HSIC Essentials

HSIC(High-Speed Inter-Chip)ソリューション

オンラインで読む:

特長

  • DSA/DPO70000Dシリーズ、MSO/DSA/DPO70000Cシリーズ、MSO/DPO7000Cシリーズ、MSO/DPO5000シリーズ用アプリケーション・ソフトウェア
電気的仕様バリデーション
  • 電気測定用の自動セットアップ・ライブラリにより、セットアップ時間とテスト時間を短縮
  • ホスト/デバイスの設計テスト
  • シームレスなデバッグ解析による原因解析が可能
  • 特性評価、カスタム化のためのセットアップに柔軟性があるため、コンプライアンス以上のニーズに対応可能
プロトコル・デコード
  • プロトコル・デコードにより、テスト時間が短縮でき、リソースのコストも低減可能
  • Sync、Reset、Suspend、Connect、Resume、Error、Addr、CRC、データ・フィールドが検索可能
  • タイムスタンプ付のイベント・テーブル、.CSVファイルにエクスポートして詳細解析が可能

アプリケーション

  • HSICホスト/デバイスの半導体特性評価、デバッグ、検証
  • 仕様に対するHSICコンプライアンス・テスト
  • プロトコル検証
  • 携帯電話、タブレットPC、ポータブル・コンピュータ設計におけるHSICバスのシステム統合/検証
  • 製造テスト

 

テクトロニクスは、HSICベースの組込みシステムおよびHSIC規格に対応するHSICシリアル・デバイスの物理レイヤの適合性を検証する設計エンジニアのための総合的なツールを提供しています。

DSA/DPO70000Dシリーズ、MSO/DSA/DPO70000Cシリーズ、DPO7000Cシリーズ、MSO/DPO5000シリーズにOpt. HSICを装備することにより、HSICのデバイス/ホスト設計の電気的仕様のバリデーションのための自動セットアップとプロトコル検証が行えます。

電気的仕様バリデーション

DPOJETソフトウェアとHSIC Essentialsのセットアップ・ライブラリにより、HSICのデバイス/ホスト・テストで必要な測定が行えます。HSIC Essentialsは、HSIC仕様に対するデバッグ解析と特性評価を行います。

自動テスト - 時間とリソースの節約

HSICのテスト手順に精通している必要はありません。厳密なテスト手順を思い出すのは時間のかかるものであり、しばしばHSICのテスト仕様を読み返さなければなりません。HSICEssentialsは、勘に頼らないデバイス/ホストの電気的テストが行えます。たとえテスト機器の操作方法を覚えていても、適切なレコード長、サンプル・レートなどの正しいパラメータのセットアップ方法を忘れてしまったりすることがあります。

DPOJETによるHSIC用の自動セットアップ・ライブラリにより、測定ごとに規格独自の詳細であらかじめ定義された設定が呼び出せるため、テスト手順に精通している必要はありません。セットアップ初期段階での問題が回避できるため、HSICテストの煩雑さが軽減でき、設計テストをすばやく実行できます。

Thumbnail

DPOJETメニューのHSIC規格オプション
 

すべてのテスト項目に対応

HSIC Essentialsは、デバイス/ホストの両方の検証において、近端、遠端のすべてのテスト・ポイントを測定します。測定項目には、アイ・マスク・ヒット、ストローブ周波数、パケット・パラメータ・テスト、バス・タイミング・テストなどの信号品質テストが含まれています。

Thumbnail

HSICのテスト・ポイント

Thumbnail

DPOJETで自動化されるOpt. HSICにより、デバイス/ホストのすべてのテスト項目に対応
 

HSIC Essentialsによるシームレスなデバッグと解析

HSIC Essentialsは、テストのフェイル時、ステップごとのデバッグが行えます。デバッグが迅速に行え、ジッタ、シグナル・インテグリティ問題の原因をすばやく検出します。

柔軟でカスタマイズ可能な特性評価

HSIC Essentialsのセットアップ・ライブラリは柔軟性があり、カスタマイズできます。測定のセットアップ、オシロスコープの設定、リミット値などのパラメータも編集して保存できます。例えば、恒温槽内で携帯電話のHSICインターコネクト・バスをテストしたり、P7500シリーズ・プローブとリモートXLケーブルを使用したりする場合、別途フィルタ・ファイルを設定し、リミット値を独自に設定できます。

波形表示と測定結果

HSIC EssentialsのDPOJETによるプロット機能により、HSICデバイスの特性がわかりやすく表示されます。Resultsのタブには測定結果が一覧表示され、テスト結果が一目で理解できます。Reportのタブでは、テストごとのリミット値、測定値、パス/フェイルの結果も表示されます。

Thumbnail

HSICデバイスのアイ・ダイアグラム・テスト例

Thumbnail

HSICデバイスの信号品質測定結果の例
 

詳細なレポート

デバイスの性能、ステータス、テスト結果は、HTML/MHTML形式の詳細なレポートとして生成されます。また、アイ・ダイアグラム、オシロスコープ波形のスクリーンショット、オプションでテスト波形も取込めます。さらに、レポート追加、自動連番、レポートの名前付け、ユーザ・コメントの追加、設定の詳細なリスト表示なども可能です。レポート追加機能では、デバイス/ホスト設計の両方の近端/遠端のテスト・ポイントにおける結果が追加でき、印刷可能な1連のレポートとして作成できます。

Thumbnail

パス/フェイル結果によるHSICのレポート例
 

HSICのプロトコル・デコード

HSIC Essentialsにはプロトコル・デコード機能があり、HSICのトラフィックを逆アセンブルし、プロトコルにしたがってデコードし、デコードされたデータを波形、イベント・テーブルで表示し、CRC/ECCエラーには赤のフラグを付けます。イベント・テーブルでは、デコードされたデータにタイムスタンプが付いてプロトコル・デコードが表示されます。

Thumbnail

HSICデコードのバス設定

Thumbnail

HSICのデコードと信号波形

Thumbnail

プロトコル・デコードのイベント・テーブル
 

HSICのパケット・コンテンツ・サーチは特定のイベントを検出するのに非常に便利な機能ですが、取込んだ後、そのイベント周辺のデータまでは解析できません。今までは波形をマニュアルでスクロールして、イベントの原因を検証していました。HSICのプロトコル・デコード・アプリケーションでは、シリアル・パケットの内容を定義すれば、取込んだ後でも自動的にデータを検索することができます。検出されたイベントには検索マーク(▽)が付きます。各ブックマークへの移動は、Searchメニュー、あるいは前面パネルの(←)ボタン、(→)ボタンを押すだけです。

Thumbnail

HSICデコードの検索フィールド

Thumbnail

HSICデコードのサーチ例
 

Last Modified:
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top