RFX100 RFXpress®

RFXpress® - RF/IF/IQ波形生成ソフトウェア

参考スタート価格

¥ 960,000

詳細情報:

オンラインで読む:

特長

  • さまざまな変調方式によるベースバンドIQ、IF、RF信号の定義
  • 個別に定義されたキャリアによるシングルキャリア信号とマルチキャリア信号の生成
  • ホッピング・パターンの定義と生成
  • 直交エラーやIQインバランス、または非直線性などの障害を加えることが可能
  • 波形生成時に正弦波干渉、ノイズ(SNR)、マルチパスを追加可能
  • オシロスコープ(*.wfm)、リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(*.iqt、*.tiq)あるいはMATLAB®*1(*.mat)ファイルから取込んだIQ、IF、RF信号のベースバンド波形ファイルを出力可能。インポートした波形をリサンプルし、校正し、障害や干渉を加えて再生可能。
  • DUTの特性評価、RFコンポーネントのSパラメータのエミュレーションをサポート
  • AWGの出力が平坦な周波数特性と直線的な位相特性を持つように校正可能
  • 汎用的なプラグラム可能なインタフェースとレーダ用プラグインにより、RFXpressをテスト自動化システムに簡単に統合可能
UWB-WiMedia
  • バンド・ホッピングを含むすべてのWiMediaバンド・グループ(BG1~BG6)のダイレクトRF信号生成*2
  • MACおよびPHY層の包括的なWiMedia信号生成のサポート
  • ゲート・ノイズ機能によりノイズ・プロファイルを定義し、UWBパケット(プリアンブル、PPD HeadBer、PSDU)の各セクションを個々に定義
  • OFDMキャリア・マッピングのための振幅(+20~-40dB)と位相(-180~+180°)の中間値のトーン・ヌルの生成
  • WiFi(802.11aやMIMO)、WiMAX、レーダ信号などの実際の干渉をWiMedia波形に適用可能
  • カスタム・モードで任意のTFCパターンを定義
レーダ
  • シングル・パルスまたはマルチ・パルス・グループによりコヒーレントまたはノンコヒーレント・パルス列を生成可能
  • パルス・グループごとに定義、または異なったパルス・グループを追加して、複数のターゲット・リターンを同時にシミュレーション可能
  • イントラ・ホッピング・パターンおよびインター・ホッピング・パターンを周波数と振幅の両方で定義
  • 開始時間、立上り時間、オフ時間、立下り時間、パルス幅、ドループ、オーバシュート、リップルなどのすべてのパルス・パラメータを定義
  • 一定の割合や任意に変動するスタガPRI(Pulse RepetitionInterval、パルス繰返し間隔)のパルス列、ユーザ定義のプロファイル、最大10のマルチパスを定義
  • ユーザ定義のパルス・シーケンスを生成し、AWGのシーケンス・モードを使用してメモリを最適化し、膨大な数のパルスを生成*3
  • FMチャープ、ステップFM、バーカ・コード、多値位相変調、ユーザ定義のコード、ユーザ定義のステップFM、カスタム変調など、さまざまな内部変調形式にも対応
  • アンテナ・ビーム・プロファイルを定義し、ターゲットからのリターンをシミュレート可能
汎用OFDM
  • OFDM信号の各種パラメータの設定。ベース・データからパケット、フレームまで独自のOFDMフレームを構築
  • リード・ソロモン、コンボリューション符号化、スクランブリングをサポート
  • 位相ノイズ、マルチパス、量子化誤差などの障害を追加
  • 周波数ホッピングとゲート・ノイズを定義
  • BPSK、QPSK、QAM(16、32、64、256)、8-PSKを含むさまざまなサブキャリア変調形式をサポート
  • トーン・ヌル、クリッピングをサポート
  • WiFi、WiMAX規格のプリセット機能を装備

アプリケーション

  • ワイドバンド無線通信レシーバの設計、特性評価、デバッグ
  • 汎用的なデジタル変調IQ、IF、RF信号の生成
  • ワイヤレスUSB(WUSB)、FireWire、Bluetoothなどのアプリケーション用に使用するWiMedia MB-OFDMウルトラワイド・バンド(UWB)無線方式の特性評価
  • レーダ受信機とレーダ・システムの設計、デバッグおよび開発

*1 MATLAB® は、Math Works社の登録商標です。

*2 当社AWG7122B型Opt. 06、BG5を使用した校正が必要。

*3  AWG7000Bシリーズ(Opt. 08付)を使用。

RF信号生成を容易に

RF信号はますます複雑になり、RF設計エンジニアにとっては、 設計に対するコンフォーマンス・テスト(適合性試験)やマー ジン・テストに必要な精度の高い信号を生成することがますま す困難になっています。当社のRFXpressは、このようなテス トのための優れたRF/IF/IQ信号の生成/編集ツールです。 RFXpressは、変調ベースバンドおよびIF、RF信号をデジタル 的に合成するソフトウェア・パッケージで、テクトロニクスの 任意波形ジェネレータ(AWG)の広帯域信号出力能力により IQ、IF、RF信号を高性能で生成できます。広範囲な変調方式を サポートするこのソフトウェアは、標準波形および特殊な変調 と周波数ホッピング方式を持った独自の波形を生成できます。 オート・モードでは、任意波形ジェネレータからの出力信号を 正確に生成するため、自動的に波形長(時間(秒)、サンプルま たはシンボル)とサンプリング・レートを計算します。さらに RFXpressは、AWGの出力が平坦な周波数特性とリニアな位相 特性を持つよう、あらかじめ信号に補正を加えることができる 校正機能を持っています。RFXpressは、テクトロニクスのオ シロスコープで取込んだ波形(*.wfm)や、リアルタイム・ス ペクトラム・アナライザで取込んだIQ波形(*.iqt、*.tiq)を出 力できます。設計に対する十分なストレス・テストを行うために、 この生成信号に障害、歪あるいは干渉を加えることができます。

SPARA はRFXpressのソフトウェア・モジュールで、 TouchstoneファイルからRFコンポーネントをエミュレー ションすることができます。複数のTouchstoneファイルをカ スケード接続してRFチェインをエミュレートできます。反転 オプションを選択することで、RFコンポーネントの効果をディ エンベデッドすることもできます。このオプションにより、2 ポート・デバイス(DUT)の特性評価のための準備もできます。 ウィザードにより手順が簡素化でき、デバイスのS21特性(挿 入損失)がテキスト・フォーマットで提供されます。

RFXpressのUWB-WiMedia (UWBCF/UWBCT) 信号生成プ ラグイン・ソフトウェアは、UWBスペクトラムの信号をデジタ ル的に合成して生成することができます。このソフトウェアは、 最新のWiMedia仕様に対応して、1.5GHzの変調帯域をリアル タイムにバンド・ホッピングする信号を生成できます。 UWBCF/UWBCTでは、すべてのバンド・グループのプリアン ブル同期シーケンス、カバー・シーケンス、TFCを含む WiMedia信号の特性を制御できます。6バンド・グループ(BG1 ~6)すべてにおいて、IQとIF信号およびアップコンバート用 のダイレクトRF信号の3種類の信号を生成できます。このソフ トウェアは2種類のモードで動作します。一つはコンフォーマン ス・モード(UWBCF)で、最新バージョンのWiMedia仕様に 適合する標準信号を生成できます。もう一つのカスタム・モー ド(UWBCT)では、ストレス・テストやマージン・テスト用 信号のヘッダやペイロードのどの部分でも自由に変更できます。

RFXpressのレーダ信号生成プラグイン・ソフトウェアは、レー ダ・パルス波形を生成するのに最適なソフトウェアです。この ソフトウェアでは、パルス、パルス・トレインおよびパルス・ グループからなるカスタム・レーダ・パルスを生成できます。 またLFM、バーカと多値位相変調、ユーザ定義のコード、ステッ プFM、ノンリニアFM、ユーザ定義のステップFM、カスタム 変調などのさまざまな変調方式をサポートしています。さらに RFXpressは、レンジとドップラの曖昧性を解決するスタガ PRI、ECCM( 妨害電波防御装置、Electronic Counter Counter Measures)用周波数ホッピング、アンテナ・ス キャン・パターン、マルチパス効果などのSwerlingターゲット・ モデルをシミュレートするパルス振幅変化などのパルス・トレ インを生成することができます。

OFDMはRFXpressのソフトウェア・モジュールで、OFDM 信号定義のすべての成分を設定することができます。シンボル ごとに構築して完全なOFDMフレームを生成することができ ます。RFXpressは、リード・ソロモン、コンボリューション、 スクランブリングなど、さまざまなデータ符号化フォーマット をサポートしています。シンボル内の各サブキャリアは、タイ プ、変調、ベース・データを個別に設定することができます。 次に、ゼロ・パディングまたはサイクリック・プリフィックス を追加することができます。シンボルは、クリッピング比と トーン・ヌルを指定して変更することができます。シンボル・ テーブルでは、選択したシンボルのすべてのキャリアが一覧で きます。OFDMパケット/フレームは、シンボル/フレーム間 のスペースを指定することができます。OFDMパケットの一部 に対して、ゲート・ノイズでストレスを加えることができます。

RFXpressは、PC上またはAWG5000/5000Bシリーズお よびAWG7000/7000Bシリーズ任意波形ジェネレータ上で 動作します。

性能*4

ソフトウェア

項目概要
ソフトウェア・アプリケーション
汎用のIQ、IF、 RF信号生成のための ベース・パッケージ汎用の信号生成と、オプションによるSパラメータ・エミュレーションとDUTの特性評価
UWB-WiMedia IQ、IF、 RF用のRFXpress プラグイン

コンフォーマンス信号生成

カスタム信号生成

 レーダIQ、IF、RF用のRFXpressプラグインレーダ信号生成
 OFDMのIQ、IF、RF用の RFXpressプラグイン汎用のOFDM信号生成
ユーザ・ インタフェースMicrosoft Windows XP ProfessionalまたはWindows Vista Business Edition (英語版)にインストールし、実行

*4 このデータ・シートに書かれているすべての性能は、注記がある場合を除いてAWG7122B Opt. 06のものです。

波形ファイルのインポートと複製に関する互換性

製品概要
オシロスコープテクトロニクスのTDS6000シリーズ、 MSO70000シリーズ、DSA/DPO70000/ Bシリーズ、DPO7000シリーズ(*.wfm)
任意波形ジェネレータテクトロニクスのAWG400/500/ 600/700シリーズ(*.wfm)
リアルタイム・ スペクトラム・アナライザテクトロニクスのRSA3000シリーズ、 RSA6000シリーズ(*.iqt、*.tiq)
その他MATLAB®*1 Binary Formats(*.mat)、 ADS®*5(*.txt)、VSA®*5(*.csv)

*1 MATLAB®は、Math Works社の登録商標です。

*5 PSG®, ADS®, VSA® は、Agilent Technologies社の登録商標です。

計測器のコントロール

項目概要
当社
任意波形ジェネレータ
RFXpress は、外部のPC上または AWG7000/7000BシリーズおよびAWG5000/ AWG5000Bシリーズにインストールして実行。 任意波形ジェネレータにインストールしたときは、 波形転送と機器の操作は、RFXpressから直接実行 可能
コントロール
  アナログサンプリング・レート、インタリーブとゼロイング のオン/オフ、振幅、オフセット、実行、停止、チャン ネル出力のオン/オフ、シーケンス・ラン・モード (レーダ・プラグインのみ)
 デジタル・マーカ振幅のハイ、ローと遅延
当社オシロスコープ 当社オシロスコープのパラメータは、 RFXpressからリモートで制御
コントロール
  一般的な設定実行、停止、シングル、オートセット
 垂直軸設定チャンネル、感度
  水平軸設定スケール、レコード長、サンプリング・レート
当社 スペクトラム・ アナライザ 当社スペクトラム・アナライザのパラメータは、RFXpressからリモートで制御
コントロール
設定中心/開始/停止周波数、スパン、 ステップ・サイズ、最大とレース・ポイント
  取込帯域幅、サンプル数、レコード長
 解析オフセット、解析長、時間ゼロ基準、 振幅基準レベル
IQ変調 Remote-control PSG®*5 のリモート制御-RFXpressからE8267D の変調パラメータ
コントロール周波数、周波数オフセット、振幅、振幅オフセット、 出力RFのオン/オフ、出力変調のオン/オフ、 ソース・タイプ、周波数モード、ALCのオン/オフ、 ALCモード、ALCバンド幅、ALCレベル、 アッテネーション・ホールドのオン/オフ、 ALCパワー、アッテネーション
 キャリア漏洩抑制IQステート、IQ調整、Iのオフセット、Qのオフセット

*5 PSG®, ADS®, VSA®は、Agilent Technologies社の登録商標です。

RFXpress RF/IF/IQ波形生成ソフトウェアの性能*4

項目概要
キャリアの定義シングルキャリア、マルチキャリア(1~1024)
振幅

IF/RF:-100~+30dBm

IQ: 0 VRMS ~ 5 VRMS

ベース・データオール0(ゼロ)、オール1、PRBS(7、9、15、16、20、21、23、ユーザ定義)、パターン、ファイル入力
変調方式変調なし、QPSK、π/4-QPSK、π/2-QPSK、BPSK、n-DPSK、O-QPSK、8PSK、O-8PSK、SD-PSK、QAM16、π/2-QAM16、QAM32、QAM64、QAM128、QAM256、QAM512、 QAM1024、GMSK、2-FSK、4-FSK、8-FSK、 16-FSK、32-FSK、ASK、OOK、AM、FM、 PM、Gaussian Noise、File1(IQサンプル)、 File2(IQシンボル)、File3(シンボル・マップ)
シンボル・マップ
トータル・シンボル2~512
 変調モードノーマル、Diff(連続)、Diff(オルタネート)
回転角–180° ~ +180°
 オフセット変調オン/オフ
プレ定義マップなし、BPSK、QPSK、QAM16、QAM32、 QAM64、QAM128、QAM256
フィルタフィルタなし、レイズド・コサイン、方形、三角、 スクエア・ルート・レイズド・コサイン、ガウシャン (ディラック・デルタ)、ガウシャン(方形)、EDGE、 ハーフ・サイン、ユーザ定義フィルタ(ファイルから)
ウィンドウウィンドウなし、三角、ハミング、カイザ、 ハニング、チェビシェフ、リップル、ブラックマン、 ブラックマンハリス、テーパード・コサイン、 エクストラクト・ブラックマン、フラット・トップ
ウィンドウ・パラメータ
カイザ・パラメータ1 ~ 10
  チェビシェフ・リップル10 db ~ 80 dB
コーディンググレイ、差分、グレイ差分、NADC、TFTS、 MSAT差分
ホッピング
パターン擬似ランダム(レンジ、リスト、アボイド)
  ホッピング・レンジ100 Hz ~ 12 GHz
  チャンネル・スペーシング100Hz~帯域幅
      PRBS7, 9, 15, 16, 20, 21, 23, ユーザ定義
 ホッピング時間シンボル/ホップ、ホップ/秒
パターンカスタム
 ホッピング・  パラメータホッピング、スタート・シンボル、エンド・シンボル、周波数オフセット(±MHz)、相対振幅(±dB)
パワー・ランプ
 ランプ関数なし、リニア、コサイン
ランプ時間0~1s
シンボルのパワー・レベル-60~+20dB
IQ障害
キャリア漏洩

I: –50% ~ +50%

Q: –50% ~ +50%

直交エラー–30° ~ +30°
 IQインバランス–30% ~ +30%
 AM/AM歪み

k2: –3 dB +3 dB

k3: –3 dB ~ +3 dB

 AM/PM歪み

k2: –30° ~ +30°

k3: –30° ~ +30°

 ハードウェア・スキュー

-100~+100ps(AWG7000Bシリーズ)

-5~+5ns(AWG5000Bシリーズ)

IQスワップオン/オフ
Iインバートオン/オフ
Qインバートオン/オフ
歪みの追加
 振幅歪みアンプ-ノン・リニア、ソフト・リミット、ハード・リミット
 AM/AM歪み

k3: –3 dB ~ +3 dB

k5: –3 dB ~ +3 dB

 AM/PM歪み

k3: –30° ~ +30°

k5: –30° ~ +30°

干渉の追加
オフセット-6~+6GHz(AWG7000BシリーズOpt. 02/06)
    周波数

-3~+3GHz(AWG7000Bシリーズ標準仕様)

-185~+185MHz(AWG5000Bシリーズ)

 正弦波干渉
      C/I–40 dB ~ +40 dB
  オフセット周波数

-6~+6GHz(AWG7000BシリーズOpt. 02/06)

-3~+3GHz(AWG7000Bシリーズ標準仕様)

-185~+185MHz(AWG5000Bシリーズ)

 信号の追加ソフトウェア、ハードウェア、IQ、RF/IF
 追加ノイズ
      SNR–40 dB ~ +40 dB
      Eb/No–40 dB ~ +40 dB
    帯域幅1 Hz ~ 12 GHz
マルチパス
パスの数0 ~ 10
遅延-80~+80シンボル
  振幅–60 dB ~ 0 dB
位相–180° ~ +180°
サブキャリア変調
変調AM, FM, PM
キャリア周波数1 Hz ~ 12 GHz
  AM変調インデックス0 ~ 200%
グラフ同相 i(t)、直交 q(t)成分対時間
アイ・ダイアグラム I
アイ・ダイアグラム q
コンスタレーション(ベクトル q(t) 対 i(t))
RF/IFとI/Q信号の両方のスペクトラム (I/Q信号の振幅スペクトラム対周波数)
パルス形状
CCDF
スペクトログラム
校正後の位相と振幅の補正プロット
CPIプロット(レーダ・プラグインのみ)
校正*6信号の校正またはイメージの校正
  平均化1 ~ 100
 開始周波数10 MHz ~ 0.49 fs
エンド周波数10 MHz ~ 0.49 fs
周波数分解能1MHz~10MHz(1MHzステップ)

*4 このデータ・シートに書かれているすべての性能は、注記がある場合を除いてAWG7122B Opt. 06のものです。

*6校正とDUTの特性評価は、AWG7000Bシリーズでのみサポートされます。

RFXpress UWB-WiMedia波形生成用プラグイン・ソフトウェアの性能*4

項目概要
UWB-WiMedia IQ、IF、RF用のRFXpress プラグイン

コンフォーマンス信号生成(UWBCF)

カスタム信号生成(UWBCT)

セットアップMy setupによるユーザ定義の設定の他に、
次の3種類の設定を装備
WiMediaスペック例パケット
53.3、80および106.7Mbpsのパケット
480Mbpsのバースト・モード・パケット
マーカ・マッピング

各バンドで2つのマーカがマッピング可能、

マーカ遅延範囲:-312.5~+312.5ns

パケット・グループの数1 ~ 100
パケット・グループ内のパケット数1 ~ 30
パケット・グループの 繰返し回数1 ~ 100 回
グループ開始遅延0 ~ 200 シンボル
グループ終了遅延0 ~ 200 シンボル
パケット間のスペース
 標準モード

6  ~ 200 シンボル

(pSIFS、pMIFSで定義可能)

ペイロード・ソースWiMediaスペック例
  オール0(ゼロ)、オール1
   PRBS7, 9, 15, 16, 20, 21,23
 ユーザ定義(ファイル入力による)
トーン・ヌーリング–40 dB ~ +20 dB
MACヘッダWiMediaスペック例から10バイトのMACヘッダ・データが選択可能
   オール0(ゼロ)、オール1
   PRBS7、9、15、16、20、21、23
ユーザ定義:ユーザはMACヘッダ・パターンと ファイル入力を入力可能
パケット・モード標準、バースト
Preamble Type(プリアンブル・タイプ)200Mbpsより大きなデータ・レートにおいて標準またはバースト
パケット・サイズ
  標準モード0 ~ 4095
 Burst Mode (バースト・モード)1 ~ 4095
バンド・グループBandGroup1 ~ BandGroup6
TFコードTFC1 ~ TFC10
BandGroupの中心周波数ユーザにより定義可能
校正RFとIF
IQ障害
 キャリア漏洩

I: –50% ~ +50%

Q: –50% ~ +50%

 直交エラー–30° ~ +30°
  IQ不平衡–30% ~ +30%
 AM/AM変換

k2: –3 dB ~ +3 dB

k3: –3 dB ~ +3 dB

   AM/PM変換

k2: –30° ~ +30°

k3: –30° ~ +30°

  ハードウェア・ スキュー

-100~+100ps(AWG7000Bシリーズ)

-5~+5ns(AWG5000Bシリーズ)

歪みの追加
  アンプの歪振幅ノン・リニア、ソフト・リミット、ハード・リミット
  AM/AM変換

k3: –3 dB ~ +3 dB

k5: –3 dB ~ +3 dB

    AM/PM変換

k3: –30° ~ +30°

k5: –30° ~ +30°

干渉の追加
 オフセット周波数

-6~+6GHz(AWG7000BシリーズOpt. 02/06)

-3~+3GHz(AWG7000Bシリーズ標準仕様)

-185~+185MHz(AWG5000Bシリーズ)

 正弦波干渉 C/I–60 dB ~ 60 dB
オフセット周波数

-6~+6GHz(AWG7000BシリーズOpt. 02/06)

-3~+3GHz(AWG7000Bシリーズ標準仕様)

-185~+185MHz(AWG5000Bシリーズ)

現実に近い信号生成WiMax、WiFi(MIMO)、WiFi(802.11a)、 レーダ、ファイル入力によるIQ干渉信号
  周波数1 Hz ~ 12 GHz
  振幅–60 dB ~ +60 dB
信号付加ソフトウェア、ハードウェア、IQ、RF/IF 
ゲート・ノイズ
 パケットプリアンブルS/N、PLCPヘッダS/N、 ペイロードS/N -“ -40~+100dB”
  シンボルS/N-40~+20dB
マルチパス
   パスの数0 ~ 10
   遅延-2~+2シンボル
 振幅–60 dB ~ 0 dB
 位相–180° ~ +180°
コンフォーマンス・モード
  データ・レート53.3, 80, 106.7, 160, 200, 320, 400, 480 Mb/s
カスタム・モード
 TFコードTFC1~TFC10、およびユーザ定義。ユーザは 独自のホッピング・シーケンスと数をTFCコード 1~15で定義可能。これにより、ホッピングなし に選択したTFコードの信号が生成可能。ただし、 マーカはTFCパターンをもとにホッピングする
  PPDUストラクチャに おけるユーザ定義の コンポーネントプリアンブル時間ドメイン・ベース・シーケンス、 カバー・シーケンス、リザーブ・ビット、テール・ ビット、HCS、チャンネル・エスティメーション、 フレーム・ペイロード、シーケンス、レングス、 スクランブラ・イニット、ホッピング・パターン、 リード・ソロモン・パリティ・ビット、FCSは、 規格から計算/引用できる、またはユーザにより 定義可能
 PLCPヘッダとPSDU をスイッチ・オフする 規定 

*4 このデータ・シートに書かれているすべての性能は、注記がある場合を除いてAWG7122B Opt. 06のものです。

RFXpressレーダ信号生成用プラグイン・ソフトウェアの性能*4

項目概要
パルス数最大4096
グループ“Add Pulse Group”機能を使用し、 複数のターゲット・リターンを同時にシミュレート
パルス形状台形、レイズド・コサイン、指数、方形、 のこぎり波、カスタム
パルス・パラメータスタート時間(To)、立上り時間(Tr)、 パルス幅(Ton)、立下り時間(Tf)、オフ時間(Toff)
キャリア相対振幅-80~0dB
キャリア周波数からの オフセット

-6~+6GHz (AWG7000BシリーズOpt. 02/06)

-3~+3GHz(AWG7000Bシリーズ標準仕様)

-185~+185MHz(AWG5000Bシリーズ)

スタガPRI
 ランプ波–180° ~ +180°
 ユーザ定義 
変調 
リニア周波数変調(LFM)
  掃引レンジ0 ~ 12 GHz
  周波数掃引ローからハイ、ハイからロー
2値位相コード・ パルス - バーカ2, 3, 4, 5, 7, 11, 13
多値位相コード
 ステップ数200
  イニシャル・オフセット–180° ~ +180°
 位相オフセット–180° ~ +180°
ユーザ定義のコード 
ステップ周波数変調
ステップ数200
 イニシャル・ステップ–100 kHz ~ 6 GHz
   ステップ・サイズ–100 kHz ~ 6 GHz
ノンリニアFM 
ユーザ定義のステップFM 
カスタム変調 
パルス間ホッピング周波数オフセット(±MHz)、相対振幅(±dB)
パルス障害
エッジ・ジッタガウシャン、ユニフォーム
パルス幅ジッタガウシャン、ユニフォーム
振幅偏差
 ドループ-50~0%
 オーバシュート0~50%
  リップル0~50%
  リップル周波数1 Hz ~ 6 GHz
マルチパス
  パスの数0 ~ 10
 遅延0~PRI(μs単位)
 振幅-60~0dB
 位相–180° ~ +180°
アンテナ
 ビーム・タイプSinc、ガウシャン、ユーザ定義
 ビーム幅0~+180°
   MRA (Max Radial Axis)0° ~ +180°
 スキャン・レート0 ~ 180°/s
IQ障害
   キャリア漏洩

I: –50% ~ +50%

Q: –50% ~ +50%

  直交エラー–30° ~ +30°
   IQインバランス–30% ~ +30%
ハードウェア・  スキュー

-100~+100ps(AWG7000Bシリーズ)

-5~+5ns(AWG5000Bシリーズ)

  IQスワップオン/オフ
信号の追加ソフトウェア、ハードウェア、IQ、RF/IF
ノイズ
   SNR–60 dB ~ +60 dB
    帯域幅0.01 fs ~ 0.50 fs

*4 このデータ・シートに書かれているすべての性能は、注記がある場合を除いてAWG7122B Opt. 06のものです。

RFXpress Sパラメータ/DUT特性評価用プラグイン・ソフトウェアの性能

項目概要
Sパラメータ
  モードノンカスケード、カスケード(最大6)
  フィルタ帯域幅オート、全帯域、マニュアル(1Hz~12GHz)
   ファイル形式s1p、s2p、s4p(シングルエンドと差動)、 DUTの特性評価から生成される *.txt
反転オン/オフ
DUTの特性評価*6
周波数開始、停止、分解能
反復回数1 ~ 5
ミキサオン/オフ-低周波数、LSB、USB
プロット振幅、位相
出力ファイル*.txt (S21特性を含む)

*6校正とDUTの特性評価は、AWG7000Bシリーズでのみサポートされます。

RFXpress OFDM信号生成用プラグイン・ソフトウェアの性能*4

項目概要
キャリア振幅–2 dBm ~ 3.9 dBm
ベース・データ

最大8

オール0(ゼロ)、オール1、PRBS (7、9、15、16、20、21、23、ユーザ定義)、 パターン、ファイル入力

データ・コーディングリード・ソロモン、スクランブリング、 コンボリューション
シンボル
 キャリア間のスペース1 Hz ~ 12 GHz
 サブキャリアの数2 ~ 65536
  サブキャリア・タイプデータ、パイロット、ヌル、ガード
 サブキャリア変調BPSK, QPSK, 16-QAM, 32-QAM, 64-QAM, 256-QAM, 8-PSK
  ゼロ・パディング/ サイクリック・ プリフィックス0 ns ~ 1 s または 0% ~ 1000%
 オフセット周波数

-6~+6GHz(AWG7000BシリーズOpt. 02/06)

-3~+3GHz(AWG7000Bシリーズ標準仕様)

-185~+185MHz(AWG5000Bシリーズ)

パケット
  プリアンブル/  ポストアンブルファイル入力として
 シンボル間のスペース0 ps ~ 1 s
   シンボル間の  オーバラップ0% ~ 50%
  オーバラップ・ウィンドウなし、台形、ハニング、ハミング、ブラックマン
ホッピング
  ホッピング・  パラメータホッピング、スタート・シンボル、エンド・シンボル、 周波数オフセット(±MHz)、相対振幅(±dB)
ゲート・ノイズ
シンボルS/N–60 dB ~ +60 dB
フレーム
パケット間のスペース42 ps ~ 1 s
マルチパス
  パスの数0 ~ 10
 遅延84~1フレーム(μs単位)
振幅–60 dB ~ 0 dB
 位相–180° ~ +180°
位相ノイズ
  時間モデル
  プロファイル1/f0, 1/f1, 1/f2, 1/f4
  VCO帯域幅1 Hz ~ 6 GHz
 位相ノイズ(実効値)0.01° ~ 180°
周波数プロファイル・モデル
 周波数オフセット1Hz~6GHz(5ステップ)
      dBc/Hz–40 ~ –180
歪みの追加
  量子化1 ~ 10 bits
プリセットWiFi (802.11a 36 Mb/s)、WiMAX (802.16-2004 Down Link 5MHz、10MHz、20MHz)

*4 このデータ・シートに書かれているすべての性能は、注記がある場合を除いてAWG7122BOpt. 06のものです。

システム要件

オフライン・バージョンのインストールには、以下のようなPC構成が必要 です。

: 以下に示すハードウェアは最低要件です。より高い処理能力とメモリ 容量があれば、生成ソフトウェアの性能は向上します。

  • 1.2GHz以上の純正Intel Pentiumプロセッサを推奨
  • マザーボード-Intelまたは100%互換性のあるマザーボード・チップセット
  • Microsoft Winows XPまたはWinows Vista Business Edition(英語版)
  • RAM: 512Mバイト
  • 2Gバイトのハード・ディスク空き容量(アプリケーションとドキュメント用)
  • XVGA 1024×768、120dpiフォント・サイズ
  • CD-ROMまたはDVDドライブを推奨
  • キーボードとMicrosoftマウスまたは互換性のあるポインティング・デバイス

ご発注の際は以下の型名をご使用ください。

RFX100

RF/IF/IQ波形生成ソフトウェア

RFXpress

型名オプション概要
RFX100    ベース・ソフトウェア:RFXpress RF/IF/IQ波形生成ソフトウェア
RFXpress用プラグイン:
   Opt. UWBCFUWB-WiMediaコンフォーマンス・テスト用 プラグイン・ソフトウェア
   Opt. UWBCTUWB-WiMediaカスタム/ コンフォーマンス・テスト用プラグイン・ ソフトウェア(Opt. UWBCFが必要)
   Opt. RDRレーダ信号生成用プラグイン・ソフトウェア
   Opt. SPARASパラメータのシミュレーションとDUTの特性評価
   Opt. OFDM

OFDM信号生成

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top