P7600シリーズTriMode™プローブ

参考スタート価格

¥ 3,050,000

詳細情報:

オンラインで読む:

P7600シリーズTriModeプローブとMSO/DPO70000DXおよびDPO/DSA70000Dシリーズ・オシロスコープにより、業界トップクラスの低いシステム・ノイズ・レベルが実現します。低振幅信号を正確に測定するには、このレベルの感度の高さが重要です。

主な特長と仕様
  • プローブ・チップまでの全帯域: 33GHz(P7633型)
  • プローブとオシロスコープのシステム・ノイズが業界トップクラスの低さ
主な特長
  • TriMode™プローブ ― 一度のセットアップで、プローブ・チップの接続を変えずに3種類の測定が可能
    • 差動
    • シングルエンド
    • コモンモード
  • リモート・ヘッドの接続性
    • プローブ増幅器を被測定デバイスの近くに配置可能
    • 同軸アダプタ
      • 2.92mm
      • SMP
    • P7500シリーズ・プローブ・チップ・アダプタ
      • P7500シリーズTriModeソルダイン・プローブ・チップを使用
    • プローブがチップを自動認識し、DSP補正フィルタを適用
  • プローブ固有のSパラメータ
    • プローブに内蔵されたデータから固有のDSPフィルタを生成
  • TekConnect®インタフェース ― 使いやすいTekConnectスコープ/プローブ上のコントロール
    • プローブ補正ボックスまたはオシロスコープのメニューから直接制御できる
アプリケーション
  • 代表的なアプリケーション例
    • MIPI M-PHY、PCI Express、Serial ATA、Serial Attached SCSI、Fibre Channel、HDMI

TriModeプロービングと低ノイズ性能を両立

TriModeプロービングにより、差動、シングルエンド、コモンモードの測定が一度のセットアップで可能となるので、生産性が向上します。プローブを被測定デバイスに接続するのは手間のかかる作業です。特に、測定に異なるセットアップが必要となる場合はなおさらです。TriModeプロービングでは、一度のセットアップで3種類の測定が行えるので、セットアップ時間が減り生産性が向上します。差動モード[A-B]、シングルエンド・モード[A-Gnd、B-Gnd]、およびコモン・モード[((A+B)/2)-Gnd]の切り替えが、ボタンを押すだけでできます。

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

プローブの入力モードの切り替えがボタンを押すだけで可能

高速シリアル・データ規格が高速化され、信号の振幅が小さくなるに伴い、正確な測定のために高帯域、低ノイズ、高感度のプローブが益々重要になります。

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

P7633型とP76CA-292C型同軸アダプタによる12Gbps 200mVpp信号の測定

MSO/DPO70000DXシリーズおよびDPO70000SXシリーズ・オシロスコープとP7600シリーズTriModeプローブは、業界トップクラスの優れたシステム・ノイズ・レベルを達成できるように設計されています。P76CA-xxx型同軸アダプタと共に使用すると、オシロスコープの垂直軸設定を3.48mV/divまで下げても、システム・ノイズは33GHz帯域で1.1mVrms未満という低さです。

低振幅信号を正確に測定するには、このレベルの感度の高さが重要です。P7600シリーズのTriModeプローブは感度が優れており、オシロスコープでズーム機能を使用しなくても、小さな信号を直接測定できるように設計されています。ズーム機能を使用して小信号を観測しても、機器本来のノイズ・フロアが変わるわけではなく、小信号の測定が困難となる場合もあります。

拡張性

P7600シリーズ・プローブでは、高周波SMPMコネクタを使用したカスタム・チップ・インタフェースに基づき、交換可能なアクティブ・チップ・デザインが使用されています。P7600シリーズ・プローブには、接続されたアダプタを認識して正しいDSPフィルタを適用する、自動アダプタ認識機能があります。これにより、プローブ・チップまで全経路の周波数応答の問題が解決されます。これにより、ユーザが誤ったチップ・タイプを選択することがなくなり、効率が向上します。

同軸アダプタ

同軸アダプタにより、プローブはオシロスコープの差動入力チャンネルのように動作するので、1台のオシロスコープで同時に測定できる差動信号の数が実質的に2倍に増えます。

P76CA-292

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

2.92mm(Fe)コネクタ付き33GHz帯域同軸アダプタ。このアダプタは入力コネクタ端で校正済みであり、既製またはカスタムのケーブルと共に使用するのに最適。全帯域にわたる性能を維持するには、低スキューの対ケーブルを使用します。

P76CA-292C

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

33GHz帯域同軸アダプタ、2.92mm(Me)コネクタおよび15cm高性能ケーブル付属。このアダプタは入力コネクタ端で校正済み。2.92mmまたはSMA出力コネクタのデバイスに直接接続可能。

P76CA-SMP

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

33GHz帯域同軸アダプタ。SMP(Fe)コネクタおよび15cm高性能ケーブル付属。このアダプタは入力コネクタ端で校正済み。SMP出力コネクタのデバイスに直接接続可能。

P7500シリーズ・ソルダ・チップ・アダプタ

このアダプタにより、P7630型プローブでTektronix P7500シリーズのプローブ・チップが使用可能になります。P7600シリーズのプローブ増幅器の入力は50Ωです。P7500シリーズのプローブ・チップと組み合わせると、プローブが450Ωの差動入力インピーダンスを持つ受動Z0式プローブに変わります。通常、Z0プローブは被測定デバイスに大きなDC負荷を与えますが、P7600シリーズ・プローブでは終端電圧調整の使用によりDC負荷の影響が最小化されます。

P76TA


P7600-TriMode-Probe-Datasheet


30GHz帯域のP7500シリーズ・チップ・アダプタ。このアダプタをP75PST型高性能ソルダ・チップと共に使用すると、プローブとオシロスコープのシステムとして最高30GHzの帯域がサポートされる 。

ユニークなプローブ・フィルタ

P7600シリーズ・プローブには、プローブ固有のSパラメータ・データが格納されています。P7600シリーズ・プローブをMSO/DPO70000DXシリーズまたはDPO70000SXシリーズ・オシロスコープに接続すると、このデータがオシロスコープに転送され、オシロスコープとプローブに固有のSパラメータ・データに基づいて、システム専用のDSPフィルタが生成されます。システム固有の応答に基づいて、専用のフィルタを生成することが高帯域では非常に重要です。33GHzの帯域では、信号パスの小さな変動が周波数応答の大きな変動となる場合があります。これらの変動がDSPフィルタにより補正されます。

仕様

プローブ型名 P7633型 P7625型
アダプタ P76CA-xxx P76TA P76CA-xxx P76TA
特性     
周波数帯域 33GHz 30GHz 25GHz 25GHz
立上り時間(10~90%) 14ps 16ps 18ps 18ps
立上り時間(20~80%) 11ps 12ps 14ps 14ps
代表特性
Attenuation
P76CA-xxx型
0.25X / 0.5X / 1X / 2X / 4X
P76TA
1.25X / 2.5X / 5X / 10X / 20X
入力電圧レンジ
P76CA-xxx型
1.2Vpp(シングルエンド)、2.0Vpp(差動)
P76TA
6.0Vpp(シングルエンド)、10.0Vpp(差動)
動作電圧範囲
P76CA-xxx型
-4V ~ +4V
P76TA
-5V ~ +5V
オフセット電圧レンジ
-4V ~ +4V
終端電圧レンジ
-4V ~ +4V
DC入力抵抗
P76CA-xxx型
50Ω±2Ω
P76TA
225Ω
入力リターン・ロス
P76CA-xxx型

20dB以上、5GHz以下

12dB以上、5GHz ~ 20GHz

10dB以上、20GHz ~ 30GHz

8dB以上、30GHz ~ 33GHz

P76TA
Z min
P76CA-xxx型
P76TA
225Ω(1GHz)、150Ω(10GHz)、100Ω(25GHz)
入力換算ノイズ(システム・ノイズ、オシロスコープを最小の垂直軸V/divに設定時)
1.1mVrms未満(33GHz)
0.9mVrms未満(25GHz)
CMRR(差動モード)
P76CA-xxx型

40dB以上、DC

14dB以上、DC ~ 15GHz

6dB以上、15GHz ~ 30GHz

4dB以上、30GHz ~ 33GHz

P76TA
非破壊入力電圧レンジ
P76CA-xxx型
-5V ~ +5V(DC + ピークAC)
P76TA
-8 V ~ +8 V(DC + ピークAC)
インタフェース
TekConnect
最小システム要件
機種 周波数帯域 ファームウェア・バージョン 推奨プローブ
MSO/DPO73304DX型、DPO73304SX型、DPO/DSA73304D型 33GHz V6.8以上 P7633型
MSO/DPO72504DX型、DPO73304SX型、DPO/DSA72504D型 25GHz V6.8以上 P7625
環境特性
温度
動作時

0 ~ +40℃

非動作時

-20 ~ +71℃

湿度
動作時

+40℃以下:20% ~ 80%(相対湿度)

非動作時

+30 ~ +46℃:0% ~ 90%(相対湿度)

高度
動作時

3,000m

非動作時

12,000m

ご発注の際は以下の型名をご使用ください。

型名
P7633
低ノイズTriMode™プローブ、33GHz、TekConnectインタフェース
P7625
低ノイズTriMode™プローブ、25GHz、TekConnectインタフェース

注:すべてのP7600シリーズ・プローブは、被測定デバイスと接続するために、P76CA-SMP型、P76CA-292型、P76CA-292C型、P76TA型アダプタが必要です。これらのアダプタは別途お求めいただけます。

オプション
サービス・オプション
Opt.C3
3年標準校正(納品後2回実施)
Opt.C5
5年標準校正(納品後4回実施)
Opt.D3
3年試験成績書(Opt. C3と同時発注)
Opt.D5
5 年試験成績書(Opt. C5 と同時発注)
Opt.G3
3年間ゴールド・サービス・プラン
Opt.G5
5年間ゴールド・サービス・プラン
Opt. R3
3年保証期間
Opt. R3DW

製品保証期間1年+2年の延長保証 (製品購入時に3年保証開始)

Opt.R5
5年保証期間
Opt. R5DW

製品保証期間1年+4年の延長保証 (製品購入時に5年保証開始)

アクセサリ
スタンダード・アクセサリ
アクセサリ 数量 当社部品番号
印刷版マニュアル 1組 071-3026-xx
校正データ・レポート:プローブ出荷時の製造試験結果の一覧 各1 プローブに標準装備
トレーサブル校正証明書 各1 プローブに標準装備
帯電防止用リスト・ストラップ 各1 006-3415-xx
DCプローブ校正用フィクスチャ 各1 067-3259-xx
50Ω BNC-M ― BNC-Mケーブル・アセンブリ、25cm 各1 012-0208-xx
ESD保護キャップ 各3 276-1152-xx
六角レンチ、2mm 各1 129-2781-xx
カラー・バンド・キット 1組 016-0633-xx

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

DCプローブ校正用フィクスチャ

推奨アクセサリ
概要 当社部品番号
2.92mm同軸アダプタ P76CA-292 
2.92mm同軸アダプタ(ケーブル付き) P76CA-292C
SMP同軸アダプタ(ケーブル付き) P76CA-SMP
P7500シリーズ・チップ・アダプタ P76TA
P7500シリーズTriMode高性能ソルダ・チップ P75PST
P7500シリーズTriModeロング・リーチ・ソルダ・チップ P75TLRST
P7500シリーズTriModeレジスタ・ソルダ・チップ 020-2936-xx
P7500シリーズTriMode延長レジスタ・ソルダ・チップ 020-2944-xx
ソルダ・チップ・ランプ、25個入りキット 020-3118-xx
接着チップ・テープ、10本入り 006-8237-xx
デスキュー・フィクスチャ 067-2431-xx
SMPMブレット取り外しツール 003-1934-xx
SMPM交換用ブレット接点(4個入り) 020-3105-xx
G3POブレット取り外しツール 003-1896-xx
G3PO交換用ブレット接点(4個入り) 013-0359-xx
ワイヤ・キット 017-0103-xx
交換用抵抗キット 020-2937-xx

P7600-TriMode-Probe-Datasheet


P7600シリーズ・プローブ用デスキュー・フィクスチャ

P7600-TriMode-Probe-Datasheet

P75PSTソルダ・チップ


P7600-TriMode-Probe-Datasheet


ブレットおよびブレット取り外しツール

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top