MHzで最長51.2秒、10kHzで最長1.42時間の測定が可能です。

Thumbnail

トラブルシュートとコンフォーマンス・テストを同時に実行。RSALTEソフト ウェアによるLTE解析例

Thumbnail

レーダやその他のパルス・システムの特性評価のための強力なパルス信号解析機能。パルス幅、繰返しレート、パルス・パワー、その他のパルス・パラメータを自動的に測定

Analyze(アナライズ)

RSA3300Bシリーズは、コンポーネントやRFシステムの設計、統合、性能検証に従事しているエンジニア、ネットワークあるいはスペクトラム・マネージメントなどのオペレーションに従事しているエンジニアの生産性を高める、優れた解析機能を提供します。

RSA3000Bシリーズ・スペクトラム・アナライザ

機能RSA3300BシリーズRSA3408B型
当社は、豊富な機種によるRSA3000Bシリーズを用意し、必要な周波数レンジ、リアルタイム帯域、ダイナミック・レンジに 対応します。機種ごとの詳細を以下の表に示します。
周波数レンジ周波数レンジDC~8.0GHzDC~8.0GHz
最高取込帯域15 MHz36 MHz
トリガ(標準)レベル、フリーラン、外部レベル、フリーラン、外部
トリガ(オプション)

周波数マスク

15MHz帯域

周波数マスク

36MHz帯域

デジタル・フォスファ(DPX)スペクトラム・アップデート・レート(最大スパン、最小信号時間)48,000回/秒以上48,000回/秒以上

最大スパン:15MHz

最小時間:41μs

最大スパン:36MHz

最小時間:31μs

メモリ長64M/256Mサンプル64M/256Mサンプル
最大取込帯域におけるスプリアスフリー・ダイナミック・レンジ-70dBc/15MHz-73 dBc/36 MHz
DANL(表示平均ノイズ・レベル)、1GHz-150 dBm/Hz-151 dBm/Hz
ノイズ側波帯(1GHz、各オフセットにおける代表値、単位はdBc/Hz)10 kHz: -10810 kHz: -112
1 MHz: -1331 MHz: -135
10 MHz: -13610 MHz: -140
スクリーン・サイズ、ユーザ・インタフェース8.4型、キーボード、マウス、前面パネル8.4型、キーボード、マウス、前面パネル
インタフェース・ポートGPIB, LAN, USB(2)GPIB, LAN, USB(2)
ストレージ・メディア内蔵HDD、FDD

内蔵HDD、FDD

リムーバブルHDD(オプション)

IQ入力オプション20MHz帯域差動入力40MHz帯域差動入力
IF出力標準、421MHz、40MHz帯域
デジタルIQ出力オプション帯域最高36MHz



レコード長(時間)と最小時間軸分解能(RSA3300Bシリーズ)

取込帯域

サンプル・レート

(IとQ)

レコード長(ポイント)

(標準)

レコード長(ポイント)

(オプション02)

スペクトラムのフレーム長

(時間)

時間分解能

(IとQ)

20 MHz (ベースバンド)25.6 Msps0.64 s2.56 s40 μs40 ns
15 MHz25.6 Msps0.64 s2.56 s40 μs40 ns
10 MHz12.8 Msps1.28 s5.12 s80 μs80 ns
5 MHz6.4 Msps2.56 s10.24 s160 μs160 ns
2 MHz3.2 Msps5.12 s20.48 s320 μs320 ns
1 MHz1.6 Msps10.24 s40.96 s640 μs640 ns
500 kHz800 ksps20.48 s81.92 s1.280 ms1.280 μs
200 kHz320 ksps51.20 s200.48 s3.2 ms3.2 μs
100 kHz160 ksps102.40 s409.60 s6.4 ms6.4 μs
50 kHz80 ksps204.80 s819.20 s12.8 ms12.8 μs
20 kHz32 ksps512 s2048 s32 ms32 μs
10 kHz16 ksps1024 s4096 s64 ms64 μs
5 kHz8 ksps2048 s8192 s128 ms128 μs
2 kHz3.2 ksps5120 s20480 s320 ms320 μs
1 kHz1.6 ksps10240 s40960 s640 ms640 μs
500 Hz800 sps20480 s81920 s1.28 s1.28 ms
200 Hz320 sps51200 s204800 s2.56 s2.56 ms
100 Hz160 sps102400 s409600 s5.12 s5.12 ms



レコード長(時間)と最小時間軸分解能(RSA3408B型)

取込帯域

サンプル・レート

(IとQ)

レコード長(ポイント)

(標準)

レコード長(ポイント)

(オプション02)

スペクトラムのフレーム長

(時間)

時間分解能

(IとQ)

40 MHz (ベースバンド)51.2 MS/s0.32 s1.28 s20 μs20 ns
36 MHz51.2 MS/s0.32 s1.28 s20 μs20 ns
20 MHz25.6 MS/s0.64 s2.56 s40 μs40 ns
10 MHz12.8 MS/s1.28 s5.12 s80 μs80 ns
5 MHz6.4 MS/s2.56 s10.24 s160 μs160 ns
2 MHz2.56 MS/s6.4 s25.6 s400 μs400 ns
1 MHz1.28 MS/s1.28 s51.2 s800 μs800 ns
500 kHz640 kS/s25.6 s102.4 s1.6 ms1.6 μs
200 kHz256 kS/s64 s256 s4.0 ms4.0 μs
100 kHz128 kS/s128 s512 s8.0 ms8.0 μs
50 kHz64 kS/s256 s1024 s16 ms16 μs
20 kHz25.6 kS/s640 s2560 s40 ms40 μs
10 kHz12.8 kS/s1280 s5120 s80 ms80 μs
5 kHz6.4 kS/s2560 s10240 s160 ms160 μs
2 kHz2.56 kS/s6400 s25600 s400 ms400 μs
1 kHz1.28 kS/s12800 s51200 s800 ms800 μs
500 Hz640 S/s25600 s102400 s1.6 s1.6 ms
200 Hz256 S/s64000 s256000 s4.0 s4 ms
100 Hz128 S/s128000 s512000 s8.0 s8 ms



周波数マスク・トリガ(オプション02)

項目項目概要
マスクの形状ユーザ定義
水平マスク設定分解能1 bin
レベルの範囲10dB/div垂直スケールで0~-60dBfs
レベル確度(リファレンス・レベル確度)+(0~-60dBfsレンジにおける周波数応答)
帯域幅
開始周波数:20MHz以上100Hz~15MHz(RSA3300Bシリーズ)
開始周波数: 20MHz未満100Hz~20MHz(RSA3300Bシリーズ)
開始周波数:40MHz以上100Hz~36MHz(RSA3408B型)
開始周波数:40MHz未満100Hz~40MHz(RSA3408B型)
100%のトリガ確率に おける最小イベント 持続時間40μs(RSA3300Bシリーズ)、20μs(RSA3408B型) (最大取込帯域において)。最小イベント持続時間以下の イベントでは、周波数マスク・トリガの確度が低下します。
トリガ・ポジション誤差±2フレーム(スパン15MHzでは誤差±80μs、スパン36MHzでは±40μs)
外部トリガ
スレッショルド電圧-1.5~+4V
スレッショルド電圧の設定分解能0.1 V
トリガ・ポジションの時間誤差±2サンプル
入力インピーダンス入力インピーダンス2kΩ以上(公称値)
トリガ出力
電圧   
ハイハイ2.0V以上
ローロー0.4V未満(出力電流: 1mA未満)



トリガ関連

項目概要
トリガ・モードフリーラン(取込みによるトリガ)、トリガ(イベント によるトリガ)、シングルまたは連続
トリガ・イベントのソースRF入力、外部トリガ入力
トリガ・タイプパワー・レベル、周波数マスク(オプション02)
トリガ・ポジション取込長の0~100%で設定可能
パワー・レベル・トリガ
レベルの範囲レベルの範囲リファレンス・レベルから0~-40dBfs*1
トリガ帯域幅(選択されたスパンと同じ)100 Hz to 15 MHz (RSA3300Bシリーズ), 100 Hz to 36 MHz (RRSA3408B型)
トリガ・ポジションの表示 タイミング誤差(パワー・ トリガと外部トリガ)±2サンプル・ポイント

*1 dBfs: フルスケールに相対的なdB

取込関連

項目概要
リアルタイム取込帯域幅(最大)
開始周波数:20MHz(RF)以上15MHz(RSA3300Bシリーズ)
開始周波数:20MHz(ベースバンド)未満20MHz(RSA3300Bシリーズ)
開始周波数:40MHz(RF)以上36MHz(RSA3408B型)
開始周波数: 40MHz(ベースバンド) 未満40MHz(RSA3408B型)
IQ入力 (オプション03)10MHz(RSA3300Bシリーズ)、 20MHz(RSA3408B型)
A/Dコンバータ102.4MS/s、14ビット
アクイジション・メモリ・サイズ64MB(16.4Mサンプル、標準)、256MB(65.6Mサンプル、オプション02)
最小取込長1024サンプル
取込長設定分解能1024サンプル



解析関連

オプションの測定機能、規格ベースおよびオフライン解析*2

概要測定/表示項目

汎用デジタル変調解析(オプション21)

変調フォーマット:BPSK、QPSK、π/4 DQPSK、OQPSK、8PSK、 D8PSK、16/32/64/128/256-QAM、GMSK、GFSK、C4FM、 2ASK、2FSK、4FSK、8FSK、16FSK、CPM(MIL STD 188-181C)

対応規格:Bluetooth、TETRA、P25、802.15.4

EVM(RMS、ピーク、EVM対時間)、マグニチュード・エラー(RMS、ピーク、マグニチュード・エラー対時間)、 位相エラー(RMS、ピーク、位相エラー対時間)、原点オフセット、周波数エラー、ゲイン・インバランス、直交エラー、 ロー(ρ)、コンスタレーション、シンボル・テーブル、シンボル・タイミング・エラー、FSK偏差/エラー

PDF:発生確率対パワー・レベル

AM-AM、AM-PM、1dB圧縮、クレスト・ファクタ

オーディオ歪み解析(オプション10)S/N、SINAD、THD、TNHD、オーディオ周波数、AM変調、FM偏差、スペクトラム、スペクトログラム、ハム/ノイズ比、高調波、非高調波

ISO/IEC18000 パート4、モード1

ISO/IEC18000 パート6、タイプA、B、C

ISO/IEC18092(424k)

ISO/IEC14443 パート2、タイプA、B

EPCグローバル・ジェネレーション1、クラス0、クラス1

ISO/IEC 18000-7

ISO/IEC15693

最大ERP、スプリアス、パワーオン/パワーダウンのタイミングとセトリング、RFエンベロープのオン幅、 オフ幅、周期、コンスタレーション、変調幅、変調インデックス、シンボル・レート、ビット・レート、 タリ・データ-0、タリ・データ-1、アイ・ダイアグラム、シンボル・テーブル、OBW、EBW、 FSKエンベロープ

シグナル・ソース解析

(オプション21に含まれる)

統合位相ノイズ、ランダム・ジッタ、周期性ジッタ、セトリング時間、スプリアス、リアルタイム位相ノイズ対時間(ノイソグラム)
GSM/EDGE(オプション24)変調確度、平均パワー、パワー対時間、変調によるスペクトラム、スイッチングによるスペクトラム
CDMA2000-1Xフォワード/リバース・リンク(オプション25)チャンネル・パワー、ACPR、スペクトラム・エミッション・マスク、CCDF、変調確度、コード・ドメイン・パワー
1XEV-DOフォワード/リバース・リンク(オプション26)チャンネル・パワー、ACPR、スペクトラム・エミッション・マスク、CCDF、変調確度、コード・ドメイン・パワー
TD-SCDMA (オプション 28)チャンネル・パワー、ACPR、CCDF、変調確度、コード・ドメイン・パワー
802.11 a/b/g/n解析 (オプション 29)送信パワー、スペクトラム・マスク、変調確度、OFDMフラットネスとリニアリティ、802.11n伝達関数、 トランスフォグラム、遅延プロファイル、ディレイオグラム、伝播効率
3GPP リリース99 (W-CDMA)、リリース5 アップ リンク/ダウンリンク(HSDPA)(オプション30)チャンネル・パワー、ACPR、スペクトラム・エミッション・マスク、CCDF、変調確度、コード・ ドメイン・パワー、PRACH、ACK/NACK解析

3GPP リリース 6 UL (HSUPA)/DL

(オプション 40)

チャンネル・パワー、ACPR、スペクトラム・エミッション・マスク、CCDF、変調確度、コード・ ドメイン・パワー、位相不連続性、E-RGCH、E-HICH、E-AGCH解析
RSALTE解析ソフトウェアスペクトラム・マスク、シンボル・コンスタレーション・スペクトラム・フラットネスとデルタ・スペクトラム・フラットネス、位相 エラー、周波数エラー、CCDF、EVM対キャリア、EVM対時間、パワー、シンボル・タイミング・エラー、位相ノイズ、I/Q不平衡
RSA-IQWIMAX解析ソフトウェアスペクトラム・マスク、スペクトラム・フラットネス、シンボル・コンスタレーション、パイロット位相 エラー、周波数エラー、EVM対キャリア、EVM対時間
オフライン解析
RSAVu保存された波形のすべての測定は、RSAVuオフライン解析ソフトウェアでも実行可能(TD-SCDMA、 オプション28、LTE用RSALTE外部ソフトウェア、WiMAX用RSA-IQWIMAX外部ソフトウェアを除く)

*2 仕様についてはデータ・シートをご参照ください。

各モードの標準測定機能

測定モード測定/表示項目
スペクトラム・アナライザ・モードチャンネル・パワー、隣接チャンネル漏洩電力比(ACPR)、 占有帯域幅(OBW)、放射帯域幅(EBW)、キャリア対ノイズ 比(C/N)、キャリア周波数、スプリアス・サーチ、dBm/Hz マーカ、dBc/Hzマーカ、スペクトラム・エミッション・マスク
RTSA モードチャンネル・パワー、隣接チャンネル漏洩電力比(ACPR)、占有帯域幅 (OBW)、放射帯域幅(EBW)、キャリア対ノイズ比(C/N)、キャリア 周波数、スプリアス・サーチ、dBm/Hzマーカ、dBc/Hzマーカ、 リアルタイム・スペクトラム・エミッション・マスク
RTSAズーム・モードdBm/Hzマーカ、dBc/Hzマーカ
DPXdBm/Hzマーカ、dBc/Hzマーカ
アナログ変調解析IQ対時間、AM、FM偏差、PM偏差、パルス・スペクトラム
時間IQ対時間、パワー対時間、周波数対時間、CCDF (クレスト・ファクタ測定)
パルス測定パルス幅、パルス・ピーク・パワー、オン/オフ比、パルス・ リップル、パルス繰り返し間隔、デューティ比、パルス-パルス 位相、周波数偏差、チャンネル・パワー、OBW、EBW



トレース、表示、検波器

項目概要
トレース2トレース
検波器Max, Min, Max-Min
表示検出Normal, Average, Max Hold, Min Hold
スペクトラムのトレース長801ポイント(オート・モード)



RF性能

周波数

項目概要
周波数範囲DC~8GHz
初期中心周波数設定確度-7以内(10分のウォームアップ後)
中心周波数設定分解能0.1 Hz
周波数マーカ読取確度±(RE×MF+0.001×スパン+0.2)Hz、(20MHz未満) (RSA3300Bシリーズ)
±(RE×MF+0.001×スパン+2)Hz、(20MHz以上) (RSA3300Bシリーズ)
±(RE×MF+0.001×スパン+0.2)Hz、(40MHz未満)(RSA3408B型)
±(RE×MF+0.001×スパン+2)Hz、(40MHz以上)(RSA3408B型)
:RE:基準周波数の誤差、MF:マーカ周波数(Hz)
スパン確度±0.3%(オート・モード)
基準周波数
エージング/日1 × 10-9(30日使用後)
エージング/年1 × 10-7(30日使用後)
 温度ドリフト1 × 10-7(10~40℃).
 全周波数誤差2 × 10-7(校正から1年以内)
基準信号出力レベル0dBm以上
外部基準入力周波数10 MHz
外部基準入力レベル範囲-10~+6dBm、100kHzオフセット以内でスプリアス・レベルは-80dBc未満のこと



分解能帯域幅(スペクトラム解析)

項目概要
分解能帯域幅範囲1Hz~10MHz(自動またはユーザ選択(任意))
分解能帯域幅形状1Hz~10MHz-ほぼガウシャン、シェープ・ ファクタ5:1(60:3dB)、(代表値)方形、ナイキスト、 ルート・ナイキストも選択可能
確度6%以内(-3dB帯域幅を基準)。±0.1%(ノイズ帯域幅を基準)



最小設定RBW対スパン
拡張分解能ON

スパンRBW
>2 GHz100 kHz
>1 GHz – 2 GHz50 kHz
>500 MHz – 1 GHz20 kHz
>20 MHz – 500 MHz10 kHz
>500 kHz – 20 MHz1 kHz
>200 kHz – 500 kHz500 Hz
>100 kHz – 200 kHz200 Hz
>50 kHz – 100 kHz100 Hz
>20 kHz – 50 kHz50 Hz
>10 kHz – 20 kHz20 Hz
>5 kHz – 10 kHz10 Hz
>2 kHz – 5 kHz5 Hz
>1 kHz – 2 kHz2 Hz
>100 Hz – 1 kHz1 Hz



周波数分解能 (RTSAモードとスペクトラム・モードにおけるFFT解析)

項目概要
ノイズ帯域範囲、 RTSAモード0.250545Hz~100.218kHz
FFT性能、 スペクトラム・モードフレームあたりのサンプル数:-64~8192 (65,536サンプル/フレーム、拡張分解能)
窓関数タイプ方形、パルゼン、ウェルヒ、Sine-Lobe、ハニング、 Sinecubed、Sine-To-The 4th、ハミング、 ブラックマン、ローゼンフィールド、ブラックマン・ ハリス3A、ブラックマン・ハリス3B、ブラックマン・ ハリス4A、ブラックマン・ハリス4B、FlatTop



DPXデジタル・フォスファ・スペクトラム・プロセッシング

項目概要
スペクトラム・ プロセッシング・レート48,000回/秒、スパンに依存しない
トレース数2
トレース・タイプカラー輝度階調ビット・マップ、+ピーク、マックス・ ホールド、-ピーク、ミニマム・ホールド、アベレージ
100%の確率で検出 可能な最小信号時間41μs(RSA3300Bシリーズ)
31 μs (RSA3408B型)
スパン範囲100Hz~15MHz(RSA3300Bシリーズ)
100Hz~36MHz(RSA3408B型)
分解能帯域幅確度:7%



RBW対スパン(DPX)

スパンRBW(最小値)
 RSA3300BシリーズRSA3408B型
36 MHz 300 kHz
20 MHz 200 kHz
15 MHz200 kHz 
10 MHz100 kHz100 kHz
5 MHz30 kHz30 kHz
2 MHz20 kHz20 kHz
1 MHz10 kHz10 kHz
500 kHz5 kHz5 kHz
200 kHz2 kHz2 kHz
100 kHz1 kHz1 kHz
50 kHz500 Hz500 Hz
20 kHz200 Hz200 Hz
10 kHz100 Hz100 Hz
5 kHz50 Hz30 Hz
2 kHz20 Hz20 Hz
1 kHz10 Hz10 Hz
500 Hz5 Hz3 Hz
200 Hz2 Hz2 Hz
100 Hz1 Hz1 Hz



安定度

残留FM - 2Hz p-p未満、代表値特定の中心周波数(CF)における位相ノイズ側波帯、dBc/Hz

ノイズ側波帯、dBc/Hz(RSA3300Bシリーズ)

   RSA3303B型、RSA3308B型RSA3308B型
   1GHz CF2GHz CF6GHz CF
オフセット保証値代表値保証値代表値保証値代表値
1 kHz≤ -100≤ -103≤ -96≤ -99≤ -87≤ -90
10 kHz≤ -105≤ -108≤ -104≤ -107≤ -104≤ -107
20 kHz≤ -105≤ -108≤ -105≤ -108≤ -105≤ -108
30 kHz≤ -105≤ -108≤ -105≤ -108≤ -105≤ -108
100 kHz≤ -112≤ -115≤ -112≤ -115≤ -112≤ -115
1 MHz≤ -132≤ -135≤ -132≤ -135≤ -128≤ -131
5 MHz≤ -135≤ -138≤ -135≤ -138≤ -130≤ -133
7 MHz≤ -135≤ -138≤ -135≤ -138≤ -130≤ -133



ノイズ側波帯、dBc/Hz(RSA3408B型)

   1GHz CF2GHz CF6GHz CF
オフセット保証値代表値保証値代表値保証値代表値
1 kHz≤ -105≤ -107≤ -103≤ -105≤ -97≤ -99
10 kHz≤ -110≤ -112≤ -109≤ -111≤ -106≤ -108
100 kHz≤ -112≤ -115≤ -112≤ -115≤ -111≤ -113
1 MHz≤ -132≤ -135≤ -132≤ -135≤ -132≤ -134
5 MHz≤ -138≤ -140≤ -138≤ -140≤ -137≤ -139
10 MHz≤ -138≤ -140≤ -138≤ -140≤ -137≤ -139



振幅(不整合による誤差を除く)

項目概要
測定範囲 測定範囲表示平均ノイズ・レベルから最大入力まで
入力アッテネータ範囲
RF/ベースバンド入力0~50dB、2dBステップ(3.5GHz未満)、10dBステップ(3.5GHz以上)(RSA3300Bシリーズ)
0~55dB、5dBステップ(RSA3408B型)
IQ入力(オプション03)0~30dB、10dBステップ(RSA3300Bシリーズ)
0~35dB、5dBステップ(RSA3408B型)
最大入力レベル
平均、連続(RFバンド、RF ATT:10dB以上)+30 dBm
最大DC電圧RFバンド:±0.2V、ベースバンド:±5V、IQ入力 (オプション03):±5V
最大測定入力レベル連続平均(RF ATT:自動):+30dBm
ログ表示スケール10μdBm/div~10dB/div
表示目盛10div
表示単位dBm、dBμV、V、W、Hz(周波数測定)、Degree(位相測定)
マーカ・リードアウト分解能、dB0.01 dB
マーカ・リードアウト分解能、電圧0.001 μV
リファレンス・レベル設定範囲
   RF-50dBm~+30dBm、1dBステップ
ベースバンド-30~+20dB、5dBステップ
IQ入力(オプション03)-10dBm~+20dBm、5dBステップ
表示レンジにおける レベル・リニアリティ±0.2dB(保証値)、±0.12dB(代表値)



周波数応答(20~30℃、アッテネータ:10dB以上)

周波数保証値代表値
100kHz~40MHz±0.5 dB±0.3 dB
40MHz~3.5GHz±1.2 dB±0.5 dB
3.5GHz~6.5GHz±1.7 dB±1.0 dB
6.5GHz~8GHz±1.7 dB±1.0 dB



振幅確度(-20dBm信号、0dB ATT、20~30℃)

項目概要
絶対振幅確度(校正ポイントにおいて)
   RF±0.5dB(50MHz)(RSA3300Bシリーズ)
±0.5dB(100MHz)(RSA3408B型)
ベースバンド±0.3dB(10MHz)(RSA3300Bシリーズ)
±0.3dB(25MHz)(RSA3408B型)
入力アッテネータ 切り替え誤差±0.5dB(RSA3300Bシリーズ)
±0.2dB(RSA3408B型)
リファレンス・レベル確度

±0.2dB(-10dBm~-50dBm、50MHz)

(RSA3300Bシリーズ)

±0.2dB(-10dBm~-50dBm、100MHz)

(RSA3408B型)

VSWR(ATT:10dB以上、プリアンプ:オフ)、代表値

1.4:1未満(300kHz~40MHz)、1.3:1未満 (40MHz~3GHz)、1.4:1(3GHz~8GHz)

(RSA3308B型、RSA3408B型)



歪み

項目概要

3次相互変調歪

(トータル信号パワー=-7dBm、リファレンス・レベル+5dBm、アッテネータは最適に調整)

周波数3次IM
 100MHz~3GHz-74dB(RSA3300Bシリーズ)
 3GHz~8GHz-72dBc未満(RSA3308B型のみ)
   2.0 GHz-78dB未満(RSA3408B型)

2次高調波歪

(入力ミキサにおいて-30dBmトーン)

周波数2次高調波歪、代表値
10MHz~1.5GHz-56dB(RSA3303B型)
10MHz~1.75GHz-56dBc未満(RSA3308B型)
 10MHz~1.4GHz-65dB未満(RSA3408B型)
1.4GHz~1.75GHz-70dB未満(RSA3408B型)



表示平均ノイズ・レベル(入力は終端)

周波数保証値
1 kHz ~ 10 kHz-144 dBm/Hz
10 kHz ~ 100 MHz-151 dBm/Hz
100 MHz ~ 3 GHz-150 dBm/Hz
3 GHz ~ 8 GHz-142 dBm/Hz(RSA3308B型、RSA3408B型)



残留応答

(入力は終端、リファレンス・レベル=-30dBm、RBW=100kHz)

RSA3303B型

周波数とスパン保証値
1MHz~20MHz スパン:20MHz-93 dBm
0.5GHz~3GHz スパン:3GHz-90 dBm



RSA3303B型

周波数とスパン保証値
1MHz~20MHz
スパン:20MHz
-93 dBm
0.5GHz~3GHz
スパン:3GHz
-90 dBm
3.5GHz~8GHz
スパン:3GHz
-85 dBm



RSA3408B型

周波数とスパン保証値
1MHz~40MHz
スパン:20MHz
-93 dBm
0.5GHz~3GHz
スパン:3GHz
-90 dBm
3.5GHz~8GHz
スパン:3GHz
-85 dBm



信号を伴うスプリアス応答

信号周波数スプリアス応答
(中心周波数、スパン=10MHz、リファレンス・レベル=0dBm、RBW= 50kHz、信号レベル=-5dBm)
25 MHz-73 dBc
2 GHz-73 dBc
5 GHz-70 dBc(RSA3308B型、RSA3408B型)
7 GHz-70 dBc(RSA3308B型、RSA3408B型)



隣接チャンネル漏洩電力比ダイナミック・レンジ

   ACLR
信号タイプ、測定モードRSA3300BシリーズRSA3408B型
(代表値、CF=2.1425GHz、最適な性能となるようテスト信号振幅を調 整して設定)
3GPPダウンリンク、1DPCH隣接/オルタネート隣接/オルタネート
リアルタイム(保証値)-60 dB -66 dB-66 dB -68 dB
ステップ(代表値)-63 dB -70 dB-70 dB -72 dB



IF周波数応答とIF位相リニアリティ-(中心周波数:400MHz、36.6MHzBW、代表値)(RSA3408B型)

アナログ変調解析

項目概要
表示振幅対時間、周波数対時間、位相対時間
測定項目
   AM+AM、-AM、トータルAM、変調深度
   FM+ピーク、-ピーク、Peak-to-Peak、(Peak-to-Peak/ 2)、実効値
   PMマーカにおける位相
確度(-10dBfs信号、CFでの入力、代表値)
   AM±2%(変調深度: 10~60%)
   FMスパンの±1%
   PM±3°



オーディオ歪み解析

項目概要
復調タイプベースバンド、AM、FM
測定範囲20Hz~100kHz
表示スペクトラムとスペクトログラム
測定項目S/N、SINAD、THD、TNHD、ハム/ノイズ比、 オーディオ周波数
オーディオ・フィルタ   
ディエンファシス25 μs, 50 μs, 75 μs, 750 μs
 ローパス・フィルタ3 kHz, 15 kHz, 30 kHz, 80 kHz
ハイパス・フィルタ50 Hz, 300 Hz, 400 Hz
   CCITT   
  Cメッセージ   
確度   
歪み±1dB(歪み生成が基本トーンから-70dB以上大きい場合)
   SINAD±1dB(SINADレベルが70dB未満の場合)
 残留歪みとノイズ-80dBまたは15μV、20Hz~20kHz
オーディオ周波数アナライザとソースが共通のリファレンスを共有する 場合:±0.1%(バースト状態における信号時間が1秒 より長い場合)



パルス測定

項目概要
表示パルス測定テーブル、パルス波形
測定項目パルス幅、パルス・ピーク・パワー、オン/オフ比、 パルス・リップル、パルス繰り返し間隔、デューティ比、 パルス-パルス位相、チャンネル・パワー、OBW、 EBW、周波数偏差
検出可能な最少パルス幅20サンプル(RSA3300Bシリーズでは最高サンプル・ レートで800ns、RSA3408B型では最高サンプル・ レートで400ns)
最大パルス長260,000サンプル



入力および出力

項目概要
前面パネル
RFおよびベースバンド 入力コネクタNタイプ、50Ω
IQ入力(オプション03)-BNCタイプ
プリアンプ電源コネクタLemo、6極
ピン 1 = NC
ピン 2 = ID1
ピン 3 = ID2
ピン 4 = –12 V
ピン 5 = GND
ピン 6 = +12 V
後部パネル
アナログIF出力BNC、周波数:421MHz(RSA3408B型)
10MHzリファレンス出力50Ω、BNC、−3dBm以上
110MHzリファレンス入力50Ω、BNC、-10~+6dBm
外部トリガ入力外部トリガ、BNC、ハイ:1.6~5.0V、ロー:0~0.5V
GPIBインタフェースIEEE 488.2
トリガ出力50Ω、BNC、ハイ:2.0V以上、ロー:0.4V未満 (出力電流:1mA)
デジタルIQ出力(RSA3408B型オプション05)
コネクタ・タイプMDR(3M)、50ピン×2
データ出力
 Iデータ16ビットLVDS
Qデータ16ビットLVDS
コントロール出力クロック:LVDS、最高51.2MHz
コントロール入力IQデータ出力イネーブル、GND接続によりIQデータが出力
クロックの立上りエッジから データ・トランジションまで の時間(ホールド時間)5ns以上
データ・トランジションから クロックの立上りエッジまで の時間(セットアップ時間)5ns以上
サイド・パネル
LANインタフェース(Ethernet)10/100Base-T
シリアル・インタフェースUSB 1.1、2ポート
VGA出力VGA出力、15DSUB
フロッピー・ディスク・ドライブ3.5型、1.44Mバイト



: オプション05からのデータでは、RSA3408B型で同様のRF性能を実現するためのIQデータの係数補正アプリケーションが必要です。

環境特性/その他

項目概要
温度範囲
 動作時+10~+40℃
非動作時-20~+60℃
ウォームアップ時間20分
高度
 動作時最高3,000m
 非動作時最高12,190m
安全規格およびEMI規格との適合性UL 61010-1、CSA C22.2 No. 61010-1-04
IEC61010, second edition(自己申告)
低電圧指令(LVD)200/95/EC、EN61010-1: 2001 測定制御および実験用途における計測器の安全 要求
EMC指令
2004/108/EEC、EN61326:1997測定、制御、 研究用電気計測器のための製品ファミリ規格-
無線通信Act: 1992、EMC要求、AS/NZ CISPR 11(工業、科学、医療)
電源90~250VAC、47~63Hz (RSA3300Bシリーズ)
90~264VAC、47~63Hz (RSA3408B型)
消費電力400 VA maximum
データ・ストレージ内蔵HDD、USBポート、FDD、リムーバブルHDD (RSA3408B型オプション06)
校正間隔1年間
保証期間1年間
GPIBSCPI互換、IEEE488.2対応



寸法/質量

寸法mm
突起部を除く215mm(高さ)×425mm(奥行)×425mm(幅)
突起部を含む238mm(高さ)×470mm(奥行)×445mm(幅)
質量kg
すべてのオプションを含む20 kg
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top