テクトロニクスBERTScope™、リアルタイム・オシロスコープ用

PCI Express® 4.0、3.0 Base Specification対応自動レシーバ・テスト・ソフトウェア(BSXPCI4BSE)

参考スタート価格

-

詳細情報:

オンラインで読む:

PCI Express 4.0、3.0 Base Specification対応レシーバ校正/テスト・ソフトウェアBSXPCI4BSEは、当社BERTScope BSX用にグラナイトリバーラボ社(GRL)によって開発された製品で、Base(ASIC)Specificationに準拠したPCIレシーバ・テストを自動化/簡略化/効率化できます。

BSXPCI4BSEは、BERTScope、テクトロニクスのリアルタイム・オシロスコープを自動化する機能を備えており、ストレス・アイの校正、レシーバの適合性/ジッタ耐性テストが行えます。GRLのソフトウェアでは、業界標準規格で定義されたテスト手順に従って、統計アイ解析シミュレーション・ソフトウェア(Seasim)を使用して、校正済みDDJテスト・チャンネルを確立します。校正済みアイ・ダイアグラムでは、SeasimおよびSigTestソフトウェアのどちらかを使用して、最終的なストレス・アイ・ダイアグラムを生成します。DUTにそれを適用することで、レシーバのジッタ耐性/マージン・テストを実行できます。

BSXPCI4BSEベース・レシーバ・テスト・ソフトウェアは、使いやすいユーザ・インタフェースを提供しており、複雑なPCIeテストも簡単に自動化できます。このソフトウェアは、Windows 7以降のオシロスコープまたはPC上で実行でき、機器の校正やテストの時間が大幅に短縮されます。

BSXPCI4BSEベース・レシーバ・テスト・ソフトウェアは、複数のパラメータによるネステッド・ループ・テストがサポートされています。そのため、半導体素子のPVTテストや複数のテスト条件の下で実施されるテストの効率が向上します。テスト結果は集計レポートに記録されます。BERTScopeの投資対効果を高めるだけでなく、貴重な時間を節約し、複数プロジェクトでのリソースの使用も最適化できます。

さらに、BSXPCI4BSEはカスタマイズにも対応しています。ユーザ自身で行うことも、またはGRLの完全自動化フレームワークであるKayaQを使用することもできます(GRLが設計を担当)。詳細についてはGRL([email protected])または当社のアカウント・マネージャまでお問い合わせください。

主な特長
  • 信号劣化の自動校正によるRXストレス・アイ(アイ高さとアイ幅)の生成が可能(PCIe® 4.0および3.0 Base Specificationに準拠)。ISIチャンネルの校正にはSeasimを使用可能。ストレス・アイの最終校正にはSeasimまたはSigTestのいずれかを選択可能
  • レシーバの自動コンプライアンス/ジッタ耐性テスト(規格で定義された仕様またはユーザ定義によるジッタ周波数ステップを使用可能)
  • ジッタ耐性/マージンの自動テスト
  • ユーザ定義可能なネステッド・ループを使用した自動テストとテスト結果の集計レポートの生成
  • 操作が簡単なユーザ・インタフェースによるセットアップとテスト実行およびレポート機能(PDFファイル)
  • フル・カスタマイズに対応
  • 業界で広く認められた校正手法の使用により技術的リスクを解消
  • 高速なテストと一貫性の高いテスト結果
  • KayaQ™(GRLの完全自動化フレームワーク)を利用することで機能のカスタマイズや拡張にも対応可能

アプリケーションの仕様

仕様 PCI Express Base Specification Revision 4.0、3.0 
データ・レート PCIe 4.0(16GT/s)、PCIe 3.0(8GT/s)
サポートされるレシーバ・アーキテクチャ コモン・クロック方式
ストレス・アイ校正方式 Seasim(インサーション・ロスの校正)、SeasimおよびSigTest(アイの最終校正)
PCIe 4.0、3.0 Base Specificationテストに必要な機器

当社BERTScopeジェネレータ・セット:

  • 16GT/s:BSX240型/CR175A型(最小構成)
  • 8GT/s:BSX125型/CR125A型またはBSA125型/DPP125型/CR125型(最小構成)

当社DPO/MSO70000DXシリーズまたは70000SXシリーズ・オシロスコープ:

  • 16GT/s:25GHz(最小構成)
  • 8GT/s:16GHz(最小構成)


当社DPOJET(ジッタ/アイ解析)ソフトウェア

PCIe 4.0に準拠した固定または可変ISIチャンネル

BSXシリーズのBERTScopeで使用する場合:

  • BSXSICOMB(40GHz RFコンバイナ・キット(2個セット)

BSAシリーズのBERTScopeで使用する場合:

  • 当社AFG3000シリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータと高性能SMAケーブル

Certifications

 

CE承認は適用されません。

PCI-Express-Base-Specification-Receiver-Test-Automation-Software-BSXPCI4BSE-Datasheet
当社はSRI Quality System RegistrarによりISO 9001およびISO 14001に登録されています。

ご発注の際は、以下の型名をご使用ください。

BERTScopeの機種
BSX

BERTScope BSXシリーズ:

BSXPCI4BSE
BSX BERTScope用PCI Express 4.0、3.0 Base Specification対応自動レシーバ・テスト・ソフトウェア ‐ ノード・ロック・ライセンス(1台のオシロスコープ/PCで使用可能)
BSXPCI4BSE-FLT
BSX BERTScope用PCI Express 4.0、3.0 Base Specification対応自動レシーバ・テスト・ソフトウェア ‐ フローティング・ライセンス(USBドングルで使用可能)
BSXPCI4BSE-UP
PCIe 3.0 BSA BERTScopeソフトウェアをBSX BERTScope用PCIe 4.0、PCIe 3.0 Base Specification対応自動レシーバ・テスト・ソフトウェアにアップグレード
BSXPCI4BSE-FLTUP
BSXPCI4BSE(ノード・ロック・ライセンス)をUSBドングル・ライセンス(フローティング・ライセンス)に交換(GRLによるノード・ロック・ライセンスの無効化が必要)
BSA

BERTScope BSAシリーズ:

GRL-PCIE3-BASE-RX
BSA BERTScope用PCI 3.0 Base Specification対応自動レシーバ・テスト・ソフトウェア(当社のコンバイナを同梱) ‐ ノード・ロック・ライセンス(1台のオシロスコープ/PCで使用可能)
Extended customization

Extended customization

さらに、BSXPCI4BSEはカスタマイズにも対応しています。ユーザ自身で行うことも、KayaQ(GRLの完全自動化フレームワーク)を使用することもできます(GRLが設計を担当)。詳細についてはGRL([email protected])または当社のアカウント・マネージャまでお問い合わせください。

Last Modified: 2019-06-24 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top