MTS4000型データ・シート

MPEGテスト・ソリューション

オンラインで読む:

MTS4000型MPEGテスト・システムは、包括的なMPEGトランスポート・ストリーム解析/相互運用性テスト機能を提供します。 トランスポート・ストリーム、PES、エレメンタリ・ストリームを詳細に解析できるため、画質異常の原因やトランスポート・ストリームの符号化規則の誤りも明らかにできます。 イベントを取り込んで詳細に解析する機能を備えており、問題の根本的原因の特定にも欠かせません。 オプションのQoE(Quality of Experience)解析ツールを使用すれば、ネットワークの問題に直接起因する障害や異常を特定することによって、根本原因を発見するまでの時間を短縮することができます。

主な特長
  • デジタル・テレビジョン・システムの設計開発、機能検証やIPTVシステムのインストレーションおよびメンテナンス時の障害解析を1台で実行可能
  • MPEG、DVB、ATSC、ISDB、さらにISDB-TB(ブラジル)など、世界のDTV規格に対応
  • RFまたはIPインタフェースを追加することで、伝送リンク(RFまたはIPレイヤ)やコンテンツ処理(TSレイヤ)における問題をレイヤ横断的に診断可能
  • IGMP、MLD のマルチキャスト・プロトコルを使用してIPv4とv6のネットワークに接続可能(IPTV使用時)
  • 固定および可変ビット・レート・ストリームの解析(CBR、VBR) 1
  • クロス・レイヤ障害解析とロギング機能の統合により、障害解析に最適な一体型のソリューションで、トラブルシューティングに要する時間を短縮
  • MPEGプレーヤのIP再生機能でネットワーク、および被測定デバイス(DUT)の受信特性およびストレス・テストを実行可能
  • CaptureVu®機能により、間欠的に発生するストリームの障害をリアルタイム・アナライザで捕捉し、即座にデファード・タイム・アナライザで解析可能
  • 直感的なユーザ・インタフェースにより初心者でも操作可能
  • オプションのバッファ・アナライザ、ESアナライザ、マルチプレクサ、を追加することで、H.264/H.265圧縮コンテンツの解析とストリーム生成が可能
  • ビデオ・クオリティ・ソフトウエアを追加することで、障害の原因がネットワーク配信によるものか圧縮によるアーティファクト歪かの特定をサポート
  • フローティング・ライセンス・オプションを追加することで、ネットワークに接続された複数のコンピュータ上で解析ソフトウェアを使用可能(Opt. FLT)

デモ版の提供:TSCA、マルチプレクサ、バッファ・アナライザのデモ版がダウンロード可能です。

1VBRストリームでは測定できないタイミング関連の項目もあります。

アプリケーション

機器製造メーカ - 研究開発

  • CaptureVu®テクノロジにより機器/システム障害の迅速な問題特定とデバッグが可能

  • 高精度IPパケットの遅延およびジッタ測定機能により、VoIPやIPTVネットワーク機器におけるタイミング問題をクロス・レイヤで診断解析可能

  • マルチプレクサにより、テスト・ストリームの作成と編集が可能

  • 選択されたTSに対してすばやく詳細な解析を実施することにより、機能や規格に対する適合性を確認可能

  • セットトップ・ボックスのバッファ解析/検証
  • ES解析オプションにより、CODEC設計の最適化と規格適合性を検証
  • ヒューマン・ビジョン・モデル(HVM)をベースにしたピクチャ・クオリティ解析により、CODECやデバイス設計における高精度な画質評価が可能


Thumbnail


MTS4000型のCaptureVu®

機器製造メーカ - 製造テスト

  • Tclipsテスト・ストリームとマルチプレクサにより、カスタム・テスト・ストリームを生成して機器の動作検証やストレス・テストが可能

  • シームレス・ループによる連続的なタイムスタンプ生成機能で、STB、IRD、モジュレータの長時間テストが可能

  • マルチポートASI/IPインタフェースにより、複数のデバイスを同時にテスト可能

  • デュプレックス操作により、システム・ネットワーク・エレメントのエンド・トゥ・エンド・テストが可能

放送局とネットワーク通信事業者

  • 放送システムのトラブルシューティングのために、RFとIPインタフェースによる接続で解析と検証が可能

  • ネットワーク障害診断のため、RFやIPとTSを横断したクロス・レイヤ解析で障害箇所の特定

  • CaptureVuにより、間欠的なネットワーク問題を連続的にモニタして捕捉可能

  • ビデオ・クオリティ解析ソフトウェア機能により、ネットワーク配信における映像劣化成分を測定可能能

  • ESコンプライアンス・オプションにより、ストリームの規格適合試験が可能

MTS4000型の標準ツールの概要
  • 標準ツール
    • リアルタイム/デファードタイム・ トランスポート・ストリーム・ コンプライアンス・アナライザ (TSCA)、カルーセル・アナライザ、GbE(NIC)インタフェース
    • プレーヤ
    • TSカッタ
  • オプション・ツール
    • ビデオ・クオリティ・ソフトウェア、シングル・エンド(VQS1000とすべてのオプションを含む)
    • ピクチャ・クオリティ・ソフトウェア、シングル/ダブル・エンド(PQASWとIPオプションを含む)
    • マルチプレクサ、カルーセル・ゼネレータ、Tclipsテスト・ストリームを含む ストリーム生成
    • MTSA4CCのすべてのオプションとMPEG-2 ESアナライザによる拡張ES解析
    • MTS4EAV7(基本ソフトウェアおよびすべてのオプション)とMPEG-2 ESアナライザによる拡張ES解析
    • PESおよびT-STDバッファ・アナライザ
MTS4000型で利用可能なインタフェース
  • 標準インタフェース
    • Ethernet IP(10/100/1000BASE-T)
  • オプショナル・インタフェース
    • マルチポートASIインタフェース
    • IPTV Gigabit Ethernetインタフェース(10/100/1000BASE-T、1000BASE-SX、LX、ZX)
    • 10GBASE-SRデュアル光ポート10 Gb/s NIC、ショート・リーチSFP+ モジュール(850nm)を含む
    • デュアル入力DVB-S/S2インタフェース(QPSK、8PSK、16APSK、および32APSKの復調をサポート)

トランスポート・ストリーム・コンプライアンス・ アナライザ(TSCA)機能

TSCAは、ソフトウェア・ベースのデファード・タイムMPEGアナライザ(保存されたストリームを解析)の機能を提供します。高速MPEG解析エンジンにより、DTV/IPTVシステムやサービスに使用されるMPEG-TSに発生する障害(連続的、間欠的)を検出し、デバッグできます。

TSCAでは、MTS4000型のストリーム・インタフェース(IPおよびRFなど)で受信しているTSをリアルタイム解析できます。リアルタイム解析には、IPとTSの時間相関に対応したクロス・レイヤ測定、アラーム、ストリーム記録および統合したエラー・ロギング機能を持っています。TSCAには、CaptureVu機能とPCRグラフ化/測定機能が含まれています。CaptureVu®により、リアルタイム・アナライザで捕捉したストリームの障害を即座にデファードタイム・アナライザで解析できるため、間欠的で複雑な問題のデバッグに便利です。

MPEGシステムや各国の放送システム(ATSC、DVB-C、DVB-H、DVBS、DVB-T、ISDB-S、ISDB-T、ISDB-TB(ブラジル)対応したPSI/SIシンタックス解析が可能、ユーザ定義可能なスクリプト機能によりテーブルや記述子を再定義したシンタックス解析が可能。EPG画面に表示するイベント情報とエラーログは 日本語で表示可能です。

TSCAソフトウェアでは、ユーザが選択したフォントでストリーム情報が表示されるように設定可能です。この機能により、ストリーム情報の自国言語表示や、カスタム・フォントの使用が可能。

リアルタイムTSCAとプレーヤのデュプレックス操作により、エンド・トゥ・エンドのシステム・テストが可能です(同時入出力操作では、最大ビット・レートは合計で400Mbps)。


Thumbnail


トランスポート・ストリーム・コンプライアンス・ アナライザ(TSCA)

カルーセル・アナライザ

カルーセル・アナライザは、TSにおいてDSM-CC伝送されるカルーセル・データのモジュールやブロックの繰返し周期およびビット・レート測定が可能です。 インタラクティブなアプリケーションにおいてデータまたはオブジェクト・カルーセルを開発する場合、設計エンジニアはカルーセルの内容を検証するだけでなく、規格に適合していることを検証する必要があります。 また、伝送帯域とユーザからの反応の間で設定を最適化する必要があります。この設定は、さまざまなカルーセル・グループの繰返しレートがメインになります。 MPEG-2 DSM-CC、DVB(MHPを含む)、DTT(MHEG-5)、ARIB 規格のデータ・カルーセル、オブジェクト・カルーセルをサポートします。


Thumbnail


カルーセル・アナライザ

MPEGプレーヤ

再生ツールは、ASIまたはIPストリーム・インタフェース経由でTSを再生できます。 ループ・ストリーム再生は、タイムスタンプの自動アップデート機能を備え、最大レート214Mbps(ASI)で連続再生できます。 再生速度はファイルPCRから自動的に計算され、設定されますが、手動で設定することもできます。エンド・トゥ・エンドのシステム・テストにおける再生と記録の同時実行(デュプレックス操作)も、ASI/SMPTE310MとLVDSインタフェースでサポートされています。

IPインタフェースによる再生機能により、パケット・ジッタやドロップ・パケットを含むストリームを発生可能です。 マルチセッション複製機能により、IPアドレスの異なるセッションを複数生成できます。これにより、IPTV受信機や伝送機器の設計開発時の信号発生器として使用し、ネットワークまたはDUTの振舞いを評価できます。


Thumbnail


MPEGプレーヤ

MTS4000型オプション・ツールの概要

TSおよびISDB-T/TbマルチプレクサとSIテーブル・エディタ

セットトップ・ボックスをテストする場合、テスト条件を含んだテスト用TSが用意できないことがあります。ストリームを用意できても、重要なコンポーネント、SI(サービス情報)、その他のテーブルが欠けていたり、目的のシステムとは異なるTSレートでマルチプレクスされている場合があります。

マルチプレクサ/リマルチプレクサ/デマルチプレクサを使用して、DVB、ATSC、ISDB1、MPEGシステムに対応した、カスタムSI/PSI/PSIP情報を含むマルチプログラム・トランスポート・ストリームを作成/編集できます。

ビデオとオーディオのエレメンタリ・ストリームをTSにマルチプレクス可能。ビット・レート/フレーム・レートの自動検出機能を使用したインポート処理も可能です。

この機能を使用して独自のテスト・ストリームを作成することにより、ユーザは設計をより効率的に検証/デバッグできます。また、エラーのあるストリームを作成し、パラメトリック・ストレス・テストを実施することで、実装されたMPEG-2、MPEG-4(AVC)、HEVC(H.265)デコーダの堅牢性や品質を確認することもできます。

マルチプレクサには、Make Seamless(シームレス化)ウィザードが備わっています。連続再生をシミュレートするためにTSをループさせると、タイミング情報の不連続性によってループ・ポイントでエラーが発生することがあります。ウィザードを使用すると、ストリーム内部のSIやESコンポーネントを調整することで、ループ・ポイントにおいてショックの少ないTSファイルを作成できます。


Thumbnail


マルチプレクサ

1これにはISDB-TB(ブラジル)およびシングル・セグメント・モードを含みます。

T-STDバッファ・アナライザ

プロ用、民生用機器の開発、特にエンコーダやセットトップ・ボックスの開発においては、生成されたストリームや使用するテスト・ストリームの特性を確認しておく必要があります。特性で重要となるのがバッファ・モデルへの順守です。これはレシーバによってストリームが処理される際に、内部バッファがアンダーフローまたはオーバーフローしないかということです。バッファが破綻した場合、フレームがフリーズしたり、レシーバがリセットしてしまうことがあります。

バッファ・モデルには2 種類あります。 一つはT-STDバッファ・モデルで、PESヘッダ内のDTS値をもとにシステム・レイヤ上のタイムスタンプによりバッファを制御します。これはデジタル放送用受信機などで使用されるもので、すべてのCODECタイプに対して使用されます。もう一つはVBV/HRDバッファ・モデルで、MPEG-2やH.264/AVC、H.265などのビデオES内のバッファ・パラメータによるバッファ制御方法です。バッファ・アナライザは、T-STDモデルに対してストリームの適合性を検証するため、H.264/AVC HRDメソッドでの検証は、MTS4EAで実行可能です。


Thumbnail


バッファ・アナライザ
パケタイズド・エレメンタリ・ストリーム(PES)アナライザ

ESアナライザは、PESヘッダの情報を表示し、検証します。MPEG2_VIDEO-ESを伝送するPESパケットのDTSに対するPTSの相対値をグラフで確認できます。 これにより、エンコーダやセットトップ・ボックスの開発において使用または生成されるストリームの特性確認ができます。

PESパケット・ヘッダのデコード・タイムスタンプ(DTS)とプレゼンテーション・タイムスタンプ(PTS)にエラーがある場合、 レシーバのリセットや画像のフリーズが発生するため、 タイムスタンプの検証は重要です。


Thumbnail


パケタイズド・エレメンタリ・ストリーム(PES)アナライザ
TSの作成、編集、サイズ変更

MTS4000型には、標準で2つのダイレクト・ストリーム編集機能が付属しています。 1つはサイズ変更が可能なTSカッタであり、 もう1つは16進数表示とヘッダ変換ガイドを使用してTSを直接編集可能なTSエディタです。

MTS4EAV7 HEVC/AVC ESアナライザ

MTS4EAV7は、VC-1 、HEVC/H.265 、AVC/H.264 、MPEG-4などの次世代規格や、従来からのMPE-2やH.263への適合性をチェックします。MPEG-2オーディオ(ISO/IEC 13818パート3および7)、AC-3 、MPEG-4 AACのオーディオ・デコードおよび波形表示がサポートされています。

マクロブロック毎にデータ量、量子化スケール、モーションベクタ等をデコード映像にオーバーレイ表示して解析でき、各統計データは外部ファイルに出力し、Microsoft Excelを使用してグラフ描画できます。また、HRDバッファ解析機能やビットストリームをシンタックス解析した結果をトレース・ファイルとして出力できます。さらに、デコードした映像データをYUVファイルとして生成でき、リファレンスYUVデータと比較してPSNR測定を実行できます。


Thumbnail


MTS4EAV7 HEVC/AVC ESアナライザ
MTS4EAV7クローズド・キャプション解析

MTS4EAV7クローズド・キャプション解析機能は、クローズド・キャプション規格テストのほか、ビデオ映像にキャプションが表示されないなど、クローズ・キャプションに関するさまざまな問題のデバッグにも利用可能。キャプションをSSC、MCC、およびSRTファイルに抽出し、ビデオ上にキャプションを表示しながら、その横にCEA608、CEA708、SCTE 20/21のコントロール・コマンドを合わせて表示できます。TS/MXFコンテナを使用したMPEG-2およびAVCビデオに対応しています。

Thumbnail


MTS4EAV7クローズド・キャプション・アナライザ

エレメンタリ・ストリーム(MPEG-2 ES)アナライザ

MPEG-2 ESアナライザは、MPEG-2コーデックの設計、最適化、適合性のためのエレメンタリ・ストリーム解析ソフトウェアです。 ビデオESに付随したATSCクローズド・キャプション、 DVBのサブタイトルとテレテキストなどを解析し、表示できます。

MPEG-4、HEVC/H.265、AVC/H.264、VC-1およびMPEG-2のエレメンタリ・ストリームの解析については、MTS4EAV7 HEVC/AVC ESアナライザのデータ・シートをご覧ください。


Thumbnail


MPEG-2 ESアナライザ
カルーセル・ゼネレータ

カルーセル・ゼネレータは、オブジェクトのカルーセル・コンテンツを含むTSを生成するために使用します。 個々の繰返し間隔など、変化するパラメータの影響をすばやく確認するようなテストにおいて特に有効です。 MPEG-2、DVB、DTT(MHEG-5)、MHP規格のオブジェクト・カルーセルの生成と編集が行えます。

カルーセル・ゼネレータには以下の機能があります。

  • ウィザードによる簡単なストリーム生成
  • ビデオ/オーディオの挿入を容易にする内蔵マルチプレクサ
  • 可変配信の重み付けによるカルーセル・ロード時間の最適化
  • 地上、衛星、およびケーブル放送アプリケーションに必要なSIテーブルの生成
  • カルーセル・アナライザとの統合によるロード時間の最適化

Thumbnail


カルーセル・ゼネレータ
ISDB-Tリマックス

ISDB-Tリマックス・アプリケーションでは、それぞれのTS PIDが専用のレイヤ、A、B、またはCに表示されます。リマックスされた.RMXファイルは、ASIインタフェース経由で再生され、ISDB-T/Tbモジュレータに出力されます。

Thumbnail


ISDB-Tリマックス

VQS1000ビデオ・クオリティ・ソフトウェア

VQS1000ビデオ・クオリティ・ソフトウェアは、選択されたサービスにおける、MPEG-2またはH.264エンコード・コンテンツのビデオ障害を映像のフリーズ、ブラック・フレーム、ブロック・ノイズを測定するQoEモニタリング機能を提供します。 リアルタイム/デファードタイムで評価することができ、ビデオ障害の発生状況をアナログ・メータとグラフで履歴表示できます。 また、画面イメージで障害箇所を検証することができます。 さらに、オーディオ診断機能により、ITU-RBS.1770/1771オーディオ・ラウドネスに関連する問題を解析することができます。


Thumbnail


VQS1000ビデオ・クオリティ・ソフトウェア
PQASWとIPオプション

PQASWは、ヒューマン・ビジョン・システム(HVS)の概念に基づいて、主観的な人間の視覚的評価と高い相関性を持ちながら、再現性のある客観的な画質評価測定を実現するピクチャ・クオリティ・アナリシス・ソフトウェアです。 ビデオ圧縮や復元に携わるエンジニア、クライアントや視聴者向けの映像配信サービスのメンテナンスに携わるエンジニアなどに有効な情報を提供できるため、サービス品質レベルの維持に役立ちます。

IP入出力インタフェースにより、2種類のモードで圧縮ビデオ信号の同時入出力が可能になります。同時入出力モードでは、PCのIPポートからリファレンス・ビデオ・クリップをDUTへ出力しながら、DUTから出力されるテスト・シーケンスをキャプチャ可能なため、PQASWがインストールされたPC1台で評価システムを構築できます。また、ビデオ編集ソフトウェアで作成したファイルをピクチャ・クオリティ測定のためのリファレンス・シーケンスおよびテスト・シーケンスとして使用できます。また、ビデオ編集ソフトウェアで作成したファイルをピクチャ・クオリティ測定のためのリファレンス・シーケンスおよびテスト・シーケンスとして使用できます。


Thumbnail


PQASWピクチャ・クオリティ・アナライザ

優れた性能/保証

当社製品は、お客様待望の保証を提供します。業界トップクラスのサービス/サポートに加え、この製品には標準で1年間の保証期間が設定されています。

仕様

オペレーティング・システム(OS)
Windows 7 Ultimate、64ビット
プロセッサ
Intel i7 860 Quad-core CPU
ハード・ディスク・ドライブ

500GB SATA HDD×2 

1台はOS、ソフトウェア・アプリケーションの保存用、もう1台はレコード/再生ファイルの保存用

RAM
4GB
光学ドライブ
DVD±RW
ディスプレイ
LCD、1280×1024、17型
外部DVI出力
デュアルDVI: 内蔵LCD1用×1、外部ディスプレイ用×1 
Ethernet

Ethernet 10/100/1000(GigE)

10/100/1000Base-T×2、RJ45コネクタ(側面)

COM ポート
RS-232×2 
USBポート
USB 2.0×6(前面に2、側面に4)
機器の仕様-マルチポートASI
コネクタ

BNC×4 

75Ω変換器に連結した入出力

800mV±10%(75Ω負荷出力)

200~880mV入力

リターン・ロス:75Ω負荷で-17dB(5~270Mbps)以下

ビット・レート

250kbps~214Mbps(DVBの仕様の最大値に対応)

入出力ビット・レート(シンプレックスまたはデュプレックス操作)

IPビデオ・インタフェース(Opt. IPTV)
Ethernetポート
10/100/1000BASE-T、1000BASE-SX、LX、ZX
ポート・オプション
Opt. IPTV
Gigabit Ethernetインタフェース(10/100/1000Base-T RJ45コネクタ)
Opt. SX
1000BASE-SX短波長光ポート(Gigabit Ethernetインタフェース用、LCコネクタ)(マルチモード 850nm) 1
Opt. LX
1000BASE-LX長波長光ポート(Gigabit Ethernetインタフェース用、LCコネクタ)(シングルモード 1310nm) 1
Opt. ZX
1000BASE-ZX光ポート(Gigabit Ethernetインタフェース用LCコネクタ)(シングルモード 1550nm) 1

1光SFPモジュールをIPビデオ・カードGEに装着して光接続を確立します。

最大データ・レート
ライン・レート
ASI出力

EN 50083-9に準拠、ASIバースト的なIPトラフィックに対応するため、ASIスムージングを適用可能

プロトコル・スタック・サポート

IPv4、IPv6サポート

UDP/IP/Ethernet

UDP/IP/VLAN/Ethernet

RTP/UDP/IP/Ethernet

RTP/UDP/IP/VLAN/Ethernet

マルチキャスト/コントロールのサポート

IGMP v2、IGMP v3

MLD v1、MLD v2

ARP

ICMP(インバウンド/アウトバウンド・ピング)

IPパケット・サポート

IPパケット(188バイト・パケット)あたり7トランスポート・ストリーム・パケット

FEC(FEC処理は行わない)

IPビデオ測定

最大500のIPセッションの検出

コンティニュイティ・カウント、シンク・バイト

など主要なパラメータの同時モニタ

全セッションのパケット間到着時間(PIT)

RTPセッションではOut of Orderパケットおよびドロップ・パケットをモニタ

10Gインタフェースの特性(Opt. 10GS)
Ethernetポート
Dual 10G-BASE
ポート・オプション

標準的なDual SFPと、10Gb Ethernetインタフェース用のLCコネクタによる短波長光ポート(マルチモード850nm)

最大データ・レート
600Mbps
デュアル入力DVB-S/S2インタフェースの特性(Opt. DS2)
入力周波数範囲
950~2150MHz(中心周波数)、ステップ・サイズ:1MHz
入力信号振幅範囲
-60dBm~-30dBm
変調形式
DVB-S QPSK

DVB-S2 QPSK、8PSK、16APSK、および32APSK

シンボル・レート
2~40Msps
FECモード
S1 QPSK: 1/2, 2/3, 3/4, 5/6, 7/8 

S2 QPSK: 1/4, 2/5, 1/2, 3/5, 2/3, 3/4, 4/5, 5/6, 8/9, 9/10

S2 8PSK: 3/5, 2/3, 3/4, 5/6, 8/9, 9/10

S2 16APSK: 2/3, 3/4, 4/5, 5/6, 8/9, 9/10

S2 32APSK: 3/4, 4/5, 5/6, 8/9, 9/10

ロール・オフ
DVB-S: 35%

DVB-S2: 20%, 25%, 35%

コネクタ・スタイル
F型
入力終端インピーダンス
75Ω
入力リターン・ロス
0~1GHz:10dB以上

1~2GHz:4dB以上

LNBパワー
Off、13V、14V、18V、19V(DC)
LNB最大供給電流
150mA
LNB 22kHz信号周波数
オンまたはオフ
LNB 22kHz信号振幅
DiSEqC準拠(0.65Vp-p、代表値)
イコライザによる最高変調エラー率(MER)
0~40dB
測定項目
RFロック
RFロックは後部パネル上にLED表示およびステータス・アイコンはUI上に表示
入力レベル
レンジ(Range): -60dBm~-30dBm
信号強度

分解能: 0.1dBm

イコライザによるMER(変調エラー率)

表示範囲: 0dB~40dB(イコライザを使用)

分解能:0.1dB

キャリア対ノイズ比(CNR)

表示範囲: 0dB~40dB

分解能:0.1dB

信号対ノイズ比(SNR)
表示範囲: 0dB~40dB

分解能: 0.1dB

プリ・ビタビBER
プリ・ビタビBERの表示
プリ・リード・ソロモン (RS) BER
プリRS BERの表示
プリLDPC BER
プリLDPC BERの表示
プリBCH BER
プリBCH BERの表示
ポストRS BERおよびトランスポート・ エラー・フラグ(TEF)
ポスト・リード・ソロモンBER(TEF比)、TEFレート、およびトランスポート・エラー・フラグ数(TEFカウント)を表示
伝送パラメータ
UI上にすべてのコーディング/変調パラメータが示されます。RF伝送パラメータが表示されるようにするには、TSモニタを有効なTSに合わせて調整する必要があります。
コンスタレーション
RFコンスタレーションをUI上に表示
物理特性
寸法
高さ
346.0mm
434.5mm
奥行
243.0mm
質量
本体
17.0kg
梱包時
20.2kg
環境条件
温度
動作時
+5℃~+40℃
非動作時
-20℃~+60℃
湿度
動作時
相対湿度20~80%、結露なきこと
非動作時
相対湿度10~80%、結露なきこと
高度
動作時
3,000mまで
非動作時
12,000mまで
電源
電圧
100~240VAC
周波数
50~60Hz
消費電力
220W

ご注文の際は以下の型名をご使用ください。

型名
MTS4000 MPEGテスト・システム

スタンダード・アクセサリ:

-リアルタイム/デファードタイムTSコンプラ イアンス・アナライザ

-TSカッタ

-カルーセル・アナライザ

-プレーヤ

-GeE(NIC)インタフェース

オプション
MTS4000型スタンダード・オプション

ハードウェア・オプション

ASI
マルチポートASIインタフェース
DS2
デュアル入力DVB-S/S2インタフェース(デュアルポート:QPSK/8PSK、シングルポート:16APSK/32APSK復調に対応)
IPTV
10/100/1000BASE-T RJ45電気ポートによるIPTV Gb Ethernetインタフェース(Opt. ASIが必要)
SX
1000BASE-SX短波長SFP光ポート(LCコネクタ)、IPTV Ethernetインタフェース用(マルチモード:850nm)
LX
1000BASE-LX長波長SFP光ポート(LCコネクタ)、IPTV Ethernetインタフェース用(シングルモード:1310nm)
10GS
10GBASE-SRデュアル光ポート10Gbps NIC。ショート・リーチSFP+モジュール(850nm)を含む

ソフトウェア・オプション

GEN
TSおよびISDB-T/Tbマルチプレクサ、ISDB-T Remux、TSエディタ、Make Seamless、カルーセル・ジェネレータ、Tclipsテスト・ストリームを含むストリーム生成、およびHEVCストリーム生成機能
ESS
MTS4CCとすべてのオプション、MPEG-2 ESアナライザによる標準ES解析
ESB
MTS4EAV7基本ソフトウェア(AVC)、MPEG-2 ESアナライザによる拡張ES解析
ESE
MTS4EAV7とすべてのオプション(HEVCを含む)、MPEG-2 ESアナライザによる拡張ES解析
VQ
ビデオ・クオリティ・ソフトウェア、シングル・エンド(VQS1000とすべてのオプションを含む)
PQ
ピクチャ・クオリティ解析ソフトウェア、シングル/ダブル・エンド(PQASWとOpt. IPを含む)
PB
PESアナライザとT-STDバッファ・アナライザ(HEVCバッファ解析とPESのAVC、HEVC、AC-3コーデック解析を含む)
CA
CEA608、CEA708、SCTE20/21対応クローズド・キャプション・アナライザ
FLT
フローティング・ライセンスを1ライセンス追加(フローティング・ライセンスで使用できる機能はすべて同じ)。複数のライセンスが必要な場合は、Opt. FLTを必要数ご購入ください。
MTS4000型ソフトウェア・オプション・パッケージ
430 

スタンダード・アクセサリ:

-TSおよびISDB-T/Tbマルチプレクサ、ISDB-T Remux、TSエディタ、Make Seamless、カルーセル・ゼネレータ、Tclipsテスト・ストリームを含むストリーム生成

-PESおよびバッファ・アナライザ

-MTS4EAV7とすべてのオプション(HEVCを含む)

-MPEG-2 ESアナライザ

電源プラグ・オプション
Opt.A0
北米仕様電源プラグ(115 V、60 Hz)
Opt.A1
ユニバーサル欧州仕様電源プラグ(220 V、50 Hz)
Opt.A2
イギリス仕様電源プラグ(240 V、50 Hz)
Opt.A3
オーストラリア仕様電源プラグ(240 V、50 Hz)
Opt.A4
北米仕様電源プラグ(240V、50Hz)
Opt.A5
スイス仕様電源プラグ(220 V、50 Hz)
Opt.A6
日本仕様電源プラグ(100 V、50/60 Hz)
Opt.A10
中国仕様電源プラグ(50 Hz)
Opt.A11
インド仕様電源プラグ(50 Hz)
Opt.A99
電源コードなし
言語オプション
Opt.L0
英語

ロシア語、中国語、および日本語のマニュアルは電子形態で提供されます。

サービス・オプション
Opt.C3
3年標準校正(納品後2回実施)
Opt.C5
5年標準校正(納品後4回実施)
Opt. R3
3年保証期間
Opt. R3DW

製品保証期間1年+2年の延長保証 (製品購入時に3年保証開始)

Opt.R5
5年保証期間
Opt. R5DW

製品保証期間1年+4年の延長保証 (製品購入時に5年保証開始)

MTS4KUPフィールド・アップグレード・オプション

ハードウェア・アップグレード

ASI
マルチポートASIインタフェース
DS2
デュアル入力DVB-S/S2インタフェース(デュアルポート:QPSK/8PSK、シングルポート:16APSK/32APSK復調に対応)
IPTV
10/100/1000BASE-T RJ45電気ポートによるIPTV Gb Ethernetインタフェース(Opt. ASIが必要)
SX
1000BASE-SX短波長SFP光ポート(LCコネクタ)、IPTV Ethernetインタフェース用(マルチモード:850nm)
LX
1000BASE-LX長波長SFP光ポート(LCコネクタ)、IPTV Ethernetインタフェース用(シングルモード:1310nm)
10GS
10GBASE-SRデュアル光ポート10Gbps NIC。ショート・リーチSFP+モジュール(850nm)を含む

ソフトウェア・アップグレード

GEN
TSおよびISDB-T/Tbマルチプレクサ、ISDB-T Remux、TSエディタ、Make Seamless、カルーセル・ジェネレータ、Tclipsテスト・ストリームを含むストリーム生成、およびHEVCストリーム生成機能
MXUP
マルチプレクサのアップグレードによるHEVCストリーム生成機能
ESS
MTS4CCとすべてのオプション、MPEG-2 ESアナライザによる標準ES解析
ESB
MTS4EAV7基本ソフトウェア(AVC)、MPEG-2 ESアナライザによる拡張ES解析
ESE
MTS4EAV7とすべてのオプション(HEVCを含む)、MPEG-2 ESアナライザによる拡張ES解析
VQ
ビデオ・クオリティ・ソフトウェア、シングル・エンド(VQS1000とすべてのオプションを含む)
PQ
ピクチャ・クオリティ解析ソフトウェア、シングル/ダブル・エンド(PQASWとOpt. IPを含む)
PB
PESアナライザとT-STDバッファ・アナライザ(HEVCバッファ解析とPESのAVC、HEVC、AC-3コーデック解析を含む)
PBUP
バッファ・アナライザのアップグレードによるHEVCバッファ解析とPESアナライザのアップグレードによるAVC、HEVC、AC-3コーデック解析
CA
CEA608、CEA708、SCTE20/21対応クローズド・キャプション・アナライザ
FLT
フローティング・ライセンスを1ライセンス追加(フローティング・ライセンスで使用できる機能はすべて同じ)。複数のライセンスが必要な場合は、Opt. FLTを必要数ご購入ください。
V3
MTS4000型バージョン2をバージョン3にアップグレード
スタンダード・アクセサリ
063-4385-xx
アプリケーション・ソフトウェアCD-ROM
063-4386-xx
製品マニュアルCD-ROM
063-4387-xx
オペレーティング・システム・リストア用DVD
071-2970-xx
クイック・スタート・ユーザ・マニュアル
USBハードウェア・キー(ドングル)
電源ケーブル(電源プラグのオプションを参照)
Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top