Option PTD • Option PTM

プロトコル・トリガおよびデコード・ソフトウェア

オンラインで読む:

特 長

  • シリアル・データ波形を、キャラクタ・ビューとプロトコル・ビューに変換表示
  • プロトコル・レベルのイベントと物理レイヤの信号とを相関させ、トラブルシューティングを効率化
  • リンク・レベルのシグナリングの評価を容易にするデコードされた8B/10Bのシリアル・データ表示
  • PCI-Express、SATA、Fibre Channel、Gigabit Ethernet、XAUI、SAS、SRIOなどの規格のシリアル・データ解析
  • 最大10Gbpsのレーン速度のシンボル・デコーディング
  • 8B/10Bのシンボルおよびワードによるリアルタイム・トリガにより、下位レベル・エラーの検出を迅速化*1
  • プリミティブや8B/10Bのキャラクタを使用してトリガ条件を指定*1
  • ディスパリティ・エラーやキャラクタ・エラーに対するリアルタイム・トリガ*1
  • 最大3.125Gbpsのレーン速度に対応したリアルタイム・トリガ*1

アプリケーション

  • 下記のシリアル・データ規格のアナログ検証、デバッグおよびコンプライアンス・テスト

*1 TDS6000Cシリーズのみ

キャラクタ・シーケンスでリアルタイム・トリガし、キャラクタ・ビューとプロトコル・ビューに変換

オプションPTD型は、8B/10Bに符号化されたシリアル・データ・ストリームの解析において、トリガ機能とデコード機能を提供します。波形、キャラクタ、およびプロトコル動作を同時に見ることができ、リンク・レベルのコミュニケーション検証およびデータ依存性のエラー検出を簡単に行えます。TDS6000Cシリーズで使用すると、8B/10Bに符号化されたキャラクタ・シーケンスに対してハードウェア・ベースで直接トリガをかけることが可能になります。

物理レイヤの評価

シリアル・データ・インタフェースの実装において最初に行うことは、設計のデバッグおよび検証を行ない、物理レイヤ仕様との適合性を確保することです。このとき重要な問題となるのは、シグナル・インテグリティとタイミングの安定性です。これらの検証とデバッグ作業の多くは、擬似ランダム・ビット・シーケンス(PRBS)あるいは繰り返しテスト・パターンを使用し、TDSJIT3ジッタ/タイミング解析ソフトウェアやTDSRT-EyeTMシリアル・データ・コンプライアンス/解析ソフトウェアといったツールで行います。

システム・レベルのデバッグ

物理レイヤの適合性が確保されると、テスト・パターンから8B/10Bに符号化されたキャラクタ・シーケンスをシリアル信号として使用します。デバッグでは、システム・レベルの問題が焦点になります。システム動作が物理レイヤで接続されるようになると、物理レイヤとリンク・レイヤのドメイン、すなわちシグナル・インテグリティとデータ・インテグリティの両方にまたがる領域で問題が見つかる可能性があります。

効果的なソリューション

オプションPTD型は、データに依存するこれらのエラー検出および問題解決のために、物理レイヤのシグナリングとリンク・レイヤのトラフィックとの、相関のとれた表示を可能にします。また、オプションPTD型とオプションST型を装備しTDS6000Cシリーズでは、8B/10Bのキャラクタ・シーケンスあるいは8B/10Bのコーディング・エラーに対してリアルタイムにトリガをかけるとができます。オプションPTD型、TDSJIT3、およびTDSRE-EyeTMの組合せは、高速シリアル・インタフェースを使用したシステムのデバッグ、特性評価、およびコンプライアンス・テストのための最適なソリューションを提供します。

8B/10Bリンクのための高度なトリガ機能

TDS6000Cシリーズでは、Pinpoint®トリガ機能が拡張され、8B/10Bに符号化されたシリアル・データのためのハードウェア・トリガが追加されています。この機能により、個別に指定した、あるいは定義済みのプリミティブのリストから選択した8B/10Bの最大4つの連続したキャラクタに対してトリガをかけることが可能になります。たとえば、Serial ATAという規格を選択し、ALIGNというプリミティブを選択すると、SATA ALIGNプリミティブに対応したK28.5 - D10.2 - D10.2 - D27.3という4つのキャラクタからなるシーケンスがトリガ条件として自動的に設定されます。トリガ・フォームは、ランニング・ディスパリティを自動的に認識しますが、ユーザが1つのフォームを要求することもできます。これにより、トリガ条件を指定する際の大幅な効率アップが実現し、エラーを減らすことができます。

キャラクタ・シーケンス

キャラクタは個別に編集して1つないし4つのキャラクタのトリガ・シーケンスを作成することも可能です。ユーザは、波形を解読したり1や0のパターンを指定したりする代わりにネイティブ・フォーマットを使用し、インタフェース規格のなじみのある環境で作業を行うことができます。制御キャラクタは、Kxx.yというフォーマットを使用して指定するか、またはCOMあるい
はIDLといったニーモニック名を使用して選択します。データ・キャラクタは、Dxx.yというフォーマットを使用して指定するか、または8ビットの16進値で指定します。この共通のラベリング方法を使用すれば、トリガ条件とデータ・ディスプレイとを容易に相関させることができます。

トランスミッション・エラー

キャラクタやディスパリティ・エラーにも反応し、不正なトラフィックを検出するための効果的な手段を提供します。トリガ動作は、送られてくるデータを継続的に監視し、瞬時に反応するという点では、他のPinpointトリガのタイプと同じです。これは、このトリガがポスト・プロセシングによるものではなく、リアルタイムの機能であることを意味します。したがって、ある任意の枠のデータを取込んだ後、そのデータの中にエラーが含まれているかどうかを調べるのではなく、定義されたエラー条件
が検出された時点でトリガをかけることができます。TDS6000Cシリーズのプロトコル・トリガは、8B/10Bに符号化された信号中の特定のワードをトリガ条件に設定し、参照イベントに基づくエラー検出およびナビゲートのための最適なツールです。

8B/10Bデコード・ビュー

詳細情報を適切に表示する同期化された複数のビューは、オプションPTD型の重要な要素です。ユーザは、与えられたタスクにとって最も効率の良い表示方法を使用してイベントを観察、ナビゲート、あるいは相関付けることができます。

波形ビュー

8B/10Bキャラクタをデコードすることにより、信号とデータの関係を知るための重要な詳細情報が得られます。オプションPTD型の波形ビューは、アナログ信号の挙動、切り取られたデジタル・データ、およびデコードされたキャラクタを1つの共通の画面にグラフィックスで表示し、物理レイヤとリンク・レイヤ間における詳細な情報を提供します。ズーム機能やスクロール機能を使用すると、通信信号の長大なストリームを簡単にナビゲートできます。

Thumbnail

キャラクタ・ビュー

キャラクタ・ビューでは、キャラクタ・レベルの情報の表示、プリミティブの抽出、およびディスパリティ・エラーやキャラクタ・エラーといった下位レベルのエラー表示を効率的に行うことができます。これらの情報は、文字通りすべての8B/10Bに符号化された信号に適しており、PCI-Express、Serial ATA、SerialAttached SCS(I SAS)、Fibre Channel、InfiniBand、Gigabit EthernetXAUI、Serial Rapid IOなどのさまざまな規格に適用されます。

Thumbnail

パフォーマンス

オプションST型(シリアル・パターン・トリガ)を装備したTDS6000Cシリーズには、3.125Gbpsまでのハードウェア・クロック・リカバリが含まれます。この機能と専用のトリガ機能とを組み合わせることにより、オプションPTD型で最大3.125Gbpsの8B/10Bプロトコル・トリガが可能になります。

ご発注の際は下記型名をご使用ください。

Option PTH – プロトコル・トリガ/デコード

TDS6000B/CシリーズおよびTDS7000Bシリーズ用のプロトコル・トリガおよびデコード・ソフトウェア。すべての機種でプロトコルのデコードと表示が可能。プロトコル・トリガ機能はTDS6000Cシリーズでのみ可能で、オプションST型が必要。

付属品: ヘルプ・テキスト付ソフトウェアCDと電子リファレンス・マニュアル。

ALL DSA70000 models

The equivalent of Option PTH is included with all DSA70000 models, providing 8b/10b trigger and decoding for serial data rates up to 3.125 Gb/s.

Option PTM – Protocol Trigger and Decode

Protocol Trigger and Decode for DPO7254/7354 models. Hardware clock recovery and 8b/10b trigger system for serial data rates up to 1.25 Gb/s.

Includes: Software CD with help text and electronic reference document.

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top