Opt. 6-CMNBASET/6-CMXGBTアプリケーション・データ・シート

6シリーズMSO用Ethernet(2.5G、5G、10G)電気テスト・ソフトウェア

参考スタート価格

-

詳細情報:

オンラインで読む:

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

Ethernetトランスミッタ・テスト・アプリケーションは、10GBASE-T、NBASE-T(2.5GBASE-T/5GBASE-T)、およびIEEE802.3bz(2.5G/5G)規格に準拠した物理媒体接続部(PMA)の物理層(PHY)に対する電気テストが自動化でき、Ethernet設計をすばやく、正確に検証できます。

テスト自動化のためのフレームワーク、TekExpressをベースとしたEthernetトランスミッタ・テスト・アプリケーションを使用することにより、IEEE802.3an/IEEE802.3bz規格、およびNBASE-T仕様で規定された、PMAの電気的特性に関するあらゆる測定を実行できます。そのため、2.5G、5G、および10Gといったデータ・レートで実行されるEthernetデバイスを、すばやく、効率的にテストできます。

これらの測定を正確に行うためには、当社のTF-XGBT型テスト・フィクスチャを使用する必要があります。TF-XGBT型テスト・フィクスチャを使用すれば、差動プローブまたはマッチングのとれたSMAペア・ケーブルを使用して、被測定デバイス(DUT)を確実かつ簡単に接続できます。

主な特長
  • 2.5GBASE-T、5GBASE-T、および10GBASE-T PHYのテストに対応した包括的な自動化ソリューション

  • 最適化された直感的なユーザ・インタフェースによってすばやい電気信号の検証のためのテスト・セットアップが可能

  • 正確な解析、優れたインターオペラビリティのためのコンプライアンス・テストとマージン・テスト

  • 時間ドメインと周波数ドメインの測定が1つのセットアップで解析可能

  • 他のPCでプログラム・インタフェースを使用することで、オシロスコープをリモート・コントロールしてのテストが可能

  • 1台の計測器で時間ドメインと周波数ドメインの測定が実行可能

  • 差動プローブまたはSMAケーブル接続による1回の取込みと解析

テスト項目の選択と計測器のセットアップ

TekExpressのワークフローはきわめて直感的で、テスト項目の選択も分かりやすく、簡単です。実行する測定項目を選択して、Start(開始)ボタンをクリックします。

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

選択された測定項目のそれぞれについて、Ethernetトランスミッタ・アプリケーションによって、自動的にオシロスコープの設定が行われます。そのため、セットアップ時間を節約できるだけでなく、再現性と信頼性に優れた結果が得られます。

それぞれのテストを実行する際には、アプリケーションの指示に従うだけで簡単に接続も行えます。

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

レポート

テストの実行が終わると、各テストのパス/フェイル・ステータスを含んだサマリ・レポートが生成されます。このレポートにはテスト構成の詳細、波形プロット、マージン解析が含まれており、設計をさらに詳細に解析できます。

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

パス/フェイル・レポート

マージン・テスト

テスト・リミット、その他のパラメータなど、特定のテスト・パラメータを変更してマージンを詳細に解析することで、デバイス性能を検証できます。

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

ドループの設定パラメータ

信号取込みにおけるプローブ対応

信号取込みは、マッチングのとれたSMAペア・ケーブル、または差動プローブに対応しています。

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

差動/シングルエンド・プローブをサポート

リターン・ロス

自動テスト・アプリケーションにより、リターン・ロスのテストを簡素化できます。特許技術のオシロスコープベースの測定機能と当社AWGを組み合わせて使用することで、ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用する必要がありません。校正データ(オープン、ロード、ショート)はファイルに保存し、テスト・アプリケーションで呼び出すことができます。

Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet

リターン・ロス

優れたプログラム・インタフェース

TekExpressアプリケーションは、Visual Basic、Microsof.Net、C#、C++、Python、その他のウェブ・アプリケーションなどのハイレベルの自動化レイヤによるプログラム・インタフェースを備えています。これにより、オシロスコープで実行するTekExpress Ethernetアプリケーションを、ローカル・マシンまたはリモート・コンピュータで利用できます。

アプリケーションのexamplesフォルダには、サンプル・プログラムも用意されています。

オフライン解析

テクトロニクスのEthernetアプリケーションでは、オフライン解析機能を使用することで、過去のテストで取り込まれた波形も解析できます。アプリケーションのDUTパネルでUse pre-recorded waveform files(記録された波形ファイルの使用)を選択することで、過去に取り込んだ波形ファイルを再テストすることができます。

オシロスコープで取り込んだ波形を複数のユーザやサイトで共有し、別のオシロスコープを使用して解析することもできます。


Ethernet-Electrical-Testing-Software-Datasheet


記録された波形ファイルを使用したオフライン解析

仕様

10GBASE-Tの測定項目

IEEE802.3-2012規格に従って、以下のテストが実行されます。被測定デバイス(DUT)は、IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.2に示されたテスト・モード信号を供給できなければなりません。

測定項目 参照規格、テスト・モード
最大出力ドループ IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.3.1 
トランスミッタのタイミング・ジッタ - マスタ IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.3.3 
伝送クロック周波数 IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.3.5 
トランスミッタのタイミング・ジッタ - スレーブ IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.3.3 
トランスミッタの直線性 IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.3.2 
トランスミッタのパワー・スペクトル密度(PSD)とパワー IEEE802.3-2012 Subclause 55.5.3.4 
リターン・ロス IEEE802.3-2012 Subclause 55.8.2.1 
2.5GBASE-T、5GBASE-Tの測定項目

IEEE802.3bz/D3.3ドラフト規格に従って、以下のテストが実行されます。被測定デバイス(DUT)は、IEEE802.3bz/D3.3 Subclause 126.5.2に示されたテスト・モード信号を供給できなければなりません。

測定項目テスト・モード
最大出力ドループIEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.5.3.1
トランスミッタのタイミング・ジッタ‐マスタIEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.5.3.3
伝送クロック周波数IEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.5.3.5
トランスミッタのタイミング・ジッタ‐スレーブIEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.5.3.3
トランスミッタの非線形歪みIEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.5.3.2
トランスミッタのパワー・スペクトル密度(PSD)とパワーIEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.5.3.4
リターン・ロスIEEE80.bz/D3.3 Subclause 126.8.2.1
NBASE-Tの測定項目

NBASE-Tの物理層の仕様に従って、以下のテストが実行されます。被測定デバイス(DUT)は、NBASE-Tの物理層の仕様(バージョン1.1、Subclause 2.9)に示されたテスト・モード信号を供給できなければなりません。

測定項目 テスト・モード
最大出力ドループ Subclause 55.5.3.1、Test Mode 6 
トランスミッタのタイミング・ジッタ - マスタ Subclause 55.5.3.3、Test Mode 2 
伝送クロック周波数 Subclause 55.5.3.5、Test Mode 2 
トランスミッタのタイミング・ジッタ - スレーブ Subclause 55.5.3.3、Test Mode 1とMode 3 
トランスミッタの非線形歪み Subclause 55.5.3.2、Test Mode 4、Tones 1-5 
トランスミッタのパワー・スペクトル密度(PSD)とパワー Subclause 55.5.3.4、Test Mode 5 
リターン・ロス Subclause 55.8.2.1、Test Mode 5 

ご発注の際は、以下の型名をご使用ください。

必須ハードウェア
オシロスコープ 4GHz以上の周波数帯域を持つ6シリーズMSOオシロスコープ(Opt. 6-BW-4000)
対応計測器 MSO64型
必須オプション 6-WIN(Microsoft Windows 10オペレーティング・システムがインストールされたリムーバブルSSD)
ソフトウェアの型名
アプリケーション Opt. ライセンスの種類
Ethernet(2.5G/5G BASE-T)自動コンプライアンス・ソリューション 6-CMNBASET 新規購入ライセンス
SUP6-CMNBASET アップグレード・ライセンス
SUP6-CMNBASET-FL フローティング・ライセンス
Ethernet(10G BASE-T)自動コンプライアンス・ソリューション 6-CMXGBT 新規購入ライセンス
SUP6-CMXGBT アップグレード・ライセンス
SUP6-CMXGBT-FL フローティング・ライセンス
推奨プローブ
プローブ 数量
TDP3500型 1(最低必要本数)1

1*リターン・ロスの測定では2本、マルチレーンのテストでは4本必要です。

推奨アクセサリ
アクセサリ 数量
パワー・スプリッタ - PSPL5331
SMA-BNCアダプタ(PN:015-0572-xx)
対応するAWG(リターン・ロスの測定用)

AWG5202型(Opt. 250、2HV、および2DCの使用を推奨)、AWG7122C型

IEEE 2.5GBASE-Tトランスミッタの非線形歪みテスト(Section 126.5.3.2)

このテストでは、仕様に従って45MHzの正弦波を入力する必要があります。これは、2.5GBASE-Tにのみ適用される要件です。サポートされる信号発生器:

  • AWG5202型、AFG3052C型、AFG3102C型、AFG3152C型、AFG3252C型(推奨)、AWG5002C型、AWG5012C型、AWG5014C型、 AWG7082C型、AWG7122C型
TF-XGBT 10GBASE-T、NBASE-T、IEEE802.3bz

以下のすべての測定を実行するには、該当するそれぞれの仕様/規格の要件を満たした、TF-XGBT型テスト・フィクスチャが必要です。

TF-XGBT型の内容 数量 概要
テスト・フィクスチャ・メイン・ボード メイン・テスト・フィクスチャは、以下の3つのセクションで構成されています。
  • テスト・フィクスチャTC1:ドループ、トランスミッタのタイミング・ジッタ-マスタ、伝送クロック周波数、トランスミッタの直線性、トランスミッタのパワー・スペクトム密度(PSD)、およびパワー・レベル・コンプライアンステスト測定で使用

    注:SMA(Ma-Fe)アダプタ×8、50Ω SMAターミネーション×8(SMAコネクタに装備)が付属

  • テスト・フィクスチャTC2: トランスミッタのタイミング・ジッタ-スレーブのコンプライアンス・テスト測定で使用

    注:SMA(Ma-Fe)アダプタ×2(SMAコネクタに装備)が付属

  • テスト・フィクスチャTC3: リターン・ロスのコンプライアンス・テスト測定で使用

    注:SMA(Ma-Fe)アダプタ×2(SMAコネクタに装備)が付属

テスト・フィクスチャ・キャリブレーション・ボード リターン・ロス校正に必要
RJ45パッチ・コード 8cm、テスト・フィクスチャ、リターン・ロス・キャリブレーション・ボード、DUTを接続するためのシールドされたRJ45ケーブル
中国版RoHSシート  
Last Modified: 2019-09-03 05:00:00
ダウンロード
ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

Go to top