VQS1000

ビデオ・クオリティ解析ソフトウェア

オンラインで読む:

特長

  • MPEG-2またはH.264エンコーダで生成したストリームに対して、フリーズ・ビデオ、ブラック・ビデオ、ブロック歪みを検出し、QoEモニタリングを実行可能
  • 設定したレベル以下のQoEエラーをトリガにしてストリームをキャプチャ可能
  • TSファイルのオフラインQoE解析が可能
  • テクトロニクスIPビデオ/デジタルTVモニタリング・プローブMTM400A型/IPM400A型のバックホール・ビデオ機能(TS over UDP)を使用してリアルタイムQoEモニタリングが可能
  • MTM400A型/IPM400A型とVQS1000のQoEテスト結果は、統合してMTM400Aのリモート・ユーザ・インタフェースで確認可能、QoEエラーとTSおよび物理レイヤ(IP、RF)のエラーを識別することで、エンコーダに起因する問題とネットワークに起因する問題を判定可能
  • QoEダッシュボードとQoEトレンド・グラフにより、QoEの状態を直感的にモニタ可能
  • QoEビジュアライゼーション表示機能により、画像の問題個所をハイライト・イメージで解析表示可能
  • 測定結果は最小値、最大値、平均値を1分間から1週間のスケールでグラフ表示可能
  • MPEG-2,AC3,MPEG-2 AAC,MPEG-4 AACオーディオをデコードし、ITU-R BS.1770/1771に準拠したラウドネス測定が可能

アプリケーション

  • 放送中のQoEモニタリング-映像品質のアラーム発報レベルをエラーの発生量と持続時間で設定できるので視聴レベルに近い自動監視システムを低コストで構築可能
  • ネットワーク性能の最適化-QoEモニタリング、ロギング機能により運用中のネットワーク帯域で伝送可能なビット・レートにエンコーダのパラメータを最適化してQoEを改善
  • 配信運用中の監視-テクトロニクスMTM400A型/IPM400A型と連動してIP階層、トランスポート階層、視聴レベルのQoEモニタリングを行うことで、障害発生箇所(ヘッドエンド側と配信側)に起因する要因を識別して原因特定に威力を発揮

VQS1000の概要

Thumbnail

ビデオ配信チェーンにおけるQoEモニタリング

Thumbnail

モニタリング・システムでの構成例

Thumbnail

デジタルTVモニタまたはIPビデオ・モニタのユーザ・インタフェースによる測定結果例

Thumbnail

オーディオ測定表示例

  • PCへインストールし実行
  • テクトロニクスのデジタルTVモニタ(MTM400A型/IPM400A型)のバックホール・ビデオ機能をモニタリング・プローブとして使用可能
  • ライセンス毎に複数のモニタリングを実行でき、多地点監視ポイントにおけるサービス品質を検証可能(PCのプロセッサ・パワー、ビデオのコンテンツ・タイプによって実行可能なプローブ数が異なる)
  • プリトリガ・バッファを使用して、障害データの記録を行い、オフラインでのビデオ品質解析が実行可能
  • QoEの結果は、モニタリング・プローブ(MTM400A型/IPM400A型)のリモート・ユーザ・インタフェースおよびイベント・ログに反映
  • 測定結果は、モニタリング・プローブのSNMP MIB経由により管理システムで利用可能
  • 自動ポーリングにより、MPTS内のサービスを順次チェック
    • モニタリング・プローブのポーリング機能と併用することで、最大500のIPフロー(IPM400A型)または最大200のRFチャンネル(MTM400A型)におけるトランスポート・ストリームを順次テスト可能
  • スタンドアロンのソフトウェアとしても利用でき、MPTS、SPTS、オフライン解析が可能
    • MTS400シリーズ・アナライザでも使用可能

性能

主な仕様
  • QoE測定はVQS1000のビデオデコード機能とテクトロニクス独自のアルゴリズムにより実行される
  • ビデオ測定項目
    • MPEG-2、H.264コーデック・サポート(MPEG-TS)
    • スタック/フリーズ・ビデオの検出
    • ブラック・ビデオの検出
    • ブロック歪み/圧縮ノイズの検出
    • テクトロニクス・ダイアモンド・ディスプレイによるカラー表示
    • QoEダッシュボード
    • コーデック・タイプ、解像度、表示エリア、アスペクト・レシオ、ビット・レート、フレーム/秒、スキャン、AFDなどのビデオ・メタデータの表示
  • オーディオ測定項目
    • MPEG-2,AC3,MPEG-2 AAC,MPEG-4 AACコーデックをサポート
    • ITU-R BS.1770/1771に準拠したラウドネス測定
    • Lissajous表示による位相解析
    • 各チャネルのラウドネス・バーとトレンド測定
    • QoEダッシュボード
    • コーデック・タイプ、チャネル数、サンプル・レート、Dial Normなどのオーディオ・メタデータの表示
推奨のPCシステム要件
  • Windows XPまたはWindows 7
  • PCのプロセッサ: Xeon 5500シリーズ(i7ベース)クアッド・コアまたは同等品
  • RAM: 4Gバイト(最低)
  • HDD: 250Gバイト
  • ハードウェア・グラフィック・プロセッサ(オプション)*1:NVIDIA GT240

*1 ハードウェアによるグラフィック・プロセッサがない場合、SD、HDのMPEG-2ビデオ、およびSD H.264ビデオのすべての測定が可能。HD H.264では、シングル・フィールド・モードでスクリーンの50%での測定になります。ハードウェアによるグラフィック・プロセッサ使用時には、HD H.264のフルフレーム、フルフィールド解析が可能になり、またはSDまたはHDのMPEG-2ビデオおよびSD H.264ビデオのオーバーヘッド処理を軽減させます。

ご発注の際は以下の型名をご使用ください。

型名オプション概要
VQS1000 シングルエンドQoE解析用ビデオ・クオリティ・ソフトウェア
AUDオーディオ測定機能
LUD既存のMTS400シリーズのドングルにインストール
USBスタンドアロンのソフトウェア・パッケージ(USBセキュリティ・ドングル)



関連製品

製品概要
IPM400AIPビデオ・モニタ。詳細については、個別のデータ・シートを参照してください。
MTM400AデジタルTVモニタ。詳細については、個別のデータ・シートを参照してください。
RFM300ATSCデジタルTVモニタ。詳細については、個別のデータ・シートを参照してください。
QAM400AQAMデジタルTVモニタ。詳細については、個別のデータ・シートを参照してください。
MTS400 シリーズ

MPEGテスト・システム。詳細については、個別のデータ・シートを参照してください。

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top